日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2009年03月

後悔すること

 さきほどまでNHKテレビで『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見ていたら、脳科学者の茂木健一郎さんが、「後悔することはいいことだ」というようなことを話していました。どういうことかといえば、次のようなことだというのです。  「後悔しているときは、現実に自分がとった行動と、こうすればうまくいったのにという想像との比較が同時に行われているんです。自分の選択に反映される価値観や世界観を反省し、考え方......続きを読む»

筋肉の左右差

 ランニング学会には、専門的なメーカーがブースを出しています。その中にPhysion という会社がありました。販売しているのは、簡単にいえば体組成を計測できる機械です。2分くらいで計測できるというので私も計っていただきました。  その結果、基礎代謝量は1364キロカロリー/日。体脂肪は5.3kgで9.5%、筋肉は22.9kgで40.9%、骨が9.9kgで17.7%、水分は37.1kgで66.3......続きを読む»

疲労物質でない乳酸

ランニング学会の2日目、東京大学の八田秀雄先生による「疲労物質でない乳酸からみたランニング」という発表がありました。乳酸は疲労物質ではないという考え方は、ランナーの間ではかなり知れれるようになってきていますが、一般的にはまだまだ「乳酸=疲労物質」と思われています。スポーツの実況やCMなどで、乳酸という言葉が出てくるときには、必ず、疲労をイメージさせています。消炎鎮痛剤などのCMで「乳酸」という言葉......続きを読む»

ランニングフォームの最新型

 ランニング学会で大阪に来ています。高橋尚子さんの母校、大阪学院大学は瀟洒な建物が並ぶ、とてもきれいな大学です。ランニング学会が開催されている2号館は、国際会議ができるくらいの設備が揃っています。  久しぶりにアカデミックな雰囲気に触れ、脳みそに刺激を入れています。マラソントレーニングと同様に、たまには刺激を入れないと脳みそも発達してくれません。筋肉も脳みそも同じようなものなのかもしれません。......続きを読む»

ランニング学会

 明日から大阪の大阪学院大学で開催されるランニング学会大会に行ってきます。大阪学院大学は、高橋尚子さんの母校で、今回の学会大会の大会会長を務めるのが、学生時代の高橋尚子さんを指導していた山内武先生です。  プログラムはこちらに掲載されています。ランニング学会大会には、非学会員も参加できます。興味のある方は、ぜひご参加ください。アカデミックな雰囲気に触れることで、ランニングへの興味が増すだけではあり......続きを読む»

東京マラソンEXPOにて

 東京マラソンEXPOで約20年ぶりに再会した人がいました。同期で入社して、彼女は2年半くらいで退社したのですが、それ以来、まったく会っていませんでした。本社のブースの前で、「樋口君?」と声をかけられたのですが、まったくわかりませんでした。「私よ、○○よ」と言われて、記憶の糸をたどって思い出しました。電車で目の前に座っていても気が付かないと思います。彼女も最近走り始めたそうで、東京マラソンは4時間台......続きを読む»

マカオ・ランニングクラブ

 夜、マカオ・ランニングクラブの練習会に参加し、そのあと、食事をしながら情報交換をしました。マカオ・ランニングクラブは、マカオ観光局が主宰しているクラブで、旅行関係者やマスコミ関係者で構成されています。  このクラブの目的は、本誌でも3月号で紹介したマカオマラソンへの日本人参加者を増やすことです。担当者の人柄なのか、非常に和やかな雰囲気。練習会に出続けていると、今年の12月はマカオマラソンに行......続きを読む»

週刊プロ野球セ・パ誕生60年

 WBCでサムライJAPANが2連覇を達成。仕事が手に付きませんでした。日本人はどうしてこうも野球が好きなのか、よくわからないのですが、こういう状況になると、不思議に興奮してしまいます。  野球といえば、写真は、弊社から本日発売された『週刊プロ野球 セ・パ誕生60年』という分冊百科の創刊号です。多くのメディアに取り上げられていたり、広告も出していますから、すでにご存知の方も多いかもしれ......続きを読む»

アディゼロジャパン

 東京マラソンは、話題のアディゼロジャパンで走ると書きました。いろいろな人に「アディゼロジャパンは、どうでした?」と聞かれるので、1人1人に返事を書くのは面倒なので、ここで印象を書かせていただきます。分からない言葉があれば、今月号で調べてください。  マイクロフィットを採用しているので、ホールド感は全く問題ありませんでした。その上に、ランデザインのカスタムインソールを使ったので、パーフェクトフ......続きを読む»

東京マラソン2009終了

 東京マラソンが終わりました。大きな仕事をやり終えたあとの充実感というよりも、虚脱感のほうが強いように思います。3日間の東京マラソンEXPOで予想以上に力を使ったので、今日は燃えカスのような状態だったのではないかと思います。  アミノバリュー(大塚製薬)の協力で実施していた東京マラソンチャレンジも無事終了しました。3時間15分を目指したまなかさんは、3時間23分(グロス)で、目標達成ならず。4......続きを読む»

東京マラソン2009

 明日はいよいよ東京マラソンです。東京マラソンEXPOではとても多くの読者のみなさんにお会いできて、とても楽しかったです。性格的に落ち着きがないので、ゆっくりお話できなくて申し訳わけありませんでした。一方、おかげさまで「クリールIDシール」は大好評で、本日は約800人に作っていただきました。3日間の合計は約1800人。名前と連絡先が書いてあるものを持って走ることがランナーの常識になっていってほしいと......続きを読む»

クリール5月号は明日発売です

 ランニングマガジン・クリール5月号は明日(3月21日)発売です。内容をかいつまんで説明しましょう。  巻頭特集は「東京マラソンを観て走ろうと思った方へ  ゼロから始めるマラソン年間計画 」です。東京マラソンを見て、「私もマラソンを走れるかも」「私もマラソンを走りたい」と思った方はとても多くなるのではないかと予想しました。そのような人たちに、今年の秋までにどんなことをすれば、マラソンを......続きを読む»

ロサンゼルスマラソンツアー 3泊5日 12万9,000円(燃油代込み)

 本誌のロサンゼルスマラソンツアーの料金が決定しました。例年、3月の上旬に開催されていましたが、今年は5月25日が開催日になりました。日程は5月23日から27日の3泊5日で、料金は12万9000円です。驚くかもしれませんが、燃油サーチャージ込みです。  私は飛行機は違う便になりそうですが、例年通り、現地では行動をともにする予定です。  旅行会社からの日程は以下のようになっています。現在、私が......続きを読む»

クリールIDシールは大好評!

 東京マラソンEXPOがスタートしました。今日は午後からの東京ビッグサイトへ。昨日、紹介した本誌の読者サービスですが、かなり好評で、本日は約300人の方に「クリールIDシール」をプレゼントすることができました。クリアファイルは、午後の早い時間で本日の配布分が終了してしまい、あとから来れた方にはお渡しすることができませんでした。明日はまた、配布します。  「クリールIDシール」は、多くの方から「......続きを読む»

東京マラソンEXPOでのサービス

 東京マラソンEXPOでの読者サービスが決定しました。名づけて「クリールIDシール」です。私は、ジョギングに行くときに、私であることを証明できるものを身につけていないことが多いのです。持っているのは、家の鍵と腕時計、そしてたまにiPod nanoくらいで、ウエアやシューズに名前を書くことはありませんし、携帯電話も携帯しません。  何を言いたいかといえば、もし、どこかで倒れたり、自動車事......続きを読む»

東京マラソンEXPO

 東京マラソンEXPOでの読者サービス(プレゼント)の準備が滞っています。あさって開幕するので、それまでにはなんとか準備を終わらせたいと思っています。何をプレゼントするかは、まだ公にできません。2月発売号にも書きましたが、ランナーにとってはとても大切なものです。明日、準備が整ったらここで発表します。準備が整わない場合は…うまくいかなかったと思ってください。  今日は、さいたま市の別所沼......続きを読む»

荒川市民マラソン

 昨日は、荒川市民マラソンへ。天候に恵まれて、とても走りやすかったようです。ここ2年ほど、この大会は強風に見舞われていましたが、今年は多少の風はありましたが、おだやかでした。  暖かい春の日差しの中、充実した表情でゴールしてくる人たちを見ていたら、走りたくなってしまい、帰宅後、代々木公園に走りに出かけました。代々木公園もなんとなく春っぽい雰囲気がありました。  最近、走り方(フォーム)を......続きを読む»

自転車

 プライベートなことなのですが、長男がこの春から高校で、自転車通学をすることになり、今日、新しい自転車を購入。先週も自転車屋さんに見に行ったのですが、ほしい自転車がなくて、取り寄せました。  すごく高価なものを購入したわけではなく、クロスバイクといわれるものの中ではもってもリーズナブルなものなのですが、いままでの子供用ものとは全く異なり、とても気持ちよくペダルを踏むことができます。摩擦を感じな......続きを読む»

睡眠サブスリー

 以前、友人が「睡眠サブスリー」という言葉を使っていました。とても忙しくて、毎日の睡眠時間が3時間以下という意味です。ランナーにしかわからない微妙な言い回しですが、今週は私も睡眠サブスリーでした。  ひと山越えて、またひと山ということは、数日前に書きましたが、越えたと思った山が、実は越えていなくて、本当のピークはその先にあったというような状況に陥りました(いわゆる偽ピークというものです)。休息......続きを読む»

走れない週末

 東京マラソンまであと2週間、本来ならこのあたりで、20kmくらいの最後の距離走をしておきたいのですが、とても走っている時間がありませんでした。しかし、先週のマルタマラソンでなんとセカンドベストの3時間20分で走れましたし、東京マラソンは、伴走(ガードランナー?)ですから、それほどあわてているわけではありません。  今回の東京マラソンは、初めてマラソンを走る人がとても多いのではないかと思います......続きを読む»

ひと山越えても、またひと山

 3月の編集作業が佳境に入っています。今日、ひと山越えたのですが、次の大きな山が目前に迫っています。次の山のために、手前の山では力を抜く、などと考えていると、手前の山すら越えることができずに力尽きてしまいます。このあたりは、マラソンにはたとえられないでしょう。  編集者の仕事は、タイムレースです。締め切りまでにどれだけいい仕事ができるのかが勝負になります。時間がないことを理由に手を抜くというこ......続きを読む»

マルタマラソン その5

 ブログを更新する余裕がないくらい忙しいのですが、昨日、ヴァレッタの街並みを紹介すると約束してしまったので、写真だけアップします。あの要塞のような岩の半島の中は、こんな平和な時間が流れています。守られている空間の安心感があります。 ...続きを読む»

マルタマラソン その4

 写真はマルタ共和国の中心であるヴァレッタの街を南側(対岸)からみたものです。要塞のように見えますが、まさに要塞です。海を臨むところにはそこかしこに砲台が作られていて、大砲もいくつか並んでいます。この街の中がどうかっているかは、また、明日、紹介します。  マルタに駐留していて、オスマントルコの大群を退けたヨハネ騎士団は、今でいえば多国籍軍だったそうです。イングランドやドイツ、イタリアな......続きを読む»

マルタマラソン その3

 今朝、日本に戻ってきました。どうして、こんなに短い日程にしてしまったのか、帰りの飛行機の中で深く、強く悔やんでいました。食事はおいしいし、人々は明るいし、文化的な遺産もたくさんあるし、自然も美しい。その上、マラソンも走れるのです。滞在時間30時間というのは、あまりにも短すぎました。すごく満足していますし、マルタに行って走れたということは、とてもいい経験になりました。しかし…。もう一度行きた......続きを読む»

マルタマラソン その2

 現在、マルタは午前5時、これから空港に向います。  写真は、スタート地点のイムディーナの街並みです。もちろん、世界遺産。ヴァレッタが首都になる前にマルタの中心として栄えたところです。スタート直後、イムディーナの街の中を1kmほど進みます。  そのあとのコースのことは、また時間があるときに紹介していこうと思います。(紹介できないかもしれませんが…)。  今回は滞在期間が短く......続きを読む»

マルタマラソン その1

 完走パーティでお酒をいただいたので、あまり長い文章は書けませんが、マルタマラソンはとても素晴らしいマラソンです。私の経験した海外マラソンのなかでもかなりポイントが高い。理由の1つは、マルタという国の魅力なのですが、そこらじゅうに、世界遺産があり、その中を走れるのです。写真はマルタマラソンのゴール手前の風景です。ゴール手前の沿道には、多くの人たちが出迎えてくれていました。  マルタはE......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:2512249

(01月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss