プロ野球の魅力を語る

大谷翔平は王貞治や野茂英雄と並ぶ存在

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のシーズンオフで一番疑問に思っていたのは、大谷翔平が投手と野手のどちらでベストナインに選出されるのだろうか、であった。  まさかルールが改正されて両方同時に受賞できるようになっていたとは知らなかった。

 プロ野球草創期ならいざ知らず、現代の野球で投手としても野手としても超一流というプロ野球選手が出てくることは、考えられてこなかった。投手として駄目だったから野手に転向という例は存在しても、投手として成功しながら打者として成功というのは不可能であったはずなのだ。

 大谷も、日本ハム入団当初は数々の批判にさらされてきた。「二兎を追う者は一兎をも得ず」という格言があるように、プロ野球の指導者やOBのほとんどが投手か野手のどちらかに絞るべきという意見であった。  中には落合博満のように、どちらも超一流の素材だから両方やらせるべきという立場をとっていた者もいたが、普通の指導者であったなら片方に絞らせたに違いない。  大谷にとって幸運だったのは、栗山英樹監督が指揮を執り、育成能力に長けた日本ハムに入団したことだろう。

 プロ野球界も、今回は珍しく迅速なルール改正をしたものだ。大谷にためにせざるを得なかったという事情があるにせよ、野茂英雄の時代から考えれば、かなりの進歩である。

 野茂英雄が大リーグ挑戦を表明したときは、野茂を完全に四面楚歌の状況に追い込み、野茂は、任意引退選手として大リーグに渡った。世論も一斉に野茂を攻撃し、野茂が大リーグで大活躍するとプロ野球界も世論も掌を返した。  現在では、野茂は、大リーグ挑戦のパイオニアであり、野茂あってのポスティング制度創設となった。野茂がいなければ、イチロー、松井秀喜、松坂大輔、ダルビッシュ、田中将大、前田健太らが世界中で注目される存在になりえなかっただろう。

 こうやってルールを変える存在は、その時代に突出した選手であり、まず思い出すのが、通算本塁打の世界記録を樹立し、内閣に国民栄誉賞を創設させるきっかけを作った王貞治である。  韓国の至宝と言われた宣銅烈も、プロ入りせずに社会人野球に進み、2年間はプロ入りできないルールだったのを、あまりある才能によって野球界と世論が変更させ、すぐに入団できるようにした。

 逆に、福留孝介は、2006年のオールスターを故障で辞退し、後半戦1試合目から出場して大活躍したため、批判にさらされて、オールスター出場辞退なら後半戦開始後10試合はどうやっても出場できないようにルール改正されることになった。

 このように、突出した選手は、既存のルールを変えるだけの影響力を持つ存在になりえる。  大谷のベストナイン二刀流受賞は、そんな伝説の1つとして語り継がれることになるだろう。  来年は、規定投球回、規定打席に到達するようなスケジュールを組めば、投打のタイトルを両方獲得することもできるかもしれない。  大谷が今後、どんな既成概念を打ち破っていくかは想像もつかないが、今から大リーグでの活躍が楽しみである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
大谷翔平

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大谷翔平は王貞治や野茂英雄と並ぶ存在

パイオニアである 野茂さんの息子さんが、ファイターズで活躍してます。通訳ですが。。。

こんな記事も読みたい

獲得【春夏秋冬ドラ応援】

永遠に語り継がれる背番号11のStory  ~野茂英雄から大谷翔平へ【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

金本監督1年目【田舎者の野球感想文】

【2016】契約更改でシーズンを振り返ろう【3】【札幌ドームが見える部屋から】

大谷投手の手の暖かさと残酷すぎるニュースと。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

ファイターズ背番号予想の結果とか【FF】

今なら素直に信じられるけど【Fの日常】

陽の人的補償楽天編【FF】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:57
  • 累計のページビュー:2329248

(11月09日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss