日刊ランニングマガジン・クリール

月別アーカイブ :2007年10月

森脇健児さんのコラム、ぜひ読んでください

 10月22日発売の12月号が出てからすでに1週間以上になりますが、この中で必ず読んでほしいと思っていたのが、森脇健児さんのコラム『森脇健児陸上競技部』です。世界陸上の記事はいろいろなメディアに書かれましたが、その中でももっとも感動的だったのが、森脇さんのコラムです。走ることとはどういうことなのか、マラソンとは何なのか、ランナーとはどういう人たちなのか、読んでいていろいろ考えさせられました。 ......続きを読む»

コーチングクリニック

『コーチング・クリニック』という雑誌をご存知ですか? 弊社から発行されているスポーツ指導者や指導者を目指す人たちのための雑誌で、本誌の企画の参考にすることが多い雑誌です。内容的にはかなり高度なものもありますが、難しいことが比較的わかりやすく書かれています。指導者でなくても、参考になることが多いので、書店で見つけたら目を通してみてください。  その『コーチングクリニック』が、これまでのペ......続きを読む»

箱根駅伝

 お昼ごはんを食べながら、箱根駅伝のMOOK用の座談会を行いました。参加していただいたのは4人です。さて、誰でしょう。このMOOKは、3年前に発行し、非常に評判のよかった『箱根駅伝-熱き思いを胸に襷がつないだ80年間』(↓)の続編的なMOOKになります。  今回のMOOKの詳細については、11月中旬頃に公表できると思います。前回は、優秀で情熱のあるスタッフがほぼ1人でやりとげましたが、......続きを読む»

大腿部外側の痛み

 久しぶりにジョギングをしてみました。筋肉痛はそれほどひどくないと思っていたのですが、走ってみるといろいろなところに違和感があります。まず、大腿部外側の筋肉痛です。これまでも大腿部の筋肉痛になったことはありますが、前面外側が痛むのは初めてです。外側に踏ん張るような動きが多かったからだと思います。左膝と左足首にも違和感があります。これは痛いというものではありません。両足の足底腱膜にも違和感があります。......続きを読む»

走ることについて語るときに僕の語ること

 昨日から村上春樹さんの新刊『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)を読み始めました。まだ半分しか読んでいませんが、面白いです。ぜひ多くの人に読んでいただきたいと思います。  私自身、小説家になりたいとなんとなく思っていたときがありました。なんとなくですから、そんなに強かったわけではありません。そんなときに読んだのが、村上春樹さんの『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』で......続きを読む»

本日 クリール発売です

 本日、本誌が発売されました。すでにご購入いただいた方もいると思います。ご意見等、うかがえると幸いです。このブログにコメントしていただくか、編集部のメールアドレス(courir@bbm-japan.com)にご意見を送ってください。  先日の日本山岳耐久レースで、今年のトレイル系はひとまず終了。これからロードに戻ります。編集後記にも書きましたが、「東京マラソンでサブスリーに挑戦!」という企画も......続きを読む»

ハセツネ完走

 日本山岳耐久レース(長谷川恒男カップ=通称ハセツネ」を走ってしました。結果は12時間38分57秒で216位でした。50km以上(71.5km)の山岳レースも、夜間の山岳レースも初めてで、いろいろ勝手がわからなかったのですが、初参加としては、満足のいく結果となりました。何度か試走に誘われていたのですが、結局一度も現地を走ることができず、ぶっつけ本番となりました。  それにしてもこんなに厳しいレ......続きを読む»

12月号が配本されました

 午後から表参道で金哲彦さんと打ち合わせ兼取材。内容は今の段階では明らかにすることはできませんが、私自身は疑問に思っていたことが1つ解決しました。シューズに関することです。11月発売号に掲載しますので、あと、1カ月ほどお待ちください。  会社に戻ってくると、月曜日発売の12月号ができていました。かいつまんで内容をご紹介しましょう。  巻頭は、「ビギナーのためのスピード持久力養成講座」、ハリア......続きを読む»

リディアード・ファウンデーション

 アメリカでリディアード・ファウンデーションを組織している橋爪さんが来日。新宿でお茶を飲みながらいろいろな話をさせていただきました。あまりにも脈絡なく話が多岐にわたったため、まとめられません。そのうち、何かの企画になって実を結ぶかもしれませんが、そのまま流れてしまうかもしれません。  アーサー・リディアードというのは、ニュージーランドの高名な陸上競技の指導者であり、多くのオリンピックメダリスト......続きを読む»

ハイドレーション

 今朝、1kgの水を入れて改造ザックで走ってみました。カメラの収納はかなりいい感じです。ただ、これまでザックを背負って走ったことがなかったので、背中に熱がこもる感じがどうもよくありません。最近のトレイル用ザックは背骨の部分の通気性がよくできているようですが、予算削減の折、この部分は我慢するしかありません。  お昼に会社の近くの山の専門店に『トレイル通信』を書いていただいている吉本さんとザックを......続きを読む»

ザックの改造終了

 ヘッドライトを買ったので予算がなくなり、新しいザック(バックパック)を買うことができませんでした。仕方ないので、今持っているザックを改造することにしました。まず、容量が大きすぎるので、底(ボトム)を縫い付けてなくしてしまいました。これでシルエットはかなりすっきりしました。  次に行った改造は、カメラの収納バッグの取り付け。斑尾高原トレイルレースのときには、雨でカメラが濡れて大変だったので、収......続きを読む»

腰痛

 どうも走る気持ちになれないと思っていたら、昨日から腰の具合がよくありません。だいたい、腰が痛くなるというのは、全身の柔軟性が低下しているからです。試しに前屈をしてみると、案の定、まったく曲がりません。そういえば、このところ、まともにストレッチをしていませんでした。上半身、下半身、股関節、背中を伸ばすと、だいぶ楽になりました。  2年前になりますが、NAHAマラソンの3日前にぎっくり腰なったこ......続きを読む»

ハセツネの買い物

 昨日は山のお店でヘッドライトを物色。ハセツネ用に準備しなければならないのものは、ヘッドランプとザック(パック)ですが、2つとも欲しいものを買おうとすると完全に予算オーバーになります。今持っているヘッドライトは、かなり暗いので、こちらは購入するしかありません。ザックは、もっているものでもなんとかなるかもしれないで、最悪、新たに購入する必要もないように思えてきました。  走りにくいかもしれません......続きを読む»

筋肉痛

 斑尾高原トレイルランの筋肉痛がまだ抜けきれていません。日常生活には支障ない程度に復活してきましたが、大腿四頭筋の奥のほうにしこりのように疲れが残っています。でも、明日は久しぶりに休みです。ジョグで疲れを抜こうを思います。  ハセツネ(日本山岳耐久レース)まで、1週間となりました。初めての出場なので、わからないことばかりです。結局試走は一度もできませんでした。この2日間で、時間があれば、終盤だ......続きを読む»

シカゴマラソン

 昨日から今日にかけて、マラソンにまったく関係のないような人から、「シカゴマラソンではたいへんなことになっていますね」という声をかけられています。どこかのニュースで流れたようですね。私はそのニュースを見ていないので、詳しいことはわからないので、AFPを調べていると、こんな写真が見つかりました。  それと前後するように、シカゴマラソンを走った友人からメールが届いていました。サブスリーランナーなので......続きを読む»

セールが始まりました

 雨の中の斑尾高原で、カメラが動かなくなり、写真が撮れなくなりました。ゴール地点に戻ってきて、起動するとなんとか見えたのですが、今日、編集作業をしようとカメラを起動しても、「カードエラー」ですの表示。実はこのカードの中には、刀水ACの写真も入っています。校了日を前にして、カラー2ページとモノクロ1ページの企画が吹っ飛んでしまう大ピンチ!  とりあえず、こういうことに詳しい写真部の部長に相談する......続きを読む»

斑尾高原トレイルレース

 斑尾高原トレイルレースは、走れるコースだということを石川弘樹さんから聞いていたのですが、まさにその通りで、歩いてしまうにはもったいないような傾斜の道がとても多く、とても快適なレースとなりました。というのも前半で、後半になると雨足が強くなり、足元は滑りやすくなってたいへん。今回もカメラを持って走ったのですが、最後のほうは、カメラを取り出すのもたいへんなくらいの雨で、いつものレースに比べると、撮影枚数......続きを読む»

信州の山

 刀水ACの練習に参加したあと、大宮から長野新幹線に乗って信州へ。7日の日曜日は、信州の山を走ってきました。天気がよくて、北アルプスがきれいに見えました。この話はいずれ詳しく書こうと思います。  そのあと、トレイルランナーの石川弘樹さんが総合プロデューサーを務める斑尾高原トレイルランニングレースの会場へ。競技説明では、石川弘樹さんがとてもわかりやすく、解説して、そのあとの立食パーティでは、勇壮......続きを読む»

刀水AC

 3日間、更新していませんでしたので、1つずつ紹介します。まず、6日の土曜日は、『編集長のランニングクラブ訪問』で刀水アスリート倶楽部を取材しました。何号か前に監督の福地さんにスピード養成の記事を書いていただきましたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。そのあと、『acotaの走る道』でも紹介しています。  詳しいことは10月発売号を見ていただきたいのですが、ここの練習はとにかくすごい......続きを読む»

東京マラソン当選通知

 東京マラソンの通知がきました。私の場合は、午後1時すぎでした。当選です。倍率が倍率ですから、今回は正直、あまり期待していませんでした。落選するだろうから、走らないでいかに面白い企画ができるかを考えていました。  私設エイドも面白いと思いましたし、コースを走らないで(ほかの道の歩道をキロ6分ペースくらいで走って)どれだけ応援できるかとか、地下鉄乗り継ぎ応援ツアーとか、ブラインドランナーの伴走は......続きを読む»

長野マラソン 10月19日募集開始

 4月20日に開催される長野マラソンの募集が10月19日から始まるようです。次回は10回大会ということで、定員が7000人に増えました。とはいえ、人気大会で、先着順受付なので、早く申し込まないと定員いっぱいで締め切りになる可能性があります。東京マラソンを走れない人が殺到する可能性もありそう。予定している人はお早めに。東京と異なり、早く申し込めば確実に走れます。 http://www.nagan......続きを読む»

東京マラソン当選者決定

 来年2月17日(日)に開催される「東京マラソン2008」の出場者抽選が本日行われ、当選者が決定したことが、東京マラソン事務局から発表になりました。抽選結果については、10月5日から順次応募者全員に電子メールまたは郵送で通知されるようです。 数字的なことは以下のとおりです。 ○申込者数合計 156,012人(対前回大会比 64%増) ○当選者数合計  33,000人(当選倍率   ......続きを読む»

弘山勉さんと弘山晴美さん

 今朝、ベルリンから成田に戻ってきて、一旦家に帰ってから出社。どうしても同席したい取材がありました。資生堂監督の弘山勉さんと奥様の晴美さんにランニングフォームについてうかがうものです。話の内容が興味深く、行ってよかったです。今月号に掲載しますので、ぜひ読んでください。  シドニー五輪の予選会(雨の大阪国際女子マラソン)のあと、終盤にフォームが崩れる(腕が横に触れて、推進力を生み出せない)ことに......続きを読む»

ベルリンマラソン 6

 天満屋の坂本直子選手が2時間28分台で5位に入賞しました。スタート前に武富監督はおみかけしたのですが、坂本選手の姿はみられませんでした。たしか3年以上のブランクがあるのではないかと思います。復活して、北京への候補がまた1人増えましたね。  カネボウの瀬戸選手は9位だったようです。 ...続きを読む»

ベルリンマラソン 5

 ベルリンマラソンで2時間4分26秒の世界記録を出したハイレ・ゲブレセラシエの写真があったので掲載しておきます。それにしてもすごい。  今回、ベルリンのコースを走ってみて感じたのは、ほとんどアップダウンがないということ。最近の世界記録は、ロンドンか、シカゴか、ベルリンで出されていますが、ロンドンは全体的にはフラットではあるものの、前半の下りやトンネルや橋などの細かなアップダウンがかなりあり......続きを読む»

ベルリンマラソン 4

 ベルリンマラソンを走ってきました。日本では、ハイレ・ゲブレセラシエの世界新が大きく取り上げられているのではないでしょうか。朝、スタート地点に向かう途中、エリートランナーのいるところを通ったときに、カネボウの伊藤監督やアミノバイタルACの中島コーチにあいさつ。中国電力の梅木選手やカネボウの瀬戸選手はみかけましたが、ハイレはみつかりませんでした。  まだ、私たちが20km地点にもいっていなか......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:31
  • 累計のページビュー:2516846

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. オトナの体力測定
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. 中国電力のマラソントレーニング
  8. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  9. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss