北海道に住むスポーツ観戦好きの30代後半男

「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

大相撲の初場所は13日目まで終えて残り2日となりました。

1敗・・稀勢の里 2敗・・白鵬 3敗・・高安、貴ノ岩、蒼国来、逸ノ城

となっています。

13日目を終えた段階で稀勢の里が単独トップというのは、 おそらく初めてではないでしょうか(違っていたらスミマセン)。

稀勢の里の優勝争いの話になると、ずっと定番のように話題に出される 平成24年5月場所(旭天鵬が優勝した場所)でも、2差リードの状態から 12日目、13日目に連敗してトップに並ばれていました。

昨日の稀勢の里は、豪栄道の休場によって不戦勝。

素人考えでは「1日休めて、残り2日間に向けて力を蓄えられた」なんて思うのですが、 1日空くことによって微妙にリズムが狂う面もあって、単純にプラスとも言えないようです。

今日の14日目は稀勢の里×逸ノ城、白鵬×貴ノ岩と、3敗の平幕2人が挑戦する 楽しみな取り組みとなっていて、「稀勢の里が勝ち、白鵬が負け」の場合には 千秋楽を待たずに優勝が決まります。

その可能性もそれなりにはあるような気がしますが、どんな形でも、何とか 千秋楽まで優勝争いが縺れ込んで、そして「白鵬×稀勢の里」の大一番が 見られることを願っています。

この場所の展開の中での、白鵬の「ラスボス感」がたまらなく気に入っています(^^)

さて、ここからが今日の記事のタイトルにした内容に入っていくのですが、 今日のネット上での各スポーツ新聞のページを見てみると、何となく、

「稀勢の里は優勝すれば、横綱にしてもいいんじゃないかぁ~」

という流れがありそうな雰囲気が・・・。

もちろん、例え稀勢の里がさらに2つ勝って14勝1敗で優勝しても、 「来場所が綱取り場所」という判断をしてくれる期待もありますが、 この曖昧な雰囲気が、

「稀勢の里がいよいよ初優勝なるのか、それとも白鵬がまたまた壁になるのか」

という最高の展開のはずなのに、イマイチ素直に盛り上がれない要因になっています。 先場所は形の上では準優勝とはいえ、優勝した鶴竜とは2差の12勝3敗で、 さらにその前の場所は10勝5敗でした。

完全に個人的な感情になりますが、新しい横綱というのは何年かに1人のペースでしか 生まれないわけで、それだけに「綱取り」というのはファンにとって大きなイベントと なっているので、

「ようやく稀勢の里が優勝できたかぁ~、次は綱取りに挑戦だな!   3月場所が今から待ち遠しいなぁ~」

と順々に楽しみたいところを、

「明確な綱取り場所ではないけど、レベルの高い優勝なら検討の余地は・・」

のようなモヤッとした中、結局優勝と横綱昇進が同時に決まったら、 これからの大いなる楽しみが奪われたような気分になってしまいます。

「お前の個人的な楽しみなんか知らないよ」と言われればそれまでですが、 やはり場所前から「明確な綱取り場所」を意識して調整して、そして15日間、 そのプレッシャーと戦いながら優勝を掴み取る稀勢の里を僕は見たいです。

そんな状況なので、今は「13勝2敗の同点決勝で白鵬が優勝、稀勢の里は 翌場所は優勝すれば横綱昇進という綱取り場所」となるのを期待しています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・

>DAIさん

コメントありがとうございます。

僕は北尾(双羽黒)の横綱昇進からその後までをリアルタイムで
ギリギリ知っていて、それ以降もずっと大相撲ファンの世代なので、
DAIさんの書かれている内容には大半の部分で大いに同意です。

ただ、決まってしまいそうな件についてはどうにもできないので、
それはそれで受け止めて来場所以降も楽しもうと、そんな感じで
自分を納得させています(^^)

「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・

稀勢の里、初場所後の横綱ありえません!昭和なら昇進でよしとしましょう。平成(双羽黒:北尾事件以降)、綱昇進は2場所連続優勝ばかり(直近の鶴竜のみ同点と優勝)先場所2差準優勝は平成基準では準ずるに値しない。日本人横綱は欲しいのはわかるけど、国技の最高位昇進基準に感情を入れるなど言語道断!守屋委員長、八角理事長、ともにバカ、貴乃花理事長だったら却下したのでは。小錦がかわいそう。これが日本の国技?いや日本の恥になってしまう!

「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・

>dream1893さん

コメントありがとうございます。

個人的には、69勝での年間最多勝を綱取りの根拠に入れるのには
あまり納得がいかないのですが、横綱昇進が決まったら決まったで、
普通に来場所が楽しみです。

「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・

何でも良いので、とにかく稀勢の里を一刻も早く横綱にしてほしいと思います。
年間最多勝利からの翌初場所で優勝。これは横綱昇進には文句の無い成績でしょう。

もう、明日の千秋楽は、横綱として土俵入りしてもいいと思うくらい、早く稀勢の里を横綱にしてほしいです。

こんな記事も読みたい

稀勢の里関の優勝は、逸ノ城関との一番にかかっていると言っても過言ではない。【独断と偏見の相撲ランキング】

今場所優勝しても、稀勢の里を横綱にあげては絶対にダメだ【スポーツ観戦やぶにらみ】

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconconsadra

北海道に住む1977年生まれの男です。野球、サッカー、ボクシング、マラソン・駅伝を中心に気ままに書いていきたいです。
  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:390733

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「稀勢の里の初優勝→来場所が綱取り場所」が見たいけど・・・
  2. ミラクル旭実(1995年夏の甲子園、旭川実業×鹿児島商業の名勝負)
  3. 長野県が3年ぶり7回目の優勝(2017年全国都道府県対抗男子駅伝)
  4. 中日ドラゴンズで今年、良かった選手を振り返る~野手編
  5. 中日ドラゴンズで今年、良かった選手を振り返る~投手編
  6. 過去のオリンピックの男子マラソン代表選考
  7. 2016年東京マラソンの結果(日本人選手はイマイチな結果に・・・)
  8. ドラフト指名と入団拒否について
  9. 隠岐の海×豊ノ島の誤審(?)について
  10. アンカー区間での逆転で愛知県が初優勝(2016年全国都道府県対抗女子駅伝)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
08
07
05
04
03
02
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss