きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2015年04月

魂のヘッドスライディング

これで「魔の9連戦」での借金完済は夢と散りました。(泣)  広 0-1 De 25試合で9勝16敗。借金は再び「7」。 4月中に10勝には到達できませんでした。(汗) 野村はどうしたのってくらい完璧な投球でしたね。 持ち味の制球力も復活し、落ち着いたマウンド捌きは“今後”に期待が持てます。 ただ、カープ打線じゃありませんが、野村に関しては次とさらにその次に同様のピッチングができるの......続きを読む»

「第83代4番・中井大介」から考えるカープの未来(さき)

ジャイアンツは阿部に続き坂本まで抹消となっています。 巨人軍の誇る“代えの利かない”3名(阿部・坂本・長野)のうち、これで今1軍に残っているのは長野だけに。そして、その長野も不調・・・。 そんな状況の中、原監督は「4番」に中井大介を据えました。  「第83代4番・中井大介」 「阿部の後継者探し」というものがそろそろ急務になってきている巨人ですが、昨年プチブレイクした大田、ドラ1の岡本らと合わせて......続きを読む»

底を脱するまで後2ステップ

前田画伯の絵がゴチャゴチャしていましたね。(笑)  広 9-2 De 今日は数字だけ見れば快勝ですが、部分部分を切り取ってみると、2回の1死3塁、3回の1死2塁3塁で無得点だったのはこれまでと変わりません。手放しで喜べる状況ではないということです。 それでも丸が振れてきたのは朗報ですし、田中というトップバッターが決まりつつある(本当は「7番」あたりにいてもらえると安心しますが)のは嬉し......続きを読む»

優勝ラインによっては充分巻き返しが可能

23試合が終わり8勝15敗。 4月も残り後2試合です。 どんなに良くても10勝15敗なのが悲しいところですね。(泣) 2015年の「優勝」候補『広島東洋カープ』。 我らがこれから進む道には、思いもよらぬ険しさが待ち構えていることでしょう。(汗) さて、ここで今季の「優勝」ラインを考えてみたいと思います。 今年はいつになく混戦で、いわゆる「混セ」という俗称も言い過ぎではない状況となっ......続きを読む»

孤軍奮闘

大瀬良もそうですが、我々にとっても悔しい一戦となりました。  広 0-1 De 今日は前回とは違い余力を持って(球数だけの判断ですが)の9回のマウンドでしたが、内野安打から1点を失ってしまいましたね。(汗) ツーアウトまで持ち込んでの一本は悔しすぎます。 ナイスピッチングを続けていたのに・・・。 今季初勝利を目指していたのに・・・。 それにしても点が取れませんねえ・・・。(苦笑......続きを読む»

本当に野村謙二郎体制だったら上位に位置することができていたのか

ここまで22試合が終わり8勝14敗の借金「6」、順位は最下位。 なかなか借金が減らない状態が続いています。(泣) 下馬評では「優勝」候補筆頭だったカープも、4月が終わりそうな今現在、そうした評価からは見放されつつあるのも否めません。(汗) ただ、「これだけの戦力でなぜ?」という言葉を耳にすることもありますが、果たして今の戦力が「これだけ」と言われるほどの戦力なんでしょうか。 投手陣、中でも先発投......続きを読む»

連勝なくして最下位脱出などなし

残念ながら最下位脱出とはならず。(泣)  広 0-6 神 思えば今年「連勝」をしたのは、“あの”7連敗後に3連勝した一度だけ。(苦笑) ここまで借金を重ねたチーム状況を踏まえると、少しでもいいので「連勝」というものをしていかない限りは、なかなか借金返済には近づけないでしょう。  勝った次の日をどう戦っていくか。  勝って調子に乗っている状態をどう維持していくのか。  いかに波に乗るか。......続きを読む»

ホームラン0で11得点

12安打で11得点。  広 11-3 神 あれほど打てなかった打線も打つ時はこれですからね。(苦笑) まあ、この攻撃が明日以降も続くのかが大事ですが、まずは久々の大量得点を素直に喜びましょうか。 今日は好調の広輔をトップバッターに据え、安部を「7番」に下げるオーダーを起用しました。  ⑥ 田中  ④ 菊池  ⑧ 丸  ③ 新井  ⑨ シアーホルツ  ⑦ 野間  ⑤ 安部  ② 會澤 ......続きを読む»

2015年度版「攻撃的2番打者」と「ベストプレープロ野球」の“C”打線 下

では「上」の続きを。 子供のころ、ファミコンでよく遊んでいました。 「よく」と言っても、当時は「ファミコンは1日1時間」の時代でしたからね。(笑) 限られた時間の中、抜粋したゲームソフトを遊ぶのが自分のファミコンスタイルでした。 中でも「スーパーマリオ」や「ドラクエ」なんかと共にマストアイテムだったのが「ファミスタ」です。周りにカープファンがいない環境も後押しし必ず使用できるCチームを使い楽し......続きを読む»

2015年度版「攻撃的2番打者」と「ベストプレープロ野球」の“C”打線 上

今のカープの先発投手陣の中で、安定感抜群と言っていいのが前田健太、黒田博樹、クリス・ジョンソンの3人でしょうか。  前田健太   対ヤ 7回2失点 2-4で負け   対D 7回2失点 2-3で負け   対巨 7回0失点 1-0で勝ち   対ヤ 8回1失点 0-1で負け   対巨 7回1失点 0-1で負け  黒田博樹   対ヤ 7回0失点 2-1で勝ち   対中 7回3失点 0-3で負け   ......続きを読む»

20試合を終えて -7つの悩みを抱える緒方新監督の見据えるべき道は-

今季のカープも開幕からここまで20試合が終了。 7勝13敗で借金「6」。首位と5ゲーム差の最下位です。(汗) ちなみに昨年は20試合を終えた時点で14勝6敗の貯金「8」ですから、なおさら今年のスタートダッシュ失敗が応えますね。 ここからの皮算用としては、交流戦前までに借金返済、あるいは現実的な数字として借金を「1」か「2」あたりまで抑えることが考えられます。 そして、苦手としている交流戦で今......続きを読む»

ハイパーウルトラスーパーエース前田健太

やはり北関東シリーズの巨人戦はこうなりますね。(汗)  巨 1-0 広 前回「スミ1」で勝った菅野相手でしたが、今度はそっくりそのままやり返されました。 これは純粋に悔しいです。 “してやられた”感がたまらなく悔しいんです。(汗) これが2-0や3-1で負けたのならばまだしも、まさに「リベンジ」されたことが、ダメージを増長させてくれました。(苦笑) 坂本は良い選手ですね。 対......続きを読む»

シアーホルツのバッティングが杉内に狂わされていなければいいんですが・・・

まさに鬼門。  巨 6-3 広 昨年のリベンジをと北関東に向かったカープナインでしたが、なかなか勝利の女神はこの地では我らに微笑んでくれないようでして。(苦笑) それどころか魔物が巣食っているような印象さえ受けましたよ。 初回に切り込み隊長の丸がヒットを放ち、菊池が送った後の1死2塁。 シアーホルツのバットからはタイムリーが生まれる気配を感じられませんでした。(汗) 「さすが杉......続きを読む»

2015年度版赤ヘル打線の終着点

野間と誠也という外野の一角を争うライバル同士のアベックホームランには痺れましたね。 そして、それぞれが打ち終わった後のベンチのムード。 やっぱり『広島東洋カープ』って最高です。 本当にカープファンで良かった・・・。(泣) さて、そんなカープの打線でしたが、昨日の試合で少しだけ上昇線を描きつつあるのかなと感じました。 キラの時もそうでしたがファンのみならず選手の中にも未知の戦力への期待感と......続きを読む»

ジョンソン-石原のバッテリーは素晴らしい

終わってみれば胃の痛くない勝利!(笑)  広 5-0 中 ここまで登板のなかった今村まで使えて最高の勝ち方ができました。 今村も悪くはないですね。 これで2勝1敗とカード勝ち越しです。 中日との対戦成績は2勝4敗とまだ二つ負けているので、次、次と少しずつ「借り」を返していきましょう! 今日は何と言ってもジョンソンに尽きます。 多少フワフワしたところもありましたが、要所で魅せる併......続きを読む»

直近の7つの出来事の是非を問う

前回の最後で「改善案」という単語を用いたので、ここ数日の出来事を参照に幾つかの「改善案」を生み出せないか考えてみました。 ちょっと是非を問う感じで進めてみますね。  1. 梵英心の是非を問う まず一つ目が、今日もスタメンに顔を出している梵英心についてです。 個人のことですが、ここ数試合で不振に陥っているチームリーダーをスタメンで起用すること、或いは1軍メンバーとして残しておくべきかというこ......続きを読む»

低迷の最大の原因は?

しっかしホント延長で勝てませんねえ・・・。(汗)  広 2-3 中 こんな感じの「勝てそうで勝てない」という展開も、最初の数試合は「後一歩で勝てるわけだから今年は強い証拠」と前向きに捉えることもできましたが、さすがに17試合も経過した今となっては「ひょっとすると今のカープは弱いのかな」と弱気にならざるを得ません。(汗) 真剣にここまで低迷することになった「最大の原因」について考えていか......続きを読む»

スーパーエース福井優也

またも「スミ1」。(汗)  広 1-0 中 初回いきなり丸に一発が出た時には、今日こそ打ち勝てるのかと期待したんですが、終わってみれば“いつもの”胃が痛い勝利でした。(苦笑) 相手のことですが、八木はよく粘りましたね。 カープの各打者も四球はもらえるんですが、どうにも攻めあぐね結局6回ちょっとをその丸のホームランだけに抑えられる始末。 何だかヤクルトの石川のようになりそうで、ちょっと不......続きを読む»

シアーホルツ加入で決まる「7分の4」と「左右スイッチシステム」

シアーホルツが来日初ヒット(ウエスタンでの阪神戦にて)を放ったらしいですね。 順調に行けば21日の巨人戦でのデビューとなるそうですが、シアーホルツが加入後にカープがどう戦っていくべきかを考えてみました。 日頃「あーだこーだ」と好きなことを書かせてもらっていますが、今回も自分勝手な用兵になりますよ・・・。(笑) まず、シアーホルツが登録されるにあたって抹消となる選手を考えなくてはなりませんね。......続きを読む»

シアーホルツの登録とともに抹消となるのは誰なのか

今日は変則日程のため試合はなし。 阪神が勝ってくれたおかげで首位とのゲーム差は4.5に縮まりました。 それにしても福田は打ちますねえ・・・。。(汗) 新星の如く現れた若きスター候補生。 ウチの堂林やら誠也やらにもこんな感じの確変を期待しているんですが、なかなか上手くいかないものです。 明日からの中日戦にはちょっと注目しています。 ここまでカープはヤクルトに2勝2敗、阪神に1勝1敗、巨人には......続きを読む»

狐につままれたような負け

試合が終わった瞬間の感想は「あれ? もう試合終わり?」というものでした。(苦笑)  ヤ 1-0 広 立ち上がりのマエケンさんは、とにかくストライクが入らず連続ボールで先頭の山田に四球。田中にもボール2となった後に送りバントを決められる・・・。 正直「助かった」と思ったんですよ。 じっくり見られたり打ちにいかれる方が嫌だと感じていたので、そこで「送る」という選択をしてくれたことに胸を撫で下......続きを読む»

緒方監督の迷いを絶つには“名将”野村謙二郎采配の良いとこ取りが一番

結局ノーゲーム。 「いっそ最初っから中止にしてくれよ!」という思いも過ぎりましたが、幸いウチはローテに質・量ともに余裕がありますからね。大瀬良が一回飛んでしまいますが、前回投げまくっていたことですし軽い休養を取れてラッキーだったと思うことにしました。(笑) 菊池がヒット一本損したくらいかなあ・・・。 これで大瀬良は、天からも「次期エースはキミだ」と告げられたのかもしれません。 マエケンさんが長......続きを読む»

苦杯

セットアッパー候補中﨑翔太、無念の被弾。  神 4-3 広 今日の試合を落としたのは痛いですね。 途中までは若干タイガースペースだったので「負けるかも」という思いが過ぎっていたんですが、度重なる相手の軽いミスを見ていると次第に「こういうゲームは勝たなきゃいけないな」と気持ちに変化が生じました。 「落としてはいけない試合」というよりは「拾える時に拾っておこう」といった装いになりますかね。......続きを読む»

飛ばないボールで輝く2人の男?

なんとか5位(同率)浮上です!(笑)  神 2-7 広 これで7連敗の後3連勝。 何だか去年も似たようなものを見た気が・・・。(笑) 何はともあれ、この流れに乗じて一気に7連勝までは上げていきたいものですね。 対する阪神はこれで6連敗ですか。(汗) 今年は首位争いをすると思われていた球団(巨・神・広)がこぞって不振に喘いでいます。 逆に残りの3球団の強いこと。(汗) ヤクルトは開幕......続きを読む»

野村か福井か ~変則ローテを予想する~

天気予報に雨マークがついていたので怪しんではいましたが、やっぱり雨天中止でしたか。(泣) メッセはスライドするようですが、我らがジョンソンは飛ばされるか少しズレるかということになりました。 今回の雨は「恵みの雨」だったんでしょうかねえ・・・。 7連敗の後の2連勝で乗り込む敵地。 「勢い」というものを考えるのならば「戦いたかった」というのが現実ですが、戦力の揃っていない今のカープにとってみれば、......続きを読む»

スミ1を守り切りエース初勝利!!!

なんかもう胃の中が凄いことになってそうですね。(笑)  広 1-0 巨 もうすぐ27歳になる精神年齢23歳(笑)の前田健太の粘りのピッチングが今日の勝因でしょう。 相手の菅野同様そこまで良い内容ではなかったと思いますが、“悪いなりに”どういう投球をしていけるのかがエースとしての力量を計るものでもあり、また本質でもあります。 ランナーを出さないに越したことはないんですが、毎回素晴らしい状態......続きを読む»

「勝利の方程式」を整備する

前々回で「方程式」の整備が必要と謳った以上、一応自分なりに整備案を考えてみました。 なお現在の1軍メンバー(投手)がこちら。  先発   福井 大瀬良 黒田 前田健 野村 ジョンソン  中継ぎ   九里 永川 一岡 中﨑 ザガースキー  抑え   ヒース 今井が抜けて、敗戦時の投手と勝ちパターンの投手との使い分けが難しくなりましたね。(汗) この中で「勝利の方程式」と目されていたのが......続きを読む»

接戦をもぎ取り連敗ストップ!!!

やりました!連敗ストップです!!!  広 3-2 巨 今日はいきなりノムスケがカコーンと先制されてしまいましたが、何とか必死に粘りましたね。 それこそ本当にどうにかこうにか・・・。(苦笑) 野村はどうしても球数が多くなるのでイニングイーターにはなり得ないんですが、6回2失点と晴れて「先発六本柱」全員がQS達成となりました。 けっこういいボールを投げていたんですが、なかなか審判の手も上が......続きを読む»

1991年の優勝時に似せていきましょう!

開幕して10試合で2勝8敗。延長戦5戦5敗。7連敗中。  広 1-2 巨 昨日は仕事だったので「連敗ストップの試合をずっと保存しておこう!」と録画をしていたんですが、休憩時間に見た家族からのメールの「件名:カープ  本文:今日も延長でしたね そろそろ録画止めておきますね」の文章から感じ取る暗さ(矢印が斜め下向きに下がる記号とかがありましたので 汗)で全てを悟りました。 仕事途中で耳にする......続きを読む»

鈴木誠也を育てる

 鈴木誠也   7試合(スタメン2) 12-1 .083 4三振 1盗塁  野間峻祥   8試合(スタメン7) 35-8 .229 12三振 1盗塁   二塁打4 三塁打1 1打点 2得点 犠打1 今季「1番」を争うはずだった二人の若者の成績がこれです。 正直、どちらもパッとしませんね。(苦笑) 緒方監督としてはそのポテンシャルに“惚れている”こともあって野間にチャンスを多く与えているよ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:287
  • 累計のページビュー:33791908

(01月23日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss