スポーツの魅力をお伝えします。

月別アーカイブ :2010年10月

日本シリーズ第2戦・中日対千葉ロッテ戦

千葉ロッテ(以下「ロッテ」)先勝で迎えた日本シリーズ第2戦。中日は予想通りチェン投手、ロッテはマーフィー投手の先発で始まりました。 チェン投手はストレートも150キロを計測し上々の立ち上がり。一方のマーフィー投手はストレートが上ずり初回から連打を浴び失点を喫し、更に味方の失策や自らの押し出しの四球から2点目を献上。更に大島選手のタイムリーで4点を失いロッテに取りましては初回から厳しい展開となり......続きを読む»

日本シリーズ第1戦・中日対千葉ロッテ戦

今日から始まりましたNPB・日本シリーズ。セ・リーグは中日がパ・リーグは千葉ロッテ(以下「ロッテ」)が出場し日本一を争うことになりました。 今日の第1戦はナゴヤドームで開催され先発投手は中日が吉見投手、ロッテが成瀬投手でした。 先制したのはロッテ。2回表にサブロー選手の小飛球を一塁手ブランコ選手が追いかけずインフィールドに落ち内野安打となり送りバントで2塁に進め2死後打席には大松選手が入......続きを読む»

Jリーグ・川崎フロンターレ対ジュビロ磐田戦(観戦記)

今日のJリーグ・川崎フロンターレ(以下「川崎F」)対ジュビロ磐田(以下「磐田」)戦ですが、台風の影響で開催が危ぶまれましたが何とか開催されました。 試合前の磐田サポーターを歓迎するアナウンスでは両チームのサポーターから大きな拍手が起こりました。この悪天候のなか集った愛するチームは違えど同じサッカーを愛する仲間としていい試合をしようという気持ちの現れだったのでしょうか。 試合は磐田GK川口......続きを読む»

5年目に突入しました。

このブログも開設(06年10月25日)して5年目に突入しました。 ヒット数はこの1年間で22万強あり、4年間のトータルで85万強ありました。エントリー数はこの1年間で147あり、3年間のトータルで536ありました。 この1年で思い出に残るエントリーは以下の通りとなります。 サポーターとフロントスタッフとの絆・・・東京ヴェルディフロント(当時)の田中育郎さんの東京ヴェルディフロントと......続きを読む»

Jリーグ・大宮アルディージャ対川崎フロンターレ戦(観戦記)

NACK5スタジアム大宮(以下「NACK」)はピッチが近いということもあり好きなスタジアムの1つで今年も何とかチケットを入手することが出来ましたので本日の大宮アルディージャ(以下「大宮」)対川崎フロンターレ(以下「川崎F」)戦を観戦してきました。 入場ゲートを潜るところで大きな看板が掲げられておりました。それは先日報道されました公式入場者数の上乗せ(以下「上乗せ」)を行って発表したことに対する......続きを読む»

NPB・CSパ・ファイナルステージ第6戦・福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦

3勝3敗のタイに持ち越した千葉ロッテ(以下「ロッテ」)の勢いが継続しているかどうか注目しておりましたクライマックスシリーズ(以下「CS」)ファイナルステージ第6戦。 福岡ソフトバンク(以下「ソフトバンク」)は杉内投手、ロッテは成瀬投手の先発で第1戦と同じ対戦となりました。 序盤は投手戦で杉内投手、成瀬投手とも的を絞らせない投球で3点、いや1点勝負にもなるかと思う展開でした。 しかし......続きを読む»

NPB・CSパ・ファイナルステージ第5戦・福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦

昨日勝ったものの通算成績2勝3敗以前崖っぷちの千葉ロッテ(以下「ロッテ」)。一方依然王手の状態で後1つ勝つか引き分けるかで日本シリーズ出場となる福岡ソフトバック(以下「ソフトバンク」)。 先発投手はロッテが大嶺投手、ソフトバンクは大隣投手で試合が始まりました。 ソフトバンク大隣投手の右打者へのインコースへのストレートを中心とした投球は圧巻で140キロ少しのストレートが150キロ近く出てい......続きを読む»

NPB・CSパ・ファイナルステージ第4戦・福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦

昨日福岡ソフトバンク(以下「ソフトバンク」)の勝利で通算成績3勝1敗としソフトバンクの日本シリーズ進出まで後1分け以上となり千葉ロッテ(以下「ロッテ」)は崖っぷちに立たされました。 その崖っぷちに立たされたロッテは渡辺投手が先発、一方のソフトバンクは陽投手が先発しました。 ロッテは2回表1死無走者から今岡選手が陽投手のスライダーをレフトスタンドポール寄り前列に入るホームランで先制点を挙げ......続きを読む»

NPB・CSパ・ファイナルステージ第2戦・福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦は福岡ソフトバンク(以下「ソフトバンク」)が和田投手、千葉ロッテ(以下「ロッテ」)はペン投手の先発で試合が開始しました。 初回ロッテは清田選手が和田投手のフォークをすくい上げるようにボールを運びレフトスタンドに入るホームランでロッテが先制点を挙げました。 その後和田投手は切れのよいストレートと変化球を投げるもののロッテの各打者が上手くファー......続きを読む»

NPB・CSパ・ファイナルステージ第1戦・福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦

NPBパ・リーグはクライマックスシリーズファイナルステージに進みレギュラーシーズン1位の福岡ソフトバンク(以下「ソフトバンク」)と第1ステージを勝ち抜いたレギュラーシーズン3位の千葉ロッテ(以下「ロッテ」)との対戦となりました。 第1ステージは2勝先勝で勝ち抜けでしたがファイナルステージは4勝先勝で勝ちぬけとなり、更にソフトバンクにアドバンテージ1勝が与えられるためソフトバンクは実質3勝で勝ち......続きを読む»

天皇杯3回戦・川崎フロンターレ対横浜FC戦(観戦記)

日付が変わり昨日は等々力で天皇杯3回戦川崎フロンターレ(以下「川崎F」)対横浜FC戦が開催されました。 キックオフ20分位前に等々力に着きバックスタンドで天皇杯が見れるということで見てきました(リンク先はJ'sGOAL)。多くのサポーターがこの天皇杯を目の前で見たいということで列を作り順番が来たら目の前で見て写真撮影をされておりました。 この試合はスタジアム内を1周することが出来たのです......続きを読む»

国際親善試合・韓国代表対日本代表戦(観戦記)

超満員の韓国ソウル。完全アウェイのなか韓国代表に日本代表がどう戦うか注目しておりました。 両チームとも「相手には負けない」という強い気持ちを持って臨んでいるというのが非常に分かる試合で90分間が非常に短く感じました。結果はスコアレスに終わりましたが内容的にはそれなりに満足のいく試合でした。 もちろん、得点を取って欲しいという願いもありましたが今までとは違う期待感を持たせてくれる感じもしま......続きを読む»

NPB・CSパ・第1ステージ・埼玉西武対千葉ロッテ戦(観戦記)

昨日延長10回福浦選手のホームランで6-5で勝った千葉ロッテ(以下「ロッテ」)が今日も勝ってファイナルシリーズ進出を決めるか、それとも埼玉西武(以下「西武」が勝って明日に望みをつなぐことが出来るかクライマックスシリーズ第1ステージ第2戦が今日も西武ドームで開催されました。 勢いはロッテにあるかと思いましたが先制したのは西武。初回に中村選手のタイムリーとブラウン選手の2点タイムリーヒットで3点を......続きを読む»

NPB・CSパ・第1ステージ第1戦・埼玉西武対千葉ロッテ戦

今日からクライマックス・西武ドームでクライマックスシリーズ(以下「CS」)第1ステージが始まり、埼玉西武(以下「西武」)と千葉ロッテ(以下「ロッテ」)との対戦となりました。 西武ドームは超満員で33,918人のファンが駆け付けました。ホームの西武のファンが圧倒的に多いですがロッテのファンもライトスタンドを中心に1塁側の内野席にも黒いユニフォームを着たファンの方が多くおりました。 序盤は投......続きを読む»

国際親善試合・日本代表対アルゼンチン代表戦(観戦記)

ザッケローニ新監督の初陣となるアルゼンチン代表戦。期待と不安が入り混じったなかでキックオフを迎えました。 キックオフ最初のプレーでいきなりピンチとなりあわや失点というシーンでしたがここを乗り切り何とかなるかなと感じておりましたが・・・。このときはまだ不安が強かったです。 ただ、時間が経つに連れ香川真司選手のドリブル突破とボールキープ力、長友佑都選手のスピードとフィジカルの強さは海外でより......続きを読む»

Jリーグ・モンテディオ山形対ガンバ大阪戦(観戦記)

今年は山形のNDソフトスタジアム山形には行けそうもないため今日NHK-BSでモンテディオ山形(以下「山形」)対ガンバ大阪(以下「G大阪」)戦が放送されるということで楽しみにしておりました。 試合は序盤からG大阪がボール支配をする時間が多かったですが山形も防戦一方ということではなく攻めに行くときは人数をかけて攻めていっていたためこの試合は面白くなると感じておりました。 山形のFW長谷川悠選......続きを読む»

NPB・ファーム日本選手権・阪神対千葉ロッテ戦(観戦記)

NPB・ファーム日本選手権がHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催されTV(J SPORTS)で観戦しておりました。 阪神対千葉ロッテ(以下「ロッテ」)戦となり15,000人を超えるファンの方がスタジアムに駆けつけました。昨年の日本文理高校の夏の高校野球選手権準優勝から新潟の野球熱が更に上がってきたのではと感じております。 阪神の先発は蕭一傑投手。140キロを超えるストレートは数え......続きを読む»

NPB・千葉ロッテ対オリックス戦(観戦記)

パ・リーグのレギュラーシーズン最終戦がクライマックスシリーズ進出を決める試合となり千葉マリンスタジアムは独特の雰囲気に包まれました。 千葉ロッテ(以下「ロッテ」)は勝つか引き分けるかでクライマックスシリーズ進出となりますが敗れますと北海道日本ハム(以下「日本ハム」)がクライマックスシリーズ進出となりことになり日本ハムの選手、関係者、そしてファンの方々はオリックスの勝利を願うことになりました。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI
・税理士(東京税理士会)
・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)

・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年)
・JFAスポーツマネジャー資格Grade2(平成25年、東京都)

・亜細亜大学会計教育センター講座講師(平成9年10月~平成10年7月)

・和光大学経済経営学部スポーツビジネス論特別講義担当(平成22年12月1日)

幼少の頃からスポーツの魅力に取り付かれ、今でも野球、サッカーを中心に年間50試合近くをスタジアムで観戦

近年は大学サッカーを観戦の中心にして、大学サッカーや大学スポーツをより知ってもらおうという動きも関係者とともに行っている。

関与している選手の業務に関することは守秘義務の関係からこの場で書くことが出来ません。

予めご了承の程よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:1151081

(05月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  9. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)
  10. 巨人軍・木村拓也捕手の活躍から感じたこと

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss