スポーツ徒然草

本田真凛選手へのエール

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPS第2戦カナダ大会で話題になっていた本田真凛選手。 2016年世界ジュニア選手権のフリープログラムを見た時の衝撃が忘れられない。

ジャンプはすべてクリーン。 そして、所作の柔らかさ、表情の豊かさ、プログラムを自分なりに表現して観客にアピールする力をすでに兼ね備えていた。 今までの選手とは全く違う、新しいスケールのスケーターを予感させた。

ジャンプ前後の姿勢や動き、ちょっとした所作の癖が、キム・ヨナ元選手に似ているように見えたので、 何度も何度も映像を見て、相当研究し、努力して体得したのだろうと感心した。 (今はもう、キム・ヨナ元選手っぽさはほとんど残っていないと思う)

翌年の2017年世界ジュニア選手権では、本田選手のショートプログラムに度肝を抜かれた。 演技冒頭の、乙女の恥じらいスマイル。後にも先にも他の選手には真似できないのではないか。 春をテーマにした花畑で踊るようなプログラムが本田選手にぴったりで ジュニアの選手でありながら、すでにオリジナリティも出ており、本田選手の小さな真骨頂だったように思う。

少し残念だったのは、フリープログラムのロミオとジュリエット。 技術的なことはよく分からないが、前年のビートルジュースでの溌剌とした、弾けるような勢いはなく、 楽曲が求める壮大でドラマチックな表現も少し物足りなく、小さくまとまった演技に見えた。 ディフェンディングチャンピオンのプレッシャーが大きかったのだろうか。 もしくは、期待が大きすぎたのか。

そして今年のシニアデビュー。 まだシーズン始めであるし、シニアとしての実力も、プログラムについてもまだ未知数だ。 フリープログラムはこじんまりしたままだが、体力をつけて滑り込んでいけばスケールが大きくなるかもしれない。 個人的には、プログラム冒頭と最後のキメポーズが、美空ひばりの不死鳥コンサートっぽいなと思っており、 美空ひばり感がなくなった時が、プログラムを本田選手のものにした時だと楽しみにしている。

しかし、ショートプログラムには疑問を投げかけたい点がある。

表現力ってなんだろう?

こだわりの今季ショートプログラム「The Giving」 感情をたっぷり込めて、自身の思いを全身で表現しようとしているのがよく分かる。 しかし、表現の一部としての、顔の表情に違和感を感じる。

The Givingは、キム・ヨナ元選手が得意だった切ない熱を帯びたような表情ではなく、 カロリーナ・コストナー選手の近年の演技にあるような、何かを超越した笑顔と、伸びやかなスケーティングによって光る曲だと感じる。 本田選手は、表現力に優れているという周囲からの評価にもっと応えようとするあまり 「表現=切ない顔」という安易な図式に陥ってしまっていないだろうか。 もしかすると、そういう演出なのかもしれない。しかし結果として、どこかで見たことのあるような演技に収まってしまっている。

ピアニストの辻井伸行さんが二十歳前後の頃にショパンの別れの曲を弾いているのを偶然テレビで観たことがある。 当時の辻井さんが弾くと、別れの曲なのに、明日への希望が旋律に溢れていて、みずみずしく、若々しく、美しかった。

壮絶な練習に耐えて、もうこれ以上自分の中からは何も出てこなくなった時に初めて滲み出てくる何かは、 その人のその時にしかできない個性であり、美しさであり、表現になる。 アマチュアスポーツ観戦者の贅沢な要望ではあるが、The Givingでは、スプリングソナタからひと皮剥けた、 輝きを全面に放つ表現をしてほしいと思ってしまう。

16歳の本田選手だからできる笑顔で力強く滑りきることができたら、The Givingは、観戦者全員への素敵な贈り物になるに違いない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フィギュアスケート Road To 平昌 スケートカナダ まとめて感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

宇野昌磨 余裕,本田真凛 取りこぼし【カナダ大会感想】【情熱的氷滑芸術】

カナダ大会(スケートカナダ,グランプリシリーズ第2戦)プレビュー【スポーツ雑誌風】【情熱的氷滑芸術】

ブロガープロフィール

profile-icondawgymountain

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:37213

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 高橋由伸監督
  2. 本田真凛選手へのエール
  3. 清宮君を引き立てる球団
  4. ゴーゴー!ベイスターズ!
  5. 上本博紀選手

月別アーカイブ

2017
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss