きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2016年05月

「マジワラン」が超カッコイイ件

交流戦が開幕しました。 カープの2016年交流戦初戦は、「電光石火」「疾風怒濤」「息もつかせぬ」「あっという間」「あれよあれよ」などなど、どんな形容をすればいいのかさえ分からないまま始まったように感じています。(苦笑) これがいわゆる「桶狭間」での今川義元の心理なのか、はたまた「夢幻の如く」と夢でも見ているのかといったフワフワした感情の中、今シーズンのパ・リーグとの第一戦がスタートされたわけです。......続きを読む»

交流戦前夜 -いきなりぶつかるパAクラスとの戦いを展望する-

前半戦(序盤戦?)も昨日で終わり、カープは53試合を戦い29勝23敗1分で、2位の中日に2.5ゲーム差をつけて首位に立っています。 「混セを抜け出した」とは言えませんが、それでもこの状況は誇れるものでしょう。 開幕前は「前田健太の穴」を囁かれ下馬評の低いカープでしたが、同じように「バーネットの穴」「オ・スンファンの穴」「マイコラス(離脱という意味で)の穴」が生じている昨年のAクラスのチームが存在し......続きを読む»

前半戦終了 ~終わり良ければ全て良し~ 恭平3年ぶりとなる今シーズン初勝利!

いわゆる「御の字」というやつです。  De 0-6 広 元々この「ほこたて」カードでは、こちらも多少なりとも“硬い盾”を用意しておかなければならず、それが見込めるのが黒田のみだったこともあり「1勝できれば良し」というものでした。 初戦を落としていただけに今シーズン初の3連敗も覚悟していましたが、どうにか恭平が前半戦の最後を白星で飾ってくれましたね。 まずはその「孝行息子」の3年ぶりの勝......続きを読む»

ルナ復帰後の主軸の起用法

5カードぶりの負け越しとなりましたね。(汗)  De 3-1 広 実はカード初戦を失うのも6カードぶりで、1戦目、2戦目と続けて黒星となるのも4月16、17日の巨人戦以来(そのカードは2連戦)です。なので、なかなかこのDeNA戦はここまでのカープの戦いに「変化」を与えるという意味ではけっこうな「試練」になっているのかと感じている次第であります。 さすがに丸、新井、エルドレッドがブレーキ......続きを読む»

盾を突き刺せず

5連勝を賭けた戦いで負けてしまいました。(泣)  De 6-1 広 黒田の投げていた6回まではゲームになっていましたが、それでもほとんど井納を打ち崩せていなかったわけですから、巷で話題の「ほこたて」対決という視点で言えば、分が悪いまま試合が流れていたようにも思えます。 その黒田ですが、悪いなりに投げてくれたとはいえ、2回終わって52球ではさすがに・・・。(汗) 初回に筒香と勝負せざる......続きを読む»

接戦を勝ちパターンで逃げ切るという勝ち方

地元で巨人戦カード3連勝です!  広 3-2 巨 中﨑が1点差で9回に出て来ましたが、一打同点の場面は作ったものの(汗)何とか抑えてくれましたね。 こないだ新井のダイヴはセーフになっていましたが(笑)、今日は安部ちゃんの「俺のヒーローインタビューは流させないぞ」という気迫がアウトを呼び込んでくれたんだと思います。 あぶない、あぶない・・・。  ε=(~Д~;) それにしても、いい......続きを読む»

3ラン×3ラン

連勝でカード勝ち越しを早々に決めました。  広 9-3 巨 野村と田口だっただけにちょっと分の悪さを感じていたんですが、終わってみれば6回の集中打がかなり利いて6点差の快勝という結果となりました。 それにしても「立ち上がり」こそ良くなれど「6回以降」に突如崩れるのが最近の野村祐輔ですからね。(苦笑) 5回までもピンチが多く安定していたわけではないんですが、無四球ですしゴロも多く野村とし......続きを読む»

マツダオールスターゲーム2016

今シーズンはなかなか良いスタートが切れたカープですが、目下のところチーム打撃部門は軒並みトップクラスで、ここまでの戦いは開幕前には想定されていなかった「打撃」で勝ち切って来た感が強いです。 それだけに「いつ調子が下降してしまうのか」といった不安もありますよね。(汗) 特にブラッド・エルドレッドの調子が落ちそうで落ちず、足を痛めているこの主砲の状態が今後は気になるところです。 今季こそは「ブラッドの......続きを読む»

ジョンソンの連続完封で首位攻防戦先取!

天敵・ジャイアンツとの初戦を取りましたよ!  広 6-0 巨 いつもいつも調子が良くなってきた頃に戦うことになり、そしてせっかく上げた調子を落とされていた記憶ばかりの巨人戦。(泣) 今日は憑き物が落ちたように見事なまでの快勝となりました。 先制し、中押し点を入れ、ダメ押しで試合を決める。 守ってはエースが三塁を踏ませぬ安定したピッチングを見せ完封。 本当に最高の展開でした。 ま......続きを読む»

8四球

ノーガードの殴り合い(笑)を制し、カード勝ち越し、そして首位浮上を成し遂げました!  神 5-10 広 今日は勝つとしたら「打ち勝つ」しかないと思っていましたが、見事「レッドマシンガン」が火を噴いてくれましたね。 初回、2回と無得点に終わりましたが「中4日」の影響かメッセからはいつもの様な安定感が感じられませんでした。 そして迎えた3回、松山がキラーぶりを発揮し逆転3ラン。これで終わら......続きを読む»

今日こそ「レッドマシンガン」をぶちかまそう!

今週はここまで「打線が活発だった」とはあまり言えない週でした。  16日(ヤ) 12安打9得点  17日(ヤ)  7安打3得点  18日(ヤ) 11安打7得点  19日(神)  7安打4得点  20日(神)  6安打3得点 一見すると2ケタ安打2回とそこまで悪くないんですが、18日は延長の末ですし、何よりイメージ的に「集中打」がないのがそう感じさせているんでしょう。 ジョンソンの投げた試......続きを読む»

風に咲き、風に散る。

狐につままれたような試合でした。  神 4-3 広 それにしても終わって結果を見てビックリしたんですが、実に15本もの安打を浴びていたんですね。(苦笑) それでも「こりゃあ今日は負け試合だったな」と思えないのは、終盤の脚本が秀逸だったせいでしょうか。 ・・・今日も最終回にドラマが待ち受けていましたね。 ひとまず先発の岡田、岩崎共に6回を投げ、岡田が111球、被安打8、奪三振6、......続きを読む»

攻撃的継投

前日のサヨナラ勝ちに続き連夜の延長戦を制し、4/29~5/1の3連勝(中日戦の3タテ!)以来久々の連勝となりました。  神 1-4 広 長かったですね・・・。(笑) 昨日は大人になってこちらも久しくなかったお腹ピーになって苦しんでいましたが(苦笑)、終盤になっても目の離せない場面だらけで「とっとと終わってくれよぉ」と何度叫んだことか。(汗) ただ、最終回の攻防はなかなか見応えがあった......続きを読む»

九里亜蓮の分岐点となるであろう試合

何と、カープは今季初のサヨナラ勝利らしいですね。  広 7-6 ヤ もっと勝っていたような気がしていたんですが、延長で勝っていたのもビジターでのことだったとは意外です。(苦笑) これを機に、どうにか「1点差ゲーム」や「接戦」を勝ち切れるようになりたいものですよ。 そのためには今村や戸田あたりの救援陣が踏ん張らないといけないんですがね。(笑) さて、昨日はチーム一丸で掴み取った勝利......続きを読む»

ダブルヘッダー?

5月18日は季節外れのダブルヘッダーでも行なわれたんですかね?(苦笑)  広 3-11 ヤ まあ、完全な負け試合だったんで「捨て試合」と言えば聞こえはいいんですが、何と言いましょうか、5回までの「ダブルヘッダー初戦」と6回からの「ダブルヘッダー2戦目」が対照的すぎて言うに忍びません。(汗) 野村も何をやっているんだか・・・。 4回まではノーヒットノーラン。 安定していました。 5回......続きを読む»

「9番・ピッチャー・ジョンソン」

まさに「快勝」でしたね。  広 9-0 ヤ 今度は逆にあまりにもスムーズすぎて書くことが少ないという。(笑) 試合開始前に新井の名球会ブレザー授与式があったこともあって、「新井効果」がカープに乗っかりましたね。 2000本特需の時は6連戦を5勝1敗と大きく勝ち越せただけに今回も期待しちゃいましょうか。(笑) そしてその新井が何と久々の一発含む猛打賞。先制打にダメ押しにトドメのホー......続きを読む»

交流戦までの12試合 野手陣の入れ替えはあるのか

昨日もちょっと触れましたが、ローテ再編の煽りを受けて、現在16名いる野手陣の中から1名が黒田昇格の20日に入れ替えで降格することになると思われます。 そこは動かせないとしても、果たして今ウエスタンで活躍している野手の中から「今こそ上で」という打者はいるのか。 今日は交流戦前の12試合の中で、入れ替えが行なわれるのかをちょっと考察してみましょう。  ■ 現1軍メンバー(野手)16名 ■  ......続きを読む»

交流戦までの12試合 先発ローテとブルペン陣を考える

違和感を感じた方もいらっしゃったかと思いますが、恭平の丸刈り、あれってファッション的なものではなく“やっぱり”ペナルティ的なものだったみたいですね。(笑) ずっと分からなかった「謎」がようやく解けましたよ。 4月終盤の登板以降なぜかウエスタンでローテを飛ばされていた恭平でしたが、「行方不明説」や「故障説」を耳にするたびに「中日戦のローテに恭平は間に合わないのか・・・」と嘆いたものです。(汗) と......続きを読む»

今年も審判には「喝!」だな

いやあ、一夜明けて怒りが収まるかと思いきや、審判に対しての憤りは全く静まる様相を見せませんね。(苦笑) 安部が「タッチよりも早く左手でホームを触った。自信がある」と言っているので、99%あれは「セーフ」だったということでしょう。 吉本球審は本当になさけない審判だと思います。 その直前のファールチップの方こそ「疑惑」でビデオ判定が必要なプレーだったように思えます(広輔の顔が三振を物語っていましたし......続きを読む»

コリジョンルールによる弊害

怒りを鎮めるために、ひとっ風呂浴びてきました。(苦笑)  中 3-3 広 14時から始まったデーゲームでしたが、終わったのは18時41分。実に4時間半以上の熱戦を繰り広げていたわけですが、結果は両者痛み分けのドローとなりました。 カープとしては今季初の引き分けですね。 これで「谷間」でぶつかることとなった中日との3連戦は1勝1敗1分と完全な五分で、貯金を減らさなかったことを「良し」と取......続きを読む»

岡田明丈

気持ちが悪いです・・・。(泣)  中 6-5 広 ひと月ぶりに「絶対に勝っていなければならない試合」を落としましたね。 胃が荒れたのか、食欲が急になくなるくらい気持ちが悪くなりましたよ。(苦笑) 去年も交流戦に入るまでにこうした「ダメな負け試合」というのが三度ほどあったんですが、今年は5月半ばにして早くも三度目を達成してしまいました。 ちなみに一つ目が記憶に残るジョンソンの5点差をひっ......続きを読む»

継投と失策

最後まで気の抜けないゲームでしたね。(汗)  中 3-6 広 まずは「鬼門」と言われるナゴヤドームの初戦を勝てたことを喜びましょう。 しかもこちらは「ローテ外」のピッチャーを3人並べているわけですからね。 どのような勝ち方であろうと、ただただ「1勝」という数字を貪欲に掴み取るしかありません。 今日は戸田が先発。 試合開始前「戸田は良くて6回3失点、悪くて3回KO(苦笑)かな」と......続きを読む»

昨日の「対」となる痛い敗戦

連日のキツイ負け方。(汗)  ヤ 4-3 広 今日こそ1-3で勝たないと。(怒) 昨日はノムスケを引っ張り勝ちパターンに持ち込めず逆転負けを喫しましたが、今日はその「対」にでもなりそうな“勝ちパターンに持って行って”負けた試合でした。 まさかのヘーゲンズは出会い頭的に仕方なかったのかもしれませんが、昨日も打たれたジャクソンは四球がキッカケになっているだけにあまり擁護できませんね。 ラ......続きを読む»

黒田の最短復帰となれば奇跡が起こる

昨日はトンデモナイ負け方でしたね。(泣)  ヤ 5-2 広 普通に0-2で勝てていたはずの試合だっただけに、この1敗はただの1敗ではなく、今の苦しい状況の中、傷口に塩を塗られるような痛みを感じさせてくれました。 野村が素晴らしいピッチングを披露していただけに、なおさら“キツさ”が増すんですよね。(泣) さて、昨日のゲームのポイント、分岐点は幾つかあるわけですが、一番は「8回の裏の......続きを読む»

持ち堪えるKJ

雨の神宮球場、どうにか初戦をジョンソンで取ることができました。  ヤ 3-6 広 これで20年ぶり(?)のセ・リーグ20勝一番乗りです! 先発投手陣「半壊」の中、ジョンソンのところをしっかり勝てたのは大きかったと思いますね。 一時はどうなることかと思いましたが。(苦笑) 今日のカープは初回に三振ゲッツーを喫するなど、新垣に対し三振ラッシュを繰り広げていました。(汗) 3回にも石......続きを読む»

半壊した投手陣の立て直し案

おそらく福井が今日抹消されることになるため、カープのローテーションが半壊することになってしまいます。(汗) 開幕時の6名(実質5名)ジョンソン、黒田、福井、野村、横山、岡田のうち、残っているのはジョンソンと野村のみ。 前カードの横山、黒田、福井が立て続けに抹消となってしまったため、いわゆる「裏ローテ」が壊滅した形となっているわけです。 かろうじて新たに九里亜蓮という名を書き加えられたものの、それで......続きを読む»

それでも福井は落とせない

福井の背信投球が続きますねえ・・・。(汗)  広 1-7 De これで巨人、DeNAと続けてカード負け越しです。 まあ、対戦投手を見渡した時点で4勝2敗で良し、3勝3敗で御の字、2勝4敗も止む無しといった状況だったので、結果としては最低限の戦いはできていたと思われます。 欲を言えばジョンソン、野村、黒田、福井のところでは手堅く勝ちたかったんですが、ジョンソンはともかく、今日福井が負けて......続きを読む»

黒田抹消で宙に浮く「盤石ローテ」プラン

とうとう我が家にもやってきました。 『Windows10』の強制アップデートが・・・。(泣)  ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 これ、かなり悪質ですね。 いつのまにやらアップデートランクも上がり、こちらの意思とは無関係に愛機『Windows7』搭載のパソコンを無理矢理グレードアップ(ある意味ダウン? 苦笑)させようと潜り込んできました。 どうにかKBナントカのプログラムを消去したりと昨日は阻止しま......続きを読む»

黒田4回降板の意味

逆転勝利で首位返り咲きです!  広 10-4 De 見事「レッドマシンガン」が復活しましたね。 今日は黒田と井納の投げ合いとはいえ「打ち勝つべき」と考えていましたが、各打者が期待に応え17安打の10得点と躍動してくれました。 菅野や今永といった“良い投手”相手にはほぼ沈黙していただけに不安も生じていましたが、井納からの5得点は評価に値します(その分、黒田も打たれてしまいましたが 苦笑......続きを読む»

今、横山をどう評価すべきか。

昨日程ではありませんでしたが、今日もなかなか成す術のない負け試合でした。(苦笑)  広 0-6 De 分かってはいたことですが、今永は良い投手ですね。 とても新人とは思えない安定感を醸し出しており、さすが「大学左腕№1」の名に恥じないドラ1ルーキーだと思います。 ここまで未勝利という「伏線」も“イベントコーディネイター”のカープにとってマイナスに働いたようですしね。(笑) しっかりと「嬉......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:483
  • 累計のページビュー:33789667

(01月17日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss