日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2010年10月

FURE☆AI

 大阪に来ています。今朝の新幹線で大阪に入り、FURE☆AIというランニングクラブを訪問しました。このクラブは、Jog Noteに集まる人たちで構成されていて、「福知山で会いましょう」を合言葉にして結成されたのですが、今では100人以上もいる大きなクラブになっています。しかし、代表者はいますが、クラブというほどの強い組織というわけではなく、イベントがあると集まってくるという感じです。クラブと......続きを読む»

JALホノルルマラソンのクリニック

 JALホノルルマラソンのマラソンクリニックが、渋谷で開催されました。予定では、代々木公園を走ることになっていましたが、あいにくの雨のため、1部、2部にわかれての講習会となりました。第1部はJALホノルルマラソンの概要やコース攻略など、第2部は体の使い方などを実技を交えて教えていただきました。講師はプロトライアスロンコーチの青山剛さんで、特の第2部の合気道の体の使い方を応用したクリニックは、......続きを読む»

京都マラソンのコース案

 京都マラソンのコース案が発表されたようですね。ちょっとうっかりしていました。こちらに出ていますが、なかなかいいのではないかと思います。走りたい人は多いのではないでしょうか。 ...続きを読む»

ランガール★ナイト、表紙撮影、駅伝グランプリ

 昨日、私のツイッターではつぶやいたのですが、ブログを書くのをさぼってしまいました。何かといれば、9月に行われたランガール★ナイトの報告会があったのです。単なる飲み会にしないのが、彼女たちのすごいところで、しっかりと大会の報告と、今後の展望についてアピールしていました。この動きには賛同する人たちが多いので、新しいムーブメントになっていくでしょうね。ランガールは、一般社団法人となり、会員の募集も行って......続きを読む»

週末は大阪へ

 土曜日はJALホノルルマラソンのクリニックがあり、TEAM COURIRとして参加します。TEAM COURIRは、以前ここにも書いたと思いますが、CLUB KUKINIで実施しているメディアチャレンジです。CLUB KUKINIというのは、JALホノルルマラソンを目指す人たちのために、ホノルルマラソン協会日本事務局が運営するコミュニティです。メディアチャレンジというのは、JALホノルルマラソンを......続きを読む»

湘南国際マラソンの二次募集

 明日(10月27日)は10時から湘南国際マラソンの2次募集があります。フルマラソンは907人の募集です。走りたい人はお忘れなきよう。  今日、某大学の4年生が、卒論で女性ランナーのファッションについて書くので話を聞かせてほしいと、会社にやってきました。彼女はスポーツ社会学を専攻しているのですが、ランニングにおけるファッションが卒論のテーマとして成立することに驚きました。  こんなことを......続きを読む»

ランナーズルート×クリール コラボウエア 受付中

 本誌で連載していたランナーズルートとクリールとのコラボ企画、「HoLoプロジェクト」のランニングウエアが完成し、販売(受付)を開始しました。本社の通販サイトでは、サービス企画として、マラソンガイドブック(『マラソン完走マニュアル』か『JALホノルルマラソン公式ガイドブック』)のいずれかをプレゼントします。  連載を読んでいる読者はよくご存知だと思いますが、このプロジェクトは、ランナーズルート......続きを読む»

マラソン入門ビギナーズカフェ

 昨日、『マラソン入門 ビギナーズカフェ』が発売になりました。これまで創刊からずっと連載を続けてきた人気企画を一冊にまとめました。まとめるといっても、これまで100編ほど連載していますから、すべてを掲載することはできません。掲載しているのは、厳選した14編。最近、ランナーになった人にとっては、みたこともないうさぎがいます。  また、イラストを描いていただいている黒澤先生には、描き下ろし......続きを読む»

クリール12月号は明日発売です

 ランニングマガジン・クリールは、明日(10月22日)発売です。内容を簡単に説明しておきましょう。  巻頭特集は、「失速の原因を探って対処すれば、不安は消える  絶対にバテない走り方」です。マラソンのレースでは、「必ず後半に失速する」という人がいます。実は先日も3時間半を目指しているランナーが、スタート前にこんなことを言っていました。「終盤に失速するので、最初は3時間20分のペースメー......続きを読む»

Tweet RunnersとGYAKUSOU

 今日は来月号の表紙撮影の予定でしたが、天候が悪いため来週に順延になりました。そのため、午前中に編集会議。来月号の内容がほぼ決まりました。  午後からはアミノバリューのTweet Runnersの記者発表会。Tweet Runnersとは、IPhoneのアプリケーションで、走行距離やペースなどがわかるだけでなく、地図上に自分が走ったコースが示されたり、走行データが蓄積されたりするというものです......続きを読む»

東京マラソンのランナーズコレクション参加者募集中

 今朝、アメリカに住む友人からメールが届き、ボストンマラソンが募集開始1日で定員に達したというニュースを届けてくれました。「ボストンよ、おまえもか」という感じでしょうか。世界的にランニングが盛んになってきています。大会事務局には、募集開始の日を確実に伝える努力が求められているように思います。私たちもできるだけその情報を掲載したいのですが、募集開始日を事前に告知してくれる大会がまだまだ少ないように感じ......続きを読む»

イスタンブール・ユーラシアマラソン 3日目

 イスタンブール・ユーラシアマラソンの3日目のことを1日遅れてでお知らせしておきましょう。遅れたのは、マラソンを走ったあと、ホテルに戻ってシャワーを浴び、そのまま空港に直行したからです。今日のお昼に成田空港に到着しました。2泊4日はさすがに短いのですが、とても密度の濃い旅行、じゃなくて、取材になりました。  ユーラシアマラソンですから、EUROとASIAを走るわけです。だからEURAS......続きを読む»

イスタンブール・ユーラシアマラソン 2日目

 イスタンブール・ユーラシアマラソンの2日目、まずはマラソンEXPOへ。フルのコースに途中にあるコンベンションセンターで行われていますが、かなりこじんまりしています。メーカーのブースはほとんどなく、地元のショップがウエアやシューズを販売していますが、これが安い! 買いたくなるような値段でした。  そのあと、コースの前半を下見したあと、船でボスポラス海峡をクルージング。明日走るボスポ......続きを読む»

イスタンブール・ユーラシアマラソン 1日目

イスタンブールに到着しました。日本から11時間半のフライト。ホテルに入ったのは20時半、そのあと、食事に出かけましたが、東西文化が融合している街だけに、ヨーロッパでも、アジアでも、もちろん、日本でもなく、不思議な雰囲気の街です。 ホテルは新市街のグランドハイアット。予定していたホテルがいっぱいで急遽変更になったのですが、新しくて快適です。2泊しかしないのはもったいない。  食......続きを読む»

これからイスタンブールです

 これからイスタンブールなのですが、トラブル発生! 家で準備をしていると、パスポートがない!!!!   あれ? どこ? どうしたっけ?  記憶をたどると・・・最後に見たのは会社。ということは、会社に寄ってから成田に行かなければならいないことに。間に合うのか? もし、会社になかったらどうする? そんなことを考えながら、電車に乗りました。  実は、先週も成田空港でカウンターにパスポートを出す......続きを読む»

あさってはイスタンブール

 メルボルンから帰ってきたばかりだというのに、あさっては、イスタンブールです。この間に、MOOK『マラソン入門 ビギナーズカフェ』と12月号の校了があり、時間の感覚がおかしくなりそうな状況が続いています。まあ、あさってはまた時差のある世界へ旅立ちますから、昼夜が逆転しているくらいがちょうどいいのかもしれません。  2週連続でフルマラソンというと、たいそう驚かれることが多いのですが、ここのところ......続きを読む»

メルボルンマラソン 2日目夜

 夜18時からメルボルン市内のパブの屋上で、メルボルンマラソン日本事務局主催の完走パーティがあったので出てきました。都会のど真ん中の屋上です。オーストラリア人はアウトドアで食事をするのが大好きだそうです。メルボルン市内にもオープンエアのレストランがたくさんあり、どこもお客さんがいっぱいです。  食事はバーベキュースタイル。えび、サーモン、牛肉、ソーセージ、フランクフルトなどがご......続きを読む»

メルボルンマラソン 2日目

 メルボルンマラソンが終わりました。また1つおすすめのマラソン大会が増えました。メルボルンは、オーストラリアで2番目の都市。その都市の周辺を走ります。オーストラリア人はノリがいいので、沿道もにぎやかで、楽しく走れます。とにかくフラットで、天候も最高。午前7時スタートですが、この季節の午前中は曇りがちで、海沿いを走りますが、風はほとんどありませんでした。写真はメルボルンの象徴ともいえるフリンダ......続きを読む»

メルボルンマラソン 1日目

 メルボルンに来ています。昨晩、成田空港を出発して、朝にシドニーに着き、乗り継いでメルボルンへ。メルボルンは落ち着いたいい感じの街です。ダウンタウンはにぎやかで、近くに大きな公園あり、活気と落ち着きが同居しているといったらいいでしょうか。写真はお昼に食べたイタリアン。  これがマラソンEXPOの一角です。MCG(メルボルン・クリケット・グラウンド)の前にブースが出ています。興味......続きを読む»

時間が・・・ない

 メルボルンへの出発は、あさっての午後8時半。それまでの時間は約40時間。その間にやらなければならない仕事の量は…。とても処理できるとは思えません。さて、どうしたらいいものか。こういうときこそ冷静にならなければいけませんね。  海外出張の前は、いつもこんな感じになってしまうのは、どうしてでしょう。   ...続きを読む»

AIR RUN TOKYO(エア ラン トウキョウ)

 編集長のランニングクラブ訪問で、AIR RUN TOKYOを取材してきました。皇居に集合してそのあとスピード練習。5000+3000+800のレペティションが本日のメニュー。4分30秒のグループで走らせてもらいました。久しぶりのスピード練習で、体が驚いていました。こういう練習は、集団でしかできないので、記録を目指すならクラブに入る価値は十分にあるでしょうね。  このクラブの詳しい情報は、次号......続きを読む»

イスタンブール・ユーラシアマラソンへ

 突然ですが、10月17日開催されるイスタンブール・ユーラシアマラソンに取材に行くことになりました。この大会は、アジアをスタートして、ボスポラス海峡にかかるボスポラス大橋を渡り、ヨーロッパにゴールするというマラソン大会です。数年前に本誌でも紹介しましたので覚えている方も多いのではないでしょうか。東西文化が融合するイスタンブールは、一度は訪れたいと思っていた街です。  いつもなら、このよ......続きを読む»

札幌マラソン(ハーフ)

 札幌マラソンを取材してきました。本誌で連載しているコニカ・ミノルタランニングプロジェクトの取材です。ナビゲーターの歌原奈緒さんが、NAHAマラソンを目指すのですが、そのステップレースとして、札幌マラソンを走ったというわけです。  フィニッシュタイムは、2時間20分57秒で、目指していた自己ベストの更新(2時間13分)はなりませんでしたが、後半、豊平川沿いの10kmは、向かい風が強く、1kmあ......続きを読む»

北海道にきています

 明日は札幌マラソン。コニカミノルタ・ランニングプロジェクトの取材で北海道に来ています。とはいっても、1つの取材だけではもったいないので、朝早い飛行機で来て、JOGMAPSの取材をしていました。  北海道の1位は、白石サイクリングロード。ここはかつて国鉄の千歳線が走っていたところで、街の中に平面交差がほとんどないコースが続いています。サイクリングロードといえば、河川敷が定番ですが、待ちのなかに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:2516816

(06月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. オトナの体力測定
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. 中国電力のマラソントレーニング
  8. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  9. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss