燕と鷲

cut4

関連サイト:野球が好き

【著者紹介】 NPB、MLB、女子プロ野球、独立リーグと団体問わず野球が好き。 NPBの贔屓チームは東京ヤクルトスワローズ、東北楽天ゴールデンイーグルスなのでこの2チームのことをスポナビで書こうと思う。 2014年よりNPB もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:126732
  • (08月06日現在)

最新の記事

上田、比屋根論争に終止符は打たれるか?坂口が殴りこむ。

1番センター真中満はもう遠い昔のことだ。 1番センター青木宣親も今は昔。 1番センターに秋山翔吾とは言わないがもう少しグレードアップを図りたい。 ヤクルトスワローズの上位打線 2015年シーズンのヤクルトスワローズはトリプルスリー山田を始め首位打者川端慎吾、打点王畠山和洋とこの3人を軸に打線を組んだのは周知の事実。 真中監督が2番川端、3番山田、4番畠山を固定したのはオールスター明けのことだ。 ......続きを読む»

田中浩康は脇谷亮太を目指すべし

10.2決戦延長11回裏の田中浩康は二度も紙一重だった。 一度目の紙一重は1ボール2ストライクから4球目の内角の球をセルフジャッジで一塁へ。 なんとデッドボールのセルフジャッジ。 捕手の鶴岡も苦笑い、ベンチの小川、ユウイチも笑顔がカメラに抜かれている。皆に笑顔を与える田中浩康さん紙一重で重圧から逃れられなかった。 二度目の紙一重は6球目の伝家の宝刀右打ちがライト江越にスライディングキャッチをされ......続きを読む»

オコエじゃないよね?ワクワク外国人は誰だ!?

2012年オフのアンドリュー・ジョーンズ 2013年オフのケビン・ユーキリス 2014年オフのギャビー・サンチェス 常にワクワクする外国人を連れて来ていた東北楽天ゴールデンイーグルス。 2015年オフは誰なの? 日本人選手はFA今江を獲得 自由契約の栗原も獲得 二人共顔は日本人ぽくないけど。 新外国人の話題で名前が出てくるのは リズ、ブリガム、アマダー おいおい、ワクワク度が足りないよ。 頼......続きを読む»

デニングの自由契約に伴う痛みは成長痛のようなものだ!

新潟アルビレックスから突如やってきた救世主 その名はミッチ・デニング 新潟アルビレックス在籍時にも見たことがあった。 当時からモノが違うと感じていた。 いや、これまじで。 群馬ダイヤモンドペガサスと新潟アルビレックスの試合前 ラミちゃんことアレックス・ラミレスらとともにホームラン競争で活躍した。 新潟アルビレックスからの参加がデニングと青木 群馬ダイヤモンドペガサスからの参加がラミレスとなんとカ......続きを読む»

君は9.29を知っているか?

10.19でも10.8でもでもなく9.29だ。 今年のスワローズは 館山復帰戦6.28 山田3連発8.22 東京ドーム決戦9.27 優勝を決めた10.2 CS最終戦10.17 忘れられない戦いがそこにはあった。 そんな中、cut的今年一番しびれたのは他でもない9.29だった。 9.29と聞いてピンとくる人は相当なヤクルトマニアもしくはカープファンだ。 いや、twitterなどでかなり呟いたの......続きを読む»

右の則本、左の・・・

右の館山、左の石川 言わずと知れたヤクルトの二枚看板 館山が ”左のエースが石川、右のエースが小川と呼ばれるのは寂しい。 左の石川、右の館山と呼ばれる存在でありたい。” といったのは有名な話。 圧倒的な成績を残す田中将大や岩隈久志のような存在感はないかもしれないがいつまでもそばにいるような安心感がそこにはある。 楽天はどうだろうか。 岩隈がMLBに行きそして田中もMLBへ行き則本がエースと......続きを読む»

代打の切り札は優勝監督への登竜門

試合終盤に東京ドームでコールされる 「代打高橋由伸」 ライトスタンドから地鳴りのような歓声があがり球場全体を包み込む。 読売ファンのボルテージは最高潮。 最後のスーパースターと言われるだけあるぜ。 打っても打たなくてもファンは喜ぶ。 そんなヒーローはなかなかいない。 これを生で見たら鳥肌が立つ。 大げさでもなんでもない。 テレビでは味わえないリアル由伸にスタジアムは湧き上がる。 神宮を変えれる......続きを読む»

29番目の男は誰だ?楽天のプロテクト28人を予想せよ!

あなたのサードはどこから?内はロッテから今江を獲得。 そうじゃなかった変換不要で”うちは” google先生は文章の変換で”内はロッテ”まで把握している凄いな今の時代。 さて、獲得が決まれば次のステップは補償問題。 FAに選手や金銭を絡ませるのはナンセンスかと思うがルールには従うべし。 まずはおさらい。 今江はロッテで推定2億円の年俸だった。 そしてチーム日本人の中で涌井に次ぐ2番目となりA......続きを読む»

隙あらば秋吉、いや隙を埋めた秋吉だ!

ネット用語だと思っていた隙あらばシリーズ。 なんと天下のNumberWebで取り上げられているではないか。 まぁ、NumberWebもネットなんだけれども。 隙あらばシリーズ広島バージョンの ”隙あらば野間” のことである。 元々はなんでこの選手を使うんだよ!?というファンからのため息と同時に発せられることが多かった。 それは各球団によって様々だ(と思う) ヤクルトでは”隙あらば秋吉”略......続きを読む»

ロマンはどこへ?来季ヤクルト投手陣にロマンはあるか!?

HappyBirthday!ロマン! 本日(11月28日)が誕生日のロマン。 来年の契約はまだない。 それどころかロマン退団見込み。と一部で報道された。 しかし公式発表はなく大本営サンスポでもまだ発表はない。 典型的なヤクルトファンは公式かサンスポの報道がないと信じない。 『あぁやっぱりな。』と思う反面『えっ!大丈夫か!?』の思いが交錯する。twitterや掲示板を眺めてるとファンの間でも同じ反......続きを読む»

あなたのサードはどこから?うちはロッテから

楽天サード問題 日本一に輝いた2013年はMLBから獲得したマギー 2014年、2015年は松井稼頭央、ラッツ、銀次、藤田、ウィーラーなど固定できず。 振り返ると2009年に躍進した時は前半が中村紀、後半は草野で固定れていた。 2013年のマギー、ソフトバンクの松田とまでは言わなくても固定できてある程度の数字を残すことが期待できる選手がほしい。 そこでロッテ今江に目をつけた。 今江がFA宣言す......続きを読む»

1番センターオコエは2016年に実現するのか?

1番センターという響きはなぜか心地よい。 理由はわからない。最近だと1番センター聖澤や1番センター秋山翔吾。 なぜだろうか。 4番サード長嶋茂雄みたいなものなのか。 選手の実力ではなく響きがいい。 聞き心地のよい耳ざわり。 私の記憶だと1番センター松本が一番古い記憶である。 ちなみに、この松本は日本生命のCMでお馴染みの新人王松本哲也ではなく青いイナズマ松本匡史のことである。 さて、楽天イーグル......続きを読む»

ヤクルトは犠打が少ない!というのは本当かどうか軽く検証してみた。

2番川端慎吾 2015年のヤクルトスワローズの象徴だ。 そして彼が2番にいることにより犠打をしないチームと印象づいた。 それは正しいのか検証してみたい。 まずはじめに打順のことだ。 開幕は1番山田哲人、2番川端慎吾、3番ミレッジ、4番雄平 終盤は1番上田剛史、2番川端慎吾、3番山田哲人、4番畠山和洋 終盤の川端、山田更にはその後ろの畠山までが一つのくくりである。 開幕早々ミレッジが離脱した直......続きを読む»

2番川端に倣え!2番銀次構想や如何に!?

2番川端という攻撃的打順を組みセリーグ制覇に導いたヤクルト真中監督に倣い新生楽天も2番銀次というオーダーを組むべく試行錯誤している。 2番川端は3番山田4番畠山と後ろにプロテクトする打者がいたからこその打順だとは思うが構想自体は間違っていないと思う。 楽天の2番に銀時が入った場合3番4番は誰が打つのか。 今シーズンの3番スタメンは 44試合:銀次 33試合:ペーニャ 27試合:松井稼頭央 13試......続きを読む»

ヤクルトが連覇に必要なのは新人原の8勝だ!

2015年セリーグを制したヤクルトスワローズは来シーズンも連覇できるのか? 日本シリーズが終わりドラフトの結果やストーブリーグを眺めながらぼんやりと考えてみる。 考えてみると昨年は成瀬、大引獲得に早々と名乗りを上げオフから話題をさらっていたが今年はどうか。 戦力外や自由契約組から坂口(オリックス)、鵜久森(日本ハム)の二人獲得のみ。 これから新戦力獲得の話題は出てくるだろうがひとまずは現況で来シ......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 29番目の男は誰だ?楽天のプロテクト28人を予想せよ!
  2. あなたのサードはどこから?うちはロッテから
  3. ロマンはどこへ?来季ヤクルト投手陣にロマンはあるか!?
  4. デニングの自由契約に伴う痛みは成長痛のようなものだ!
  5. ヤクルトが連覇に必要なのは新人原の8勝だ!
  6. 1番センターオコエは2016年に実現するのか?
  7. 上田、比屋根論争に終止符は打たれるか?坂口が殴りこむ。
  8. 右の則本、左の・・・
  9. 田中浩康は脇谷亮太を目指すべし
  10. オコエじゃないよね?ワクワク外国人は誰だ!?

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
12
11
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss