プロ野球の魅力を語る

日本シリーズは第5戦が最も面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本シリーズで最も面白いのは、第5戦だと思う。  思えば、2007年の山井大介が完全試合寸前で岩瀬に交代という衝撃の試合も第5戦であった。  たまに第4戦で決まうシリーズもあるが、第5戦がないと日本シリーズの面白さが半減した気分になる。

 今年の日本シリーズは、2勝2敗というプロ野球ファンにとっては最善のペースで第5戦に来た。

 第5戦が面白いと私が感じるのは、どの球団も、先発投手を誰にするかで苦労するからである。  第4戦までは先発ローテーションの1番手から4番手を投げさせることが多いので、どの球団もさほど悩むことはないだろう。かつてのように大エースがいて、第1戦、第4戦、第7戦と3度先発で投げる時代は終わった。いくら日本一を決めるシリーズとはいえ、投手人生はその年で終わるわけではないので、長い目で見てリスクを取るようなことはしなくなったのだ。それに、慣れない中3日で回すよりは、公式戦と同じようにきっちり期間を開けて投げた方が好結果を期待できる。

 そうなると、第1戦に投げたエースが残り1試合をどこで投げるかが重要になってくる。最近では、中6日空けて第6戦に先発させるというのが主流である。

 日本シリーズには移動日が絶妙に2回あるため、エースが第5戦に先発するには中4日、第6戦に先発するには中6日となる。  中5日がない、というところが、日本シリーズの醍醐味である。

 その第5戦に広島は、第1戦で先発したジョンソンを持ってきた。一方の日本ハムは、エース大谷ではなく、5番手投手である加藤貴之を持ってきた。  私は、全く逆の予想をしていたので、驚いた。先に2勝して余裕のある広島がヘーゲンズあたりを先発させて、第6戦ジョンソン、第7戦野村を予定するのではないか。日本ハムは、大谷を第5戦に先発させて第7戦でリリーフ待機させると読んでいたのだ。

 広島が勝つだろうと見ていた第5戦で日本ハムが勝ち、日本ハムは第6戦でも大谷を先発させず、増井を先発させることになった。  このあたりは、栗山監督の起用が一貫していることに驚かされる。規定投球回を無視した起用といい、今回の第5戦、第6戦先発回避といい、球団の至宝であるとともに日本の至宝でもある大谷を壊してしまわないような最大限の配慮がある。

 大谷という特別な存在によって、日本ハムの野球は、歴史上類を見ない特殊な戦い方をしている。  第6戦、第7戦がどんな試合になっていくか、非常に楽しみである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本シリーズ喧噪曲と、その雑感【いろいろ所持雑感】

【赤を纏えばの宴】『これが僕らのトリックオアトリート』【©カープ狂の宴】

少しは見えてきた来季の顔ぶれと新人の背番号予想。【中京地区を応援】

日本シリーズ第五戦!観戦感想☆西川選手が、試合前に……。【HAMFAN★応援歌】

明日の増井先発の意味と第5戦の9回裏騒動~前編【F+C】

日本シリーズ第6・7戦の起用法、ついでに死球の話。【HIT! RUN! WIN!】

札幌ドームのスピードガンは速い球が出やすくなっている?些細な努力も惜しまない日本ハムは素晴らしい!【spoloveブログ】

これで五分【燃えドラ】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:115
  • 累計のページビュー:2286349

(07月25日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss