日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2007年11月

高野進さん

 午後から横浜の日産スタジアムへ。ここには、東海大学の高野進准教授が代表を務める日産スタジアム・アスレティックアカデミー、通称NSAAがあります。本誌の情報ボックスで、ここでのセミナーの情報を掲載したこともあるので、ご存じの方も多いと思います。高野進さんは、400mの日本記録保持者で、オリンピックや世界選手権で活躍。現在は末読慎吾選手のコーチとして活躍されています。「なんば」とか、「二軸走法」などを......続きを読む»

箱根駅伝 襷の記憶

 先月から今月にかけて、本誌と平行して編集作業を進めてきた『箱根駅伝 襷の記憶』が、明日、発売になります。クリール編集部が手がける箱根駅伝関係のMOOKとしては、これが2冊めになります。前回(3年前)は、人物にスポットをあてた構成でしたが、今回はチーム単位での構成にしてあります。  作っているときには、暗中模索状態だったのですが、一冊になるとかなり充実したものになったと、自画自賛したくなり......続きを読む»

つくばマラソン、河口湖マラソン、お疲れ様でした

 つくばマラソン、河口湖マラソンに参加された方、お疲れ様でした。私はホノルルマラソンに向けて、表紙モデルの西田美歩さんと編集部のみみぞう、そして社内で走り始めた2人の女性社員とともに、皇居でLSDというか、ペース走というか、距離走というか、そんなことをする予定でした。ところが、西田さんの体調があまりよくありません。2週間前のハーフマラソンのあと、頑張りすぎたようで、体調を崩してしまいました。本番は2......続きを読む»

1月号発売中

 すでにお買い求めいただいた方も多いと思いますが、1月号が発売中です。いつもなら、発売日の前日あたりに「明日、発売です!」という記事を書くのですが、このところ、なにやかやとばたばたしていて、ブログを更新することができませんでした。  まだ、お買い求めいただいていない方に、1月号の内容をお知らせしましょう。    まず、毎年恒例の別冊付録『クリール特製ランニングダイアリー』がついています。今......続きを読む»

東京国際女子マラソン 2

 それにしても、野口みずき選手はすごかったですね。それは多くの方が語っていることでしょうから、渋井陽子選手について考えました。レース後、鈴木監督は、「作戦もなにも、行くしかないんだから」「力がなかったということです」とコメントしていました。そうなのです。渋井選手は野口選手と真っ向勝負するしかなかったのです。北京への切符を手にするには、野口選手に勝つしか方法がないのです。適当なところでタイムをまとめて......続きを読む»

東京国際女子マラソン

 今週は、近年、まれにみる忙しさで、ブログを更新する時間すら惜しい状態が続いていました。11月発売号の校了のあと、『箱根駅伝 襷の記憶』というMOOKの製作をしてきました。『陸上競技マガジン』にはすでに広告が載っていますから、ご存知の方いらっしゃるかもしれません。  8月には発行計画が出て、原稿をお願いする人にはしていたのですが、私のずぼらな性格や、多くのことを同時にできないという不器用さ、そ......続きを読む»

光が丘ロードレース結果発表

 日曜日以降、忙しくて更新できませんでした。気になっている人もいると思いますので、光が丘ロードレースの結果を発表します。表紙モデルの西田美歩さんは2時間26分、自己ベスト、大幅更新です。おめでとうございます。編集部のみみぞうは、2時間11分でした。初レースをみごと完走しました。パチパチ。西田さんは、10月のタートルマラソンが2時間45分でしたから、20分近く、ベストを更新したことになります。一方のみ......続きを読む»

明日は光が丘へ

 今年のホノルルマラソンの企画で、表紙モデルの西田美歩さんが初マラソンに挑戦します。先月は荒川で行われたタートルマラソンに参加、明日は2度目のハーフマラソンにチャレンジです。先日、11月発売号の取材で、金哲彦さんにフォームの素晴らしさを指摘されました。練習があまり積めていないようですが、潜在能力はすごく高いので楽しみです。明日のレースの結果を見て、ホノルルマラソンの目標タイムを設定して、そのタイムで......続きを読む»

NAHAマラソン

 11月22日発売の本誌と「箱根駅伝」関連のMOOKが同時進行している中、昨日、1月発売の新書の企画が動き始め、3冊同時進行のような状態になっています。新書はクリール編集部の管轄ではないのですが、マラソンに関するものですから、多くの部分でかかわることになります。内容はまだ公表できないのですが、かなり面白いものになるはずです。発表できる段階になったら、このブログの読者の皆さんには、いち早くお伝えします......続きを読む»

アートスポーツ日比谷店

 アートスポーツ日比谷店が本日プレオープンしたので行ってきました。JR有楽町駅からすぐ。ということは皇居もすぐ近くです。地上2階、地下1階で、地下1階はシューズやバックパックなどのコーナー。地上1階がウエアコーナーです。  2階には、シャワーやロッカールームがあります。アートスポーツのポイントカードをもっている人が利用でき、1回の利用は5ポイント(金額に換算すると375円)です。思わず、自分の......続きを読む»

セカンドウインドAC

 午後7時から、セカンドウインドACの練習会に参加してきました。代々木公園内の織田フィールドで行われているのですが、火曜日はセカンドウインドAC以外に、本誌でもおなじみのリスタートRCやハリアーズも練習しています。あっちこっちに顔見知りがいて、楽しませていただきました。  セカンドウインドACについては、11月22日発売号で掲載します。このクラブは、代々木公園の練習会に参加させてもらったり、菅......続きを読む»

ニューヨークシティマラソン

ニューヨークシティマラソンが開催され、女子では出産後初レースとなったポーラ・ラドクリフ選手が優勝しました。それはあまり驚かなかったのですが、1カ月前にベルリンで優勝したゲテ・ワミ選手が2位になっていました。1カ月でメジャーレースを2つ走るとはどういうことなのでしょうか。  ところで写真は女優のケイティ・ホームズさんとトム・クルーズさんです。こういうセレブリティが走るものNYCマラソンなら......続きを読む»

アディダス ランニング セミナー

 横浜マラソンを1週間後に控え、スポンサーであるアディダスが横浜でランニングセミナーを実施したので、取材に行ってきました。参加者は300人弱。アディダスのランニングセミナーは、4年ほど前から実施していると思いますが、どんどんバージョンアップしています。今回の会場はパシフィコ横浜。会場もよかったのですが、内容も素晴らしかった。今日もまったく新しいことを学んできました。立場上、1つのメーカーに偏ったコメ......続きを読む»

やっぱり走ったほうがいい

 今日は一日休みだったにもかかわらず、まったく走ることができませんでした。時間がなかったわけではないのですが、時間の使い方が悪いというか、きれぎれに用事があって、走りに出かけることができませんでした。こういうときにはフラストレーションがたまりますから、人間関係で一触即発という事態になりかねません。大して挑発的ではないことが、挑発的に感じてしまうので注意が必要です。  夜になってもイライラした気......続きを読む»

ファイテン ランニング クリニック

 12月号に掲載してありますが、「ファイテンランニングクリニック」が開講します。初心者から初めてフルマラソンに挑戦希望のランナーまで、全3回のシリーズで、座学講習と実走により、練習法やランニングフォーム、練習時の身体のケアを学び、フルマラソン完走を目指すものです。  東京会場の講師はリスタートランニングクラブ代表の石川哲行さん、京都会場の講師は、本誌でもおなじみのらんばでぃ・あすりーと・くらぶ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:2512315

(01月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss