プロ野球の魅力を語る

岩崎優と松井裕樹

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球は、どんな選手が活躍するかわからないものである。

 阪神のドラフト6位で入った岩崎優投手がローテーションに定着して防御率1点台と活躍を続けている。
 ドラフト6位という驚きだけでなく、彼のストレートは、140キロに満たず、その大半が130キロ台半ばである。
 にもかかわらず、球持ちの良い投球フォームと抜群のコントロールで、現在のところ、エース級の活躍を見せている。

 今後、相手チームに研究されてから、どのような投球ができるかが見どころではあるが、この成績は意外である。

 それに対し、ドラフト1位の鳴り物入りで入団した楽天の松井裕樹投手は防御率6点台で2軍落ちとなった。
 視界から消えるほど曲がるスライダーと150キロ近い直球を持ちながら、制球難で自滅する試合が続く。投球回以上に奪三振を稼いでも、勝てないのだ。

 将来性や素質という意味では、松井の方が岩崎よりずっと上ではあるのだが、投手に最も必要なのは制球力ということである。

 松井にはしっかり下半身を鍛え上げて、安定した投球フォームを身に着けてから、1軍のローテーションに座ってほしい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

岩崎優と松井祐樹

>とらんさん
>大学野球さん

岩崎投手は、遅いけど速く見える技術っていうのは、なかなか身につけられないものですから、クレバーな投手なんでしょうね。
大学時代の防御率を見ると、安定感が抜群なんですね。

左腕でこういうタイプといえば、まず山本昌さん、そして星野伸之さんが浮かびます。
山本昌さんのスクリュー、星野伸之さんのカーブみたいに、伝家の宝刀と呼べる武器が加われば、息の長い投手になれるかもしれませんね。

岩崎優と松井祐樹

ドラフト6位、東都2部リーグから来るイメージはマイナー。
しかしそれでも1,2部混戦模様の戦国東都の選手は侮れない。
そこで培った技術や経験は高卒に比べて遥かに磨かれ、その精度はこれまでの投球に存分に表現されていると思います。
岩崎君の大学時代の通算防御率は1.6点で、大学野球の中でも安定感が素晴らしかったことがわかります。

いつか、そのうち、いつでも、と相手に思わせながら、
彼はその自在な投球術でこのまま走り続けると思います。

岩崎優と松井祐樹

岩崎は左の上原って印象です。
球速ないが、キレのある球AND制球力が半端ない。
なによりリリースが遅く球持ちが素晴らしい。これは打者は打ちにくいでしょう。

性格は謙虚。淡々としたピッチャースタイルってなんか大成する要素ですね。

阪神の伝統も継承してる左のピッチャー。
楽しみ。

こんな記事も読みたい

借金10【スワローズ応援日記】

未熟さ…【ドラゴンズ 時々 グランパス】

阪神考察~ナイスピッチング~【野球の考察場】

今年も育てながら勝つ【狗鷲通信】

不運な男が掴んだプロ初勝利【光散らし空へ】

4/24 松井裕樹氏へのエール!【楽天☆野球観戦歴4年目日記☆楽天】

俺は待ってるぜ【楽天無風地帯】

昨日の試合を三行で説明するなら 22戦目【頂点めざして】

ブロガープロフィール

profile-icondensetsuplay

サイト『伝説のプレーヤー』管理人の犬山です。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:107
  • 累計のページビュー:2344013

(01月21日現在)

関連サイト:伝説のプレーヤー プロ野球

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日の正遊撃手は誰になるのか
  2. 16球団構想に思う
  3. 外国人の遊撃手を獲得するという発想
  4. 大島洋平の7400万円は安いのか
  5. それでも中村紀洋の中日復帰を願う
  6. イチローの三塁打記録に大リーグのすさまじさを知る
  7. イチローをどう起用するか
  8. 方向転換が1か月遅かった中日
  9. あってはならない誤審を防ぐために
  10. 得点は打点以上に評価すべき記録だ

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss