全ては磐田の勝利のために

[考察]今シーズンのジュビロ磐田(GK編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/13(金)、ジュビロ磐田の新体制発表がされました。

今シーズンの選手は全員で31人、新加入選手は8人です。また、トップチームのコーチとして、元ジュビロ磐田DFの田中誠氏が就任しました。

チームの概要が分かりましたので、私の独断と偏見で、これから数回に分けて、予想スタメンやチームの達成可能目標について考えていこうと思います。

今回は、ゴールキーパーについてです。

今シーズンは4人体制です。 序列としては、カミンスキー、志村、八田、三浦(新加入)、といったところでしょうか。

ゴールキーパーのスタメンは、間違いなくカミンスキー選手でしょう。昨年は開幕から正守護神として君臨していました。が、アウェイのG大阪戦の前に鼠径部に痛みを感じ、そこから約3か月間の離脱をしました。その後、チームは2勝5分7敗(AwayG大阪戦~HomeG大阪戦、勝率:約14.3%、引き分け以上:50%)と波に乗れませんでした・・・。離脱前の成績が4勝4分3敗(Home名古屋戦~Home鹿島戦、勝率:約36.4%、引き分け以上:約72.7%)、復帰後の成績が2勝2分3敗(Home鳥栖戦~Away仙台戦、勝率:約28.6%、引き分け以上:約57.1%)ですから、試合数が異なるため単純比較は出来ませんが、如何に彼が磐田の勝ち点の積み上げに貢献していたのかが分かります。今シーズンも欠かせない存在ですし、離脱してしまったら磐田にとって相当痛いです・・・。

2番手の予想は、志村選手です。ナビスコ杯鹿島戦でプロ初のスタメンを勝ち取り、その時のプレーが名波監督に認められ、ホームのFC東京戦で相手の前田選手やムリキ選手のシュートをスーパーセーブするという鮮烈なリーグ戦スタメンデビューを飾り、カミンスキー選手が離脱した14試合のうち11試合に出場しました。毎試合、カミンスキー選手ばりのビッグセーブを連発しましたが、2ndステージではなかなか勝てず、ミスも目立つようになってしまいました。しかし、市立船橋高校から加入して2年目でJ1のGKを経験できたのは、彼にとってこれからのサッカー人生においてとても良かったのではないかと思います。

3番手、4番手八田選手三浦選手の争いだと思われます。 八田選手は、ナビスコ杯では高パフォーマンスを見せており、AwayG大阪戦では敗戦してしまいましたが、カップ戦のパフォーマンスを維持して、ビッグセーブを見せていました。しかし、Home甲府戦でバタバタしたプレーを見せてしまい、なおかつその後の練習での負傷であえなく離脱。その後、戻ってきたときには、志村選手がゴールマウスを守っているという状態でした。志村選手のミスが目立つようになってきたため、HomeG大阪戦でスタメンに戻りましたが、安定したプレーは見られず、カミンスキー選手が戻ってきた後、再びベンチ要因やベンチ外となってしまいました。ジュビロユースから昇格してもう13年。今年で八田選手は31歳です。今シーズン、彼にもしチャンスが巡ってきたら、ベテランとしての安定感を見せてほしいですし、より若手の手本となってほしいです。

三浦選手は、AC長野パルセイロから完全移籍で加入した24歳のキーパーです。昨シーズンは大卒ルーキーながら、13試合に出場し、前半戦の長野を支えました。J3のスカパーでの中継はなかなか無かったので、三浦選手はハイライトでしか見ることができませんでした・・・。クリーンシートの試合が多く、キック制度の高い選手と聞いていますので、カミンスキー選手からセービング技術を盗んで、ゴールキーパーの序列を崩すような活躍を見せてほしいです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考察
タグ:
三浦龍輝
八田直樹
志村滉
カミンスキー
ゴールキーパー
ジュビロ磐田

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J新体制 小感  (浦和・C大阪・磐田・仙台)【ニコ小鉢その2(仮)】

「J2」清水の戦い。ラストスパート!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

《セレッソ》練習見学して来ました【南大阪に吹くマリンの風】

ホーム開幕カードが決定 開幕節、ジュビロ磐田はアウェーでセレッソ大阪との対戦【全ては磐田の勝利のために】

中村俊輔選手がジュビロ磐田へ完全移籍加入【全ては磐田の勝利のために】

【現地観戦記】2016年10月16日 カールスルーエSC VS 1FCニュルンベルク【ブンデス観戦記など】

観戦日記@カシマスタジアム バラバラな磐田とはまらない鹿島【マグパイズの雑記】

勝利しても楽観できる要素はほとんど無い【サックスブルーと共に】

ブロガープロフィール

profile-iconcroissant

物心ついたころからジュビロサポーターの大学生です。
なかなか更新できませんが、読んでいただけると嬉しいです。
コメントに対する返信は、記事の中でやろうと思います。
(2015 5/14更新)
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:81221

(05月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015年ジュビロ磐田予想スターティングメンバー&フォーメーション part2
  2. 2015年ジュビロ磐田予想スターティングメンバー&フォーメーション part1
  3. 初めまして&2015年ジュビロ磐田移籍情報
  4. ジュビロ磐田 移籍情報 (2016/1/8 現在) &ポジション別の選手一覧
  5. ジュビロ磐田 移籍情報(2015/12/05)
  6. [考察]今シーズンのジュビロ磐田(GK編)
  7. 中村俊輔選手がジュビロ磐田へ完全移籍加入
  8. ホーム開幕カードが決定 開幕節、ジュビロ磐田はアウェーでセレッソ大阪との対戦
  9. vs 柏レイソル(@ヤマハ) Preview 真夏の大決戦 part 1
  10. vs 甲府 ~敵地でなんとか勝ち点1をゲット~

月別アーカイブ

2017
05
02
01
2016
11
08
07
06
01
2015
12
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss