スポーツの魅力をお伝えします。

東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了生で、税理士・FPである筆者が大学サッカーを中心としたスポーツに関連することについて感じたことやスタジアムでの観戦記等を書いていきます。

cptafpiwasaki

岩崎篤/Atsushi IWASAKI ・税理士(東京税理士会) ・ファイナンシャルプランナー(日本FP協会) ・東京大学運動会スポーツマネジメントスクール修了(第2期…04年) ・JFAスポーツマネジャー資格Grad もっと見る
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:1151081
  • (05月13日現在)

最新の記事

「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)

「対戦してみたい選手やチームをお聞かせ下さい」 Jリーグ内定選手の記者会見でよく出てくる質問である。個人的にはどういった回答をするのか注目している。 一昨日明治大学で合同記者会見があったが河面旺成(かわづらあきなり)選手(大宮アルディージャ内定)、小出悠太(こいで ゆうた)選手(ヴァンフォーレ甲府内定)、道渕諒平(みちぶち りょうへい)選手(ヴァンフォーレ甲府内定)は以下のように応えた。 ●河......続きを読む»

明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見

本日13時30分から明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1階グローバルホールにて体育会サッカー部のJリーグ加入内定選手合同記者会見が行われた。 出席者は左から井上優部長、栗田大輔監督、大宮アルディージャに入団内定した河面旺成(かわづら あきなり)選手、ヴァンフォーレ甲府に入団内定した小出悠太(こいで ゆうた)選手、同じくヴァンフォーレ甲府に入団内定した道渕諒平(みちぶち りょうへい)......続きを読む»

明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定選手記者会見

本日13時から明治大学駿河台キャンパス紫紺館にて体育会サッカー部のJリーグ加入内定選手合同記者会見が行われた。 出席者は栗田大輔監督とFC東京に加入内定した室屋成選手の2名。 室屋選手は現在3年生でスポーツ推薦にて明治大学に入学したためもう1年体育会サッカー部でプレーをするのが通常である。 ただ、リオデジャネイロ五輪本大会のメンバー(18名)に入って活躍するためより厳しい環境に身を置きたいと......続きを読む»

明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見

本日14時から明治大学駿河台キャンパス紫紺館にて体育会サッカー部のJリーグ加入内定5選手合同記者会見が行われた。                    会場となった紫紺館 明治大学での記者会見は3年前(松本山雅FC・岩渕良太選手、浦和レッドダイヤモンズ・阪野豊史選手、FC東京・三田啓貴選手、水戸ホーリーホック・山村佑樹選手。チームは入団時のチームとなる)、一昨年(ジュビロ磐田・小川大貴選手、名......続きを読む»

明大サッカー部集中応援日の企画について

関東大学サッカーリーグ戦も残すところ2節となった。1部の上位校にはインカレの出場権が与えられるがその他の大学の4年生はこのリーグ戦を持って引退となる。 明大サッカー部では23日(土)のリーグ戦最終戦(※)に集中応援日として明大サッカー部出身のプロサッカー選手のサイン入りグッズが当たる抽選会他、様々なイベントを企画している。 ※ 13時50分から味の素フィールド西が丘。対戦相手は桐蔭横浜大......続きを読む»

明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定2選手合同記者会見

本日14時から明治大学駿河台キャンパス紫紺館にて体育会サッカー部のJリーグ加入内定2選手合同記者会見が行われた。 明大では昨年に続いて2回目の開催となったが参加された記者等はは昨年よりも多かった。 なお、昨年の様子はこちらで確認が出来るので参照して頂きたい。 今年は各クラブの内定発表がやや遅いためか大学側の記者会見のリリースがあまりない。びわこ成蹊スポーツ大学が昨日記者会見を行った位か。 ......続きを読む»

Talk Live~明治大学サッカー部~(第129回明大祭)

11月1日(金)の14時から明治大学和泉キャンパスでの第129回明大祭のなかで「Talk Live~明治大学サッカー部~」が開催された。 このトークライブは「明大サッカー部を応援する会」の主催で昨年に引き続き今年で2回目である。昨年の様子はこちらを参照して頂きたい。 今回サッカー部からは以下の4名の方が参加された。 神川明彦監督 矢田旭選手(4年・名古屋グランパス内定) ......続きを読む»

甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)

今日は久々に東京都大学サッカーリーグ(以下「都リーグ」)戦を観戦した。残暑とはとても言い難い酷暑のなか選手達は直向きにプレーをしていた。決して多くの観衆のなかではなかったが。 第46回都リーグ戦のプログラムはこちらになる(左が前期プロラム、右が後期プログラム)。入手方法は東京都大学サッカー連盟の公式サイトで確認して頂きたい。 後期プログラムのなかにヴァンフォーレ甲府・橋爪勇樹選手......続きを読む»

明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見

本日14時から明治大学駿河台キャンパス紫紺館にて体育会サッカー部のJリーグ加入内定4選手合同記者会見が行われた。 大学がこのように会見を行うのは今年度で言えば中央大学が、過去には流通経済大学や慶應義塾大学が開催した。 近年大学サッカーのレベルが上がり1つの大学から複数のJリーグ加入内定選手を輩出する機会が増えていることからこういった各大学で合同記者会見を行うようになったのではと感じており......続きを読む»

中央大学白門祭のサッカー部主催イベント・その2

11月3日(土・祝)の中央大学白門祭のなかで学友会サッカー部主催のトークイベントが開催された。 その1についてはこちらを参照して頂きたい。 ライバル校である明治大学体育会サッカー部監督の神川明彦さん・・・写真中央 竹中玲央奈さん・・・写真右 をお迎えして 中央大学学友会サッカー部前監督で現GMの佐藤健さん・・・写真左 の進行で進められた。 関東大学サ......続きを読む»

Talk Live~明治大学サッカー部~(第128回明大祭)・その2

11月1日に明治大学和泉キャンパスでの第128回明大祭のなかで「Talk Live~明治大学サッカー部~」が開催された。 その1についてはこちらを参照して頂きたい。 主催をしたのは「明大サッカー部を応援する会」で現役学生、社会人混成の(現状では)任意団体である。 大学スポーツのなかでサッカーの位置付けは野球、ラグビー、駅伝等に比べるとメディアの取り扱いが小さく、集客も多いとは決して......続きを読む»

中央大学白門祭のサッカー部主催イベント

昨日は11月1日(木)に開催されるTalk Live~明治大学サッカー部~(第128回明大祭)について書いたが今日は11月3日(土・祝)を中心に開催される中央大学白門祭での学友会サッカー部主催のイベントについて触れることにする。 昨年サッカー部としては初めて学園祭(白門祭)に参加して以下のことを行った。 ・ギャラリー展(3日間) ・サイン会(2日間) ・トークイベント(湘南......続きを読む»

Talk Live~明治大学サッカー部~(第128回明大祭)

昨年中央大学白門祭でサッカー部のトークイベントが開催された。 今年も中央大学でイベントを開催すると聞いているがそれに関しては後程紹介させて頂くことにして今年は明治大学の第128回明大祭での明大サッカー部を応援する会によるTalk Live~明治大学サッカー部~が開催されることになった。 サッカー部からは、 主将の松岡祐介選手 阪野豊史選手(浦和レッドダイヤモンズ 内定) ......続きを読む»

中央大学白門祭のサッカー部のイベントと関東大学リーグ・駒澤大学戦

中央大学(以下「中大」)の学園祭(白門祭)期間中に学友会サッカー部が幾つかの企画を行った。 ・FOOTBALL GALLERY ・・・3日(木・祝)~5日(土) ・サイン会・・・3日と5日 ・トークイベント ゲストに中大サッカー部OBの永木亮太選手(湘南ベルマーレ所属)・・・3日 3日には中大多摩キャンパスに行ってきた。中大のサッカーグランドには足を運んだことがあったが教室の......続きを読む»

中央大学白門祭・トークイベント(中央大学学友会サッカー部)・・・その2

明日の中央大学白門祭のサッカー部のトークイベントは予定通り14時から中央大学多摩キャンパス3353教室で開催予定ですが、中央大学学友会サッカー部部員によるサイン会がいつどこで開催されるのか気になっている方もいるかと思う。 先程確認したところによると、以下のようになっているとのこと。 ・日時・・・11月3日(木・祝)13時10分~及び5日(土)の13時~の2回  ※ 3日(木・祝)はトー......続きを読む»

中央大学白門祭・トークイベント(中央大学学友会サッカー部)

大学の学園祭というと芸能人の方等を招いてのライブ、著名人を招いての講演、そして各サークル等が模擬店を出店するというイメージで体育会系のクラブには学園祭とはあまり縁がないというイメージがあると思う。 そのイメージを打ち破るかのように中央大学学友会サッカー部では、白門祭でトークイベントを開催。 11月3日(木・祝)14時~ 中央大学多摩キャンパス 3353教室 出演予定者・・・安藤隆人......続きを読む»

2014年ワールドカップ アジア3次予選・日本対北朝鮮戦

W杯予選という厳しい戦いのなか日本代表の選手はボールをしっかりとキープして試合を有利に運んでいた。強さは増していると感じた。 しかし、得点がなかなか奪えない。 最後はセットプレーから清武弘嗣選手のクロスを吉田麻也 選手が豪快なヘッドで得点を奪い北朝鮮に勝った。 香川真司選手が真ん中に入りより機能してきた。やはり香川選手はトップ下が似合う。 清武選手の途中出場は相手にとってはと......続きを読む»

Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府対浦和レッドダイヤモンズ戦(観戦記)

国立競技場(以下「国立」)で行われたヴァンフォーレ甲府(以下「甲府」)のホームゲーム。対戦相手は浦和レッドダイヤモンズ(以下「浦和」)。 国立へは浦和から近いということもあり、ゴール裏は浦和側のほうが多かった。ただ、メインスタンドは浦和の赤のレプリカを着たサポーターもそれなりにいたが青に染まっていたために、全体としては半々位だっただろうか。 入場してすぐに東京エレクトロン×ヴァンフォーレ......続きを読む»

高校野球・光星学院対日大三戦(観戦記)

今日の第93回夏の全国高校野球選手権大会(以下「選手権」)優勝戦は西東京代表・日大三が青森代表の光星学院に11-0という大差で勝ち、10年ぶり2度目の夏の全国制覇を果たした。 序盤の3回裏に日大三は5番・高山俊選手の3点本塁打で先制し5回裏にはその高山選手の内野ゴロで追加点を挙げる。 その4点目が入る前の5回表に光星学院が2死1塁2塁から秋田教良投手のライト前のヒットで詰めよれるかと思っ......続きを読む»

高校野球・優勝戦に向けて

明日は第93回夏の全国高校野球選手権大会・優勝戦で、深紅の大優勝旗は青森代表・光星学院と西東京代表・日大三とで争われることになった。 光星学院は11年ぶりのベスト4で、そのときはベスト4止まりだったが今回は栃木代表・作新学院を破り、太田幸司を擁した三沢以来42年ぶり2度目の青森勢の優勝戦進出。 東北勢でも89年の第71回大会の大越基投手(現・早鞆高校監督)を擁した仙台育英、03年の第85......続きを読む»

Jリーグ・川崎フロンターレ対浦和レッドダイヤモンズ戦(観戦記)

開門時間がいつものキックオフ2時間半前から3時間前となった昨日の川崎フロンターレ(以下「川崎F」)のホームゲーム。 やはり浦和レッドダイヤモンズ(以下「浦和」)の集客力が影響していると感じている。アウェイゾーンも等々力での可能な限りのスペースを提供し、それでも入りきらず、ホームゾーンに赤いレプリカを着たサポーターがたくさんいた。 実際昨日2万人を超えたのも浦和サポーターの集客によるものだ......続きを読む»

Jリーグ・京都サンガF.C.対栃木SC戦(観戦記)

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(以下「西京極」)での京都サンガF.C.(以下「京都」)の試合は以前から観たかったがなかなかチャンスがなかったが遂に実現した。 キックオフ1時間ちょっと前にスタジアムに着いた。阪急京都線西京極駅からすぐ近くにある西京極。東京の味の素スタジアムよりアクセスがよく、バックスタンドのほうが駅寄りである。今回はメインスタンドで観戦をさせて頂いたがそれでもゲート......続きを読む»

Jリーグ・川崎フロンターレ対アビスパ福岡(観戦記)

川崎市制記念試合となった川崎フロンターレ(以下「川崎F」)対アビスパ福岡(以下「福岡」)戦。16,686人のサポーターが駆け付けた。 入場して一旦スタジアムの外に出て、フロンパークに向かい、そこで最近はあまり見かけなくなったサッカー事業部プロモーション部部長の天野春果氏とお会いした。 天野氏は川崎Fで行ってきたこと等を「僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」というタイトルで書籍を出し......続きを読む»

Jリーグ・横浜F・マリノス川崎フロンターレ戦(観戦記)

マスコミ等では横浜F・マリノス(以下「横浜FM」)対川崎フロンターレ(以下「川崎F」)を「神奈川ダービー」と称しているが神奈川県内には湘南ベルマーレや横浜FCがあり、この4チーム間の対戦でも「神奈川ダービー」と称するマスコミが結構あるため個人的にはあまりしっくりと来ていない。 しかしながら横浜FMから小宮山尊信選手と田中裕介選手が自らの意思で川崎Fに移籍し、山瀬功治選手が横浜FMを戦力外となり......続きを読む»

サポーターとフロントスタッフとの絆(大宮編)

サポーターとフロントスタッフとの絆というエントリーは昨年9月2日に書いたがもうこの手のエントリーは書かないだろうと思っていた。 6月18日(土)に1本の電話が鳴った。前回もそうだったが今回は別件もありその件かと思っていたが。 一瞬言葉を失ったが本人が一番つらいだろうと思いすぐに切り替えた。今後のことを聞いて少し嬉しくなりその今後に向けて自分が出来ることはしていこうとも思った。 残さ......続きを読む»

Jリーグ・大宮アルディージャ対ヴィッセル神戸戦(観戦記)

大宮アルディージャ(以下「大宮」)対ヴィッセル神戸(以下「神戸」)戦の前日、自分はヴァンフォーレ甲府対柏レイソル戦観戦のため甲府にいた。そして観戦して地元に帰る予定だったがその1週間前にある方1本の電話が。 一瞬言葉を失ったが当事者のことを考えすぐに切り替えた。そのときには言えなかったが26日(日)はNACK5スタジアム大宮(以下「NACK5)に行こうと。 甲府から本来は八王子駅で降りる......続きを読む»

Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府対柏レイソル戦(観戦記)

5月29日のモンテディオ山形戦以来の山梨中銀スタジアム(以下「中銀」)でのヴァンフォーレ甲府のホームゲーム観戦。 そのとき同様、整体院 拓輝で整体を受けてから中銀に向かった。整体院 拓輝ではチャリティオークションが開催されており、前回のときは堀米勇輝選手のサイン入りユニフォーム(2010年の実際に堀米選手が来た着たものです)でしたが、今回はサイン入りスパイクがオークション品となっているので是非......続きを読む»

Jリーグ・清水エスパルス対川崎フロンターレ戦(観戦記)

川崎フロンターレ(以下「川崎F」)は過去1分6敗と勝ちがないアウトソーシングスタジアム日本平(以下「日本平」)での清水エスパルス(以下「清水」)との対戦。 平日のため日本平には行くことが出来ず、TVで観戦。試合前から「川崎市民の歌」「FROTALE20000」がしっかりと聞こえました。「悔し涙を流し続けてきた来れない人の分も」という強い思いで川崎Fサポーターは声を出していた感じがした。 ......続きを読む»

Jリーグ・川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島戦(観戦記)

この試合は90分という試合時間が短く感じる試合だった。両チームの攻守がよくテンポを感じた。 今日はこの試合を観戦する前にNACK5スタジアム大宮に行っていたために到着がキックオフ30分前位になってしまった。結構そのときには両チームのサポーターが等々力に駆け付けていた。 選手紹介の前のサンフレッチェ広島(以下「広島」)サポーターを歓迎するアナウンスには広島サポーターから大きな拍手が起こった......続きを読む»

NPB・巨人対千葉ロッテ戦(観戦記)

日本生命セ・パ交流戦も後僅かとなり、昨年まではこの時点で何試合かボールパークに行っていたものの、今年はなかなかそのボールパークに行けていない。しかし、TVで見れるときはなるべく見るようにしている。 昨日は読売巨人(以下「巨人」)対千葉ロッテ(以下「ロッテ」)戦をTV観戦した。一昨日に続く好ゲーム。 2-1巨人リードで迎えた8回裏。2死1塁で打席には小笠原選手。2ボール2ストライクからの投......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 19 20

このブログの記事ランキング

  1. 2年ぶりに復帰・創造学園大附森田監督
  2. プロ野球選手と税金
  3. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定3選手合同記者会見
  4. 「対戦したい選手やチーム」(明大サッカー部合同記者会見)
  5. toto「BIG」でくじとしては日本最高の5億8,000万円強の当せん金が
  6. 高校野球西東京大会準決勝・早大学院対早稲田実業戦
  7. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定5選手合同記者会見
  8. 明治大学体育会サッカー部 Jリーグ加入内定4選手合同記者会見
  9. 甲府・橋爪勇樹選手インタビュー(東京都大学サッカーリーグ戦プログラム)
  10. 巨人軍・木村拓也捕手の活躍から感じたこと

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
12
11
02
2015
11
2013
11
09
08
06
05
2012
11
10
09
08
07
03
02
2011
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss