日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2009年08月

鹿児島でランニング講習会

 鹿児島にスポーツNPOのSCCという組織があります。以前、「風に舞う地図」で、ここの会員を取り上げたことがありますので、覚えている読者もいるのではないでしょうか。  そのSCC(スポーツコミュニケーションサークル)が、生まれる前から私は関係があるのです。太田敬介理事長とは、彼がSCCを立ち上げる前からお付き合いをさせていただいています。陸上クラブとしては日本で初めてNPO法人の認証を受けたの......続きを読む»

北海道マラソン

 北海道マラソンに行ってきました。といっても、走ってはいません。完全な取材です。今回は3つの取材がありました。1日でこなすのは結構たいへんでした。  1つは「私はこうして速くなった」。一般ランナーにも聞いたのですが、ダニエル・ジェンガ選手、嶋原清子選手など入賞者の何人かに聞きました。こういうことは、わかっている人に聞くと面白いですね。決して『陸マガ』的ではなく、私たち一般ランナーにも十分に参考......続きを読む»

北海道に来ています

 明日は、北海道マラソン。19:30羽田発の飛行機で北海道へ。電車の乗り継ぎもよくて、会社から大きなタイムロスがなく、ホテルまで来たので、遠くに来た感じがしなかったのですが、札幌駅を降りると冷房が入っているような肌寒さを感じました。  ホテルの大浴場にランナーがいて、ちょっと話をしたのですが、「走らないのもつらいですね」と同情されました。ここまで来て走らないのは、本当に残念です。申し込んでおけ......続きを読む»

ドーム アスリートハウス

 夕方からアンダーアーマーの日本総発売元である株式会社ドームのアスリートハウスで撮影。マシンを使ったウエイトトレーニングとマシンを使わないウエイトトレーニングをトレーナーの越智利国さんに教えていただきました。マシンを使ったトレーニングは本誌の9月22日発売号に掲載し、マシンを使わないトレーニングは、10月9日発売の増刊に掲載します。  ドームのアスリートハウスは、ここでアンダーアーマーやDNS......続きを読む»

尾崎好美選手と山下佐知子監督

 写真は(よくわからないかもしれませんが)、世界陸上ベルリン大会女子マラソンの銀メダルとそのとき履いていたアディゼロPROです。  夕方から尾崎好美選手と山下佐知子監督にインタビューをしてきました。世界陸上のテレビ中継をみていて、疑問に思ったことをいろいろとぶつけたのですが、とても興味深い話を聞くことができました。  私が興味があったのは、やはりフォームです。2人とも、あとでビデ......続きを読む»

表紙の撮影と打ち合わせ

 午前中は次号の表紙の撮影。朝のうちは天気がよかったのですが、徐々に曇り出して、撮影が佳境に入るころには、曇ってしまいました。天候の回復を待とうとしたのですが、なかなかうまくいかず…。  次号の表紙モデルは松原渓さん。撮影の様子は本人のブログにも掲載されていますのでチェックしてください。タレントだけでなく、スポーツライターの肩書きを持つ松原さんは、体脂肪率17%のアスリート体型。体を鍛......続きを読む»

MUSASHIチャレンジ第2弾

 8月31日に東京で、ロレイン・モラーさんの講演会が開催されます。モラーさんは、バルセロナ五輪女子マラソンの銅メダリストで、大阪マラソンで3勝、北海道マラソンで2勝していますから、覚えている方も多いのではないでしょうか。ニュージーランドの名コーチ、アーサー・リディアードの門下生としても有名です。講演会の詳細はこちらをごらんください。講演の内容については、こちらに詳しく掲載されています。 ......続きを読む»

東京マラソン申し込み完了

 そのうちにしようと思っていた東京マラソンの申し込みですが、本日、やっと完了しました。申し込みの期間はあと1週間。来週の月曜日が締め切りです。「そのうちやろう」と私のように考えていた人も、そろそろ申し込んでおいたほうがいいと思います。基本的にコンピュータで抽選しますから、いつ申し込んでも当選確率は同じですが、申し込まなければ当選することはありません。  こういう仕事をしていると、「なんとか東京......続きを読む»

おめでとう、尾崎選手

 ベルリン世界陸上の女子マラソンで第一生命の尾崎好美選手が銀メダルを獲得しました。それにしても素晴らしい走りでした。今回、TBSの日本人用バイクカメラが、日本人の横や後ろの位置から撮影した映像が非常に多く、フォームを観察することができました。  出場した日本人4選手のうちで、フォームがもっとも効率的に見えたのが、尾崎選手でした。藤永選手もきれいなフォームでしたが、尾崎選手のほうが、無駄がな......続きを読む»

ベルリン世界陸上男子マラソン

 やはり、男子マラソンの優勝タイムは2時間6分台でしたね。アベル・キヌイの2時間6分54秒は大会新記録だそうです。3分ペースで走りきらないと金メダルは手に入れない時代になっているということでしょう。  それはそうと、日本人選手も頑張りました。佐藤敦之選手の6位入賞は称えられていい結果です。特に40kmをすぎてから2人の選手を交わした粘り強さは、佐藤選手の真骨頂というべきでしょう。久しぶりに......続きを読む»

明日、10月号の発売です

 明日は10月号の発売日です。内容を簡単に説明しておきます。  巻頭特集は「スタミナアップも、スピードアップもできる ビルドアップでステップアップ」。余裕のあるペースで走り始め、徐々にペースを上げていく走り方がビルドアップ走です。ビルドアップ走はペースの設定の仕方によって、スピード強化にも、スタミナ強化にも、スピード持久力強化にもなります。その万能のビルドアップ走を走り方を徹底的に解説......続きを読む»

板吉、ナイアガラへ

 10月25日に開催されるナイアガラフォールズ国際マラソンへ、本誌の人気漫画、『板吉走遊記』の板吉さんが参加することになりました(パチパチ)。11月発売号では、『板吉走遊記 特別編』をカラーでお送りします。板吉さんは、ほうぼうの大会に参加しているので、見かけた方も多いのではないでしょうか。富士登山競走や奥武蔵ウルトラマラソンも走っていました。  漫画では、妙なキャラクターに描かれていま......続きを読む»

新しいアルバイト

 今日から編集部に新しいアルバイトが入りました。彼の名は、朝倉教充。そう、『世界一周マラソンの旅』をしていたアサクラ・ノリミツです。3月に日本に戻ってきてから、リハビリ期間をおき、さくらんぼの収穫などのアルバイトをしていましたが、編集部でアルバイトをすることになりました。これまでの経験を生かしてほしいと思っています。  お昼には、本誌の創刊から5年間ほど、編集を手伝ってくれていたJさんが、子供......続きを読む»

NAHAマラソンご招待の続報

 何日か前に、ニューバランス ジャパンが実施するNAHAマラソン招待キャンペーンについて書き、その中で「?」と思ったことに触れましたが、今日、ニューバランスに打ち合わせに行き、その疑問が氷解しました。要するに、1人で沖縄旅行をするよりも、気の合った人と行ったほうが楽しいのではないかということだそうです。家族でも、仲のいい友達でもいいので誘って、誘った人は走らなくてもいいので、楽しい時間をすごしてほし......続きを読む»

ベケレ、10000m大会4連覇

 目覚まし時計をかけていたのですが、世界陸上男子1万mが始まる時間に起きられず、結局、陸上競技マガジンの編集部が録画していたDVDで、男子1万mを観戦しました。それにしてもケネニサ・ベケレは強い。大会4連覇で、皇帝と呼ばれたハイレ・ゲブレセラシエに並びました。ご存知のようにハイレは、そのあと、マラソンで世界記録を次々に塗り替えています。ベケレがマラソンに転向するかどうかはわかりませんが、エチオピ......続きを読む»

ボルト、世界新

 すごい記録が出ました。昨晩(今朝?)、目覚ましで目を覚まして、ぼーっとしながらテレビを眺めていたのですが、「9秒58」という数字に、目がさえてしまいました。圧勝したことはわかりましたし、スピードもある程度出ていることはわかりました。しかし、9秒58がでているとは思っていませんでした。理由は、あまりにもボルトが力感なく、走っていたからです。この「力感なく」というのが、重要なことのように思っていま......続きを読む»

クラブ交流イベントに思う

 昨日のブログにも書きましたが、クラブ交流イベントがあったので、代々木公園の織田フィールドに行ってきました。写真は、すべてのレースが終わったあとに撮影したものです。リスタート、ハリアーズ、トップギア、ニッポンランナーズ、e-アスリート、セカンドウィンドACの6つのクラブの会員が参加して、5000mのタイムトライアルを行い、最後はマイルリレー(4×400mリレー)で締めくくりました。  ......続きを読む»

世界陸上開幕

 世界陸上が開幕しました。本誌でもお伝えしましたが、今回の舞台はベルリン。マラソンのコースは、一部、ベルリンマラソンのコースと重複していますから、なんとなくコースの雰囲気はわかります。陸上好きには眠れない夜が続くことになります。  まずは、今夜。女子1万mの決勝があります。おそらく、テレビでは「まもなく、決勝です」を繰り返すと思いますが、実際にスタートするのは、日本時間26時25分です。眠い目......続きを読む»

菅平トレイルレース事前試走会

菅平スカイライントレイルランレース 事前試走会&トレイルランクリニック開催のお知らせ 9月5・6日(土・日)実施  第2回大会の今年は、レース前のプレイベントとして9月5・6の両日(土・日)に、トレイルランクリニックと新レースコースの試走会を行います。また、菅平ラウンドコースの主要ルートにて25kmのタイムトライアルも実施いたします。  参加ご希望の方は、先着順となりますのでお早めにお申......続きを読む»

菅平トレイルレース事前試走会開催

 菅平スカイライントレイルランレースの事前試走会が開催されます。このレースの前半部分は、菅平牧場、ダボス牧場という私有地を走ります。そのため、レースの日にしか走れない箇所があります。この試走会では、レースでしか走れない部分の試走も行えます。  レースで記録を狙っている方、トレーニングの一環としてコースを走ってみたい方は、この機会にぜひご参加ください。大会へ参加する方を対象としていますが、大会に......続きを読む»

マラソン難民

 本日、某週刊誌の取材を受けました。テーマは「マラソン難民」。マラソンを走りたくても走れない人たちを「難民」と表現しているようです。そんなに大げさなものでもなく、申し込み日に申し込めば、ほとんどのマラソン大会は走れます。本当の難民は、きっとこういう形容を快く思わないのではないかと、心配になります。  週刊誌ですから、スピードが早く、明日にはゲラをチェックさせていただけるようです。どこの週刊誌か......続きを読む»

久しぶりの徹夜

 本日で8月発売号の校正がほぼ終わりました。明日、少しだけ確認するものがあるだけです。昨晩は、朝まで印刷所に戻さなければならないゲラ読んでいて、朝になってしまいました。最近、朝まで会社にいることは少なくなったので、久しぶりの徹夜作業です。  しかし、よく考えてみると、少しだけ早く作業をしておけば、もっとスムーズにできたのではないかというものがいくつかありました。AよりBの作業を先にやったほうが......続きを読む»

ホノルルマラソンツアーは実施しません

 毎年実施していた本誌のJALホノルルマラソンツアーですが、今年は実施しないことになりました。理由はいろいろあるのです、飛行機の席がとれないとか、取材とツアーのアテンドで忙しいとか…。  中でも一番大きな理由は、旅行代金の高騰です。本誌が創刊された7年前は、確か、水曜日出発で7万9800円というホノルルマラソンツアーがありました。もちろん、目玉商品なのですが、現在は、この倍の値段を出し......続きを読む»

地震

 今晩8時前の地震はどこにいましたか? 私は編集部で仕事をしていたのですが、編集部の入っているビルは、免震構造になっているのか、どうなのかわかりませんが、非常によく揺れます。編集部は7階建ての7階に入っていて、両側にビルがあるので、倒れることはないだろうと思うのですが、震度4ともなるとかなり緊張します。  地震にはS波とP波がありますが、、今日は、大きな揺れであるS波の前に、カタカタというP波......続きを読む»

菅平トレイルの参加賞

 菅平スカイライントレイルランレースの参加賞がお知らせできることになりました。ご覧のサンバイザーです。オリジナルサンバイザーで、サングラスをかけることを前提にしていますから、耳のところがカーブしています。  私も最近はサンバイザーばかり使っています。普通のキャップは頭に熱がこもるような気がします。そういえば、トレイルランナーは、鏑木毅さんも石川弘樹さんもサンバイザーの愛用者です。本人た......続きを読む»

大阪マラソン

 大阪府が8月5日、2011年開催を目指して、市民が参加するマラソン大会の準備委員会を立ち上げる方針を固めたというニュースがちょっと前にありました。  新聞報道などによると、大会は2011年10~12月の開催を目指し、大阪城や通天閣など大阪の名所を巡るコースを検討していて、大阪国際女子マラソンと同日に行われているハーフマラソンとは別に開催する方針だそうです。  東京一極集中が続く中、大阪......続きを読む»

【朝のジョギングは脳のウォーミングアップ】 

 入稿作業が真っ最中で、冷房のきいている編集部にいることが多いため、食事などで外に出ると、蒸し暑さになかなか体が順応してくれません。それにしても、今日の蒸し暑さは尋常ではありませんでした。こういうときに走ると、体の中に熱がこもって、熱中症になりやすいのではないかと思われます。走っている人は注意してください。  私の自転車通勤は続いています。この暑さですから、躊躇することもあります。最近は、汗を......続きを読む»

水を持たずに走れるトレイルレース

 午後に菅平スカイライントレイルの打ち合わせがあり、いくつか新しいことが決まりました。大きなことは、給水所を1つ増やし、15kmはハイドレーションパックやボトルを持たなくても、走れるようになったことです。不安な人はもっていただいても結構なのですが、15kmの間に4ヵ所の給水所ができることになりますから、スタート前や給水所で十分に補給できれば、自分で水を持つ必要はありません。40kmのコースは6ヵ所で......続きを読む»

東京マラソン定員に

 東京マラソンの事務局から募集開始2日目で定員に達したと発表がありました。というわけで、今年も抽選になります。それにしてもすごい勢いです。発表の内容は以下の通りです。  今回は最終的にどこまで申込者が増えるのでしょうか。定員の10倍にはなるかもしれません。異常ともいえる状況ですが、湘南もつくばも走れないのですから、仕方なく東京に申し込む人もいるのではないでしょうか。  この状況を打開する......続きを読む»

フォーモーションタイツ

 夕方、都内でアディダスのアディゼロ・エイジとフォーモーションタイツのプレス体験会があり、行ってきました。アディゼロ・エイジは、すでに何度かこのブログで書いたり、6月22日発売号では、開発者のインタビューを掲載したりしていますから、ご存知の方も多いと思います。最近、会うランナーのなかで、「編集長のブログを読んでいて、アディゼロ・エイジがすごく気になるのですが…」という人が増えてきました。いよ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:31
  • 累計のページビュー:2516846

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. オトナの体力測定
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. 中国電力のマラソントレーニング
  8. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  9. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss