日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2008年10月

エスポートミズノ

 11月30日に行われる東レ上海マラソンに取材に行くことは、すでにここで書いたと思うのですが(書いてないかもしれません…)、一緒に行く本誌9月号と10月号の表紙モデルを務めてくれた池上綾奈さんとエスポートミズノへ。上海マラソンのスポンサーがミズノで、せっかくレポートするならミズノのウエアを着たほうがいいだろうと、「提供していただけませんか」と担当者に相談したところ、すぐに対応してくれたのです......続きを読む»

新しいランナー

 最近、一般誌がランニングを取り上げることが多くなり、私も「専門家」としてコメントを求められることが多くなりました。先日もある雑誌の取材を受け、ランニングのよさを一通りしゃべりました。そのとき、編集者とライターが来られたのですが、ライターの方はなんとなく走りそうな雰囲気を醸していたのですが、編集者の方は、「そうはいっても私は走りませんよ」という感じでした。  ところが、翌日、やり取りをしていた......続きを読む»

なぜみんな躊躇するのか?

 昨日、本誌の実績会議が行われました。6月期までの売り上げが確定したので、実績を踏まえて、その分析と今後の展開を論議する会議です。おかげさまで出版不況といわれる中、本誌の売り上げは確実に伸びていますので、会議そのものは、和やかに進行しました。  それはまあいいのですが、どういう話の流れなのか忘れてしまいましたが、上司の人たちが、マラソンを走ることに対して躊躇しているというか、恐れを感じていると......続きを読む»

高橋尚子選手の引退について

 高橋尚子選手が引退を表明しました。2000年シドニーオリンピックでの金メダル、その後のベルリンマラソンでの世界最高記録の更新など、マラソン界に多大な貢献をしてきた選手の引退は残念です。しかし、一方、彼女のこれからを思うと、マラソン界にとってマイナスではなく、プラスに作用するのではないかと、楽天的な見方をしています。  会見の中で、「50になっても、60になっても走っていたい」と述べていました......続きを読む»

手帳がない!

 先週の後半に手帳をなくして、スケジュールがわからなくて困っていました。大雑把な予定は、会社のカレンダーに書いてあるのですが、細かいものが抜けているのです。手帳がないというのは、知らないところに行くときに地図がないのに似た不安感があります。  本日、夜になってようやく見つかり、確認すると、忘れていた予定がいくつかありました。こうやってみると、改めて時間に縛られた生活をしていることを実感します。......続きを読む»

医師不足を解消するために

 救急患者のたらいまわしが問題になり、医師不足がクローズアップされています。医学部の定員を増やしたりして、医師不足を解消しようという試みもされています。それはそれでいいことだとは思うのですが、逆の発想があってもいいのではないかと思っています。  医師の数が足りないということは、患者の数が多いということ。であるならば、患者の数を減らしていまえばいいのです。先日、ある走る内科医と話をしていたのです......続きを読む»

久しぶりの休日

 久しぶりの休日だったので、朝、代々木公園にジョギングに。先月号で訪問したバンバンクラブのシブジャガさんにお会いしたので、しばらく世間話をしました。記事の反響で、多少は伴走希望者が増えているようですが、まだまだ足りないようです。私も経験しましたが、伴走は非常に難しいというものではありません。いつも自分のために走っているのですから、たまには人のためになる走りをするのもいいのではないでしょうか。バンバン......続きを読む»

インソール

 2週間前の日本山岳耐久レースでは、いつも履いているシューズにインソールを入れて走ってみました。トレイルレースでは、特に下り坂ではシューズの中で足が動いて、爪が痛くなってしまうので、その対策にならないかと考えたのです。  結果は想像していた通りで、市販のインソールですが、土踏まずの部分が盛り上がっていて、シューズの中で足が動くことがありませんでした。下り坂では、かなり前に加重した走り方をしたの......続きを読む»

FUN☆COME

 昨日は、編集長のランニングクラブ訪問で、志水見千子さんが主宰するFUN☆COMEの練習会に参加してきました。  この日のメニューはレペテイション。「レペ」と呼ばれるものです。これまで多くのランニングクラブの練習会を取材していますが、レペをやっているところに遭遇したことはありません。さすがオリンピック選手です。やることが違います。  こう書くと、すごくレベルの高いクラブのように思われ......続きを読む»

KONAN

 午前中に来月号の表紙撮影。モデルはタレントのKONANさん。フットサルの南葛シューターズの選手でもあります。天気がよいというだけで、撮影は気持ちよく進みました。KONANさんもスポーツを楽しんでいるのですが、驚いたのは左側に写っているマネージャーさんがマラソンを走っているということ。ベストは3時間20分台。来年は富士登山競走にも挑戦しようかと考えているそうです。KONANさんも東京マラソン......続きを読む»

東レ上海マラソン

 11月30日に開催される東レ上海マラソンを取材してきます。東京マラソンの当選倍率が7倍ということで、走りたくても走れないのなら、海外の都市マラソンもいいのではないかと考えている人が増えてくると思います。  JALホノルルマラソンは魅力がありますが、この時期は航空券もホテルも高いので、国内のマラソンと同じような気持ちではいけません。ロサンゼルスマラソン(2月)なら、比較的安くいけますし、韓国の......続きを読む»

タートルマラソン

 タートルマラソンに行ってきました。本誌で連載しているホノルルマラソンチャレンジの企画の取材です。5人のチャレンジャーが、ホノルルマラソンで4時間台を目指すのですが、出場したのは、西田美歩さん、歌原奈緒、小林香織さん、そしてスタッフの加藤さんの4人。そして今回は特別に11月30日の東レ上海マラソンを走る池上綾奈さんの5人がスタートラインに立ちました。  西田さんは目標の1時間台には届き......続きを読む»

箱根駅伝予選会と高尾山

 午前中は立川の昭和記念公園で開催された箱根駅伝予選会へ。結果はこちらでご確認ください。箱根駅伝予選会は、各校12人の選手が20kmを走り、そのうちの上位10人の合計タイムがいい13チームが本戦に出場できます。ちなみに前回本戦で9位以内に入ったチームはシード権を与えられ、予選会は免除されます。1月2、3日の本戦には、シード9校と予選会突破の13校に関東学連選抜の23チームが出場します。 ......続きを読む»

箱根駅伝予選会

 明日は、箱根駅伝予選会を取材したあと、高尾山へ。あさっては荒川で行われるタートルマラソンの取材です。  箱根駅伝予選会は、今年も正月に『箱根駅伝 速報号』(陸上競技マガジン増刊)をクリール編集部で製作することになり、その下調べの取材です。今度の箱根駅伝は記念大会ということで、参加が23チームになり、予選会を通るチームが13校になりました。本戦15校のときに比べると広き門となったような印象です......続きを読む»

良かれと思ってしたことが…

 具体的なことは何もいえませんが、良かれと思ってしたことが、相手にわかってもらえないことほど、悲しいことはありません。今日の午後はそんな脱力感のなかで過ごしていました。自分たちの利益のためというのは二の次に(ということは、まったく考えていないとはいいきれません)、多くのランナーや協力企業、そのイベントのためを思って考えた企画だったのですが、その思いが伝わらないだけでなく、そのイベントや企業を利用しよ......続きを読む»

adidas Night Runnersとピンクリボン

 夜、アディダスナイトランナーズのピンクリボンのイベントがあり、顔を出してきました。アディダスパフォーマンスセンター原宿店から、神宮外苑をピンク色のものを身につけて走ったあと、トークショーがありました。私は、用事があったので、みんなが走り始めたあと、帰ってきてしまい、トークショーを聞くことはできませんでしたが、女性たちだけの華やかなイベントでした。  写真はゲストの女性たち。左からアン......続きを読む»

激しい筋肉痛

 今日は朝から激しい筋肉痛に悩まされています。たぶん、去年のハセツネ以来だと思います。大腿四頭筋がかなり損傷しているようです。  9月の浦佐耐久山岳マラソンで、下りの走り方を体得したと思ったのですが、やはりロードとトレイルでは勝手が違いました。浦佐では、路面がいいこともあるのですが、スピードを殺さないで駆け下ることができました。しかし、トレイルではどうしてもブレーキをかけてしまいます。......続きを読む»

日本山岳耐久レース

 写真を撮りながら、ハセツネのコースを1周してきました。昨年は選手として出場し、今回はカメラマンに徹しようとしたのですが、途中から早くスタート地点に戻りたいと思うようになり、ペースを上げてしまいました。  写真は第2関門の様子です。来月号で1ページくらいのレポートを考えています。時間がかなりたってしまいますので、どうしようか、悩んでいます。興味のある人は、結果は知っているでしょうし…。......続きを読む»

東京体育館ランニングクラブ

 金曜日の夕方に、東京体育館ランニングクラブを取材してきました。編集長のランニングクラブ訪問なのですが、校了日に近いときに取材してなんとか、10月22日発売号に掲載しようとしています(まだ原稿が終わっていません)。400×7というショートインターバルを一緒に走らせていただきました。こういうもの、たまにはいいなと思いますね。1人では絶対やらないメニューですから。東京体育館RCは、ニッポンランンナーズが......続きを読む»

ニューバランスの展示会

 入稿の山場を迎えているのですが、午前中にニューバランスの展示会があってので行ってきました。この時期は、会社で机やPCに向かっている時間が長くなるので、こうやって出歩くことは気分転換になります。ニューバランスは派手さはないのですが、まじめな製品づくりを続けているメーカーで、その企業姿勢に共感しています。  2009年春夏の新製品が展示されていて、生真面目な企業体質を具現化したシューズが並んでい......続きを読む»

シューズについて

 10月22日発売号でシューズの特集があります。アートスポーツ池袋店の協力を得て、ペース別(スピード別)にランニングシューズを分類しようという試みをしています。池袋店で扱いのあるシューズの中からピックアップしていますので、取り上げていないメーカーもあります。  ペース別に分類すると、フルマラソンのタイムとの関係が見えてきて面白いのです。例えば、キロ5分ペースに対応するシューズは3時間30分。キ......続きを読む»

インプットとアウトプット

 最近、よく考えることがインプットとアウトプットということです。私たち編集者は、常にアウトプットを繰り返しています。情報を発信し続けることが使命ですから当然なのですが、アウトプットを続けるためには、インプットも続けなければなりません。  待っていても情報が降ってくるわけではありませんから、こちらから情報をとりにいくことになります。最近は、インターネットなどに情報が氾濫していて、それらにまどわさ......続きを読む»

まだ間に合うホノルルマラソンツアー

 本誌のホノルルマラソンツアーを募集中であることをここで紹介することをすっかり忘れていました。もう今年のホノルルは無理だと思っている方もご安心ください。本誌のツアーはまだ募集を開始したばかりですので、十分に間に合います。コースは2つご用意しました。  初マラソンはどこがいいかと聞かれれば、私は迷わずホノルルと答えます。理由は様々あるのですが、1つは制限時間がないこと。非常の多くのビギナ......続きを読む»

ランニング学会指導員養成研修会

 ランニング学会の指導者養成研修会が昨日と本日の2日間にわたって開催されました。昨日と、今日の午前中は用事があり、取材できなかったのですが、本日の午後に会場の東京学芸大学に行ってきました。  午後からは実技と確認テストが行われました。実技は、心拍計を使った有酸素の知識を得るものと、楽に走れるフォームです。ランニング学会ですから、本誌でやるよりもかなり理論的でアカデミックなものでした。機......続きを読む»

東京大学検見川グラウンド

 東京大学の検見川グラウンドへ、アミノバリューランニングクラブin千葉の取材に行ってきました。本日のメニューは90分LSDと120分LSD。天気がよくて、会場も素晴らしかったので、私も途中まで一緒に走ってしまいました。  ご存知の方もいるかと思いますが、東京大学の検見川グラウンドは、ゴルフ場のような芝生が広がり、クロスカントリーのコースのようになっています。実際にここではクロスカントリーの大会......続きを読む»

東京マラソンボランティア募集

 東京マラソンがボランティア受付が昨日から始まっています。募集定員は1万3000人。定員になり次第締め切りになります。このブログを読んでいる人は、ほとんどランナーとして応募しているでしょうから、「外れたらボランティアに」と考えていることでしょう。しかし、ランナーとしての当落がわかるときには、すでにボランティア募集は締め切られている。どうにも悩ましいことです。  ボランティア募集に関することは東......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:2512290

(01月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss