スポーツの魅力をお伝えします。

月別アーカイブ :2009年06月

モンテディオ山形対川崎フロンターレ戦から感じたこと・その2

モンテディオ山形(以下「山形」)対川崎フロンターレ(以下「川崎F」)戦から感じたこと・その2です。 宿泊をした旅館で気が付いたことです。 6年前は日帰りという強行スケジュールで行きましたが今回は土曜日に前泊して観戦をしました。 宿泊をした旅館の名前は湯の香 松の湯さんです。入って受付を済ますときに試合に関する告知と両チームの旗がありました。 山形の旗があるのは分かりますが......続きを読む»

モンテディオ山形対川崎フロンターレ戦から感じたこと

昨日モンテディオ山形(以下「山形」)対川崎フロンターレ戦を観戦しましたが幾つか気が付いたことがありました。3回に分けて書いていきたいと思います。写真も掲載していきますがもし問題が起こりそうでしたら削除をさせて頂きます。予めご了承の程よろしくお願い致します。 第1回目は山形駅周辺で感じたところです。 JR山形駅を降りてすぐに試合の告知板がありました。よく見ますと月日、時間、対戦相手のところ......続きを読む»

Jリーグ・モンテディオ山形対川崎フロンターレ戦(観戦記)

NDソフトスタジアム山形に来たのは6年ぶりでした。当時はネーミング・ライツの募集をしていなく山形県総合運動公園陸上競技場で愛称のべにばなスポーツパークから「ベスパ」とも呼ばれておりましたが現在はどういった感じで呼ばれているのでしょうか。 6年ぶりに来てスタジアムが少し改装されていた感じがしております。また、アウェイのゴール裏にオーロラビジョンがありましたが当時はなかったのではと思っております。......続きを読む»

ACL・ラウンド16・ガンバ大阪対川崎フロンターレ戦(観戦記)

この試合はTVで観戦しました。鹿島アントラーズ対FCソウル戦の直後に観戦してかなり気持ちが高ぶっておりました。 ACL連覇を目指すガンバ大阪(以下「G大阪」)は遠藤保仁選手、レアンドロ選手等現状のベストを呼べるメンバーでよいかと思います。一方悲願のタイトル獲得を目指す川崎フロンターレ(以下「川崎F」)はヴィトールジュニオール選手がメンバーから外れておりましたがほぼベストメンバーでした。 ......続きを読む»

【プレビュー】ACL・ラウンド16・ガンバ大阪対川崎フロンターレ戦

明日はAFCチャンピオンズリーグ(以下「ACL」)ノックアウトステージ・ラウンド16が開催されます。自分のなかでの注目のカードはJリーグ勢同士の対戦となりガンバ大阪(以下「G大阪」)対川崎フロンターレ(以下「川崎F」)戦となります。 G大阪はACL連覇を、川崎Fは悲願のタイトルを目指すために両チームとも「絶対に負けられない戦い」となります。会場となります万博でのこの対戦はG大阪の負けなし(J1......続きを読む»

Jリーグ・川崎フロンターレ対大分トリニータ戦(観戦記)

5月19日以来の等々力での観戦ということもありキックオフ1時間半位前に等々力に着きました。 川崎フロンパーク内で川崎フロンターレ(以下「川崎F」)のクラブスタッフの方と少し話をすることが出来ましたが彼等の頑張りなしには今の川崎Fはなかったと言えると思います。もちろん、チームが強くなることも大事ですが強化の部分だけでなく経営の部分でもしっかりとしていきませんとクラブは成り立ちませんので(この点は......続きを読む»

W杯アジア最終予選・オーストラリア代表対日本代表戦

この試合をTVで観戦し前半40分に日本代表(以下「日本」)がコーナーキックから闘莉王選手のヘッドで先制をしたときに早い時間帯で追加点をと願っておりました。これはやはり3年前のドイツ大会(以下「ドイツ」)のことを思い出してしまったからかもしれません。 前半は1-0日本リードでハーフタイムを迎えましたが後半に入り中盤での速いパス回しとサイドを上手く使っての攻撃が出来れば得点のチャンスが広がるかと思......続きを読む»

一昨日のJリーグ・東京ヴェルディ対水戸ホーリーホック戦から感じたこと

一昨日は国立競技場(以下「国立」)で東京ヴェルディ(以下「東京V」)対水戸ホーリーホック(以下「水戸」)戦を観戦しました。なお、観戦記はこちらになり試合中で感じたことは観戦記をご覧下さいませ。こちらのエントリーでは試合以外の部分で感じたことを書いていきます。 予定時刻より早く国立近くに到着しましたので外苑前周辺で少し立ち寄ってから国立に入りましたが代々木門は開門しておりましたが前売り券を持って......続きを読む»

Jリーグ・東京ヴェルディ対水戸ホーリーホック戦(観戦記)

J1昇格争いに踏みとどまるためにも勝ち点3が欲しい東京ヴェルディ(以下「東京V」)と水戸ホーリーホック(以下「水戸」)との対戦は国立競技場(以下「国立」)で行われました。 今にも雨が降り出しそうな天気でありながら両チームのサポーターは愛するチームの勝利のために熱く声援を送っておりました。 試合は前半はホーム東京Vはロングフィードからの攻撃が主体で水戸は両サイドをに展開しての攻撃が目立ちま......続きを読む»

ファーム(2軍)の試合観戦

野球観戦はアマ・プロ問わず観戦します。アマのほうは高校、大学、社会人と、プロのほうはNPBが中心になりますが関西独立リーグを観戦してからは独立リーグにも関心を持つようになりました。 NPBは1軍の試合が中心ではありますが数年前からファーム(2軍)の試合も観に行くようになりました。名古屋から西のウエスタンリーグは過去一度しか観戦経験がありませんがイースタンリーグは過去に結構観戦しております。 ......続きを読む»

東海大学海洋学部硬式野球部が残してくれたもの

全日本大学野球選手権(以下「大学選手権」)が現在開催されており、4年前から神宮球場に加え東京ドームも会場に加わりましたが自分自身、6年前の決勝戦・日本文理大学対亜細亜大学戦以降は観戦する機会が残念ながらありませんでしたが今年の大会は自分のなかではかなり注目の大会となりました。 初出場の静岡の東海大学海洋学部の快進撃がその要因となりました。 初戦の松山大学戦に勝ち、東海大学(湘南キャンパス......続きを読む»

W杯アジア最終予選・日本代表対カタール代表戦

この試合をTV観戦しましたがホームでありながら日本代表(以下「日本」)は持ち味である速いボール回しによるパスサッカーが展開出来なかったような気がしております。 6日(土)に試合をして中3日は少し重たい感じも見受けられましたが対戦相手のカタール代表(以下「カタール」)も同じ条件ですのでこの点につきましてはこれ以上展開をさせません。 日本の中盤についてですが、ボランチにはウズベキスタン代表戦......続きを読む»

昨日のNPB交流戦・横浜対千葉ロッテ戦から感じたこと

昨日はNPB交流戦・横浜ベイスターズ(以下「横浜」)対千葉ロッテマリーンズ(以下「千葉ロッテ」)戦を横浜スタジアムで観戦しました。観戦記は昨日のエントリーをご参照して頂けたらと思います。 横浜スタジアムに入る前に横浜中華街でランチをしましたがその中華街や入ったお店には千葉ロッテの黒いTシャツを着た方を結構見かけました。 普段千葉ロッテの試合を観戦されている方は横浜スタジアムで観戦すること......続きを読む»

NPB交流戦・横浜対千葉ロッテ戦(観戦記)

横浜スタジアムに着いたときに「久し振りに来たなぁ」と思いました。西武ドーム程ではなかったですが思い出せない位かなり前にナイトゲームを観戦しましたがプロ野球の観戦は本当の久し振りでした(高校野球や社会人野球で訪れたことはあります)。 スタジアムに入り日差しの強さを感じました。内野のネットが取り除かれかなり見やすくなった横浜スタジアム。選手がキャッチボールするときに近くまで行きましたが速さというも......続きを読む»

祝・サッカー日本代表 南アフリカ行きの切符を手にする

試合終了のホイッスルが鳴ったときにはピッチには10人の選手。そしてベンチには岡田武史監督はいませんでしたがベンチにいた(退いた)選手が次々とピッチに入って抱き合い握手を交わしておりました。 1-0で日本代表(以下「日本」)がウズベキスタン代表(以下「ウズベキスタン」)を破り4大会連続4回目のワールドカップ(以下「W杯」)南アフリカ本大会出場を決めました。 昨日のエントリーで注目選手に挙げ......続きを読む»

サッカー日本代表・明日のウズベキスタン戦に向けて

日付が変わり今日はいよいよワールドカップ(以下「W杯」)アジア最終予選ウズベキスタン戦です。キリン杯2試合では圧勝したものの明日はアウェイでもありますしW杯アジア最終予選でもありますのでそう簡単には勝たせてもらえないかと思います。 個人的にはこの前のキリン杯・ベルギー戦で中村憲剛選手をトップ下に入れたシステムでいくのかどうかに注目しております。 中村憲剛選手がキリン杯・ベルギー戦のように......続きを読む»

関西独立リーグの新しい運営会社はいつ出来る?

5月28日(木)に関西独立リーグの5球団(新規参入の三重を含みます)の代表者会議が行われ7日(日)の代表者会議で資本金等の詳細を詰めるということが報道されたかと思います(リンクは時事ドットコム)。 では、新しい運営会社はいつ出来るのだろう?と思っている方も多いかもしれません。 会社設立に当たり必要な事項が決めることが出来て法務局に法人の設立登記申請を行い1週間程度で登記が完了します。 ......続きを読む»

「米学生就職ランキングで球団職員が17位に(日刊スポーツより)」から感じたこと

日刊スポーツの5月30日の紙面の小さな記事に自分は注目しました。 アメリカの学生の就職人気ランキングに17位に初登場したのが何とMLBの職員という内容のものでした。詳細は日刊スポーツの記事を参照して頂けたらと思います。 ちなみに日本では採用枠の関係等から人気ランキングには出ていないかもしれませんがNPBの球団職員やJリーグのクラブスタッフになるのはなかなか難しいと思われます。 まず......続きを読む»

キリン杯・日本代表対ベルギー代表戦(観戦記)

この試合はTVで観戦しました。スコアは4-0で日本代表がベルギー代表に勝ちキリン杯を制しました。 日本代表から見て危ないシーンの1つとして前半31分のDF田中マルクス闘莉王選手のトラップミスからGKと1対1になるシーンが挙げられますが放ったシュートが枠を外れましたので結果的によかったですがここで決められていましたら流れが変わっていたかもしれません。この時間帯と後半開始はベルギー代表の時間だった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI
・税理士(東京税理士会)
・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)

・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年)
・JFAスポーツマネジャー資格Grade2(平成25年、東京都)

・亜細亜大学会計教育センター講座講師(平成9年10月~平成10年7月)

・和光大学経済経営学部スポーツビジネス論特別講義担当(平成22年12月1日)

幼少の頃からスポーツの魅力に取り付かれ、今でも野球、サッカーを中心に年間50試合近くをスタジアムで観戦

近年は大学サッカーを観戦の中心にして、大学サッカーや大学スポーツをより知ってもらおうという動きも関係者とともに行っている。

関与している選手の業務に関することは守秘義務の関係からこの場で書くことが出来ません。

予めご了承の程よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:749
  • 累計のページビュー:1147188

(12月03日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  9. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)
  10. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定2選手合同記者会見

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss