ボクシング・ジャーナル

WBA ダブル日本タイトル戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

メインの内山は、今までほぼ完璧な内容で世界戦を勝利してきましたが、今回はプロらしく思い切りのより左右フック振りぬく三浦に意外な苦戦を強いられました。

内山といえば、豪腕のイメージがありますが、ただパンチが強いだけでは、世界一に離れません。長いアマ歴に裏づけされた確かな攻防の技術があるからこそ、その強打が活かされます。この技術力の差が、今日の勝敗を分けた最大の要因であったことは言うまでもありません。

いつも冷静に試合を組み立てている内山が、まともに三浦の左ストレートを食いダウンを奪われたときは、ビックリしました。本人は、ダメージはなかったと試合後語っていましたが、かなり足にきていたように見えました。内山の打ち終わりを狙って強振してくる三浦のパンチは怖さがありました。ただ、逆に言えば、それだけでした。内山の正確で強い右ジャブを決められ続け、視界を奪われた末に三浦陣営の棄権で試合が終了しました。

内山が、これから本当の意味で世界の強豪と戦っていくには、今までの冷静な試合運びだけでなく、冷静に燃えるような試合を期待したい。「冷静に燃える」なんて矛盾しているように聞こえますが、私のアイドルであったマービン・ハグラーや今のパッキャオなどは、冷静に自身をコントロールしながらも、常に相手を打ち倒そうと燃える闘志を秘めていました。右ジャブを多用することは良いのですが、もうひとつ必殺パンチに繋げて欲しかった気もしました。


セミの李-下田戦は、まだよく見ていないのですが、これまた意地と意地のぶつかり合った素晴らしい内容だったようですね。いい選手同士が戦うと、手に汗握る素晴らしい試合になるという典型でしょう。

私個人的には、WBAは世界承認団体として認めたくはありません。WBAを認めるくらいなら、IBFやWBOを認可したほうが、100倍マシです。WBAは、あまりにずさんな管理で、無意味にタイトル乱発し続けています。日本は、WBAから脱退することが難しいのであれば、議論がされていますが暫定王座は認めず、真の世界王座に限り世界戦を認めるなど、独自に規制を布いていかないといけない時期に来ていると思います。




多くの方に、この「ボクシング・ジャーナル」にアクセスしていただいています。有難うございます。もっとボクシングのことについて語りたいという方は、私のサイトであるWSCまで一度お越し下さいhttp://worldsportsclub.org/。掲示板、各最新ブログ記事の紹介、フリーマーケットなどを開催しています。'



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国内ボクシング
タグ:

こんな記事も読みたい

女子プロ断罪王・二見対ビジュアルファイター・野崎渚!2・3「T-1」新木場大会まであと3日!最終ポスター完成!【極上の“T-1二見激情”見参】

パフォーマンスと団体愛 続サッカーアジアカップを見て思う【にわかもんの格闘技観戦】

スマッシュ12.13 OSAKA【ニーハオ★リンリン♪】

この記事へのコメントコメント一覧

WBA ダブル日本タイトル戦

WBAベルトの価値は昔に比べ確かに落ちたと思います。又
ジャッジの採点もおかしいように思います。内山選手の評価ですが今のレベルで世界の強豪とやっても遜色は無いと思う。
ハグラーと比べたらどの選手でも子供扱いですよ。
それより早く内山VSリナレス戦が実現してほしいと思います。

WBA ダブル日本タイトル戦

今回の内山選手は、格下相手に、なんとなく油断していた感じがしました。
三浦にもう少しジャブを避けるディフェンス技術があれば、内山は危なかったと思います。

それにしても、内山選手は、美しい技術、強いパンチ、クレバーさ、端正なルックス、爽やかで謙虚なキャラクターと、3拍子も4拍子も揃った素晴らしいボクサーですね。

ただし、そんな美しいボクサーが、なぜかガチャガチャした不細工なボクサー相手に負けてしまうのが、プロボクシング。
本当の「強さ」は、見た目や理屈では測れないのです。
対峙した者同士にしかわからない。

今のところ、内山選手の実力は、良いところばかりが目立って2倍ぐらいに膨れて見えていると思います。
タフでラフなファイター・タイプに乱戦に持ち込まれたときに、意外な脆さを見せるような気がしてなりません。
下顎骨が華奢で、あまり打たれ強そうにも見えませんし。

そういう意味で、亀田興毅と良く似てますよね。
技術レベルは高いのに、今ひとつ凄味や逞しさを感じないというか。

今のままの安全運手では、ハグラーやパッキャオどころか、長谷川選手や西岡選手に肩を並べることすらできないと思います。
修羅場をくぐってこそ、「冷たく燃える殺気」が育つのではないでしょうか。

WBA ダブル日本タイトル戦

下田は帝拳なんでしょ?帝拳がWBA獲るなんてめずらしい。
今後の防衛戦放送は日テレになるんでしょうか?
長谷川や栗生、西岡のコラボありそう。

WBCを始め、みんなWBAからの分裂・派生系でしょ。
昔からずさんですよね。本部がベネズエラというのも微妙だし。

でもWBCだって「WBCムエタイ王座」なるキックタイトルを設けてるし、似たりよったり。
要はいかにタイトル料金を稼ぐか、経営側にとっては死活問題なんですよ。気持ちは分からんでもない。
だってタイトルマッチの間隔が長くて、ひどい時は一年以上も防衛戦してない例もあるから困るんでしょう。

WBA ダブル日本タイトル戦

確かに内山は三浦の強烈な左ストレートでダウンを喫しましたが、その後の対応は見事でした。追撃に出る三浦の猛攻を巧く抑えてましたし。西岡-ジョニゴン戦で、1Rダウンを喫した西岡が、その後攻勢に出たジョニゴンの連打を全てかわしたように。

ハグラーやパッキャオ等と比べては・・・。彼等は例外中の例外。それだけ内山に対して期待を持たれるのはわかりますが。

あと、内山の「右ジャブ」ではなく「左ジャブ」では?

このブログの最近の記事記事一覧

ブロガープロフィール

profile-iconcutepizza

私は、WSC(http://worldsportsclub.org/)という、スポーツ・コミュニティー・サイトの管理人をしています。スポーツという名ですが、実質ボクシング一色です。

好きなスポーツ:ボクシング、テニス、陸上競技、野球(特にMLB)
好きなアーティスト:ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、ビートルズ、サラ・マクラクラン、ジュエルなど多数
  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:3650881

(08月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. パッキャオ完勝も、疑惑の判定負け!
  2. 暫定王座
  3. 連続1ラウンドKO男!エドウィン・バレロ、妻を殺害後、自殺!
  4. パックマン神話の終焉
  5. 激闘!井岡が八重樫下し、統一王者!
  6. 内藤、亀田興毅にまさかの判定負け!
  7. デラホーヤ惜敗!メイウェザーが無敗を守り、5階級制覇達成!
  8. ボクシングが、世界タイトルが、死んだ。
  9. 西岡、歴史的快挙!ラスベガスで大物相手に完勝!
  10. 長谷川が、ジョニー・ゴンザレスのモンスターライトに一発KO負け!

月別アーカイブ

2012
12
06
2011
11
10
05
04
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2015年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss