プロ野球の魅力を語る

16球団構想に思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

自民党が日本経済再生本部を開き、招かれた二宮清純氏がプロ野球の16球団構想を語ったという。地域活性化と経済効果が目的とのことである。

北信越、静岡、四国、南九州に新球団というのは、確かに日本全国にまんべんなくプロ球団ができるという魅力がある。

四国は、高校野球が強いから、四国出身の選手ばかりを集めたプロ野球球団があったら面白そうなのに、と子供の頃に考えていたりしたことを思い出した。

その一方で、球団を保有する企業がそれだけ現れるかというのが大きな課題として残る。共同経営といった形での保有も必要になってくるように思われる。

個人的には12球団で、ホーム球場を本拠地の他に1か所持つようにしたり、2軍のオールスター戦か東西対抗戦を全国各地の球場で開催したりといった企画をやってもらいたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

16球団構想に思う

スポンサーはともかく、サッカー云々はあまり関係ないと思いますよ
現に日本ハムが札幌に移転した際にもコンサドーレ札幌があるから人気でないんじゃない?
と言われていましたが実際は大幅に上回る観客動員数でした
楽天も然り、やってみないとわからないと思います

16球団構想に思う

>メメローさん
誰しも、面白いと感じる順番はあるもので、野球が一番好きなだけであって、他のスポーツが嫌いなわけじゃないですよ。

個人的には、野球、サッカー、陸上、格闘技、ゴルフの順に好きですね。
でも、国際大会は、野球よりサッカーの方が面白いと感じます。なぜか、と聞かれると、感覚的なものなので、なかなか答えようがないですが……。

16球団構想に思う

野球のほうが楽しい、ですか…。

こういうことを言ってしまうから、野球好きは他のスポーツから嫌われるんだと思いますよ。
こういう細かい所からも、野球は排他的だと思われてしまうんです。

16球団構想に思う

>メメローさん
子どもは、まず簡単なものから覚えていくから、サッカーになるんでしょうね。
野球の方が覚えてしまうと、奥深さがあって面白いんですけどね。

>パリーグ魂
二宮さんがずっと前から主張している構想らしいので、もっと詳細まで話を聞いてみたいですね。

>リュカさん
今年の観客動員数は、カードの具合によって変わってくるので、拾う時点が難しいですよね。確かに現時点では去年より増えてますね。
72試合トータルで見ると
2012年1,589,658 人
2013年1,565,598 人
とのことなので、2014年が果たして昨年、一昨年を上回れるのか、興味深く見守りたいと思います。

>jiroさん
冷静な分析ありがとうございます。地域だけで何とかしようとすると、困難壮ですね。
企業については、本拠地をどこにするかに関わらず、東京や大阪の企業でもいけますから、大企業や大工場の誘致と合わせて考えると幅は広がりそうです。
ソフトバンクも楽天も東京の企業ですしね。

こんな記事も読みたい

補強のニュースについて。【つばめ日記】

元巨人のジョン・ボウカーを獲得!【GO!GO!GO!イーグルス!】

若さって?勢いって?【mind your own business!】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:5329
  • 累計のページビュー:2264505

(05月28日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss