≪韓非資≫コラム

俊足巧打中距離打者2人の中堅手挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年ロッテの右翼手はソン・アソプの指定席であった。ところが今年のオープン戦では彼が中堅手を守るという見慣れない光景を目にすることとなった。デビュー当初は左翼手としてプレーした時期があるものの、中堅手としてのプレーはこれまで公式戦で1度もない。  ロッテのチョ・ウォヌ監督によるとソン・アソプを突如として中堅手として起用し始めたのはあくまでも非常時に備えてのプランBだという。但し兵役義務解決のためここ2年間警察野球団に所属していた中堅手チョン・ジュヌは、服務中には中堅手としてプレーすることは少なかった。必ずしも守備範囲が広い方ではなかったため、両翼へのコンバートも考慮しなければならない時期に差し掛かってきている。また昨年遅咲きながらブレイクしたキム・ムノはアベレージ型の打者ではあるが、守備ではほぼ左翼手に限定されている。ソン・アソプを中堅手でも起用できるのであればチームとしてはメリットが大きい。  ソン・アソプは今年のオフにFA資格取得を控えている。2015年のオフにポスティングによるMLB移籍を目指したこともあり、海外球団へのFA移籍という選択肢も視野に入れているようである。ポスティングの際には入札球団が全く現れなかったが、コーナー外野手としては長打力に物足りなさがあるというのも要因のひとつであったと考えられる。ポスティングによる移籍失敗以後、出塁率の向上を目指したスタイルの変更や走塁面でのアピールなど、努力を重ねている様が見受けられるが、MLB移籍のためには根本的な解決になっていないように感じる。またここ近年、リーグ全体として高打率化が進んでいるため、もともと高打率を残せる彼は突出度でアピールしにくくなっている。韓国球界トップクラスのコンタクト能力はもっており、盗塁成功率の高さなど走力も高いため、もし中堅手を守れるのであれば右翼手限定よりはアピールしやすくなるかもしれない。  たとえプランBとしてであっても、中堅手にも挑戦することはソン・アソプにとってもプラスに作用する可能性を秘めている。元々打球判断はそこまで良くないためが、守備面でアピールするチャンスともなろう。  中堅手に挑戦する選手として注目したい外野手がもうひとりいる。ネクセンのコ・ジョンウクである。彼もソン・アソプ同様に俊足巧打中距離打者に分類することができる。  コ・ジョンウクは昨年も中堅手としての出場がある。ただ今年はオープン戦の時期に若手中堅手のイム・ビョンウクが右肘の痛みによって戦線を離脱してしまったため、昨年以上に中堅手としての起用が増加するものとみられる。かつて中堅手を務めたイ・テックンはベテランとなっており、昨年からは右翼手に回っている。また外国人打者ドーンもコーナー外野手である。オープン戦では高卒新人の内野手イ・ジョンフが外野手として出場し開幕1軍に向けたアピールに成功したが、最初はあくまでバックアップとしてみるべきであり、コンバートから日が浅いため守備面でもまだ信頼しきれない。またユン・ソンミンとチェ・テインの守備位置が一塁手で競合しているため、外野手を指名打者として起用する頻度は抑えたい。今年はさらにハンファを放出後に加入したキム・テワンもオープン戦で当たっていたので、守備位置の交通整理が難しい状況にある。  中堅手コ・ジョンウクという選択肢がある程度信頼できるものとなるのであれば、野手の運用がやりやすくなるであろう。やはり守備の安定性の部分には疑問があるので、イム・ビョンウク不在の間に不安を払拭させたい。  俊足巧打タイプの中堅手挑戦で注目されるのは以上の2人であるが、トゥサンのパク・コヌやNCのキム・ソンウクも中堅手としての活躍が期待される。前者に関してはチョン・スビンの入隊とミン・ビョンホンの原則右翼手固定により中堅手起用が既定路線となっており、後者に関しては昨季途中からベテランのイ・ジョンウクが左翼手にコンバートされたため中堅手として成長することが求められる。ともに長所は守備より打撃にあるが、実戦を通して技量を向上させていって欲しい。中堅手は今季リーグ全体で注目されるポジションであるかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ネクセンヒーローズ
ロッテジャイアンツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヨーロッパリーグ結果速報(3月18~26日)【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

一流アスリートへの近道【倉俣監督BLOG】

カリビアンシリーズがメキシコでの開催中心に【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icondatekorea

伊達と申します。韓国プロ野球球団 kt wiz のファン(暫定)です。
気ままなタイミングに気ままなテーマで更新するので、韓国プロ野球に関心がある方のニーズにあまりお応えできないかと思いますが、よろしくお願い致します。
メールアドレス:date.korea2014★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
  • 昨日のページビュー:95
  • 累計のページビュー:476071

(05月13日現在)

関連サイト:韓国プロ野球サイト≪韓非資≫

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「日本キラー キム・グァンヒョン」はそろそろやめにしませんか
  2. 2015年プレミア12韓国代表野手リスト+短評
  3. ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安
  4. 2015年韓国プロ野球年俸ランキング
  5. 2014年韓国プロ野球年俸ランキング
  6. 2015年プレミア12韓国代表投手リスト+短評
  7. 千葉ロッテ新外国人野手ナバーロ素行不良疑惑に関する不安
  8. 「阪神来季抑えに孫勝洛!呉昇桓流出に備え」は現実的なのか
  9. 韓国プロ野球1990年代生まれ問題?(野手編)
  10. プレミア12日本代表1次ロースターの年齢構成や代表歴を韓国代表と比べてみる

月別アーカイブ

2050
01
2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss