ひっそりと茨城野球

秋季関東大会準々決勝マッチレポート|東海大市原望洋vs山梨学院

このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県営球場で行われた秋季関東大会準々決勝第1試合は、東海大市原望洋(千葉1位)と山梨学院(山梨1位)というカードとなった。

東海大市原望洋は1回戦、石橋(栃木2位)に5対2で勝利。エース右腕・金久保優斗(2年)が完投した。 対する山梨学院は1回戦、霞ヶ浦(茨城2位)を2対1で下した。
先攻・東海大市原望洋はこの試合でもエース右腕・金久保が先発。

東海大市原望洋先発・金久保優斗投手

後攻。山梨学院は背番号10の左腕・宮内大河(2年)を先発起用した。

山梨学院先発・宮内大河投手

1回表、東海大市原望洋は先頭の宍倉貫太(2年)がレフト前ヒットで出塁し、犠打と内野ゴロで二死三塁のチャンスを作るが、4番・金久保は空振り三振に倒れる。

2回裏、山梨学院が先制点を奪う。

先頭の5番・関口俊哉(2年)が四球、6番・山本瑞基(2年)がライト前ヒットで出塁し、送って一死二、三塁から、7番・宮内がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先制する。 なおも9番・丹沢海輝(2年)がライト前ヒットで二死一、三塁とチャンスは続くが、1番・広瀬巧真(2年)はファーストゴロに倒れる。

山梨学院主将・広瀬巧真選手

3回表、先制を許した東海大市原望洋がすぐに反撃に出る。

先頭の9番・鯨井祥敬(2年)が右中間スリーベースで出塁すると、1番・宍倉のセンター前タイムリーで同点に追いつく。 さらに盗塁で一死二塁とするが、後続は内野ゴロに倒れ追加点は奪えない。

3回裏、山梨学院は先頭の2番・松尾孝太(2年)、3番・小林侃汰(2年)の連打と、5番・関口の四球で一死満塁の絶好機を作るが、6番・山本はファーストゴロで本塁封殺。 7番・小澤陸(1年)は空振り三振に倒れ1点も奪えない。

4回表、東海大市原望洋は二死から7番・樋口圭輔(2年)がレフト前ヒットで出塁し、連続死球で二死満塁のチャンスを迎える。 山梨学院はここで2番手に背番号11の右腕・栗尾勇摩(2年)をマウンドへ送り、1番・宍倉を空振り三振に仕留めピンチを切り抜ける。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドラフト指名選手の高校野球時代2016(5)~楽天、オリックス【野球傍目八目】

慶應 センバツ選出は?関東QF敗退もチャンス大!早実&早大学院の都大会での結果次第!シナリオとは!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

横浜センバツ絶望!東海大望洋・金久保は夢の甲子園へ!島の無念晴らす!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-icondatekou001

アマチュア野球観戦が趣味で、茨城県の高校野球を中心に観戦しています。大学野球(首都大学リーグ、東京新大学リーグ)や中学野球(軟式、シニア、ボーイズ)も見ることがありますが、プロ野球はテレビ中継すら見なくなって久しいです。
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:61097

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 4度王手も手の届かなかった甲子園|霞ヶ浦・上野拓真投手
  2. 茨城県の中学野球|4つの組織・団体から6チームが春の全国大会に出場
  3. 秋季関東大会準々決勝マッチレポート|前橋育英vs慶應義塾
  4. 中田翔率いるプロ野球選抜チームが土浦市営球場にやってくる
  5. 秋季関東大会準々決勝マッチレポート|東海大市原望洋vs山梨学院
  6. 第10回横浜市長杯 桐蔭横浜大x白鷗大における茨城出身選手の活躍ぶり
  7. 関甲新学生野球|関東学園大vs常磐大|2016秋季1部2部入替戦2回戦マッチレポート

月別アーカイブ

2016
11
10
2015
05
03
02
2014
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss