日刊ランニングマガジン・クリール

ナイキフリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランニングシューズについて、いろいろと考えることは多いのですが、開発者から話を聞くのは私にとって楽しい時間です。5月号では、ナイキフリーの開発者であるアーネスト・キムさんに話を聞き、まとめました。

 ナイキフリーが出てからすでに10年が経とうしています。登場してきたときの驚きは今でも忘れません。それまで、シューズは足を守るものでした。しかし、ナイキフリーは、まったく逆の発想から生まれ、そのコンセプトの斬新さに驚かされました。当時、ナイキフリーを履いていると多くの人から声をかけられました。

「何? そのシューズは?」
「これは、ナイキフリーといって足を鍛える、足が本来もっている力を呼び覚ますシューズ、裸足感覚のシューズなんだよ」 

そう言って、履いていたシューズを手にとって、ソールをぐにゃりと曲げたものでした。そして、質問した人に渡すのです。その人が同じことをした瞬間に驚きの表情をするのを見て、このシューズを履いていることがちょっと誇らしく感じたものでした。

 その後のベアフットブームのときには、ナイキフリーよりも裸足感覚に近いシューズが出てきて、「なぜもっとナイキフリーは裸足に近づけようとしないのか」という疑問も抱くようになりました。特になぜソールをもっと薄くしたり、オフセット(踵の高さと前足部の高さの差)を0に近づけたりしないのかと、考えていました。
 そんな疑問にキムさんが答えてくれました。

私「ナイキフリーは、アスリートではない普通の人たちが、コンフォートシューズ的な使い方をしています」
キムさん「それはいいことだと思います。履いて足を動かせば、ナイキフリーのメリットを享受できます。それは素晴らしいことです(後略)」

 上記のやり取りで、「そういうことなんだな」と、合点がいった次第です。

 本日、新しいナイキフリーが発売されました。特徴的なのが、六角形のフレックスグルーブです。ソールの切れ込み(溝)が、六角形をしています。このもとになった考えが、今、シューズづくりで注目されている「ナチュラルモーション」という考えです。

 多くのメーカーが「ナチュラルモーション」をコンセプトにしたシューズを開発していますが、ナイキが考えるナチュラルモーションとは何か、そのあたりもインタビューでキムさんに聞いていますので、興味のある方は読んでください。

http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/innovation/free



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2014年度箱根ランナー卒業生進路~中央大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

サムライロックオーケストラ【トレイルランナー/スカイランナー 宮地藤雄】

【ユースカップ】4月2日 試合結果【bjリーグアカデミー ~楽しく上達するバスケット~】

ブロガープロフィール

profile-iconcourir

【毎月22日発売】
充実の大会参加情報をメインにランニングライフに必要な情報を多角度から提供。グッズ情報、トレーニング情報など、あらゆるレベルのランナーに役立つ専門誌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
樋口幸也 1986年、ベースボール・マガジン社に入社。テニスマガジン、陸上競技マガジンなどの編集長を経て、ランニングマガジン・クリール編集長。40歳から走り始め、ベストは5000m19分0秒、10000m39分46秒。フルマラソン3時間10分55秒(ネット3時間8分5秒) 100km11時間55分

お得な年間定期購読はこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/2765/ap-courir-blog
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:2512369

(01月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. はだし系シューズとどうつきあうべきか?
  2. 速くなる体幹トレーニングBCT
  3. 『大学駅伝強豪校の練習法』は明日発売です
  4. 夏のタイツと長袖はいかがなものか
  5. 中国電力のマラソントレーニング
  6. ニュートラルとプロネーション
  7. シューズトライアルと佐藤敦之選手
  8. オトナの体力測定
  9. 富山のジョギングコースを一緒に走りませんか?
  10. ハイレ・ゲブレセラシエ

月別アーカイブ

2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss