日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2008年11月

東レ上海マラソン その3

 東レ上海マラソンが終わりました。写真はスタート地点。7時半にフルとハーフが同時スタートします。市内の中心地を巡り、南西に向かって走ります。今回の挑戦者は、9月号と10月号の表紙モデルをつとめてくれた池上綾奈さん。残念ながら36km地点でリタイアとなってしまいましたが、巨大都市・上海の今の姿を走りながら感じることができたようです。  実は、レースの4週間前に、ちょっとハードな練習を私の......続きを読む»

東レ上海マラソン その2

 上海2日目、朝6時半に目がさめたので、上海市内を8kmほど走ってみました。2週間前の湘南国際マラソンから1週間たったとき、大腿四頭筋が痛くて、2kmで走るのをやめたということを以前、ここで書きましたが、それ以降、一歩も走っていませんでした。ですから、脚は大丈夫か確認したのですが、まったく問題はありませんでした。  午前中にスタート地点とゴール地点、そしてEXPOを取材して、そのあと、......続きを読む»

上海マラソン その1

 上海に来ています。11時すぎに成田を飛び立ち、1時間の時差がありますが、午後1時すぎに上海に到着。まず驚いたのは空港の大きさです。いわゆるハブ空港です。詳しい数値はわかりませんが、日本のどの空港よりも大きいという印象でした。  夕方からは選手交歓会へ。写真はテレビ塔としては世界第3位、アジアでは第1位の高さを誇る、468mのテレビ塔、東方明珠塔と、今回、上海マラソンで初マラソンに挑戦......続きを読む»

マカオマラソンとバンコクマラソン

 明日から、東レ上海マラソンの取材のために上海です。ここのところ、仕事が進まず、上海にも仕事をもっていくことになります。もっと計画的に進めればいいものをと、いつもこういう状態になってから悔やんでいます。なかなか反省が生かされません。たぶん、こういう人はマラソンは速くなりません。  午前中にマカオマラソンの打ち合わせ。マカオマラソンは、NAHAマラソンと同じ12月の第1週に開催されます。ポルトガ......続きを読む»

表紙撮影

 今日は、午前中に次々号の表紙撮影。いきあたりばったりの取材をしている本誌にしては、あまりにも準備がよすぎるのですが、こういうことをきちっとできるのは、スタッフのみみぞうです。1月発売号の表紙撮影は、例年、12月の下旬に行っていたのですが、今年はこの時期のスケジュールが非常にタイトになりそうなので、約1カ月早い撮影です。  モデルの松井絵里奈さんは、陸上部ではなかったのですが、非常にバラン......続きを読む»

+R25(ボーナスアールニジュウゴ)

 すでに目にした方もいるかと思いますが、本日(25日)配布されたフリーマガジンの『+R25(ボーナスアールニジュウゴ)』(通常のR25ではなく、特別版です)に私がコメントした記事が載っています。明日の朝にはもうなくなっているでしょうね。もう1日早くお伝えすればよかったと反省しています。  今日は午後から「スピードの出るフォームを身につける」の取材でした。日本女子体育大学の佐伯徹郎先生からお話を......続きを読む»

筋損傷

 湘南国際マラソンから全く走っていなかったのですが、今日、久しぶりに走りに出かけました。しかし、2kmで断念せざるをえませんでした。筋肉痛を通り越して、筋損傷というような状態になっているようです。10kmくらいは走れるだろうと、代々木公園に向かって走り始めたのですが、2kmほどで、大腿四頭筋の内側に痛みを感じたので、走るのをやめて、歩いて帰ってきました。こんなことは初めてです。歳をとって回復に時間が......続きを読む»

1月号の記事の中で…

 編集長ですから、本誌の企画は、すべて読者にとって役に立つもの、興味のあるものにしたいという思いを常に持っています。しかし、準備不足や私の力不足などによって、中途半端なものになってしまうものも出てきます。時間をかけたからいいものができるというわけでもなく、ひらめきや思い付きでやった企画がとてもいいものになったりすることもあります。「思いがけず、いい特集になった」というものと「こんなに時間をかけたのに......続きを読む»

本日、クリール発売です

 本日、本誌が発売です。すでに手にとった方も多いとは思いますが、内容を簡単に紹介しましょう。  まずは、毎年恒例の別冊付録「クリール特製トレーニングダイアリー」。家計簿として使っているという人もいるようですが、自身のランニングの記録をしっかり記入していってください。  巻頭特集は「初めてマラソンに臨むビギナーランナー必見! レース前 1週間の過ごし方」。トレーニング、体調管理、カーボ......続きを読む»

カゼヲキル 〈3〉疾走

 読もう、読もうと思っていて、読んでいたなかった増田明美さんのマラソン小説三部作の完結編「カゼトキル〈3〉疾走」を読み終えました。1巻、2巻ともに素晴らしいできで、最後はどうまとめるのだろうと思っていました。ストーリーは予定調和的な部分が多いのですが、私がいつも感心するのは、そのディテールの細かさと、現実のモデルの描き方です。  解説者として登場する牧田明子さんは、明らかに増田明美さん本人......続きを読む»

定期健康診断

 昨日は定期健康診断がありました。昨年は、うっかりしていて受けるのを忘れていたので、2年ぶりとなります。そのときも、マラソンシーズンで走り込んでいたのか、レースの直後だったか忘れましたが、血液検査の数値でかなり異常な数字が出たことを記憶しています。  今回も2日前にフルマラソンを走り、しかもかなり筋肉にダメージを受けているので、CPK(クレアチン・フォルフォ・キナーゼ)などの値は、異常な数値に......続きを読む»

高橋尚子さんインタビュー

 昨日は、夕方から高橋尚子さんのインタビュー。今日のワイドショーで、『ナルニア国物語』のDVD発売記念イベントに出席したことが報じられたようですが、本誌のインタビューはそのあとに行われました。  このブログでも募集した「QちゃんへのQ」は、60以上集まり、その中から編集部で選んだ約20の質問に答えていただきました。質問の内容は、高橋さんの過去と未来、そして、自分のトレーニングへのアドバイスと、......続きを読む»

ニュートラルとプロネーション

 昨日の湘南国際マラソンのゴール地点ですごい人がいたのでつい声をかけてしまいました。すごいというのは、その人の右足には、ミズノウエーブクリエーション(JAPANモデル)。真っ赤な非常に目立つインフィニティウエーブ搭載モデルです。そして、左足にはアディダスのアディゼロテンポ。フォーモーションユニット搭載モデルです。  どうしてそんなことをしているのか、専門誌の編集者としては聞いておかなければなり......続きを読む»

撃沈

 タイトルからすぐにわかったと思いますが、湘南国際マラソンは撃沈してしまいました。経過を簡単にお伝えしましょう。  5kmの距離表示を見つけられず、10km地点の通過タイムは42分33秒。サブスリーはキロ4分15秒ペースですから、3秒オーバー。タイム的にはまずまずですが、すでに、この段階で「このペースでどこまでいけるのか」と不安を感じていました。次の5kmは21分20秒、5秒オーバーです。15......続きを読む»

湘南国際マラソンへ

 明日が湘南国際マラソン。記録を狙って走ろうと考えていると2日前に書いたら、周囲の人たちがその気になっていて、引くに引けなくなってしまっています。今日は、ジョギングと1kmの刺激走をしようと思っていたのですが、疲れていたのか、朝、起きられませんでした。午前と午後に家庭の用事があったので、まったく走っていません。  明日はとりあえず4分30秒ペースでいくのか、4分15秒ペース(サブスリーペース)......続きを読む»

東京国際女子マラソン

 最後の東京国際女子マラソンが、日曜日に開催されます。昨日のブログに書いたように、私は湘南国際マラソンを走りますので、東京国際女子マラソンを見ることはできません。出場される方は、最後の大会を存分に楽しんでください。  なくなるとなれば、やはり寂しいものです。「すでに役目は終えた」「時代の流れ」「グローバルスタンダードから外れている」という意見もあります。それはそのとおりだと思います。しかし、何......続きを読む»

湘南国際マラソン

 今週末は湘南国際マラソンです。今回で3回目。1回目は10kmの伴走。今年の春の2回目は30kmを写真を撮りながら走りました。そして今回はフルを、今日になって急にですが、記録を目指して走ろうと考え始めています。  湘南国際マラソンをどのようにレポートするのがいいのか。ずっと考えていたのですが、普通のランナーと同じように自己ベストを目指して走るというのが、もっともシンプルでいいのではないかと、ふ......続きを読む»

【急告】Qちゃんへの質問募集!

高橋尚子選手への質問を募集します  現役引退を表明したQちゃんこと、高橋尚子さんが、本誌のインタビューを受けていただけることになりました。つきましては、読者のみなさんから高橋尚子さんへの質問を募集し、その質問に高橋尚子さん本人に答えていただくという企画を考えました。  下記の項目を明記して、11月14日18:00までに編集部のアドレスにお送りください。楽しく、ためになる質問をお待ちしてい......続きを読む»

ガルーダ・バリマラソン 3

 ガルーダ・バリマラソンが終わりました。昨日に比べると気温はかなり高めで、日中は30度を越えていました。とはいえ、スタートが6時で、8時には走り終えていました。  第1回大会ということで、様々な場面で完成していない感がありました。ランナーのことを思ったら、これはないだろうということがたくさんありましたが、それは仕方がないことです。  バリマラソンのことについては、日を改めて書こう......続きを読む»

ガルーダ・バリマラソン 3

 夕方からナンバーカードのピックアップのためにスタート地点に。ピックアップの会場が変更になっていて、しばし待たされることになりましたが、これも第1回大会だからでしょう。  そのあと、パスタパーティがあると聞いていたのですが、パスタパーティではなく、ウエルカムパーティ。パスタが出てくるのだと思って待っていましたが、出てきませんでした。  そのあと、中華料理店で食事をして、戻ってきま......続きを読む»

ガルーダ・バリマラソン 2

 バリの宿泊しているホテルは、Jブティックホテルでクタバリのはずれにあり、ビーチまでは歩いて10分ほどです。今朝は7時から1時間ジョギング。まず、もっとも近いビーチに出て砂浜を走ろうとしたのですが、走りにくい。ホテルまで戻って、クタバリの中心地に向けて歩道を走りました。  バリの歩道は細い上に段差があったり、路面がデコボコだったりして、走りにくい。犬は基本的に放し飼いのようです。吼えたり、追い......続きを読む»

ガルーダ・バリマラソン

 インドネシアのバリ島に来てます。日曜日に開催されるmガルーダ・バリマラソンの取材です。ここに来るために昨日は徹夜。そのため、成田までのバスと、バリまでの飛行機の中は爆睡していました。  空港についたときには、蒸し暑さを感じたのですが、到着したあと、シーサイドのレストランで食事をしているときには、気持ちのいい風が吹いていました。日中は30℃くらいになるそうですから、ハーフマラソンは暑さ......続きを読む»

東京マラソンの抽選終了

 本日、東京マラソンの抽選が行われ、明日から順次、応募者に当落の連絡がいきます。26万人も応募していますから、倍率は7.5倍。30人で4人しか当選ませんから、かなりの狭き門です。明日からはあちらこちらで、当落の情報が飛び交うことになりそうです。  もちろん、私も申し込んでいます。今回はフルマラソンを走ったことがない人が多く応募しているようです。そういう人たちにこそ、東京マラソンを走ってもらいた......続きを読む»

イヤホンの補強

 いきなり何の写真なのかとお思いでしょうが、iPodのイヤホンが壊れてしまって補強してみました。意外にもかなり丈夫になって、まだまだ使えそうです。材料は輪ゴム1つ。白い色の輪ゴムを使ったほうがきれいなのですが、見つけられなかったので、この色で我慢しています。以前、使っていたイヤホンもこの部分が壊れてしまったので、そのまま捨ててしまいました。  よく、ゴミを減らす標語に、リユース、リデュ......続きを読む»

また一人

 昨日のLAマラソン親善ランで、池上綾奈さんが走ったことは書きましたが、2.5km×3人の駅伝には、池上さんのマネージャーさんが参加してくださいました。運動経験はまったくなく、最近は歩く以外、ほとんど体を動かしていなかったそうです。それでも、ウォーミングアップで、2kmの周回コースを1周して、そのあと、駅伝で2.5kmを走りました。ウォーミングアップでは自分で履いてきたスニーカーで走ったのですが、駅......続きを読む»

LAマラソン親善ラン

 LAマラソン親善ランが行われた駒沢公園へ。上海マラソンを走る池上綾奈さんの練習の一環として、10kmのレースと、駅伝、そしてレースが終わったあとに17kmほどを走りました。  この秋から走り始めた池上さんは、2週間前のタートルマラソン(ハーフ)を2時間10分くらいで走っています。レースの1カ月前なので、30km走をやろうと思っていたのですが、私がこの大会の仕事がありましたので、大会に......続きを読む»

BPM

 プライベートな用事があり、本日は休み。月が変わる頃になると入稿作業が忙しくなるので、休みがとれなくなるのですが、ちょっとのんびりさせてもらいました。明日は、駒沢公園で開催されるLAマラソン親善ランの取材です。そのあと、上海マラソンに向けての練習もしようと考えています。  先日、知り合いのランニングコーチからBPMの話をうかがいました。BPMというのは、1分間の拍数の音楽のことで、たぶん、ビー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:2512315

(01月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss