きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2015年01月

2015年のカープは「投」のチームなのか「打」のチームなのか

今年のカープはいつになく強いと思われます。 前田健太が渡米せず、黒田や新井が帰ってきて、若手が成長し、新たな戦力たちにも期待がかかる・・・。 本当に「優勝」が現実味を帯びている現状ですが、ところで今季の『広島東洋カープ』という球団は「投」「打」どちらに秀でたチームになっているんでしょうかね。  1. 「カープは投手のチーム」 前田健太と黒田博樹がいる時点で、「Wエース」を有するセ・リーグ......続きを読む»

今秋は上原健太の1位指名で正しいのか

もの凄~く気の早い話なんですが、今年のドラフトについて少々考察してみようかと思います。(笑)   ■ Case1  上原を1位で獲得できる場合 ■ まず1位指名ですが、こちらは先日ニュースにもなったように明治大学の上原健太の指名を匂わせています。 上原は駒大の今永昇太と並び今年のドラフトの目玉になるであろう左腕ですが、今永と比較すると「完成度」の面では幾らか劣り、どちらかと言えば一、二年完......続きを読む»

「セットアッパーローテーション制」のカギを握る男

今季は久々の豪華先発陣に大きく期待の持てる布陣ではありますが、「投手王国」が復活するかどうかはリリーフの出来如何とも言えます。 現代野球では、昔のように先発がフル回転して戦うといったことはなく、“ほぼ完全な”分業制となっています。優秀な先発を4、5枚揃え、そこそこ抑えれてタフな中継ぎが1枚、そして信頼の置けるストッパーが1枚いれば良かった頃とはもう違うということです。 そんなカープリリーフ陣の今年......続きを読む»

新井貴浩のイケトラコンビ(池山・広澤)超えは見られるのか

カープに今季新加入した選手の中でも黒田に次ぐ目玉なのが新井貴浩でしょうか。 まさかの電撃復帰から数日、その賛否に決着がつく間もなく黒田が戻って来たことによる相乗効果で、今や歓迎ムードとなりました。(笑) 空席の「三塁」のレギュラーポジションを奪うのではないかとさえ囁かれていますよね。 そんな新井の特徴は、本塁打王も獲得した長打力です。 新井の通算本塁打数は280。歴代47位の成績です。 そん......続きを読む»

トリプルスリー候補者保有球団

お久しぶりです。  <(_ _)> ちょっと遅めの正月休みだったので、少しパソコンから離れていました。(笑) その間も、いつの間にかグスマンらの背番号が決まっていたり、デヘススに再スポットが当たっていたり、変なユニフォームが発売になるらしかったり(笑)と、相変わらずカープは話題に尽きませんね。 さて、今年けっこう注目しているのが、久しぶりにあの大記録が達成されるんじゃないかとい......続きを読む»

センターは丸と野間どちらが相応しいのか

今やカープの顔の一人と言っても過言ではなくなった丸佳浩。 俊足、選球眼の高さ、肩の強さ、確実性が身に付いたバッティングなど、「攻・走・守」全てにおいてチームトップクラスの存在になっています。 そんな丸が主戦とするのが「中堅手」というポジションです。 これまでのカープの歴史の中でセンターを守ってきたのは、山本浩二、長嶋清幸、前田智徳、緒方孝市などそうそうたるメンバーでした。 外野の中心に位置し......続きを読む»

なんやかんや言っても最大の障壁はジャイアンツ ~巨人との戦力を比較する~

黒田の加入以降一気に「優勝」ムードの高まっている我らがカープですが、さすがに昨シーズンその差を見せつけられた読売巨人軍だけは侮れません。(汗) 何となく「失速感」を漂わせているジャイアンツとはいえ、そこまで戦力的にウチが上とは考えにくいんですよね。 ただ、数年前までは比べるまでもなかった『広島東洋カープ』と『読売ジャイアンツ』ですが、今シーズンに限ってはその差が縮まっているのは感じられます。 原監......続きを読む»

ブルペンは誰に-「豪華先発陣」より

黒田の復帰で一気に加速したローテーション争い。 確定しているのが、前田健太、黒田博樹、大瀬良大地の「三世代エース三本柱」ですが、残った3枠も「10勝カルテット」の一人野村祐輔や新外国人のクリス・ジョンソンなどが優勢と言われています。 中5日を主流とした「ローテ5名制」も叫ばれていますし、虎視眈々と先発の一角を狙っていた投手もウカウカしていられない現状になっています。 俗に言う「6本目」として候補......続きを読む»

24年ぶりの優勝を願いポジる

黒田の熱い言葉を聞いていると、ますます今年は「優勝」してほしくて仕方ありません。 そんな我らがカープの悲願でもある“24年ぶり”を目指すうえで、今年はココが素晴らしいから「優勝」できるんだ!というものを幾つか挙げてみたいと思います。 根拠も何もないただの“ポジり”ですが、何だか黒田の想いに気持ちが舞い上がってしまいまして・・・。(笑)  (〃 ̄ー ̄〃)  ① 前田健太の残留 言うまでもなく......続きを読む»

咬合力

今年もやって来ましたね。 「咬合力」の測定が。(笑) 噛む力とくれば、一昨年話題になったのが美間優槻。 1290ニュートン(約120kg)で一躍スポットライトを浴びたのが記憶に新しいですね。 昔書いたブログ内でも述べましたが、「咬合力」それ自体は「しっかり噛むことで頭が動かなくなり、そのことで情報を動作まで作用させるシステムを効果的に機能させる」といったようなものです。 なので、「咬合力」......続きを読む»

前田智徳の後継者(代打の切り札)を今年も探してみる

歴代のカープの打者の中でも、「代打の切り札」と呼ばれる選手はそれほど多くありません。 古くは内田順三、西田真二など。 ビッグレッドマシンの頃の浅井樹と町田公二郎も左と右の「代打の切り札」としてカープファンを沸かしましたね。 記憶に新しいところでは、「侍」こと前田智徳が挙げられます。 そんな「代打の切り札」を擁してきた時代もあるカープですが、やはりレアなケースとはいえ、今季の布陣の中にもその“最終......続きを読む»

「ノムスケ」に代わる仇名を考えよう!

「マエケン」「いっちー」「カントリー」「アツ」「コング」「ノムケン」などなど。 カープの選手を愛称で呼ぶことがけっこうありますよね。 その中でも、カープ投手陣の未来を担う野村祐輔にも仇名がありまして、それが「ノムスケ」というものです。 「のむらゆうすけ」の「のむ」と「すけ」を繋げただけの簡単なものですね。(笑) パターンとしては「マエケン(“まえ”だ“けん”た)」や「キムタク(“きむ”ら“たく......続きを読む»

助っ人セクステットの優先度

去年もカープには多くの外国人選手がいました。  ブライアン・バリントン  キャム・ミコライオ  ブラッド・エルドレッド  キラ・カアイフエ  ザック・フィリップス  ライネル・ロサリオ  デュアンテ・ヒース 彼ら7名全てが、いわゆる“当たり”に近い状況だったこともあり、昨季は外国人枠の使い方にも注目が集まっていたと思います。 そして迎えた今季。 今までカープを長らく支えてくれたバリントンを始め......続きを読む»

鳥谷と奥村と佐藤と

 鳥谷  鳥谷が残留することになりましたね。 まずはタイガースファンのみなさん、おめでとうございます。 生え抜きで、しかも中心も中心のド中心でもある選手がアメリカに行ってしまうかもしれないという苦しさは、我々カープファンには痛いほどよく分かります。(苦笑) そして残留が決まった時の安堵の気持ちも・・・。 結局戦力ダウンとはならなかった阪神は要注意ということになりました。(笑) 以前順位予想......続きを読む»

開幕カード2戦目の先発投手を予想する

開幕投手の最有力候補は前田健太で間違いないようですが、これまで選択肢が一つしかなかった我がカープにも、今季ばかりは「二択」用意されているようです。 そうです。 今年は黒田博樹がいるからです。 これまではいくらノムスケが「(開幕投手を)狙う」と発言していたところで、普通に考えて有り得ることではないというのは内心分かり切っていました。仮に大瀬良が同じようなことを言ったところで、応援はするものの現実......続きを読む»

甲乙つけがたい選手ランキング

「双璧」というと口幅ったいですが、同じような能力、同じような雰囲気を持った選手というものは多くいるわけでして、9人しかスターティングオーダーに選ばれない野球というスポーツにおいては、どっちをスタメンに使うべきかというような「迷い」は多く生じていると思われます。 そんな「迷い」が生み出したとまでは言いませんが、これまでのカープの歴史の中「この選手とこの選手だったらどっちかなあ・・・」と選択を迫られたり......続きを読む»

2015年後半戦のオーダーを予想する

「菊丸コンビ」「打てる捕手會澤翼」「悩める本塁打王ブラッド・エルドレッド」「緒方イチオシ野間峻祥」「たった一人のための王子様」などなど・・・。 カープの誇る野手陣が本当に楽しみですね。 今季のカープ。 このまま春を迎え、皆が大きな故障などもなくオープン戦に進み、そして開幕戦へ――というシナリオが理想的ですが、けっこう開幕オーダーを予想するのは簡単のようで難しかったりもします。  ・パターンA......続きを読む»

最近TVで堂林夫人をよく見る

年末、『クイズ正解は一年後』というテレビを夜中に見ていたんですが、その番組のアシスタント(メイン司会はロンブー淳)が枡田絵里奈でした。 通称・マスパン、我らがヒーロー堂林翔太の奥様ですね。 ちょうど番組内でも「結婚」についての話題が少し出ていましたが、カープ芸人の有吉がいるにも係わらず「堂林」の「ど」の字も出ない始末・・・。(汗) もうちょっと活躍して『マエケン』ばりに全国区に名を広めていかないとい......続きを読む»

ところで野手のキーマンは?

昨日は今季のキーマンとして中村恭平を指名させていただきましたが、恭平はピッチャーなので、今日は野手の中で気になっている選手を挙げてみたいと思います。 キーマンと呼ぶほどではないんですが、何となく出て来てほしい選手とでも言いましょうか・・・。  ◆ アベレージヒッター部門 ◆    土生翔平 大当たりと言われるノムスケドラフト(2011年)での4位指名、土生翔平もそろそろ崖っぷち。(汗) ......続きを読む»

カープ今季のキーマンを占う

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。  <(_ _)> 今年は例年以上にカープが「優勝」する機運が高まっていますね。 キャンプからオープン戦にかけては「早くシーズンが始まらないかな」というワクワクが止まらないことでしょう。 いつも通り(笑)開幕ダッシュに成功した後は、苦手な交流戦への並々ならぬリベンジの思いが強くなりますかね。 少なくなった交流戦を乗......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33791258

(01月22日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss