≪韓非資≫コラム

ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月9日に横浜DeNAベイスターズが韓国人左腕ヤン・ヒョンジョンを獲得という報道が出て、翌10日には韓国の報道でヤン・ヒョンジョン側がKIAへの残留を希望する旨を公表、11日には日本でも横浜DeNAとヤン・ヒョンジョンとの交渉が破談に終わったことが報じられました。  日本球団側の立場では比較的順調に進んでいた新外国人獲得が失敗に終わったという内容ですが、韓国側の報道を見ているとKBOリーグが今後導入を検討している代理人制度への不安な側面も垣間見られました。そこで主に韓国側の報道を時系列順に整理しながら、そこからうかがえることを考察してみようと思います。  非常に複雑な経緯があるためニュース記事とその要約を全てで21件挙げています。具体的な考察は記事の後にまとめています。

※追記:交渉の経緯を表としてもまとめました。

KIAとヤン・ヒョンジョンの契約交渉過程

<横浜DeNA報道以前> 11月29日 ①(韓・OSEN)FA ヤン・ヒョンジョン、エージェントと日本出国…入団契約間近?  ・29日午前、ヤン・ヒョンジョンの日本出国確認。  ・ヤン・ヒョンジョンのエージェントを担当チェ・イングク スポスターズ代表が「日本球団が誠意を見せ提案した。具体的な球団名を明かすのは難しい」と述べた。  ・一方で「KIA側の提案まで受けてから最終決定する」との立場も表明。

11月30日 ② (韓・中央日報) ヤン・ヒョンジョン、日本 楽天と交渉開始  ・29日、ヤン・ヒョンジョンがエージェント及び通訳とともに楽天との交渉のため日本に出国。  ・契約期間は1年または2年、年俸はオプションを含めて最大3億円程度であることがわかった。  ・ソフトバンクも関心を持つが楽天がより積極的な姿勢で交渉のテーブルを用意した。

12月4日 ③(韓・OSEN)ヤン・ヒョンジョン エージェント「海外行きとKIA残留で苦心中」  ・4日、ヤン・ヒョンジョンのエージェント関係者は電話通話で「昨日ヤン・ヒョンジョンと通話したが、まだ最終決定をしていない」と答えた。

12月6日 ④(韓・スポーツソウル)消極的なKIA、エース ヤン・ヒョンジョンを掴む意志があるのか  ・ヤン・ヒョンジョンのエージェントであるチェ・イングク スポスターズ代表は「契約期間2年、年俸3億円の水準まで話が行き交った。保証金額、オプションなど調整が必要な部分があるが、日本側はとても積極的である。交渉が終わっていないので明らかにすることができはないが、楽天ではない。」と述べた。  ・KIA側は「選手が海外でプレーしたいという意志が強い。日本とメジャーの状況を詳しく調べ国内の残留を決定するならその時に条件を提示したい」という慎重な立場。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

>komuragaeryさま

はじめまして。またお返事が遅くなり申し訳ございません。

来年以降のヤン・ヒョンジョン本当にどうなるんでしょうね。イレギュラーな契約という点でまず読めませんし、「KIAで優勝したい」というのを大義名分に残留したので優勝できなかったらどうするんだろうという疑問もあります。
韓国では昨年オフに複数年契約中の選手が育成転換させられそうになり、今年からは保留選手名簿を外れた選手は育成選手を含めもとの所属球団と1年間契約できなくなりました。つまり保留選手名簿から外してもらって海外移籍しようとして良い条件が見つからない場合、KIAと再契約できなくなるので国内他球団と契約してKIAの敵として立ちはだかることとなってしまい、優勝したくてKIA残留したはずなのにそれはどうなのということになりかねません。
韓国球界は少なくとも来年と再来年のオフは良い先発投手がFAにならないので放出されれば国内他球団は良い条件を提示してきそうですはありますが…(非FAでは禁止されている複数年契約を裏契約する可能性もあり)。
全く想像がつかず申し訳ございません。ただどのような選択をするにしても次は代理人に振り回されなければと思います。

私もヤン・ヒョンジョンは同じ海外ならアメリカ球界より日本球界があっているというのに同意します。
彼は今年こそ200イニング程消化していますけど、夏場に疲労がたまって成績を落とす傾向がはっきりしていますので、6人ローテを基本とし調整しやすい日本の方が活きてくる気がします。
与四球も元々は少なくないので球数制限が緩い日本の方がやりやすいでしょうし(彼は韓国の中では球数が多くなっても大丈夫な方)。
そういう意味ではタイプ的に今後もし日本に移籍した場合成績がどのようになるのかは気になりますが、不確定要素が多いので選手本人ですら来年以降のことはまだはっきり決めていないのかなと思います。

ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安

はじめましてで失礼します

今回のヤンヒョンジョン選手の件で興味を持ちましたが、
韓国球界の近況の理解に大変助けになりました
当方ベイスターズファンで今回の獲得報道に興奮したものですが、立ち消えになってしまい残念です
来年期待してもいいものでしょうかね?なんて答えようがないでしょうけど……

以前からKBOの投低は有名でしたが、本ブログの記事から投低というよりも投壊に近い印象を受けました
ヤンヒョンジョン選手も急な負担増に苦しんだでしょうし、その点楽なNPBに来て活躍できる可能性が未知数なのが3Aより面白いと思ったのですが
タイミングとして故障が怖いので出来高重視の契約というのは納得しますね
国内残留に早期に絞っていれば長期大型契約だったでしょうから、来年故障せずなんとかこらえていい契約を勝ち取ってほしいものです

>temo さま

はじめまして、コメントありがとうございます!

契約内容に関してはおっしゃっている「契約金1億、年棒1.5億×2、出来高1億×2」、すなわち保証額2年4億+出来高2年最大2億と考えると確かにヤン・ヒョンジョン側の反応も納得な感じがします。

日本の場合にも代理人が交渉に大きく関わっていることがあるようですね(制度上公認されている点で韓国とは違いますけど)。
山口俊のケースも裏ではいろいろ駆け引きがあったんでしょうけど、最終的に選手のためになればまだ良いのかなと思いました。
情報ばらしの件ですけど、ヤン・ヒョンジョン側の代理人にしてみれば韓国語媒体ならばらしても横浜DeNAにはそこまで影響ないだろうという軽い気持ちがあったのかもしれないですけど(その時点ですでに問題ですが)、今の時代はそういう情報もあっさり日本で確認できてしまうので、横浜DeNAとしては迷惑極まりなかったでしょうね。交渉決裂後すぐに韓国メディアに記事の修正要請を出したようなので、情報流出に対して結構気を遣っているんだなというのは感じました。
さすがに今回の代理人は様々な面で問題があったのかなと思います。

ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安

はじめまして。

日ごろほとんどベイの情報しか追いかけていないため、降ってわいた話により、決着がどうなったのか気になっている話題でしたので、参考になりました。

2年6億の値ごろ感ですが、「契約金、年棒、オプション」含む総額という翻訳が出回っており、そういう理解だと実際の年棒は契約金1億、年棒1.5億×2、出来高1億×2という、意外とまとまった数字ではなかったのかなと思います。もう少し年棒は多いかな、くらいでしょうか。数字だけ聞いて「年棒3億か!」と巷間では目を剥いていましたが…
代理人に関してはベイでは対照的に山口が高額な国内移籍を果たしましたが、一方で中日の条件を代理人がストップさせているという情報も途中で飛び交いました。おそらく移籍の決め手になった条件面の支え手として代理人の存在がいたと思いますが、こちらはあまり見えな過ぎてよくわからない印象があります。
またベイはDeNAになってから情報を漏らさず交渉を進めるチームになっており、こうした形で相手側にいわば当て馬として使われることはなかなかタフなものがありますね(^_^;) また、選手にとっても連絡がきちんとうまくいっていないのでは誠実ではないように感じてしまいます。

こんな記事も読みたい

日本ハムの新球場案は札幌ドームとの駆け引き!果たして勝つのは球団か球場か?【spoloveブログ】

救済ドラフトについて【ベイスターズ談議】

背番号が変わって気分リフレッシュ! 来シーズンこそロッテが優勝だ! 【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2017シーズンへ向けて その1 マウンドのリニューアルを。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

クライン投手のストレートはホップする?【YOKOHAMA lover】

2016年新人入団選手の1年 ~第7回~ドラフト4位 #10 戸柱 恭孝選手【とりあえず、ベイスターズ】

紆余曲折の末、クライン投手を獲得【Baystars Goship】

クライン投手の獲得とモスコーソ、ペトリック投手の解雇【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-icondatekorea

伊達と申します。韓国プロ野球球団 kt wiz のファン(暫定)です。
気ままなタイミングに気ままなテーマで更新するので、韓国プロ野球に関心がある方のニーズにあまりお応えできないかと思いますが、よろしくお願い致します。
メールアドレス:date.korea2014★gmail.com(★を@に置き換えて下さい)
  • 昨日のページビュー:95
  • 累計のページビュー:476071

(05月13日現在)

関連サイト:韓国プロ野球サイト≪韓非資≫

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「日本キラー キム・グァンヒョン」はそろそろやめにしませんか
  2. 2015年プレミア12韓国代表野手リスト+短評
  3. ヤン・ヒョンジョン移籍騒動の結末とKBO代理人制度導入への不安
  4. 2015年韓国プロ野球年俸ランキング
  5. 2014年韓国プロ野球年俸ランキング
  6. 2015年プレミア12韓国代表投手リスト+短評
  7. 千葉ロッテ新外国人野手ナバーロ素行不良疑惑に関する不安
  8. 「阪神来季抑えに孫勝洛!呉昇桓流出に備え」は現実的なのか
  9. 韓国プロ野球1990年代生まれ問題?(野手編)
  10. プレミア12日本代表1次ロースターの年齢構成や代表歴を韓国代表と比べてみる

月別アーカイブ

2050
01
2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss