プロ野球の魅力を語る

侍ジャパンの株式会社化

このエントリーをはてなブックマークに追加

 WBCで第1回から連続世界一になったものの、国際大会へのバックアップ体制と、多くの選手が不参加となる問題を抱えていた侍ジャパン。

 ようやく改善に向けた動きとして、侍ジャパンの株式会社化が実現しそうである。
 WBC、IBAFプレミア12、親善試合、五輪(公式種目復帰は未定)など、様々な国際大会が存在し、日本代表チームを一括で管理できる会社は必要不可欠だと感じていた。

 とはいえ、まだ詳細がどうなっていくかは分からない。収益の管理・配分だけではなく、選手の故障に対する補償もできる仕組みを作ってほしいものだ。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2試合続けちゃいけない【光散らし空へ】

長い、長いトンネルを抜け出した!【スワローズ応援日記】

四球病蔓延中、大野も感染…【龍と龍】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2343517

(01月18日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss