きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2015年07月

トリプルスリー候補者の今

昨日はどうにか首位・ヤクルトに対してカード勝ち越しを決めたわけですが、やはりヤクルト打線は脅威でしたね。(汗) こちらが「裏ローテ」だったこともあり完全に「投」が圧倒されていたこともあるんですが、川端、山田、畠山、雄平と連なる中軸からは「怖さ」以外感じられませんでした。 その中でも“絶対に止めなくてはいけなかった”のが山田哲人です。 開幕当初こそ若干打撃が低空飛行していましたが、気付けばセ・リー......続きを読む»

4点差からの終盤での逆転勝利。なんかこういうの久しぶりですよね。(笑)  ヤ 4-5 広 5回4失点の薮田でしたが、決して褒められた投球ではありませんでした。(汗) キャッチャーの構えたところにも投げることができず、連打、本塁打、四球など結果も伴うことがありませんでした。 最後の5回にしても相手に助けられた部分が大きかったですしね。(苦笑) それでも称えるべきは、何だかんだ「5イニング......続きを読む»

意図の見えない打順変更

今度はヤクルトに連勝を止められてしまいました。(汗)  ヤ 8-3 広 今日一番の注目は2年ぶりの先発となった今井啓介でしょう。 今季は登板機会こそ少ないですが、ピッチング内容も良く「ようやく覚醒したか」と言えるまでになっていた今井。 それだけに、「完封」や「完投」は言い過ぎですが、せめて7回3失点くらいでまとめてくれるものと信じていましたが・・・。 シアーホルツの送球以前に、......続きを読む»

首位ヤクルトの連勝を止めた!

オールスターを挟んで7連勝中のヤクルトに快勝し「混セ」に踏み止まりました。  ヤ 2-11 広 まあ最後の4点はオマケですが、打線が機能しての勝利は今のカープには明るい話題だと思います。 何度も言いますが、今年のカープは「打」のチームですから。 打てているうちは「強い」ですし、打てているうちは「勝てる」試合が増えてきます。 相手も強打を誇るヤクルトですが、どうにか明日か明後日にも勝利......続きを読む»

大瀬良を下げてまで中継ぎを充実させた以上リリーフの力で混セを抜け出してほしい

昨日はジョンソンのナイスピッチングで3タテの危機から脱しました。  広 5-0 巨 ただ、「柱」を3本継ぎ込んでの1勝2敗はとても満足できる数字ではありませんね。(汗) 何とか「踏み止まった」というのが現状でしょう。 連敗阻止へと、再び不振に陥っている丸を「1番」に戻しグスマンを「3番」に据えた新打線を組みましたが、正直あまり機能していたとは思えません。(汗) グスマン以外の打席......続きを読む»

菊池はこのまま「2番」で使うべき

昨日の敗戦は痛かったですね。(汗)  広 2-3 巨 ゲーム差が広がったことや借金が増えたこともそうなんですが、純粋にこのカードの負け越しが決まってしまったことが個人的にはキツかったです。 何せ、前田健太、福井、ジョンソンを擁した“3連勝の期待ができる”「表ローテ」ですからねえ・・・。 先週の雨のため「ジョンソン&前田健太」と「黒田&福井」に分けることなくローテが組まれることになりま......続きを読む»

「前田健太VS菅野智之」からは「大野豊VS槙原寛己」が与えてくれた爽快感が感じられない

ただただ悔しいですね。(泣)  広 1-2 巨 奇しくも一昨日の雨で「前田健太VS菅野智之」の今季四度目のエース対決がもたらされましたが、どうにも今年はこの戦いには分が悪いようでして。(汗) ここまで「1-0」「0-1」「1-2」とロースコアで勝敗が決しており、今日の試合も「1-2」。対戦成績はカープの1勝3敗とものの見事にエース対決で負けている形になっています。 得点差を見る限りは1......続きを読む»

グスマンをどう使うか

前田健太-八木の「投手戦」を回避できたカープでしたが、そのためにローテを再編成することになりました。 マエケンさんはスライドし巨人戦(24日)へ。 ジョンソンは「中5日」で初の巨人戦登板(26日)へ。 少しでも休ませたい負傷中の黒田は28日のヤクルト戦へ。 「三本柱」の動向が固まったようなので、とりあえず週末のカードが前田健太、福井、ジョンソンになりました。 巨人とDeNAに投げる投手ですね。 ......続きを読む»

昨日の負けを忘れさせてくれるような勝利

中断があったので長く感じましたが、そのおかげで何だか昨日負けたことさえも遠い昔のように感じています。(笑)  広 8-5 中 ほらね。 アツは打つんですって。 打席を外して一呼吸置いたことで「これは打ってくれるな」と感じていましたよ(さすがに三塁打は出来すぎでしたけど)。 二打席目の犠牲フライはシアーホルツがよく走ってくれたからなんですが、やっぱり今“ノッている”男にはチャンスが巡......続きを読む»

負け数の差

後半初戦は黒星でのスタート。(汗)  広 2-3 中 思えば開幕戦もそうだったんですが、せっかくホームで始められたのに初戦で負けるのは実にもったいないです。 地元で良いスタートを切ることで「勢い」も生じますし、「やれる!」という根拠のない力を得ることもできます。 まあ、マエケンさんや黒田をカード頭に持ってこれなかったんで仕方ないと言えば仕方ないんですが、それでもジョンソンは勝ちが計算で......続きを読む»

會澤のMVP獲得は「陰のMVP」のおかげ

  自分の 行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。 今日は真っ赤に彩られたオールスターゲーム。 地元マツダスタジアムでの開催はカープナインに力を与えるようですね。 ズムスタでのオールスターということで、今日はカープの選手に多くのチャンスが与えられました。 先発に黒田博樹。 黒田のボールを受けるのは會澤翼。 丸佳浩、菊池涼介と見慣れた「1、2番」コンビが続き、「4番」・・......続きを読む»

明日に備えカープ勢スタメン0の哀感

明日の2戦目がズムスタでの戦いになるため、今日の試合はカープ勢からスターティングメンバーが選ばれませんでした。 ちなみにカープから今年のオールスターに選出された選手は7名。  黒田博樹  會澤翼  新井貴浩  菊池涼介  丸佳浩  前田健太  田中広輔 さすがに明日の試合で野手5名がスタメンに名を連ねるとも思えませんし、せめて菊池か丸あたりが選ばれてくれればと願っていたんですが、やはり赤ヘル軍......続きを読む»

「セットアッパーローテーション」始動!?

昔「オールスター休み」というカテゴリーを作ったんですが、今年は球宴後の休み期間が短い(ないに等しい)ので何とも言えない気持ちになっています。 せっかく作ったんで使ってみますが。(笑) しかし、これだけすぐにシーズンが再スタートとなるのなら前半と後半での切り替えが難しそうですね。 まだまだ「混セ」が続くような気がします。(汗) さて、昨日は薮田(4回)-戸田(2回)-大瀬良(2回)-中﨑(1回......続きを読む»

完封リレーで前半戦最終戦は勝利!

総じて散々だったと言える前半戦でしたが、最終戦は「チームの力」で勝利を掴み取り連敗を止めて終えることができました。  神 0-3 広 まずは投手から。 先発の薮田はストレートに力がありカットをアクセントに力強いピッチングをしていましたね。 前回は荒さが悪い方に転がりノックアウトされましたが、今日に限っては要所で踏ん張れたのが大きかったと思います。 ただ、死球の多さは反省しなければいけ......続きを読む»

相性を踏まえたローテ作りをしてみる

またも「天敵」にやられました。(苦笑)  神 5-2 広 連続無失点には終止符を打てましたが、能見に良いようにやられてしまってはどうにもなりません。(汗) こないだの八木や藤井に対してもそうでしたが、カープは苦手にはトコトン弱いですよねえ・・・。 ちなみに打者の「天敵」福留にも3安打されています。(苦笑) まあ、我らが鉄壁の二遊間がエラーをしてしまっていますし、野村だけを責めるこ......続きを読む»

堂林翔太を明日も使うべき

昨日は散々な叩かれようだった堂林ですが、はたしてそこまでひどいものなのか・・・。 緒方監督にしても、堂林を2軍から上げて来たことを疑問視されていますが、その選択は本当に間違った判断だったのか・・・。 ちょっと考えてみましょうか。  1. 堂林の昇格は正しかったのか まず、そもそものところで昇格選手が堂林で良かったのかについて。 前田健太が予想より一日遅れで抹消となり(一応「中4日」......続きを読む»

堂林翔太は起爆剤になれたのか

前回「“久々の”0封負け」だったと書いた矢先の0封負け。(苦笑)  中 2-0 広 今日の負けは痛すぎますね。(汗) まあ、そこまで「勝てた試合」だったとも言い切れないのがもどかしくもあるんですが、少なくとも12回2アウトまではドローになる流れでした。 しかも、何度かあった失点する機会を乗り切っての12イニング目でしたからね。 こちらも拙攻がいくらかあったとはいえ、「引き分けでも良し」......続きを読む»

久々の0封負け

難敵・八木を前に、やっぱりカープ打線は沈黙となりました。(汗)  中 2-0 広 なんでウチだけ八木を打てないんでしょうねえ・・・。(苦笑) 低めを振り過ぎているのか、たまたま相性が良くないのか・・・。 いずれにしろ、このまま「キラー」が続くようなら中日戦で1敗を献上するのが必至となってしまいます(ローテにもよりますが)。 対策をしているのはいいとしても、その対策が生きていないのが気に......続きを読む»

中﨑が出てくると「今日は勝った」と思えるようになった件

エースで連敗を止め、再び3位へと返り咲きました。  中 2-3 広 1点差勝ち、しかも投手リレーでの勝利はなかなか格別なものがありますね。 8回のチャンスで代打が出た関係上、前田健太-大瀬良-中﨑と繋いでの“綺麗な”継投での逃げ切りとなりましたが、こういう継投で勝つ野球というのも強いチームの戦い方だと思います。 ただ、本来であれば8回まで前田健太が投げて9回が中﨑というプランだったはず......続きを読む»

今の1軍に下水流の活躍の場はあるのか

一昨日の話ですが、カープはDeNAに連敗で借金「3」に逆戻り。順位も一つ下げて4位へと転落してしまいました。(汗)  広 1-7 De まあ、この負けに関しては、薮田が普通に捕まっての「よくある敗戦」なんで気に病むこともないでしょう。 1勝1敗で充分だったことを考えると、前日の黒田の試合を落としたことが痛かったというだけですね。 だから勝てる時に勝っておけというのに・・・。(苦笑) ......続きを読む»

第二の壁

自らの手で5連勝を逃してしまったような試合でした。(汗)  広 1-3 De 最近では「そろそろ勢いが失われつつある」と思われているDeNAですが、今季はこの球団が「優勝」への最大の障壁になりそうな気がしています。 共に「優勝」争いをするということだけではなく、カープが頂点に立つためにはこのチームに勝っていかなければならないといったようなことも感じています。 だからこそ、ここには勝てる......続きを読む»

崖っぷちに立たされた野村祐輔がナイスピッチングをしたことで、「後半戦開幕投手・大瀬良大地」の目論見があえなく潰えた!?

とうとう借金が「1」にまで減りました。  広 5-2 ヤ 順位も一つ上がって首位と1ゲーム差の3位に。久々のAクラスです。(苦笑) 長かったなあ・・・。 というか、交流戦に入る前まではこんなに早くAクラスに上がれるなんて思いもよりませんでしたよ。 願望としては、交流戦でいくらか借金を返しリーグ戦再開後は勝ち越しを続けて・・・と思い描いていたものもありましたが、こういった展開(5割前後......続きを読む»

後半戦は「ローテ7名制」なんてどうでしょう

昨日ヤクルトに勝ってまさかまさかの首位と0.5ゲーム差。(苦笑)  広 7-1 ヤ まあ、エースの登板日ですしね。今のマエケンさんはそうそう打たれる気がしないので、この勝利は想定内ではありました。 休養明けで元気一杯のブラッドが先制打を放ち、恐怖の下位打線が追加点を取るような展開では、完全にウチに流れが来ますね。 また、地味にシアーホルツの働きが打線に良い影響を与えていると思います。......続きを読む»

こんな今だからこそ「巨人包囲網」の提唱を!

黒田の初戦を落とした今カードでしたが、薮田に続き福井も好投し見事連勝で勝ち越しと相成りました。  巨 2-3 広 今日は1戦目と2戦目で見たような試合展開が随所で見られましたね。 まずは、初回にネイトの2ランで2点を先制するもすぐさま長野に打たれ1点を返された点。 その後3回に長野絡みで同点に追いつかれたところも、2戦目とほぼ同じでしたね。 ただ、前日との違いは福井が4回以降は準......続きを読む»

カープスカウトの確かな眼力

今日はデビュー登板の薮田和樹に尽きますね。  巨 3-10 広 試合開始前は、昨日負けてしまったことで「嫌なフラグ(連敗)が立ってしまったかも」と少し弱気でいたんですが、蓋を開けてみれば、いきなりの先制パンチもあって比較的余裕を持って応援することができました。 新生「丸菊」コンビでもぎ取った開始早々の「2得点」が大きかったと思います。 そして薮田の初マウンド。 ストレートの威力を......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:287
  • 累計のページビュー:33791908

(01月23日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss