きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2014年09月

いずれにしろ明日の戦いが大事

リリーフの安定感がなくなってしまいましたね。(汗)  広 7-6 ヤ 九里の「中3日」はともかく、今日の出場選手登録公示でヒースが抹消されていないことに驚きました。 これはアレですかね。 今日明日と勝って2位を確定した場合、5日に予定していたマエケンさんをヒースにでもするつもりなんでしょうか。 それとも、もつれにもつれた場合ヒースのリリーフ登板を見越してのものなのか。 どちらにしろ、今日の接......続きを読む»

おかえり田中広輔。おかえり會澤翼。

阪神が勝って、虎が真後ろに佇んでいる状況は変わらず。息づかいが聴こえ恐ろしいですね。(汗)  広 12-9 ヤ ミコライオはどうしちゃったんでしょうねえ・・・。 明日フィリップスを上げることができますが、CSに向けてちょっとした不安が残るのは間違いありません。 「守護神」の不調は、「エース」や「4番」と並んで大ダメージですからね。 いやはや・・・。(汗) まずは投手から。 ヒースは5回に突......続きを読む»

「4番・大田」から考える「4番・堂林」や「4番・鈴木誠」の可能性

ここに来ての3連敗は空気が重いですね。もうズッシリです。藤虎ですよ。(笑)  広 1-3 ヤ それにしても、どうして「無死満塁」にこうも弱いんでしょうかねえ・・・。(汗) 福井が点を取られたのは四球絡みで仕方ないんですが、相手がライアンだということを差し引いても、もうちょっと得点をあげてほしいところ。 せっかく誠也が重い空気を一変させようとハッスルしてるのに・・・。 こういう「金縛り」状態の......続きを読む»

みなさんに謝らなくてはいけませんね

前回、2位になることについてそれほど心配しなくてもよいというような文章を書きましたが、個人的には、そもそも2位になることにそこまで固執していません。 とにかく「優勝」したい一年でしたから。 「燃え尽きた」ということではありませんが、「優勝」じゃないのなら「準優勝」(2位)も「銅メダル」(3位)も、さほど大差ないという考えでありまして。(汗) なので、楽観的に今の状況を見れることもありますが、そ......続きを読む»

いつの間にか2位が暗雲にされている件

勝ちゲームを落としましたね。(汗)  広 4-6 中 いろいろと痛い敗戦でした。 ズムスタで負けたこと。 前田健太に勝ちがつかなかったこと。 阪神に0.5差に詰め寄られたこと。 つまらないミスで勝ち切れなかったこと。 得意の延長まで持っていって勝てなかったこと。 ミコライオが足をつったこと。(笑) 盛りだくさんすぎて「さすがカープだなあ」と、むしろ開き直って楽しめている自分がいたりもしますよ......続きを読む»

悪くない継投だったと思います

オ・スンファンが回跨ぎで出てきた瞬間、ちょっと嫌なものが過ぎりましたね。(泣)  神 4-3 広 九里はナイスピッチングでした。 4回のピンチも相手の走塁に助けられて凌げましたし、5回も下位とはいえ危なげない投球。 6回も1、2塁でゴメスにあわやの飛球・・・までは何とか踏ん張っていましたが、争点は戸田への交代でしょうね。(汗) 正直、代えるか代えないかは迷っていました。 左が続くこともあって戸......続きを読む»

【奇跡】 マジック2から逆転する可能性はDeNAの14連戦ローテにあり!?

今のところカープはリードしていますが、巨人もリードしている現状、運が悪ければ「マジック1」になってしまいそうでして・・・。(汗) タイトルに語弊が出ては困るので慌ててアップしている最中なわけです。(笑) さてさて。 6ゲーム差でマジック2の事実は捻じ曲げることもできないので、カープが「優勝」するためには残り7試合を7連勝することを前提とした上で、巨人には1勝7敗でフィニッシュしてもらわなくてはなり......続きを読む»

大瀬良10勝!!!!!!

今日の大瀬良は気合いが乗っていましたね。  ヤ 1-9 広 ひとまず巨人の胴上げは阻止できました。(苦笑) マジックの数値を考えると奇跡でも起こらない限りは「夢物語」は夢のままで終わってしまいそうですが、それでもこうやって目の前の試合を勝っていくことで“何か”が生まれるかもしれません。 一歩一歩勝ち進んで行くしかありませんね。 今日は大瀬良もそうでしたが、ヒーローは間違いなく誠也です。 ......続きを読む»

7ゲーム差とマジック2

広がり、そして縮まったゲーム差とマジック。  ヤ 12-3 広 野村祐輔に尽きるでしょうね。 何で今年の野村は突然“大崩れ”してしまうのか。 答は武器であるはずの「制球力」が欠如してくることにあると思いますが、本来球威やキレで勝負するタイプではないだけに、この狂った精密機械のシステムを調整していかない限りは一人の投手としても致命的な弱点になってくるはずです。 投げ込みや走り込み、フォームの見......続きを読む»

九里と戸田と中田と

あまり気にしていませんでしたが、昨日の勝利で勝率5割以上が確定だとか。何とも超える時ってのはあっさりなもんですね。(笑)  ヤ 2-7 広 初回の攻撃がまずかっただけに先行き不安な展開も過ぎりましたが、梵の一本が大きく「流れ」を引き寄せてくれました。 堂林も救われたことでしょう。 先制の犠飛は打ったものの、さすがにモヤモヤしていたと思いますしね。(苦笑) 今季の堂林はまわりにも影響されてか「走......続きを読む»

外国人セプテットには全員来シーズンもカープで戦ってほしい

今回の話の前提として、「まず、野村謙二郎監督が続投するとすれば」という前置きがあります。 ご了承ください。(笑) カープの今季の外国人体制は、ヒースが加わったことで7名体制となりました。  ■ 投手 ■   42 ブライアン・バリントン(34) 13500万   57 キャム・ミコライオ(30) 11500万   58 ザック・フィリップス(29) 4000万   70 デュアンテ・ヒース(......続きを読む»

この感じだと前田健太は諦めてないぞ

ブラッドが劇的な逆転ホームランを放ってくれましたね。  広 3-2 De これは盛り上がります。 ようやく「4番」が戻ってきたとでも言いましょうか。 意味のある場面での一発だっただけに、ブラッドもいろいろと吹っ切れたんじゃないでしょうか。状態は少しずつですが上向きになっていますね。 それにしても、今日は番長に抑え込まれました。 初回こそ「スミ1」となりそうな1点を奪えましたが、以降はどうにも......続きを読む»

大器・横山竜士の引退

哀しいニュースが入ってきましたね。  ――横山竜士・現役引退―― 年齢的に薄々は感じていたことではありましたが、改めて文章で見ると涙腺から何かがこぼれてしまいます。 もう一年、もう一年と気付けば40台の投手として投げているような気もしていたんですがね・・・。(汗) カープ一筋20年。 1994年のドラフト5位で福井商業高校から入団した若者も今や38歳。  ◆1994年ドラフト◆   1位......続きを読む»

確立された福井の投球スタイル

折れそうだった心が「形状記憶合金」のようにいつの間にか元に戻っていました。本当に勝利は糧ですね。(笑)  広 3-1 De 今日のような勝ち方を一年間続けることができれば間違いなく勝ち星も増えていくことと思われます。 先発がゲームを作り、リリーフが何とか抑え、打線は2死からしぶとく点を取り、相手のミスにつけ込み追加点を奪う。 まあ、こういった抜け目のない戦いを苦手とするのが今のカープなんですがね......続きを読む»

ニューカマー最後の砦

何と言いましょうか。前回の記事を読み返してみると「夜中にあの娘に書いたラブレター」のようで、どうにも気恥ずかしいものが込み上げてきちゃいましてね。(苦笑) ひとまず、通常のブログでもアップしてうやむやにしておこうかと。(笑)  広 5-8 De 大瀬良が10勝目ならず、ブラッドに久々の一発が出て、野村監督が48歳になった昨日でしたが、それより何より「グダグダ」感満載のゲームだったことは間違いない......続きを読む»

「絶対優勝しましょう!」

 「絶対優勝しましょう!」 いつだったかカープのエースでカープの象徴でもある前田健太がヒーローインタビューで叫んでいた言葉です。 心に染み入りました。 去年は何だかんだ「絶対にCSに行きましょう!」でしたが、今年はそこからステップアップし「優勝」というワードが使われるようになりました。 マエケンさん以外でも菊池や中﨑も「優勝」に向けて鼓舞していましたね。 何が言いたいのかというと、今年は「優......続きを読む»

カープに足りない「攻」「守」のバランス

一夜明けましたが、今はもう開き直るしかないというのが自分の出した結論です。(苦笑) 残り13試合を全部勝つくらいの気持ちで戦い抜き、その結果がどうなるかを楽しみたいと思います。 さすがに昨日のローテ予想は悉く外れました(汗)が、マエケンさんをフル稼働させるには“遅すぎた”感があるのも事実です。 唯一の光とでも言いましょうか、監督の「優勝」への最後の「あがき」を感じたのが、19日の予告先発が福井で......続きを読む»

6ゲーム差を逆転し「優勝」するための残された3つのつけ入りどころ

3連勝ができず、カード勝ち越しもできず、挙げ句の果てに対巨人戦の負け越しすら決定してしまいました。(汗)  広 7-9 巨 試合については簡単に。 今日の敗因は単純に「ミスが重なった」ということです。 拙攻であったり、バントミスであったり、走塁ミスであったり、守備力の弱さであったり・・・。 エルドレッドに打球が当たったのはもう「ツキがない」と嘆くしかありませんが、バッテリーエラーや走塁ミス、......続きを読む»

意気消沈 (>Д<;)

菅野を打ち崩せませんでしたね。(汗)  広 1-7 巨 突き詰めると9月頭の3連敗が響いているんでしょう。“あれ”のおかげで3連勝が必須命題になってしまったというか。(苦笑) 9回裏に7点取って「ルーズヴェルト・ゲーム再び」といきたかったところですが、さすがに重い7点差でしたね。 野村はよく投げていたと思いますよ。 賛否両論出るでしょうが、あそこの交代についての正解は見当たりません。 個......続きを読む»

1マス進みました

ロサリオ、わけ分かんないこと言ってましたね。(笑)  広 4-0 巨 今日は相性のいい杉内だったこともあり、気分良く試合に臨めた証でしょう。マエケンさんも笑っていましたが、いきなり最高の形で仕留めてくれたことですしノーヒットノーランの夢を潰えさせた守備については不問です。(笑) それにしても、打った瞬間にそれと分かるアーチはホント美しいですね。 今日は先制後に追加点が取れたのが勝因でしょうか。......続きを読む»

あれれ?6ゲーム差になってないぞ!

打てない時のメッセは全く打てませんね。(汗)  神 5-0 広 九里に勝ちをつけてやりたかったものの、打線がここまで沈黙してしまうとさすがに成す術もありません。 今日は昨日のヒーローたちが機能できませんでしたね。 思い切って相性の悪い堂林を「1番」に抜擢したものの、相変わらずの継続性のなさがチャンスを逃し、「鯉のプリンス」が「キング」へと確変することはありませんでした。もう一押しだと思うんです......続きを読む»

最後はブラッドと心中したい

巨人が負けませんねえ・・・。何度この言葉を呟いたことか。(苦笑)  神 5-17 広 今日は昨日までの鬱憤を晴らすかのような見事な大勝で得失点差を大きくアップさせました。 得失点差の幅の広さと今いる順位、順位表を見る限りでは、いかに今季は効率の悪い戦いをしていることかが窺えます。 まあ、こうした“荒さ”こそが発展途上中の球団の持つ魅力とも言えますし、自分はキチッとした「黄金期」のカープも好きです......続きを読む»

面白くない試合展開でしたが、改めて思ったのが「ウチって面白いチームだな」ということ。  広 2-8 神 そういえば、あれほど「3位・阪神との上位対決だ!」と思っておきながら、なんと仕事中や帰って来る寸前まで相手がDeNAだと信じて疑っていませんでした。(笑) 「DeNA今強いからなあ」とか「福井にあの打線を抑えられるかなあ」とか「2勝1敗でゲーム差縮まるかなあ」などなど見当違いな妄想を楽しんでい......続きを読む»

無念!9連勝ならず(汗)

巨人が強いですね。前回の広島に続き阪神まで3タテとは。(汗)  広 1-2 中 今日はお互い拙攻戦の中、勝ち切れないカープの弱みが存分に出た試合でした。 初回の2死からの1、3塁はしょうがないでしょう。 できれば梵には先制タイムリーをと期待したんですが、さすがにそうは甘くなかったというところ。 2回の先頭打者キラの出塁を生かせなかったのも下位に続きますし仕方ないとして、6、7、8回がいけません......続きを読む»

よし!ノムスケも(一応)合格だ!

まさしく“何だかんだ”勝った感じでしたね。(苦笑)  広 4-3 中 正直、相手が若松だった時点で多少の打ち合いが過ぎったんですが、蓋を開けてみればヒリヒリする緊迫の展開に・・・。 まあ、そのまま投手戦が続くとは思っていませんでしたが、ポイントは5回表のドラゴンズの攻撃だったでしょうか。 1死からピッチャーの若松に四球。(汗) 一瞬イヤ~な感じもしましたが、ズルズルと2死満塁まで若松をランナー......続きを読む»

最後の最後まで当たらなかったローテーション(苦笑)

“前田健太で”9連戦の初戦を勝利。これは大きいです。  広 2-1 中 これで残り8戦のうち、3、4、5、7、9戦目は白星が狙える勘定となりました。 6勝3敗を最低ラインに引き上げ、無謀とも言える「9連勝」目指していきましょう! この9連戦は、間違いなく今季の「優勝」を占う上でのキーポイント。 ここを乗り切れるのか、はたまた疾速の足掛かりとしてしまうのかによって、広島東洋カープの2014年が......続きを読む»

大瀬良が新人王を取るまでの残り3ステップ

昨日の大敗から一夜明け、心の傷が癒えた人も多いかと思われます。 人間って面白いですよね。 辛いことや苦しいことの記憶を、程度の差はあれど「時間」というものが流してくれる。 そして、少しずつでも前を向いて新しい一歩を踏み出していける。 カープナインも人の子。一日経った今、もう一度「優勝」へ向かって気持ちを切り替えているはずです。 我々も諦めず、彼らを信じて応援していきましょうか。 3ゲーム差な......続きを読む»

2ゲーム差にできなかったこと

今日は勝たなければいけない展開でしたね。(汗)  De 11-4 広 初回から先取点を“貰えた”カープでしたが、畳み掛けたかった状況の中併殺で1点止まり。相変わらず“最低限”の結果しか残せないところが、今日もモヤモヤしたスタートを生み出しました。 それでも2回に丸の好プレーがあった後の3回、2死満塁から松竜さんが3ベースを放ち4点差となった時点で、今日は「勝ちゲーム」として進めていかなくてはいけ......続きを読む»

大瀬良完封!!!!!!

大瀬良がやってくれました!  De 0-1 広 立ち上がりからフルスロットルの大瀬良大地でしたが、まさか完封するとは。 この嬉しさ、この昂りは、こないだの3連敗なんてすっかり払拭してくれました。 ストレートも良し、コースも良し、甘いところにいこうが打たれない何か(球威? 笑)あり。 暑くなくなってからの大地は、春先の連勝時以上の安定感がありますね。 これで、福井、ヒースに続き大瀬良もバッチ......続きを読む»

「2014年広島の4番は誰ですか?」という問いには「栗原健太です」としか答えられない

キラの復帰で「4番」に悩むことがなくなりそうですね。 と言っても、今はロサリオが波は多少あるものの好調なので「4番・ロサリオ」「5番・キラ」となる形に落ち着きそう(ジグザグにもなりますし)ですが、少なくとも「4番・丸」や去年でいうところの「4番・廣瀬」といった奇策を用いなくても済みそうです。 ブラッド復帰までのクリーンナップのパターンとしては3通りですかね。  パターン1.   ⑧丸   ⑦......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33791908

(01月24日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss