きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2014年06月

前半戦の天王山!広島は首位・巨人から3タテできるのか

久本の抹消が本当に痛いですね。(泣)  8試 勝敗なし 11回 失点2 自責点1 防0.82 序盤は「おや?」という感じでしたが、6月に入ってからの安定感は別格の「何でも屋」。ロングリリーフも熟せれば、敗戦時にゲームを壊さないピッチングを見せたりと、カープの弱点を見事に補っていてくれた左腕だけに、“替えの利かない”久本の負傷が戦況に響かなければいいのですが・・・。(汗) 「左肘尺側手根屈筋起始......続きを読む»

アツで胸アツ

なんとかカード勝ち越し。(汗)  De 5-7 広 「流れ」が二転三転するアツいゲームでしたね。 今日は初回に天谷の盗塁&進塁、丸のタイムリー&盗塁、ブラッドの一発と最高の入り方でした。欲を言えば、田中のレフトへのフライを筒香が落としましたが、二死とはいえ、あそこでもう一本ほしかったくらいですかね(迷わず二進していた田中の走塁がアツかったです)。ああいった相手のミスにつけ込めるかが今後「優勝」......続きを読む»

哲学者バリントンには西部の地(ウエスタン)は似合わない

バリントンが“またしても”KO。 なかなか信頼が揺らいできているのが残念ですね。(汗)   8日 オ 4.1回 自責点6 被本塁打2  15日 ロ   5回 自責点4 被本塁打1  22日 日   3回 自責点4 被本塁打0  28日 D   3回 自責点4 被本塁打1 野村監督じゃありませんが、さすがに4連続はいただけません。 バリントンの持ち味としては、「中5日」でまわり6、7回を2、3失......続きを読む»

堂林の使い方を見誤る

何とも不完全燃焼な敗戦でしたね。(汗)  De 7-4 広 7連勝できたはずだったと思うんですが、自らの手で落とした。連敗は止まらない割に連勝は続けにくい。近年のカープらしいと言えばそれまでなんですがね・・・。 初回の無死満塁で1点のみ。 2回の無死二塁で送りバント(白濱に託すな!って感じでしたね)。 3回は淡泊。 4回は併殺が余計で、同じく8回も併殺に泣く。 バリントンがキレたのが全体的な......続きを読む»

オールスター選出方法について思うこと

やりました!6連勝。後二つ勝ってDeNA戦を3タテできれば、6月はあの9連敗以外は9勝ということになります。「なんだかなあ」って感じですね。(笑)  De 0-6 広 まあ、DeNAは自分としてはダークホース的存在の位置付けなので、そこまであっさり3連勝できるとは思っていません。 昨日はマエケンさんに散々でしたが、地味にグリエル獲得がデカイですよ。 この感じ、去年ウチにキラが入って来た時と似てい......続きを読む»

プロ野球交流戦をW杯グループリーグに例える

前田健太とバリントンの「中5日」ローテが決まり、昨日書いたローテーション予想が悉く外れる形となりました。(苦笑) まだ勝負所ではないと思うので、この博打がどう転ぶかは興味深いです。「勝負師・野村謙二郎」の眼力に賭けましょうか。 篠田の故障が痛いですね。(汗) さて、日本代表が敗退し、若干世間ではワールドカップ熱が冷めつつもありますが、個人的には「ここからが本番」と楽しみでもあります。 大好き......続きを読む»

リーグ戦に向けて ~投手陣再考~

今季のカープは投手主体のチームです。 「いかに投手が抑えるか」「いかに投手が試合を作るか」といったところの継続性によって、セ・リーグでの位置づけも決まってくると思います。 極端な話、ピッチャーが良ければ今年の「優勝」は固いとすら考えています。 この場合の「良ければ」というのは、先発や「勝利の方程式」だけでなく、控えも含めた総合的な部分を指しますが。(苦笑) まあ、先発5枚に「方程式」3枚、後もう1枚......続きを読む»

カープ未来のクローザーは今村?一岡?どっち?

昨日はリリーフ陣の踏ん張りが光っていましたね。 今季カープが上位にいられるのも、豪華先発陣だけでなく、優秀な救援投手陣が支えてくれていたからこそ。 今は永川が不調、一岡が故障と1軍にはいませんが、彼らが戻って来る今後には、明るい道、「優勝」への道筋が伸びていることでしょう。 実績あるベテランの力が必要になれば横山や河内もいますし、久しぶりにリリーフ投手が充実していると思います。 そんな中、少し先......続きを読む»

オサムの一発で5連勝〆!!!

いやあ、興奮が治まりませんね。  広 7-4 日 ロサリオの劇的な特大サヨナラ本塁打にて、我らの2014年交流戦も終了。 9勝15敗は褒められた数字ではありませんが、ソフトバンクとオリックスに4敗ずつしていることを考えれば、「ここまで持ち直せたことは大きい」とポジティヴシンキングへと移行していきましょうか。(笑) 9連敗も痛かったけど、結局のところスタートの4連敗が一番の原因だと思うので、来年......続きを読む»

日本シリーズ「広島VSオリックス」

交流戦の優勝が今日決まりますね。 ソフトバンク、巨人ともに名の売れた投手ではないところなのが、交流戦そのもののポジションが低い表われなんでしょうか。それとも両球団が「金満」と揶揄されるがゆえの3000万の持つ価値なのか・・・。 まあ、単純にローテーションの問題なんでしょうが、どちらかと言えば好調そうな小山に軍配が上がりそうな気もします。 ジャイアンツとは差を縮めておきたいんだけどなあ。(汗) 残念......続きを読む»

野村監督の「神通力」炸裂!

大瀬良もこれで6勝目。いろいろ否定的な見られ方も多いですが、さすがに2ケタは勝てると思います。  広 8-4 日 雨天コールド(5回)にて見事に4連勝。 連敗が止まり急にベンチの雰囲気が明るくなるあたり、「泣いてたと思ったら笑ってる」子供のような憎めないチームですね。(笑) 大瀬良はねえ・・・。 クリーンナップ三者連続三振あたりまでは「今日は抑えそうだ」という雰囲気がありましたが、フワッと入......続きを読む»

「流れ」を変えた野村祐輔と「流れ」を断ち切った前田健太

「無敵艦隊」に続き「キングダム」も姿を消してしまいましたね。(汗) これだからワールドカップは面白いとでも言えばいいのか、はたまたその逆なのか。 どーでもいいけど、地球が丸いとはいえ、全世界の時間が一緒ならいいのに・・・。だんだん夜中に起きてテレビを見続けられるような歳じゃなくなってきたのを痛感してきましたよ。(苦笑) さて、カープの交流戦も今日を含め残すところ2試合のみ。 何が何でも連勝といきた......続きを読む»

ファンタスティック4

マエケンさんも注目のギリシャ戦。引き分けとはいえ、列島に漂う重いムードからも分かるように「痛い」ドローとなりました。  広 6-2 楽 日本代表モードに移りゆくカープファンの見守る中、カープは見事3連勝。 9連敗の後の3連勝だけに、その価値は大きいですね。 「●●●●●●●●●○○○」と、並べてみるだけでは圧倒的な黒星先行なんですが、ここに残り2試合白星が足されればけっこう白陣営が勢力図上挽回し......続きを読む»

一歩ずつ~まずは2位奪取

大谷のアシストもあって、一日で2位奪取。なんとか「首位奪取」という文字も早く見たいものですね。  広 6-1 楽 今日はノムスケでしょうね。 ストライク先行のピッチング、3ボールになろうが崩れない投球は完全復活を予感させてくれます。 今季初マスクの倉のリードも良かったのか、本来の野村祐輔の姿がそこにありましたね。 欲しいところでの併殺打など、ローテーション投手として安心できる内容だったと思いま......続きを読む»

もしかしてだけど、カープにとって最大の障壁は「黄金期」の幻影なんじゃないの?

3位に落ちましたね。(汗) ただ、今は順位がどうこうというよりは、チームとしての立て直しに集中したいところ。 ウチとしては、交流戦の残り4試合を3勝1敗以上で乗り切りたいですね。 それでも8勝16敗、もしくは9勝15敗か・・・。借金のかさみ具合がハンパないな・・・。  (=_=) ところで、カープに求められている戦い方として「もっと足を使おう」とか「ノーヒットで1点を奪おう」といった言葉をよく......続きを読む»

カープの「ドログバ」栗原健太を今上げてきた場合どういった起用法になるのか

だいぶ減ってきたものの、数日経っても相変わらず日本代表のVTRが嫌という程リプレイされていますよね。 本田のゴールシーンだけは、いつ見ても“あの瞬間”の昂りを思い起こさせてくれるんですが、最近ではVを見るたび、日本のというよりはコートジボワールの「ギアチェンジ」の素晴らしさに目を引かれてしまっています。(苦笑) ドログバが入っただけでここまで「勢い」が生じるものなのかと。 ドログバももう36歳。......続きを読む»

揃い踏み!「中村」四天王

新たな入れ替えが示唆されましたね。  16日抹消 → 中﨑 迎  登録(予定) → 廣瀬 髙橋 この中で目を引くのは、念願の1軍デビューを果たす髙橋大樹になるのは間違いないでしょう。 ウエスタン・リーグ本塁打王の大樹。 開幕当初は打棒爆発となり手が付けられない状態でしたが、少しずつ率も下がりつつあった5月を経て、最近では、これまた少しずつですが率も上がってきました(それでも2割5分ありませんが......続きを読む»

「カープのブラ~ッド、エァルロレッロ!」

「放送席、放送席、ヒーローインタビューです。カープのブラ~ッド、エァルロレッロ! ブラッド・エルドレッド選手です! コングラァチュレェション!」  ロ 5-8 広 上は、連敗が9で止まったものの、この程度で気を緩めてはいけないなと、気持ちに冷静さを取り戻している途中で耳に入ってきたヒーローインタビューの冒頭です。 思わず笑っちゃいましたよ。 何この流暢(?)な英語は。(笑) コングラチュレーショ......続きを読む»

ペイン

ペイン~pain・・・「痛み」  ロ 8-4 広 今日は天谷が久々にスタメンでした。 松山がいなくなったことは痛いんですが、天谷が1安打、1四球、1レーザービームと奮闘してくれたことは、今の落ち込んでいる心に響きますね。 「まだ諦めるには早い」と。 胸が痛いですね。 そんなラッキーボーイ的な天谷に代打を出したことが痛かったのか、「魔の8回」に入るとともに廉が魔物の牙に引き裂かれてしまいました。......続きを読む»

クロアチアの日本(の審判)に対する怒りが理解できました

酷いもんですね。もう最悪。腹が立って煮えくり返りそうです。あ、これカープのことじゃないですよ。  西 7-0 広 戸田は頑張ってましたね。 正直初回の感じだとゲームを壊しそうだななんて疑っていましたが、5回2失点なら充分合格でしょう。 この一戦で篠田に一歩リードしたとまでは言いませんが、少なくとも先発投手としての将来的な期待はできそうです。 顔つきも変わってたくましさが出てきましたね。 対して......続きを読む»

「勢い」あふれるカープを取り戻そう! 「守」の章

元々「打つ」方では戦力的に見てもパッとしないカープですので、いろいろ模索したところで劇的な進化は見込めないかもしれません。 それでも試行錯誤は大切ですし、個々の潜在能力だけ取り上げれば可能性のある逸材たちが揃っているだけに、単純に「打つ方はいいや」ともできないのが悩ましいわけです。 既存メンバーに光明を見いだせない現状、一昨年の岩本、天谷や、昨年のキラのような「救世主」を求めなければならないところが......続きを読む»

「勢い」あふれるカープを取り戻そう! 「攻」の章

カープも交流戦に入って4勝13敗の借金「9」ですか・・・。(汗) 交流戦の負け越しも決まりましたね。(苦笑) それでもこの時期に貯金が「3」あるのは久々のことですし、何とか残り7試合で、リーグ戦に躍動できるような「勢い」あるカープに戻ってもらいたいと思います。 大型連敗をしないこと、減らすことというのが「優勝」するにあたっての近道でもあるので多少遠回りになってしまいましたが、最終的に頂上に登り詰め......続きを読む»

もがきながらも浮上している

ドラマティックな逆転勝ちは描けませんでしたね。(苦笑)  西 5-4 広 最後ロサリオまで繋がった(梵!四球で出ろ!と祈ってましたよ)時は、ズバリの「1番・ロサリオ」起用成功か!?と期待しましたが、打球はレフトスタンドに届くことはありませんでした。 松山の一発で「流れ」は完全にウチだったはずなんですがねえ・・・。(汗) 二死から失点していた蓄積されたダメージが終盤になって効いてきた感じですかね。......続きを読む»

交流戦の継続を議論する前に指名打者制の有無から考えるべきではないのか

まず、はじめに。 「そんなことを言いだして、カープが負けまくってるから交流戦にイチャモンつけたいんだろ」とか、「カープが勝てないからって、パに言い掛かりをつけてこないでよ」とか、「そんなの今さら・・・」とか。 いろいろなバッシングが予想されますが、コメントも打ちにくくなったことですし、“適度以上に”荒れないよう受け流していきましょう。(笑)  (-人-;)(;-人-) そもそも、はっきりさせておき......続きを読む»

堂林戻りし時「優勝」への道開かれん

 「聞け。お前に伝えなきゃならない話が二つある。良いニュースと悪いニュースだ」 と海外ドラマばりに言われているかのような出来事が、本日飛び込んできましたね。 良いニュースが、一岡が軽傷(右肩関節炎で投球再開まで1、2週間とのこと)だったこと。 悪いニュースが、前田健太が左脇腹の張りで12日の西武戦の登板を飛ばすことになったこと。 一岡に関しては、本当に安心しました。 いまやカープになくてはならな......続きを読む»

底は脱した

今日の午後に発表された一岡の抹消時点が今シーズンの底。  広 0-2 オ 底は脱しました。 6連敗となりましたが久々にゲームを作れましたね。 不思議なもので、惜しい負けだったにも関わらず、なんだかホッとする気持ちになっています。 やっぱり野村の好投(指針であるゴロは少なかったですね)、小野のナイスリリーフ、ミコライオへの信頼の再確認といったところが成し遂げられたからでしょうか。 特に野村が戻......続きを読む»

『ルパン三世』と『ドラえもん』の歩んだ道の違いから見る今の『広島東洋カープ』の現状打破へのカギ

ついに「鯉のぼりの季節まで」のカープも疾速。 同じ時期にウエスタンで弟分も首位の座をソフトバンクに奪われていますが、今年は1軍、2軍ともにここまで調子が良く、まさしく野村監督の掲げる「全員野球」が機能しているようにも見受けられます。 誰かが不調になれば代わりの誰かがいる。 これって元々の戦力差を埋めるにあたって、けっこう重要な部分ですよね。 能力的に劣る面を、好調という目に見えないバロメーター......続きを読む»

さあ「狩る」側の楽しい時間の始まりだ!

どう仕留めていきましょうかね。目の前に再び現れたこの大きな背中を。 ヒタヒタと忍び寄ってゴールの寸前で抜き去るのがいいか。 抜きつ差しつつでデッドレースを繰り広げるのがいいか。 ドラマチックなのは前者ですが、現実的には後者を望むのがいいでしょうか。 あ、グイグイ引き離されるなんて野暮な話は耳が受け付けませんので。(笑)  (ω・ )ゝ さて、ようやくエンペラータイム発動の時間となったわけです......続きを読む»

首位の座には最後に笑って就けばいい ~我慢して相手が悪くなるのを待つ策への転機~

バリントンをもってしても、燃え広がる火を消せそうにありません。 今日こそは先発投手が踏ん張って試合を作ってほしかったんですが・・・。 勝敗はまだ分かりません(なんか5点差程度だと気にならなくなってきましたね)が、「バリントンがゲームを作れなかった」時点で、勝とうが負けようが悪い流れが断ち切られることにはならないと思います。 目先の1勝よりも、まずはウチの持ち味である「投手陣」を立て直さないといけ......続きを読む»

残念!これで今季ソフトバンクに勝ち越す可能性がなくなった

いやあ・・・。きつい負け方でしたね。今季は「大敗」が多いですが、それが良いのか悪いのか・・・。精神を壊されるまでには至っていませんが。(笑)  広 5-16 ソ 菊池がエラーした時には嫌なものが過ぎりましたよ。ホントに。 せっかく送りバントを大瀬良が封じて「ヨッシャー!」という空気になったというのに、打球が多少強かったとはいえ名手菊池の失策ですからね。 まあ、あれがゲッツーなら「勢い」がウチに来......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33790822

(01月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss