プロ野球の魅力を語る

大島と平田に望むこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大島洋平が残留を表明したのに続いて、平田良介も残留が濃厚と報道されている。2人ともFA宣言するのではないかと言われていただけに、ここ数日の報道が意外に聴こえるが、実際は、マスコミに踊らされていただけなのかもしれない。

 中日の野手では、ここ数年でレギュラーと言えばこの2人しかいないので、残留してくれるとなると一安心である。

 しかし、2016年は、中日が最下位に沈んだだけに、今年の成績のままでは、来年も低迷してしまうことになりかねない。  他の選手との打線の流れもあるが、今年を大きく超える成績を残してくれなければ、浮上は見込めない。

 大島の場合、打率.292、26盗塁を残しているが、ここ7年間は、隔年で打撃の好不調を繰り返しており、順番から行くと来年が不調の年になってしまうだけに、不安要素が多い。  今年の打率.292にしても、大島の打撃技術からすれば不満が残る結果であり、本来であれば.330くらいは残して首位打者争いをしてほしい打者である。今年の成績に満足しないでもらいたい。

 また、毎年、広い守備範囲を誇って刺殺を稼いでくれるのは、何よりも貴重ではあるが、肩の状態に波があるため、万全の肩に仕上げてもらいたいものだ。

 平田の場合は、パンチ力と勝負強さがよくクローズアップされるが、平田の魅力は、堅実な守備力である。大島と同じくらい広い守備力を持ち、肩も強くてコントロールもいい。  ずんぐりとした体型のせいか、日本を代表する守備力があまり評価されていないのだが、平田こそ中日が最も理想とする外野手である。

 ただ、打撃面では、ファンの間でも小さくまとまり過ぎているという評価が多い。  ファンとしては、3割20本塁打を期待してしまうのだが、平田はまだ3割も20本塁打も一度も達成したことがない。

 特に今年の打率.248に関しては、本人も納得していないだろうが、ファンも歯がゆさを感じずにはいられない。私の周囲でも「大島がFAで出て行くのは困るが、平田は出て行ってもいい」という意見が多かったのは、今年の打率があまりにも悪かったからだろう。  来年こそは、打率、本塁打ともに自己ベストを更新して3割20本塁打を達成して見返してもらいたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
平田良介
大島洋平

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

こんな野球ファン人生をくれてありがとう!【カープとカープファンを応援するブログ】

今さらながら日本シリーズ雑感 〜打たれる3割より、抑える7割〜【スポーツ宅急便】

森福FAについて【新日とホークスと】

* 森新監督は、ドラゴンズを“再生”できるか?【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

チェン・ウェイン投手が、ドラゴンズを訪問したみたいですね。嬉しい事だなあ。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

森監督に求める事【no title】

平田よ残れ!!【燃えドラ】

平田は中日で仕事を果たせ!【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2325121

(09月20日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss