日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2009年09月

やっと終わったと思ったら…

 増刊(MOOK)が終わったと思ってカレンダーを見ると、明日からもう10月です。いつもなら、4分の1くらいは入稿していて、取材も半分以上済ませているのですが、今月はまだ、ページ割もできていません。これから10日間くらいで本誌をつくらなければなりません。また、締め切りとの過酷な戦いが始まります。  月曜日には増刊(MOOK)は終わっているはずでした。ところが、様々なトラブルがあり、今日までひきず......続きを読む»

増刊の校了が…

 本来なら終わっていなければならない『マラソン完走マニュアル』ですが、様々なトラブルがあり、校了していません。明日もまだ増刊の仕事が残っています。  そうこうしているうちに、10月発売号の作業が滞りはじめています。2つのことを同時進行でできるほど、器用ではないので、まずは、『マラソン完走マニュアル』を終わらせてしまおうと思っています。  昨晩は、セカンドウインドの祝勝会がありました。嶋原......続きを読む»

菅平から帰ってきました

 先ほど、菅平から会社に戻ってきました。レースのことに関しては、のちほど書かせていただきます(たぶん)。コースミスなどもありましたが、2回目ですから、前回に比べるとかなり余裕ができました。  会社に戻ってくると、『マラソン完走マニュアル』のゲラがたくさん出ていて、急に現実に引き戻されました。   ...続きを読む»

菅平に来ています。明日はトレイルレース

 菅平に来ています。写真は今朝のダボスの丘の上り口。8時すぎでしたが、こんなに霧がでていました。明日はいい天気になりそうです。  ちょっと体調を崩していることもあり、午前中は選手ミーティングで使う映像の製作をしていました。昨年、スタッフが撮影した画像や、コースの説明の写真などを組み合わせました。  明日はいよいよレースです。小さなトラブルはありますが、2回目ですから前回に比べると......続きを読む»

週末は菅平へ

 『マラソン完走マニュアル』の入稿が一段落して、校正をしなければならないのですが、明日の夜から菅平です。菅平スカイライントレイルのスタッフをしているので、半日早く入ります。  今年の夏は増刊があったために、まったく気が休まる時間がありませんでした。そのため、菅平スカイライントレイルランレースに向けての準備も、積極的に行うことができませんでした。  とはいえ、大会はもうすぐです。幸い、天候......続きを読む»

寺田的陸上競技WEB

 寺田的陸上競技WEBの9月21日の日記に本誌の「銀メダルの表と裏 山下佐知子×尾崎好美インタビュー」の記述があります。知っている人は知っていますが、寺田君とは会社の同期です。彼はずっと陸上畑でやってきて、陸上競技に関してはオーソリティです。私が陸上競技マガジンの編集長になるときに独立しました。彼ほどの知識を持つ人物を失うのは大きな痛手でしたから、外部スタッフとして協力を要請したところ、快く(?)受......続きを読む»

11月号の内容

 11月号はあさって発売ですが、すでに雑誌はできていますので、かいつまんで内容を紹介しておきます。  巻頭特集は マラソン自己ベスト更新のキーワード 「スピード持久力」をつけよう  です。この話は先日書いたので、端折ります。  特別企画は、「各ブランド、秋冬おすすめアイテムを紹介 ランニンググッズコレクション2009-10」。注目のランニンググッズを紹介しています。文章は私がすべ......続きを読む»

『マラソン完走マニュアル』はすごい!

 10月9日発売予定の『マラソン完走マニュアル』の入稿が佳境を迎えていて、連休を返上して作業を進めています。表紙ができたのですが、これがけっこういい感じです。内容もかなり充実しています。とにかく「マラソンの完全版」を作りたかったのですが、ほぼ、希望通りのものになりそうです。  対象は、ビギナーランナーを想定していたのですが、ビギナーだけでなく、かなり幅広い層に対しても有益な情報を提供できるので......続きを読む»

忙しいと思うとミスが起こる

 忙しいという字は、心を亡くすと書くと、確か以前、ここに書いたように思います。心が亡くなるというのは怖いですね。  本誌とは直接関係ないところで、ミスを犯しました。ご迷惑をかけている人もいます。忙しかったからということはいいわけにはなりません。ダブルチェックするつもりが、チェックしなかったことが原因です。今日は一日、心が重かった。なんとか解決しなければいけません。それにしても、この連休が…。い......続きを読む»

9月発売号が配本されました

 9月23日(水)発売号が本日配本されました。今月はシルバーウィークのために、発売日が1日遅くなっています。22日に書店に行っても発売されていませんのでご注意ください。  第一特集は「スピード持久力をつけよう」です。スピードも、持久力もなんとなくわかりますが、スピード持久力というと、「???」の人も多いのではないでしょうか。今回は、この言葉の意味するところをわかりやすく解説するために、「宇留寅......続きを読む»

いろいろ書きたいことはあるのですが…

 多くの方に見ていただいているのに、更新が滞っています。いろいろ書きたいことはあるのですが、かなり忙しくて、ブログを更新する時間がありません。簡単に最近のできごとを書いておきます。  月曜日にはスイス大使館へ。菅平スカイライントレイルランレースには今年もお越しいただきます。40kmのスターターです。ご挨拶に。  火曜日はニューバランスのウエアとアディダスのウエアを借りに行きました。10月......続きを読む»

クラブツーリズムのセミナー

 午後からクラブツーリズムの「海外テーマ旅行博」のセミナーがあり、講師として話をしてきました。タイトルは「ジョギングで健康に。誰でもできるマラソン完走」。どういう方が来られているのかわからなかったものですから、マラソンの魅力を伝えるような内容を心がけました。これまで本誌の取材でうかがった印象深い人々の話を織り交ぜながら、話を進めました。  もっと工夫できたのではないかと反省するところはあります......続きを読む»

脚の振り戻し動作について

 隣の『陸上競技マガジン』に、びわこ成蹊スポーツ大学の学生がインターンシップで来ていました。PCを覗き込んでいるので「何をみている?」というと、早稲田大学の江里口選手のランニングフォームを観察していました。彼も100mの選手なので、「江里口選手のフォームのいいところは?」と聞くと、脚の振り戻しが早い点だと解説してくれました。  確かに写真を見ると脚が後ろに流れていません。大腰筋が発達していると......続きを読む»

走りたいなら、走ると決める

 本日、アウトドアの合同展示会があり、時間ができたら行こうと思っていたのですが、結局、こまごまとした仕事をしている間に時間がなくなってしまいました。残念。  こういうことは、行くと決めたら、何がなんでも行くようにしないと、結局行けなくなるということですね。走るのも同じで、時間ができたら、走ろうなどと思っていると、いつまでたっても走れません。走ると決めてしまったほうがいいのです。あるいは、とに......続きを読む»

自転車通勤が公認

 現在、わが社で自転車通勤をしているのは私1人なのですが、9月1日から正式に自転車通勤が認められました。これまでは、通勤定期代を支給されていたのですが、これからは通勤定期代は支給されなくなりました。その代わり、自転車通勤中も労災(通勤災害)の適用を受けられることになりました。ちなみに雨などで電車を利用するときの交通費は、申請すれば支給されます。  規約の改定というほど大げさなものではなく、私と......続きを読む»

尾崎好美選手と山下佐知子監督の原稿

 9月発売号は、ランニンググッズコレクションなどがあり、ページが増えます。いつもよりなんとなく大変だと予想していましたが、やっぱり大変でした。それでもやっと40km地点にたどり着いたという感じです。しかし、10月9日発売の増刊がありますから、気が抜けません。2カ月の間に3つのフルマラソンという感じでしょうか。  先日、世界陸上で銀メダルを獲得した尾崎好美選手と山下佐知子監督からお話をうかがった......続きを読む»

レッズランド ランニングスクール

 編集長のランニングクラブ訪問の取材で、レッズランド ランニングスクールへ。レッズランドのレッズは、浦和レッズのレッズです。いわゆる総合型地域スポーツクラブで、ランニングのほかにもフットサルやテニスなどがあります。  ここで指導しているのは、ヘルシンキ世界陸上の女子マラソン日本代表の江田良子さん。詳しいことは、今月発売号に書きますが、こういう方が一般ランナーを指導するというのは、とても......続きを読む»

怒涛の入稿作業

 9月発売号の入稿が佳境を迎えています。今日は一日、原稿書き。次号予告にも書きましたが、来月号はグッズコレクションの特集があり、増ページです。通常よりも16ページも増えたので、作業量がかなり多い上、10月発売号の増刊(MOOK)の作業も同時進行で行っています。  心に余裕がなくなると、ミスが起こりやすくなります。注意しないといけません。  あっと言う間に明日は金曜日。日本インカレの1万m......続きを読む»

東京マラソンの申込者は31万1441人

 東京マラソンの参加申し込みが8月31日に終了し、本日、東京マラソン事務局から申込者数が発表になりました。合計は31万1441人。マラソンは定員3万2000人のところに27万2134人、10kmは、3000人のところに3万9307人です。倍率は8.9倍(マラソンは8.5倍、10kmは13.1倍)です。  単純に計算すると毎年申し込んだとしても9年に1回しか走ることができません。私はあと30年間......続きを読む»

スタジオに缶詰

 今日は1日、グッズコレクションの撮影でスタジオに缶詰状態でした。1日があっと言う間に終わったという感じです。集中していると時間がたつのが早いのかもしれませんね。  今日から9月。東京マラソンの受付が終了しましたが、どれくらいの応募があったのでしょうか。発表と聞くのが楽しみです。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:2516816

(06月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. オトナの体力測定
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. 中国電力のマラソントレーニング
  8. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  9. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss