≪韓非資≫コラム

KBOリーグと韓国代表の現位置 ―WBC開幕に先立って―

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年に開催される第4回WBCで韓国代表の選手名鑑記事をブログに載せようかなと思っていますが、それに先立って、韓国球界の現況と選ばれた選手の構成について整理してみました。「1.リーグの現況」に関しては、普段から私のブログを見てくださっている方には繰り返しの内容となるため読むのを省略することをおすすめします。なお選手名鑑記事ですが、投手は11月時点で大枠を作っておいたので完成していますが、野手はまだ手付かずです。できれば開幕前には完成させたいところですが、間に合うかどうかちょっと微妙です。→多忙につき野手編は作成しないことになりました

第4回WBC韓国代表選手名鑑(投手編)

1.リーグの現況  2015年にktが1軍参入をして以降、KBOリーグ(韓国プロ野球)の1軍は10球団1リーグ体制をとっています。試合数増加や本拠地球場建て替え等の影響もあって総観客動員数が伸びており、興行面で最高潮を迎えていると言って良いかと思います。  最近の韓国球界を語る上で欠かせないキーワードが「打高投低」です。2011~2013年と2014年以降とを比べると防御率や打率のリーグ平均に大きな変化を見てとることができます。  2014年に突如として打高化した背景にはボールの反発係数の変化があるのではないかと言われています。ただし仮にボールの変化がにあったとしてもそれはあくまで打高のきっかけのひとつに過ぎず、ストライクゾーン(特に上下)の狭さ、リーグ全体として球団ごとの投手層が薄くなったこと(球団数増加の影響も想定される)、あるいは投球技術に対して相対的に打撃技術が上がったことなど複合的な要因が想定されます。  近年はKBOリーグでプロキャリアを開始した韓国人選手のMLB進出が目立ちます。リーグのレベルと直結させてとらえる見方が強いように感じますが、実際にはそれ以前からレベルが上がっており、それを引っ張ってきたうち比較的若い部類に属していた選手が20代後半に差し掛かかるなどして海外進出した結果(であったり、さらには82年生まれの2人が日本球界を経て去年MLBでプレーした結果)、それが表面化したと見る方が良い気がします(韓国の場合は海外FAまで9シーズン、契約譲渡での海外移籍に7シーズン必要/単純な年数でなく1軍登録日数等を考慮して換算)。なおリーグのレベルアップを牽引してきた核心は82年生まれ世代及び85~88年生まれ世代あたりと考えられます。  2016年オフにはキム・グァンヒョン(SK)ら複数の有力投手がFA資格を取得し海外移籍を目指しましたが、彼らが国内残留したことによりFAや契約譲渡での大物投手の海外移籍はしばらく打ち止めかなという感じがします(但し特殊な契約を結んだヤン・ヒョンジョン(KIA)は来年以降の去就が不透明)。そして彼らが海外に流出しなかったことにより、リーグとしての「黄金時代」が保たれるものと考えられます。高コストの外国人選手獲得も増えていますし、投打ともに80年代後半生まれが健在なうちはレベルが落ちることは考えがたく、興行面(ただし実質的に国内完結市場)も実力面もこの良き時代はもうしばらく続くのではないでしょうか。  一方で世代交代に課題を抱えています。全体的に見たとき、20代前半の野手はそれ以前の世代に比べて長打力の部分で成長速度の鈍さが見られます。アマチュアで左打の選手が増えており、プロ入りに際して俊足巧打型が優位になっている傾向も感じられます。投手ではとりわけ先発投手の育成が遅れているように感じられます。速球型の素質ある投手が緩急を使えずリリーフに回ることが多いため、先発投手の人材が薄くなっています。各球団が外国人枠3人のうち2人を先発投手にしており(投手のみ3人、野手のみ3人は不可)、彼らに先発5人ローテーションのうち1~3番手のいずれかの役割を求めることによってローテーションを運用している状況です。  但し近年は若手選手の兵役義務を早期解決させるケースが目立っており、尚武か警察野球団の軍隊チームに所属して2年間フューチャーズリーグ(KBOリーグの2軍10球団+尚武+警察野球団)でプレーをした後に若手がブレイクすることにも期待したいです。  私たち日本人が漠然とイメージする韓国野球というのは、国際大会での印象であったり、海外移籍選手の活躍であったりに引っ張られているケースが多いと考えられます。現在はそれと国内リーグとのギャップがそこまで大きくはないと思いますが、数年先にはイメージと乖離していることも考えられ得るように感じます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーグ全体
国家代表
タグ:
KBOリーグ
KBO
WBC
韓国代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

何のための強化試合だったのか?侍ジャパン日本代表のメンバーはWBCよりもペナントを優先したい各球団に配慮した人選 情や周りに流される小久保【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

WBCがいよいよ始まる・サムライジャパン初戦を終えて【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

WBC各国選手紹介7 ジョシュ・ガイヤ-ら(オーストラリア)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-icondatekorea

伊達と申します。韓国プロ野球球団 kt wiz のファン(暫定)です。
気ままなタイミングに気ままなテーマで更新するので、韓国プロ野球に関心がある方のニーズにあまりお応えできないかと思いますが、よろしくお願い致します。
メールアドレス:date.korea2014★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
  • 昨日のページビュー:145
  • 累計のページビュー:476215

(05月14日現在)

関連サイト:韓国プロ野球サイト≪韓非資≫

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「日本キラー キム・グァンヒョン」はそろそろやめにしませんか
  2. 2015年プレミア12韓国代表野手リスト+短評
  3. ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安
  4. 2015年韓国プロ野球年俸ランキング
  5. 2014年韓国プロ野球年俸ランキング
  6. 2015年プレミア12韓国代表投手リスト+短評
  7. 千葉ロッテ新外国人野手ナバーロ素行不良疑惑に関する不安
  8. 「阪神来季抑えに孫勝洛!呉昇桓流出に備え」は現実的なのか
  9. 韓国プロ野球1990年代生まれ問題?(野手編)
  10. プレミア12日本代表1次ロースターの年齢構成や代表歴を韓国代表と比べてみる

月別アーカイブ

2050
01
2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss