アバウトG、アバウト・・・

ぐっさん世代Bros炸裂?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は記事を書くのをスルーしようと思っていたんですが、ぐっさんが歴代最多
ホールドに並んだという記事(サンスポ)を見て、書かなければという気になり
ました。

今回記録が並んだドラゴンズ浅尾投手ともども実労2007年からで、登板数は
384(たぶん)で、登板過多感は否めません。ですがそのお陰で我々も毎年優
勝争いを楽しませてもらっているという微妙な罪悪感。

浅尾投手が復帰すればホールド数争いが再燃しますが、くれぐれも登板数争い
だけは避けてもらいたいなと思う今日この頃です。

今シーズンはホームゲーム限定で言えば、昨年よりも得点力が上がっている感
じですので、もしかしたら、淡い期待ではありますが、ぐっさんの登板数も抑
えられるかもしれません。

その得点力アップに貢献しているのが6・7番を打つ、ロペス選手とボウカー
選手。二人は以前ご紹介したようにともにぐっさん世代(1983年)。
ちなみにマシソン投手(1984年2月生まれ)も日本流でいえば同期。
ジャイアンツ内では、寺内っちゃん、高口選手、福ちゃん、野間口っちゃん、
と大祐(越智)。

他球団ではバファローズ金子千尋投手、平野投手、カープ大竹寛投手、ライオ
ンズ中村選手(おかわりくん)、侍ホークス・松田選手。
他、ヤヤ・トゥーレ(マンC)、ダニエウ・アウヴェス(バルサ)、フンテ
ラール(シャルケ)、レアンドロ(柏)、ファンペルシー(マンU)、
上原同僚ペドロイア(ボストン)、WBC世界一ドミニカ代表ホセ・レイエス(
トロント)。

相変わらず上原投手は仕事早上がりで、昨日もノーアウト1・2塁のピンチで
登板し、わずか9球で切り抜け、ベンチでテンションマックスなハイタッチを
反復。



ペナントレースは昨日で5球団との対戦が一周りし、10勝2敗2分とい
うこれ以上ないスタートを切れたわけですが、これも下位打線が他球団か
らすると想定外だったからかもしれません。

ボウカー選手は2年目ですが、もしロペス、ボウカー両選手今年当たり
だったら、ジャイアンツ史上初の自前外国人選手当たり、あるいは自前
育成外国人(的な)となるのでしょうか?
これってある意味(?)反則ですよね。

ロペス選手のバッティングを見ていると、野球はシンプル・イズ・ベスト
だなって思います。好球必打。甘く入ったボールをジャストミート○○。
東京ドームでは非力な打者でも『芯食』えばホームランになると言われて
いますので、おととい土曜日の一発もそんな感じでした。
ホームラン狙いと言うよりもジャストミートを心がけたバッティング。
ああいうタイプ結構好きです。
(ってか、あんなに後ろでポンポン打たれると修ちゃんやりずらいのでは?)

WBC準決勝VSプエルトリコ戦では、日本の各打者が低めのボール球振ら
されていました。
先週初甲子園でも同じ様にボール球振らされている感じでしたので、明日
火曜日からの本拠地GT戦では、甘いボールを一撃で仕留められるかどう
か注目(ジャイアンツ全選手)したいと思います。

また、ボウカー選手ですが、金曜日のラジオ(ニッポン放送)の解説が若松
さんでしたが、若松さんによると、昨年は左投手のスライダーをほとんど捕
らえ切れず、ファールになっていたらしいんですが、今年はそれがヒットで
きるようになっている、呼び込んで打てるようになっていると仰っていまし
た。・・・ってことはあれですかね、昨年よりボールを見る時間が長くなっ
ているということでしょうか。ということは・・・
日曜のゲームでも貴重な追加点となるセンターフェンス直撃のスリーベース
を打ちましたし、寺内っちゃんも美技で内海を助け、今年はぐっさん世代
ブラザーズ(?)が熱いのか。



今回は『祝ぐっさん最多ホールド』のための記事でしたが、慎之助の
祝1500本を忘れていましたので、併せて書いておきたいと思います。

あと菅野投手祝プロ初勝利。そしてもう2勝目ですか。
彼がジャイアンツに入ったのも、ある意味反▽でしょうか?戦力としては
十分、なんてぇ~もんじゃ~ないですね。
以前私は、菅野投手に関して1点不満があると書いたんですが、その内容
を書きませんでした。いや、書かなくて正解でした。恐らく私の見立ては
間違っていて、土曜日のスワローズ石川投手との投げ合いを見ていて、今
更ですが、とんでもない選手だと思いました。

私が地上波で見始めたら5回裏からでしたが、そのときの石川投手と6回
表の菅野投手、両投手の凌ぎは痺れました。

石川投手は恐らく調子は今一だったと思いますが、5回裏ツーアウト満塁で
ボウカー選手を迎え、2-0とボール先行した3球目、アウトローギリギリを
ボール判定され(私はストライクだと思いました)、本当に追い込まれた感
じでしたが、見事内角球で一塁ゴロに打ち取りました。感心してしまいまし
た。流石エースと思いました。

一方菅野投手は、相手投手が凄いのを知ってか知らずか、なんだか楽しんで
投げている感じで、6回の表勇人の暴投でランナーを背負い、私はここでゼロ
に抑えれば野手の信頼もかなり高まると思いましたが、ツーアウト1・2塁から
のバレンティン選手への攻めと言ったら、まあ、ルーキーのそれではないです
よね。カウント1-2(確か)からのアウトローストレート。私はストライクと
思いましたが、判定はボール。次、外でも内でもどちらも配球できると思って
いましたが、まさか前と同じアウトローでしかも途中までストレートと同じ軌
道で最後小さく曲がるカットボールで見逃し三振って・・・アンパイアにスト
ライクと言わせた感が漂って、とんでもねぇ~投手だなと思いました。

とりあえず、土曜日のゲームはこの5回裏と6回表の攻防を見て大満足してし
まいました。
(ロペス選手の一発は相手へのダメージが大きかったです)

勇人は日曜日9回表美技でしたね。

甲子園ではルーキー藤浪投手がプロ初勝利をあげたとのことで、彼も
ただ者ではないですから・・・開幕前の私の予想は開幕1軍は間違い
ないと思っていましたが、開幕ローテは想定外でした。

ドラフト以後(?)感じていましたが、菅野投手、藤浪投手、大谷選手、3人
とも頭の回転が速くて、インタビューもヨドミなく迷いなく噛む事もなく、野
球では修正能力が高く、現状に満足しないという点で一致しているかなと。
楽しみな選手たちですね。



ってことで、ぐっさん世代(1983年)なゲームソフトは、
『マリオブラザーズ』です・・・って、おいおい・・・

改めて、ぐっさん世代な洋楽は・・・
ジャーニーの『セパレイト・ウェイズ』かな。この曲って確か、菅野投手が
登場曲に使ってますね。
私の携帯の着うたは、ホール&オーツの『One On One』(ワン オン ワン)
のイントロです・・・えっ?・・・んな情報いらねぇ~?・・・
失礼いたしました。
(ちなみに『ワンオンワン』はバスケ用語で『マンツーマン』の意味です)
(また『ワンオンワン』というバスケ映画(ハリウッド)もありました)
・・・えっ?・・・ホール&オーツのジョン・オーツさんは、スーパーマリオ
・ブラザーズのスーパーマリオのモデルの人か?
『  ・  ・  ・  』

あっ、あとやっぱりマイケル・ジャクソンさんの『ビート・イット』(Beat It)
(それを打ち負かせ)でしょうか。

そう、まだ今シーズン、タイガースには我が軍は黒星つけてませんので、火曜日
にタイガースを、打ち負かせ~!おお~!




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2013ペナントレース
タグ:
菅野智之
ジョン・ボウカー
ホセ・セレスティノ・ロペス
浅尾拓也
山口鉄也

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鉄板継投【鈴木臣人のジャイアンツ魂!】

昨日の記事ですが、、、【鈴木臣人のジャイアンツ魂!】

【阪神】藤浪プロ初勝利にはあの人の貢献がっ!【一虎者(いっこもん)】

リーグ10勝一番乗り【巨人 大鵬 卵焼き】

【読売鉄腕遊戯】リーグ10勝一番乗り!巨人軍イクセイ・オブ・ゴッド!山口鉄也「ついに日本最高のセットアッパーへ」とは?【プロ野球死亡遊戯】

この1週間の巨人と大友さん【Lock-on Giants】

山口鉄也が積み上げてきたもの【NO NAME】

4/14 巨人 2-0 ヤクルト → いまだ東京ドーム無敗!エースの勝利でさらに勢いに乗りたい!【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ブロガープロフィール

profile-iconcolorfulnote

ジャイアンツ、プロ野球、サッカー、高校野球を応援していきます。
仕事柄、生観戦は皆無です。ですので、テレビ、ラジオ、ネットで戦況をチェック、感じたことを書きたいと思います。
更新は深夜、コメント返しは・・・できればしたいと思いますが、できなかったらごめんなさい。
選手の敬称はなるべく付けたいと思います。付けていない時は親しみがこもっていると思ってください。
週1回以上の更新、他のブロガーさんと内容が被らないことを目標にします(被ったらごめんなさい)。
1人ボケ・ツッコミが得意です。生理的に受け付けない方はスルーしてください。
突っ込み所がないので絡みずらいと思います・・・
・・・(^^;)・・・

2011年10月9日以後、若干の方針変更をいたします。これまでジャイアンツ・カテの他のブロガーの方々のブログを拝読させていただいてから記事を書いてきましたが、余りにも多くの労力とメンタル、モチベーション、時間の消耗を必要とするため、これを止めることとしました。したがって、記事内容が他のブロガーの方々と被る可能性がありますが、ご了承いただければと思います。よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2415428

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何度目の逆転負けか?~数えてはいない~
  2. どちらが負けても勿体ないな~、と思う対戦
  3. タラレバで申し訳ありませんが・・・
  4. 超攻撃的オーダー・・・って、そりゃあ全員絶好調ならそうでしょうよ・・・
  5. 怪物たちの夏
  6. エグい投手・・・二人
  7. 菅野は球数と闘ったのだろうか?・・・
  8. 5回まで100球くらい投げさせれば勝てるんではないか作戦?・・・(´;ω;`)ウゥゥ・・・
  9. 防御率No.1軍団との激突
  10. 特定のチームにカモられる捕手(バッテリー)などいるのだろうか●●●

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
10
09
08
2015
10
09
08
07
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss