スポーツの魅力をお伝えします。

箱根駅伝

第87回箱根駅伝(復路)

優勝争い、そしてシード権とも大混戦となりました第87回箱根駅伝の復路でしたが早稲田大学が6区で3連覇を狙う東洋大学を捕えその後はリードを許さない展開でレースは進みましたが東洋大学も大きく離されずに追撃していったためにレースは非常に盛り上がりました。 しかしながら早稲田大学は7区以降はリードを許さずにそのまま大手町のゴールに飛び込み18年ぶり13回目の総合優勝を果たしました。 2位の東洋大......続きを読む»

第87回箱根駅伝(往路)

今大会は母校である亜細亜大学が残念ながら予選会を突破することが出来なかったため個人的にはやや寂しい大会となりました。 かつての常連校と言えども本大会に出場出来なくなった箱根駅伝。近年常連校以外に新興校と呼ばれる大学やかつて常連校と呼ばれる大学が力を入れてきました。これにはやはり高視聴率のTVの影響もかなりあるのではと感じてきております。 さて、レースですが、往路の今日、学連選抜の1区が亜......続きを読む»

第86回箱根駅伝(復路)

第86回箱根駅伝復路は往路首位の東洋大学が堅実な走りで襷をつなぎ復路優勝は駒澤大学に譲ったものの2年連続の総合優勝を果たしました。 総合2位には復路優勝を果たした駒澤大学が入りました。総合5位には東京農業大学が入り14年ぶりのシード権獲得。総合6位には城西大学が7回目の出場で初のシード権獲得。そして総合8位には青山学院大学が入り41年ぶりのシード権獲得となりました。 その一方で出雲と全日......続きを読む»

第86回箱根駅伝(往路)

第86回箱根駅伝の往路が今日開催され1区から4区までは明治大学が首位を走り前回総合優勝の東洋大学は7位で5区への襷リレーをしました。 東洋大学のエース・2年生の柏原竜二選手は落ち着いた走りで序盤を駆け抜けました。距離が長いだけに飛ばさなくても大丈夫と判断したのでしょうか。13キロ弱で明治大学を捕えると後は独走態勢に入り自身の持つ区間新記録を更新し東洋大学に往路2連覇をもたらしました。 2......続きを読む»

第85回箱根駅伝(復路)

今日の復路は6区で早稲田大が逆転し7区まで首位を保つものの8区で東洋大に再逆転しそのまま大手町へ飛び込み初の総合優勝を手にするとともに復路も制し完全制覇となりました。 早稲田大は2位となり古豪・明治大は8位となり久々のシード権獲得、そして学連選抜は昨年に引き続き10位以内を確保しました。その一方で駒澤大がシード落ちとなり明暗はくっきりと分かれました。また、城西大の棄権は残念なニュースでした。 ......続きを読む»

第85回箱根駅伝(往路)

東洋大が5区山登りで1年生の柏原竜二選手が8人抜きで、かつ、区間新の好走で往路初制覇となりました。 先月初旬に部員の不祥事から部長及び監督が辞任となり今回の箱根駅伝の出場辞退の可能性もありました。また、この不祥事から集団での応援、手旗や横断幕を自粛した東洋大。選手は自分の大学の名前の入った横断幕等を見ることをなく走り続けたことになりますが5人の選手は20キロ以上の距離をどういった気持ちで走り続......続きを読む»

第84回箱根駅伝(復路)

駒澤大学が逆転で3年ぶり6回目の総合優勝を果たしました。駒澤大学の選手、関係者の皆様、おめでとうございます。往路優勝の早稲田大学を6区の山下りで離されたもののその後ジリジリと追い込み9区で逆転。駒澤大学の黄金期復活かと思わせるようなレース展開でした。 その一方で復路9区での大東文化大学、10区での東海大学の棄権がありとても残念でした。大東文化大学は住田選手に只隈監督が付き添っり離れたりとで何と......続きを読む»

第84回箱根駅伝(往路)

連覇を目指した順天堂大学が1区からブレーキとなり心配をしておりましたが5区でまさかのアクシデントで棄権となりました。 順天堂大学・5区の小野選手がしゃがみ込みシーンがTVで映し出されその後少しして立ち上がりまたしゃがみ込んだシーンは見ていてとても辛かったです。順天堂大学・仲村駅伝監督も小野選手に触れた時点で棄権を意味することは分かっていたためにすぐには触れませんでした。 審判の赤い旗が上......続きを読む»

箱根駅伝(復路)

順天堂大学が復路も制し6年ぶり11度目の総合優勝を果たしました。順天堂大学の選手、関係者の皆様、本当におめでとうございます。昨年の主将だった難波さんの涙はとても印象的でした。 昨年倒れそうになりながらも伝統の襷をつないだ難波さん。総合優勝が出来ず悔しい思いをされ卒業をされたと思います。優勝した瞬間に現役の選手に近づかなかったのも難波さんの現役の選手に対する配慮だったのではないでしょうか。 ......続きを読む»

箱根駅伝(往路)

日付が変わりまして昨日の往路は順天堂大学が5区の山登りで「山の神」の異名を取る今井選手の区間新の快走で東海大学を逆転して往路優勝を果たしました。 今井選手が前に走る選手をドンドン追い抜き首位に立ちそれ以降も後続を放していく姿には正直驚きました。4分の差を16キロで抜き去りましたが東海大学の選手も悪い走りではなかったと思います。 この5区と6区はスペシャリストの区間とも呼ばれております。平......続きを読む»

今日から箱根駅伝

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 日付が変わりまして今日から箱根駅伝が開催されます。母校でもある亜細亜大学は昨年初めて総合優勝を果たしましたが残念ながらゴールの瞬間をライブで見ることが出来ませんでした。 昨年総合優勝をしたこともあってか今年は亜細亜大学がかなり注目をされるようになりました。やはり総合優勝の効果は絶大だと思いました。これが昨年総合2位でし......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI
・税理士(東京税理士会)
・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)

・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年)
・JFAスポーツマネジャー資格Grade2(平成25年、東京都)

・亜細亜大学会計教育センター講座講師(平成9年10月~平成10年7月)

・和光大学経済経営学部スポーツビジネス論特別講義担当(平成22年12月1日)

幼少の頃からスポーツの魅力に取り付かれ、今でも野球、サッカーを中心に年間50試合近くをスタジアムで観戦

近年は大学サッカーを観戦の中心にして、大学サッカーや大学スポーツをより知ってもらおうという動きも関係者とともに行っている。

関与している選手の業務に関することは守秘義務の関係からこの場で書くことが出来ません。

予めご了承の程よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:1154460

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 巨人軍・木村拓也捕手の活躍から感じたこと
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  9. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  10. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss