日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2008年03月

群馬TF

 午前中にランニング学会を抜け出して、編集長のランニングクラブ訪問の取材。群馬TFの練習会に参加させていただきました。TFは、トラック&フィールドの略で、日本語にすれば、「群馬陸上競技クラブ」とでもなるのでしょうか。今日の練習会は定期練習会ではなく、臨時練習会だったのですが、快く取材を受けさせていただきました。発足してまだ日は浅いのですが、前身があり、このことをここで書くと、本誌に書くことがなくなっ......続きを読む»

ピーター・スネル博士

 今年のランニング学会の目玉企画は、1964年の東京オリンピックで、800mと1500mの2冠に輝いたピーター・スネル博士が、実に東京マラソン以来44年ぶりに来日し、講演したことです。本誌でも、何号か前にスネル博士の活躍を紹介しているので、覚えている方も多いと思います。  2日前に東京で、そして今日前橋で、スネル博士の講演を2回聞きました。ご存知のように、スネル博士を指導したのは、ニュージーラ......続きを読む»

ランニング学会

 群馬に来ています。ランニング学会が始まりました。今日は市民公開講座があり、多くの方の非常にためになる話を聞くことができました。市民公開講座ですから、ランニング学会というイメージとは異なり、多くの方が想像されているほどにはアカデミックではありません。というか、私のようなランナーにも非常にわかりやすい内容です。  夜は、本誌でもお世話になっている宇佐美彰朗先生と食事。いろいろ話をさせていただいた......続きを読む»

高橋尚子選手の3大会出場について その2

 昨日の話題について、コメントをいただいたので、私なりに考えてみました。なぜ違和感があるのか。結論になるかどうかわかりませんが。  彼女が出場を示唆した3大会は、残念ながら大衆マラソンではありません。エリートマラソンですから、言い換えれば真剣勝負の場です。入学試験本番と同じです。心からその高校に入りたいと思っている人たちがいると考えてください。その会場に東京大学を主席で卒業したような人が、本来......続きを読む»

高橋尚子選手の3大会出場について

 高橋尚子選手が先日の記者会見で、東京国際女子、大阪国際女子、名古屋国際女子への出場を考えているという発言をし、波紋を広げているようです。個人的には3大会走るのは本人の自由だと思いますが、出場を予定している大会は世界陸上の選考競技会を兼ねています。前回の東京マラソンの有森さんのように、話題がそちらに引っ張られると、選考競技会としての質の部分が曖昧になってしまう恐れがでてきます。今年の名古屋もそうでし......続きを読む»

NIke+スポーツバンド

 5月号で紹介したNike+スポーツバンドの本物を見てきました。すでにかなり話題になっています。日本発売は5月になるようですが、これがなかなかいい。何がいいかといえば、シンプルで操作性がいい。iPod nanoも音楽などを聞きながら走るにはいいのですが、ちょっと真剣に走ろうとすると、音楽が必要ないことがあります。そんなときには、iPod nanoがちょっとわずらわしく思えてきます。Nike+スポーツ......続きを読む»

ヨムマラソン 42.195kmの脳内活劇

 『ヨムマラソン』を読み始めました。出だしはすこぶる好調です。私と同世代のサッカー記者が書いた私的マラソンノンフィクション。マラソンを走る人と走らない人との間には、大きな違いがあることは、このブログを読んでいる人にはよくわかるのではないでしょうか。しかし、私たち凡人は、なかなかマラソンの素晴らしさを、走ったことがない人にわかってもらう方法を持ち合わせていません。言葉を尽くすほどに「おかしいんじゃない......続きを読む»

3月発売号の内容紹介

 そういえば、昨日、本誌が発売されたことを書くのを忘れていました。左の表紙の画像を入れかれるもの忘れていました。すでにご購入いただいた方も多いようですが、明日、お昼休みにでも買いに行こうかと考えている方に、内容をかいつまんで紹介しましょう。  まず、最初に伝えなければならないのは、ランニングギアの付録がついていることです。ランニングギアが付録になっているのではなくて、いろいろなメーカーのグッズ......続きを読む»

フォレスト・ガンプ

 昨日、「走る男」のことを書きましたが、森脇健児さんと話をしていて、「フォレスト・ガンプのようになるかもしれませんね」ということになりました。映画の『フォレスト・ガンプ』の中には、ベトナム戦争をはじめ、非常に多くの特徴的なシーンがあるのですが、私の脳裏に残っているのは、フォレスト・ガンプが多くの人を従えて砂漠の道を走っているシーン。そして、突然、彼が立ち止まるシーンです。かなり前に見たので、全体を再......続きを読む»

走る男

 今日、本誌で連載していただいている森脇健児さんが会社に見えられ、1時間くらい陸上談義で盛り上がりました。明日発売の本誌の連載「森脇健児陸上競技部」では、東京マラソンと同じ日に行われた泉州国際マラソンでマラソンの自己ベストを大幅に更新したときの様子が書かれているのですが、それがまた感動的です。ぜひ読んでください。  実は本誌で紹介するスペースがなかったのですが、森脇さんは現在、北海道から沖縄ま......続きを読む»

ネクタイ

 お昼休みに郵便物が届きました。差出人はランナー仲間のMさん。仕事に関することではないことは、包みの大きさでなんとなく想像できたのですが、何が入っているのか、全く想像がつきませんでした。ちょっとドキドキしながら開けると、中から出てきたのは見覚えのあるネクタイでした。  昨年の秋、ベルリンマラソンに行ったときに見つけて、欲しいと思っていたものです。確かMさんの前で「いいね、このネクタイ」......続きを読む»

鳥居×クリール ランニングクリニックが行われました

 本日、早稲田大学所沢キャンパスで鳥居×クリール ランニングクリニックが開催されました。あいにくの天候で、予定していたジョギングはできませんでしたが、その代わりに私のトークショー(?)で、フォームや練習について語らせていただきました。この時間は、鳥居×クリール ランニングクリニックにとっては、おまけの時間。鳥居先生にデータを分析していただくための時間かせぎです。しかし、マラソン大会の参加賞のように、......続きを読む»

鳥居×クリール ランニングクリニック

 明日は、2回目(2年目)となった「鳥居×クリール ランニングクリニック」です。このブログでも告知しましたので覚えている方も多いことでしょう。早稲田大学の所沢キャンパスで行うですが、天気がちょっと心配です。クリニックの大半は、室内での測定ですが、測定結果を分析していただいている間に、参加者はジョギングをするというスケジュールになっています。現在、考えているコースは土の道なので、雨が降るとぬかるんでし......続きを読む»

ホノルルマラソンを完走しよう

 本誌でいつもお世話になっている「らんばでぃあすりーとくらぶ」の伊藤嗣朗コーチから次のようなメールがきました。「ホノルルマラソンを完走しよう」というすごく直接的なタイトルのブログを作られたそうです。人気も急上昇中のようで、本誌を読んでいる方はわかると思いますが、高校陸上部を教えていた伊藤コーチらしく、しっかりとした理論をとてもわかりやすく書かれています。これを読めば、走ったことがない人でも、ホノルル......続きを読む»

負けた…

 昨日、終了したNike+のあるチャレンジですが、結局37km及ばず、2位でした。昨日は80kmくらい走ったのですが、及びませんでした。賞品は、家族へのプレゼントにしようと思っていたので、「パパ、2位だったよ」とがっかりして言うと「ドンマイ」と明るく言ってくれた娘の言葉に救われました。急に気持ちが晴れやかになり、走ることに集中できたこの数日間が特別なことのように感じています。  もう1つ救われ......続きを読む»

湘南国際マラソン

 本日は、湘南国際マラソンの取材。30kmを写真を撮りながら走りました。それにしてもいい大会になりました。いい意味での「ゆるさ」があり、湘南という明るい土地柄もあるのでしょうが、オープンで軽やかな感じがする大会です。昨年からスタート会場が変わり、大磯プリンスホテルとなったのですが、ここのロケーションもいいのです。  正直いうと、30kmという距離はあまり魅力的ではないと思っていたのです。しかし......続きを読む»

トレイルランニング懇親会

 朝からいろいろなことがありました。早朝、28kmのLSD。神田川をさかのぼり、井の頭公園まで往復してきました。この久しぶりにこのコースを走りましたが、安全で静かでとても走りやすいことを再認識しました。  午前中に家の近くで1つ用事を済ませたあとに、多磨霊園の友人のお墓参りに。5年ぶりくらいなので、お墓の場所を探すのに手間取ってしまいました。3人だったのですが、そのうちの1人は某出版社に勤めて......続きを読む»

雨の中のランニング

 やっと校正が終わり、久しぶりに走りました。昨日が13日ですから、先月、17日の東京マラソンを2月発売号に載せたというのは、かなり画期的なことだったのだと、自分たちがやったことなのに、感心してしまいます。  今朝、走り始めるときは雨が降っていなかったので、長袖シャツにランニングパンツというスタイルで走り始めたのですが、途中から、かなり雨が強くなってあわててしまいました。というのは、iPod n......続きを読む»

かなり忙しい

 別に書くことがあるわけでも、書く時間があるわけではないのですが、更新しないことがストレスになるので、更新だけしておきます。すみません、読んでもらうような内容ではなくて…。  その代わりといってはなんですが、今作っている3月発売の5月号の内容はかなり充実しています。期待していただいて結構です。  走れない…、これもストレスになってきています。あさってくらいから走れるかな…。 ...続きを読む»

忙しいので走行距離だけ

 忙しいので走行距離だけ書いておきます。それにしても名古屋国際女子マラソンは、意外な結果になりましたね。久しぶりにじっくりレースを見ましたが、いろいろ勉強になることがありました。機会があれば言及したいと思います。 ■3月9日のラン■ 10km  ...続きを読む»

名古屋国際女子マラソン

 明日はいよいよ北京オリンピックへの最後の選考レース。女子の最後の1枠を巡る激しいレースが展開されそうです。久しぶりにエリートのレースの前に興奮しています。誰が勝つにしても、トラブルなくいいレースになってもらいたいものです。個人的に声援を送ろうと思っている選手はいますが、ここで公開することは控えさせていただきます(って、長い間、ここを読んでいる人ならわかるでしょうね)。  そうはいっても、最近......続きを読む»

iStik

 ロサンゼルスマラソンのEXPOで、iPodのいいホルダーを購入したことを書きましたが、写真があったので(友人が撮影してくれたもの)掲載します。iStikと呼ばれ、写真のようにウエアにつけて走ることができます。ちなみに写真の場所はマンハッタンビーチです。どうしてついているかといえば、マグネット。強力なマグネットが4つ対になっていて(合計8つ)、......続きを読む»

新しい計測システム

 ロサンゼルスマラソンでは、ホノルルマラソンと同じように使い捨ての計測チップが使われていました。写真のようにシューズの紐につけます。素材は、ホノルルマラソンと同じような撥水性のある紙(のようなもの)の間に、計測チップが埋め込まれています。今回は天気がよかったので、計測のトラブルはありませんでしたが、給水所などでシューズに水をかけるのはなんとなくはばかられました。もし、濡れたことによってタイムが出......続きを読む»

マンハッタンビーチ

 ロサンゼルスの締めくくりはマンハッタンビーチでのジョギング。2月22日発売号でアメリカの情報を掲載していますが、そこで女性たちが走っているのが、マンハッタンビーチです。ダウンタウンから南西、ロサンゼルス国際空港からは車で15分ほどですが、高級住宅地だけあって、街の雰囲気が洗練されていて、走っている女性たちもファッショナブルです。私は、5kmほどジョギングしましたが、太平洋を眺めながら走るのは、......続きを読む»

ユニバーサルスタジオ

 ロサンゼルス3日目は、早朝のジョグのあと、ユニバーサルスタジオへ。しかし、私は体調がよくなく、2つほどアトラクションを見ましたが、ほとんどベンチで寝ていました。せっかくユニバーサルスタジオまで行きながら、もったいないことをしました。健康であるということはとても大切なことだと、いまさらながら感じました。体調が悪いために、健康でないために、何かをあきらめなければならないのは本当にもったいないことです。......続きを読む»

LAマラソン

 ロサンゼルスマラソンが終わりました。昨晩、ブログを更新したつもりだったのですが、疲れていたので操作を間違えて、更新されていませんでした。LAマラソンの魅力は、これまでも何度か書いてきましたが、42kmの中にいろいろな街があることです。アメリカはもちろん、メキシコ、韓国、日本、アフリカの国々。ロサンゼルス市としては、あまり見せなくないところもあるのではないかと思うのですが、その場所を走らせてくれるの......続きを読む»

ロサンゼルスに来ています

 ロサンゼルスに来ています。午前中に空港に着き、そのままベニスビーチへ。そこから例年のようにサンタモニカまで走りました。距離にして3.5kmほどですが、そのあと、そのまま北のほうに走って、6kmほどのジョギングを楽しみました。  昼食のあと、ナンバーカードを引き換えにEXPOへ。今年からのEXPOのタイトルスポンサーがマクドナルドになっていました。会場に入ろうとすると「樋口さん」と呼びかけられ......続きを読む»

nike+ Media Challengeが始まりました

 nike+ Media Challenge(ナイキプラス クリールチャレンジ)が始まりました。早速、多くの参加者が走っています。まだこれからでもエントリーできますから、参加してください。参加の方法については、本誌4月号の34ページに掲載されています。  これから成田空港に向かいます。LAからも更新します。 ■3月1日のラン......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2512249

(01月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss