スポーツの魅力をお伝えします。

東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了生で、税理士・FPである筆者が大学サッカーを中心としたスポーツに関連することについて感じたことやスタジアムでの観戦記等を書いていきます。

cptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI ・税理士(東京税理士会) ・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会) ・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年) ・JFAスポーツマネジャー資格Grad もっと見る
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:1154460
  • (12月14日現在)

最新の記事

いよいよ明日Jリーグ最終節

今年のJリーグもいよいよ明日最終節を迎えます。同時刻開催のため痺れる展開になるかと思います。 注目される試合としましてはJ1では優勝争いの浦和とG大阪は浦和のホームで直接対決、J1残留がかかるC大阪はホームで来年のACL出場の可能性を残している川崎Fとの対戦、残留争いのもう1つの対象チーム福岡はホームで甲府との対戦が挙げられるかと思います。 また、J2では城選手が現役最後となるの試合とな......続きを読む»

契約更新をしない旨の通告を受けながらもブログを更新して下さったある選手について

各クラブから来シーズンの契約を更新しない旨の発表されてそれを見ていくうちに本当に辛くなりました。通告を受けた選手本人はもっと辛いはずです。そういった辛い状況のなかでもブログを更新して下さった選手がおりました。 東京Vの柳沢将之選手です。 柳沢選手はJr.ユース、ユースとヴェルディで育ち法政大学を経て東京Vのトップチームに02年から入り5年目の選手です。長年お世話になったクラブへの思い等が......続きを読む»

アジア大会2次リーグ・日本対パキスタン戦

今回のアジア大会は原則23歳以下で、例外として3人の24歳以上のオーバーエージ(以下「OA」)枠が認めらおります。ライバルとも言える韓国等はOA枠を使って臨んでおりますが日本は2年後の北京五輪を目指す所謂21歳以下の「五輪代表チーム」で臨んでおります。来年2月から始まる北京五輪予選を前にして、実戦経験と五輪等独特の選手村での生活を積める場と位置付けたのではないでしょうか。 さて、試合のほうです......続きを読む»

またこの時期が来たかと思うと

11月30日という日はJリーグにとりましては1つの区切りの日になるかと思います。Jリーグ規約102条〔契約更新の通知〕によりますと、 Jクラブが,現に所属する選手との「日本サッカー協会選手契約書」を更新しようとするときは,契約期間満了日の属する年の前年の11月30日(日曜その他の休日である場合はその前日.以下も同様とする)までに,選手に対し,契約条件を明示した書面により,その旨を通知しなければ......続きを読む»

地元クラブのスポンサーになるということ

川崎Fのオフィシャルが更新されて07年度のサポートカンパニー募集の案内が掲載されておりました(川崎F公式より)。 最低ショップの1万円から最高はダイヤSの105万円までとなり今年のプラチナSの40万円をはるかに超える額のカテゴリまで設定するようになりました。カテゴリにより特典が異なりますので詳細は川崎F公式で確認して頂けますと幸いに思います。 03年から始まった川崎Fのサポートカンパニー......続きを読む»

toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が

サッカーくじ「toto」のなかに「BIG]というくじがあります。「toto」そのものについてや「BIG」の概要につきましてはtotoオフィシャルサイトでご確認して頂ければと思いますがその「BIG」で日本のくじのなかでは過去最高の584,156,640円の当せん金が出ました(詳細はtotoオフィシャルサイト内、第256回BIGくじ結果のページを参照して下さい)。 当せん口数は1口のため当然当せん......続きを読む»

横浜FCがJ2優勝、そしてJ1昇格内定

昨日、自分は等々力の川崎F対鹿島戦を観戦しに行きましたがJ2上位3チームのJ1昇格争いも気になっておりました。横浜FCの勝利につきましては等々力のオーロラビジョンで知りましたがその他の試合は開始時間の関係等から夜になるまで分かりませんでした。 2位の神戸が引き分け、3位の柏が敗れ横浜FCのJ2優勝とJ1昇格内定が決まりました(J1昇格にはJリーグ理事会の承認がありますので内定という表現を使いま......続きを読む»

今日のJリーグ・川崎F対鹿島戦

リーグ戦優勝という大きな目標が前節でなくなった川崎Fでしたが引退を表明した3選手に対して気持ちよく送り出そうという感じが選手、サポーターから伝わりました。一方の鹿島もリーグ戦の優勝は可能性は途絶えましたが横断幕の1つに「SPIRIT OF ZICO」というものがありましたがこの精神が受け継がれて伝統あるクラブという感じがしました。 試合は鹿島が先制し川崎Fが追い付き後半17分に鹿島FW田代選手......続きを読む»

川崎Fを長年支えた2人のベテラン選手の引退

川崎Fの公式を見て何とも言えない気分になりました。大変申し訳ありませんがこのエントリーはかなりファンとしての色が濃くなりますがその点につきましてご了承の程よろしくお願い致します。 川崎Fを長年支えた2人のベテラン選手の引退。 「背番号20長橋康弘選手」右サイドのスペシャリストの選手です。95年に清水に入団の後97年川崎F創設と同時に入団。「博多の森の悲劇」を知る数少ない現役選手の1人。0......続きを読む»

横浜FC・城彰二選手が今季限りでの引退表明

ニュースで知ったときは正直驚きましたが本人は今シーズンでの引退を前々から決めていたみたいでした。 城彰二選手。鹿児島実業高校から当時のジェフユナイテッド市原に入団し開幕戦から4試合連続ゴールの離れ業でサポーターの関心を一気に引き寄せました。その後当時の横浜マリノスに移籍しフランスW杯ではエースFWとして出場し00年にはスペイン1部リーグでプレーをし横浜F・マリノス、神戸を経て03年から横浜FC......続きを読む»

32節まで優勝争いに加わった川崎Fについて

川崎Fについては3年前からホーム等々力や他のスタジアムで見るようになり、現在ではスタジアムに行く試合のうちかなりの割合が川崎F絡みの試合になっております。やはり近場だというのが大きな原因となります(観戦記のエントリーで大体想像はついていたかと思いますが)。 勝ち点差1でJ1昇格が出来ずに泣いた03年、ぶっちぎりでJ2優勝しJ1昇格をした04年、(再)昇格1年目で序盤は苦しみその後連勝をしてリー......続きを読む»

今日のJリーグ(山形対柏戦、福岡対G大阪戦を中心にして)

13時からは山形対柏戦をTVで観戦し15時からは福岡対G大阪戦をともにTVで観戦しました。 山形対柏戦は後半37分にコーナーキックからのボールを一旦山形の選手に当たり流れたボールを小原選手が落ち着いて決めてそれが結果的に決勝点となり敗れた柏は3位に順位を下げJ1自動昇格に向け痛い一敗となりました。 放送中でも紹介されておりましたが柏DF岡山選手とMF山根選手はともに03年には川崎Fに在籍......続きを読む»

大学・社会人ドラフトから感じたこと

昨日大学・社会人ドラフトが行われました。一昨日のエントリーで平成2年、当時亜細亜大学の小池秀郎投手について取り上げましたが今年も泣き笑いがあったみたいです。出来れば指名された選手全員が笑顔でドラフトを終えたいところですがどういった制度にしてもなかなか難しいと思っております。 嬉しいニュースとしましては四国アイランドリーグからドラフト指名選手が誕生したことが真っ先に挙げられるかと思います。読売巨......続きを読む»

日中韓3カ国対抗戦・U-21日本代表対U-21韓国代表戦

この世代ではまだ勝ちのない(2分け4敗)韓国相手にどう戦うか注目しておりました。前半U-21日本代表はDFラインとGKの連携ミス等もあり冷や冷やした場面が幾つかあり逆に水野選手(千葉)のバーに当たる惜しいフリーキックもありました。やや劣勢だった感じがしましたがスコアレスのままハーフタイムに突入かと思いましたがロスタイムで左サイドから3人のDFがかわされU-21日本代表は先制点を許してしまいました。 ......続きを読む»

契約更改から思うことを幾つか

日付が変わり今日いよいよ大学・社会人ドラフトとなり注目をしておりますが個人的にはこの時期位から行われます契約更改にも注目しております。 球団によりましては契約更改が始まっております。昨年入団した選手のなかでも契約を更改をした選手がおり昨年の千葉ロッテマリーンズの高校生ドラフト1巡目の柳田将利投手は昨日契約を更改しました。 報道された柳田投手の推定年俸は現状維持での更改でしたが他の球団では......続きを読む»

明日大学・社会人ドラフト

いよいよ明日大学・社会人ドラフトとなります。制度そのものにつきましては特段コメントは致しませんが希望入団枠の10選手以外の選手は指名を本当にしてくれるのかどうか気になるのではと思います。 自分のなかで印象に残っているドラフトは平成2年で当時の所謂目玉は亜細亜大学の小池秀郎投手でした。神宮球場で小池投手の投げる姿を当時よく見ていたためどこの球団に行くのだろうと思っておりました。 意中の球団......続きを読む»

Jリーグ・G大阪対千葉戦

TV観戦となりました。万博記念競技場はあいにくの雨でしたが16,950人の方が駆けつけておりました。殆どの方が青色のポンチョを着用しての観戦がTVの画面を通じて分かり本当にG大阪を優勝させるんだという強い気持ちを感じました。アウェイの千葉サポーターも数ではどうしても負けてしまいますが音声からよくコールが聞こえておりました。 試合は両チームともよいシュートがバーやポストに当たるという不運がありま......続きを読む»

Jリーグ・川崎F対福岡戦

この試合は数年前から始まり年に1回の「エバラ担々ごま鍋の素 エキサイトマッチ」で無料試食会がありますのでかなり早めに行きましたが先着2,000名様に渡される食券が既になくなっておりました。それだけ川崎Fサポーターの出足が早くなったということになります。 ただ、引き換えをしなかった方が若干おり場内放送で「食券がなくても試食が出来る」ということで列に並びましたがその直後に(終了とのことで)列がなく......続きを読む»

「タウンミーティング」開催により市民に地元のクラブを知ってもらうということ

15日のエントリーで川崎市にある街の掲示板のポスターについて書きましたが同じ川崎で更に地元のクラブであります川崎フロンターレを知ってもらおうという企画「タウンミーティング」が開催されることが川崎フロンターレと川崎フロンターレ後援会で発表されておりました。 主催の川崎フロンターレ連携・魅力づくり事業実行委員会とはどういったものなのだろうと思っておりましたが川崎市内の各種団体の委員から構成されてい......続きを読む»

胴上げされた亜大・生田監督の左手には

日付が変わりまして一昨日、明治神宮大会大学の部決勝が行われ優勝した亜細亜大学の生田勉監督が胴上げされたシーンが日刊スポーツに掲載されておりました。日刊スポーツの記事がWeb上でも確認が出来ましてこちらを参照して頂けますと幸いに思います(現在は参照出来ない状況です)。 その胴上げされた亜大・生田監督の左手には捕手用のミットをはめておりました。現役時代は捕手だった生田監督だけに捕手用のミットをはめ......続きを読む»

明治神宮大会決勝戦

日付が変わりまして昨日明治神宮大会の決勝戦が行われました。高校の部は高知高校が兵庫・報徳学園を10-5で破り優勝を飾りました。これにより来春のセンバツ大会に四国地区に1つ出場枠が増えることになります。 そして大学の部は東京六大学野球連盟の早稲田大学と東都大学野球連盟の亜細亜大学との対戦となりました。両校とも神宮球場でリーグ戦を戦っているため慣れ親しんだ球場での今年最後の試合となり特にこの試合を......続きを読む»

AFCアジアカップ2007予選第6戦日本代表対サウジアラビア代表戦

録画をしてのTV観戦となりましたが途中で地震による津波の情報に変わり最後までしか見ることが出来ませんでしたがそれよりもサッカーやスポーツを愛する皆さんが安心して、また、楽しみながらサッカーやスポーツを観戦が出来るよう地震やそれに伴う津波等により大きな被害が出ないことをお祈り申し上げます。 試合のほうですが我那覇選手(川崎F)の2得点の活躍で3-1で日本代表がサウジアラビア代表に勝ち予選1位突破......続きを読む»

昨日街で見かけた光景から

日付が変わりまして昨日、川崎市宮前区にある東急田園都市線沿線のある駅から少し離れたある町(内会)の掲示板の前に1人の小学生の男の子が立っておりました。その小学生は掲示板のあるところを眺めておりました。幾つか告知のポスターがあるなかでたった1枚ビニールにかかっているポスターを。 「キャプテン 伊藤宏樹DF2」と大きく書かれた川崎フロンターレの試合告知を中心としたポスターでした。川崎フロンターレ後......続きを読む»

「スポーツマネジメントの明日を考える」 第2回「CRM成功と失敗の本質」開催のお知らせ

一昨年に東大SMSを修了しスポーツマネジメント研究会(以下「SMI」)会員となりました。SMIそのものにつきましては株式会社スポーツ総合研究所のスポーツマネジメント研究会のページをご覧下さい。 そのSMIの第7回目のセミナー「スポーツマネジメントの明日を考える」第2回「CRM成功と失敗の本質」というテーマで来月7日(木)に東京で開催されます。データスタジアム株式会社のセミナーのページに今回のセ......続きを読む»

MDP(味の素スタジアム・・・11月11日)

11日(土)に味の素スタジアムのFC東京対川崎フロンターレ戦を観戦しに行きましたがそのときにMDP(MatchDayProgram)を購入しました。 値段や特徴についてですが、価格は200円でトレカ等はありませんでした。日産スタジアムでの横浜F・マリノス主催試合のMDPと同じB5よりやや小さいサイズでオールカラーでした。 全16ページでそのうち4ページを平山相太選手のインタビューに割いて......続きを読む»

AFCアジアユース決勝

試合途中からTVで観戦しました。後半にFKからのシュートがバーに当たったシーンは本当に惜しいと思いました。延長に入ってはピンチもありその都度全員で必死に守っているところはチームとしてのまとまりを感じました。 PK戦に突入したときにはGK林選手に頑張って欲しいと祈りました。しかし、北朝鮮は結果的には5人全員が決め日本は最初のキッカー梅崎選手が止められ5-3で敗れてしまいました。北朝鮮は30年ぶり......続きを読む»

昨日のJリーグ・FC東京対川崎F戦

日付が変わりまして昨日は味の素スタジアムに行ってきました。雨も少し降っておりホーム側のゴール裏、バックスタンド、アウェイ側下層部の後段の席はかなり埋まっておりました。 アウェイ側の上層部は試合開始1時間前位から開放するようになりました。当初の予定とは異なっていたのですが多くの川崎Fサポーターが通路等に立っていたこと等を考慮したのでしょうか。もし、そうであればとてもよい決断をFC東京側は行ったの......続きを読む»

11日のFC東京対川崎F戦に向けて(2日のエントリーの続き)

2日のエントリーでFC東京の試合告知ポスターについて取り上げましたがそのFC東京の明日の対戦相手となります川崎フロンターレ(以下「川崎F」)のオフィシャルにはFC東京に対抗するかのように日本代表でもある中村憲剛選手の写真が掲載され「勝つ気持ち以外に何がある? FC東京戦へ行こう!」と書かれております。 FC東京の試合告知ポスターと川崎Fのオフィシャルの告知からどれだけチケットが売れたのだろうと......続きを読む»

マリーンズの「TEAM26年賀状」

千葉ロッテマリーンズ(以下「マリーンズ」)のオフィシャルファンクラブ「TEAM26」の会員限定企画ではありますが日程ポスタータイプの年賀状が限定400名で作成が出来るとのことです。 第1次Web受付は日付が変わり今日の18時までだそうです。11月12日(日)開催の「千葉ロッテマリーンズ ファンフェスト2006」でもお申し込み受け付けをするみたいですが定員になり次第締め切りになるそうですので希望......続きを読む»

クラブを末永くサポートする方向けの記念碑

昨日、功労者に対するクラブ等の対応というエントリーをさせて頂きましたが今回はクラブをサポートをする方向けの情報をエントリーさせて頂きます。 昨日と同様に横浜F・マリノス(以下「F・マリノス」)なのですが、今年12月に移転する、みなとみらい21地区の「マリノスタウン」に、F・マリノスを末永くサポートしていただける皆様への記念碑として、永久保存「マリノスタウンサポートプレート」(個人用)を販売する......続きを読む»

1 2 12 13 14 15 16 17 19

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 巨人軍・木村拓也捕手の活躍から感じたこと
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  9. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  10. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss