スポーツの魅力をお伝えします。

Jリーグ・横浜F・マリノス川崎フロンターレ戦(観戦記)

このエントリーをはてなブックマークに追加

マスコミ等では横浜F・マリノス(以下「横浜FM」)対川崎フロンターレ(以下「川崎F」)を「神奈川ダービー」と称しているが神奈川県内には湘南ベルマーレや横浜FCがあり、この4チーム間の対戦でも「神奈川ダービー」と称するマスコミが結構あるため個人的にはあまりしっくりと来ていない。

しかしながら横浜FMから小宮山尊信選手と田中裕介選手が自らの意思で川崎Fに移籍し、山瀬功治選手が横浜FMを戦力外となり、幾つかのオファーのなかから川崎Fを選択し、川崎Fでプロキャリアをスタートさせた谷口博之選手は自らの意思で下部組織時代に所属していた横浜FMに移籍した。

そういった経緯もあり、この両チームのサポーターには特別とまではいかないかもしれないがそれなりに強い感情を持っているのはあるのではと感じている。

前節でクラブ通算1000ゴールを達成した横浜FMに対し、川崎Fサポーターからは、

祝1000ゴール。歴史のあるクラブを追い越せるように頑張ろうぜ!

の横断幕が試合開始前まで掲げられた。

また、試合前の川崎Fサポーターを歓迎するアナウンスが流れたときはゴール裏だけでなくメインスタンド、そしてバックスタンドに陣取った川崎Fサポーターからも拍手が起こった。これは等々力で毎試合アウェイチームのサポーターを歓迎するアナウンスが流れ、それに川崎Fサポーターは拍手で迎えるということを毎試合行っている。

そして、選手紹介では横浜FMに自らの意思で移籍した谷口選手にブーイングが起こるか注目していたが大きな拍手が起こった。

対戦相手のよいニュースがあればそれを試合が始まる前までは称え、歓迎にはしっかりと応対し、かつて所属していた選手には暖かい拍手を贈る。これは川崎Fサポーターが作ってきた文化とも言える。

まだ、横浜FM程長い歴史はない川崎Fではあるが1つの文化を持ったクラブといつの日か言われるようになれたらいいなと感じた。

試合は序盤は横浜FMペースで川崎Fのセンターバックの背後にロングボールを蹴り込む作戦がはまったが決定機を活かすことが出来ず、前半22分に川崎Fはコーナーキックからのこぼれ球を柴崎晃誠選手が押し込み先制点を挙げる(記録はオウンゴール)。

その後は川崎Fペースとなるが横浜FMゴールを割れない。横浜FM・GK飯倉大樹選手の好セーブもあったが枠をとらえきれないシュートが多かったのも川崎Fに取っては痛かった。

決定機を外していくうちに流れは横浜FMに。前半37分にロングボールから大黒将志選手が狙っていたプレーだったと思うが裏に抜けそのままゴールネットを揺らすシュートを放ち横浜FMが同点としハーフタイムを迎える。

後半に入り川崎Fはセンターバックの井川祐輔選手に代え實藤友紀選手を投入。前半のロングボールに対する処理に対する交代だったと思うが、怪我以外でのセンターバックの交代はやや川崎Fに取っては痛かったのではと感じている。

後半やや横浜FMペースが続き、後半26人にスローインからのボールを途中出場の渡邉千真選手が思い切りのよいシュートがゴールとなり横浜FMが2-1と逆転に成功した。

逆転を許した川崎Fは選手交代をさせながら同点、逆転を狙いに積極的に攻撃を仕掛けたが横浜FMも必死のディフェンスで守り切り2-1で横浜FMが勝った。

試合中小宮山選手と田中選手がボールを持つと横浜FMサポーターからブーイングが起こったが それに対する小宮山選手のコメントがとても印象に残った(リンク先はJ'sGOAL)。

最後にこの試合を観戦が出来たことにつきまして周りの皆様に感謝の意を申し上げるとともに、日産スタジアムに足を運ばれた全ての方が無事それぞれの地元に戻れることをお祈り申し上げます。


税理士・FP岩崎 篤の詳細プロフィール等は公式Websiteへどうぞ。公式Website内「起業家のためのライフ&ビジネスプラン講座」が新たに追加されました。

税理士・FP岩崎 篤への業務の依頼や取材、お問い合わせ等は問い合わせページからお願い致します。

「さむらいコピーライティング道」にインタビューが掲載されております。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
田中裕介
小宮山尊信

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

引分けは そろそろお腹が いっぱいに【真・浦和蹴球淑女団】

イヌワシ戦士の飛翔【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

「普通」への感謝【走れ!!ソニー仙台FC】

試合は負けてしまったけど、サポートは最高だった!~写真で振り返るアウェイマリノス戦~【J特】【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

勝ちたいね~、勝ちたいよ~vs横浜Fマリノス戦【主婦の目線でフロンターレ♪】

太陽王を追うイルカとカモメ~アウェイ横浜FM戦プレビュー~【J特】【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

「認めたくない」相手と「負けたくない」相手の戦い【第2節 横浜FM戦プレビュー】【J特】【青と黒の勇者たちと共に】

フロンターレサポーターになるべくしてなった私~マリノス戦に向けて~【J特】【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

ブロガープロフィール

profile-iconcptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI
・税理士(東京税理士会)
・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会)

・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年)
・JFAスポーツマネジャー資格Grade2(平成25年、東京都)

・亜細亜大学会計教育センター講座講師(平成9年10月~平成10年7月)

・和光大学経済経営学部スポーツビジネス論特別講義担当(平成22年12月1日)

幼少の頃からスポーツの魅力に取り付かれ、今でも野球、サッカーを中心に年間50試合近くをスタジアムで観戦

近年は大学サッカーを観戦の中心にして、大学サッカーや大学スポーツをより知ってもらおうという動きも関係者とともに行っている。

関与している選手の業務に関することは守秘義務の関係からこの場で書くことが出来ません。

予めご了承の程よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:34
  • 累計のページビュー:1147584

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  9. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)
  10. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定2選手合同記者会見

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss