きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2014年05月

傷口は広がらないうちに治療する方がいい

ジョーンズとの勝負を選んだことは、悪くない選択だったと思います。自分としては、岡島に外野の頭の上を抜かれるイメージが浮かんでいましたし。(汗)  楽 3-0 広 今日は永川ですね。 カープが今季確立させた「勝利の方程式」の1枚。 通称、「ニュー永川」。 去年永川が復活を遂げた時は、そりゃあ本当に嬉しかったもんです。 カープの守護神として大好きでしたし、「まだまだ終わってほしくない」と思っていま......続きを読む»

ホームランに憑りつかれた赤ヘル軍団

新しくなったスポナビブログ、慣れるまでちょっと書きにくいし読みにくいですね。(汗)  (゜▽゜;) 今日も初回から拙攻が目立つ(まあ、そこまで「拙攻」というほどでもありませんが)カープですが、昨年までの「貧打線」と少し違うのが、得点力が高くなっているという点。 なかなか1点を取るのに苦労しているように見受けられますが、チーム毎の数字を見る限りはそこまで悲観するものではありませんでした。 得点......続きを読む»

マツダオールスターゲーム2014

予告先発が発表されまして。 前回記事のローテーションが、もうムチャクチャですね。(笑) バリントンの「中5日」より大瀬良の「中6日」にこだわってるんだなー。 このままの流れでいけばハム戦で前田健太すら見れないかもしれません。(苦笑) ま、気を取り直して、『マツダオールスターゲーム2014』の投票です! 去年に続いてセ・リーグはカープ一色なんですよね。 というか、毎年そうなりますが。(笑)  ......続きを読む»

復活!野村祐輔~カギを握る交流戦キラー

永川、一岡と連夜で「勝利の方程式」のメンバーが失点しましたね。 一岡の場合は、どこかで失点することは避けられない(さすがに0.00はない)ので、今回のことは配球の反省なども含め次に生かせればさしてダメージは大きくありませんが、ここに来て「ミコライオの不在」が少しずつ響いてきました。 早い復帰が望まれます。 そんな中、不調のため2軍で調整中だった野村祐輔がウエスタンでナイスピッチングを披露してくれ......続きを読む»

交流戦は2連戦なのが救い

一岡に自責点がつきましたね。(汗)  広 5-3 ロ まあ、いっちーも長いシーズンどこかで点は取られたとは思いますので、緊迫した1点勝負の場面じゃなかったことが不幸中の幸いといったところ。 それよりもロッテの粘りが驚異的ですね。 いや。 ロッテというよりパ・リーグの球団という方がいいのかもしれませんね。 あらためて思うのがパの強さです。 ただ、ウチはここにきてDH制になって......続きを読む»

11勝11敗

久々でしたね。「魔の8回」。  広 5-6 ロ 昨日はいろいろと忙しく全く見ていなかったんですが、ちらっと速報を覗いた時にロサリオ、キラのホームランで3-0になっていたのを見て「今日は勝ったな」と油断していました。 その後ちょっと一段落した時点で、「そういえば『すぽると』の時間だ」とカープの勝利を見ようとテレビをつけたんですが、その前に「確信」がほしくてスマホを起動させると、カープにま......続きを読む»

ウカスカジー

ワールドカップに向けて盛り上がってきましたね。 自分は2002年のW杯で“にわか”サッカーファンになってからの「サッカー好き」なので、野球程詳しくはありません。 しかし、否が応にも高揚感が湧き上がってきます。 そんな中、ミスチルの桜井さんと元イーストエンドユリのGAKU-MCさんとで組んだ『ウカスカジー(UKASUKA-G)』が歌うワールドカップ日本代表応援ソングがカッコイイ仕上がりで......続きを読む»

「代打・梵」~粋な演出

三好運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)にて嬉しい勝利。  広 6-2 西 先頭打者を出したり悪い内容の中、もがきながらも篠田はよく投げましたね。止んでいようが、ちょっとした雨にも弱いあたりが「弱点・雨」の篠田らしいです。(苦笑) よく5回(正確には4回2/3)を2失点でまとめあげたと思いますよ。 フィールディングでも頑張っていましたし、充分合格でしょう。 2番手の中田は、......続きを読む»

攻めあぐねても投手が踏ん張れれば勝てるケース

地元のパワーで連敗ストップ。  広 3-1 西 今日は立ち上がりからバリバリの方のバリ様でしたが、ふとしたツーベースから先制点を奪われてしまいました。 その前に二度ほどウチが遅れずチャンスを作れない中での、送りバントからの失点だっただけに、嫌なムードはありましたね。 その後のおかわり君の併殺が救ってくれたかもしれません。 ロサリオの一発は一気に空気を変えましたね。 久々の勝ち......続きを読む»

伝説の外国人クリーンナップ誕生

やっぱりこの話題に触れないわけにはいかないでしょう。 昨日のスタメン、衝撃的でしたね。  3番⑨ロサリオ  4番⑦エルドレッド  5番③キラ このところ不振が続くバッティングスタッフのテコ入れとしては、なかなか思い切った作戦だと思いますし、何より面白い。 ずっとこのままというのであれば、堂林や栗原の不甲斐なさに不安も感じてしまいますが、たま~にやってくれる分には、エンタメ性と......続きを読む»

大瀬良の登板間隔を考える

ゴールデンルーキーと言われる大瀬良大地。 次期エース候補として、「カープの至宝」とも目される存在です。 少しだけ疲れてきたんでしょうかね。 今年は「大事に使う」ということで、九里とともに「中6日」以上の登板間隔を空けることを明言されていましたが、もしかするとこの間の完投以来“見えない疲労”が蓄積されてしまっているのかもしれません。 交流戦を境に調子を落とすのはチームだけではあ......続きを読む»

カープにとって元々この2カード(4試合)に「最悪」という結果は存在しない

「連敗ストッパー」大瀬良大地をもってしても、負の連鎖が止まることはありませんでしたね。  オ 8-1 広 ここにきて「見える」エラー、「見えない」エラーが多すぎます。 これでは今パ・リーグで最もアツイ2チームに勝てるわけもありません。 ただ、「守り」は「打撃」のように好不調があるものでもありません。今一度初心に戻って、堅実にプレーしていけばいいこと。 課題が明確な以上、そこに向......続きを読む»

菊池と丸

とうとう3連敗してしまいましたね。  オ 3-1 広 これまで勝利の女神が微笑んでいた金曜日の力をもってしても連敗を止めることはできませんでした。 今季の「連敗ストッパー」は大瀬良が担っているんでしょうか。 まあ、大瀬良を「中5日」で投げさせるわけにもいきませんし、今日はマエケンさんに託すしかないというのも正しい選択だったんですが・・・。 エラーがすべてでしょうね。 前田......続きを読む»

旭山動物園

遅いゴールデンウィーク休みを頂けたので、北海道は旭川にある『旭山動物園』に行ってきました。 けっこう全国区の動物園ですよね。 ここは「見せ方」が上手いので、ただの動物園にしては長い時間いられますし、何より楽しかったです。  (*^-^*) 動物繋がりとして強引に進めると、プロ野球各球団(一部除く)は動物に例えることができます。 せっかくなので、『旭山動物園』にいる動物たちを......続きを読む»

ソフトバンクから得られる経験値はメタルスライム並

強すぎますね。福岡ソフトバンクホークス。(苦笑)  ソ 2-1 広 もう笑うしかないくらいの試合巧者っぷり。 こりゃあ交流戦「優勝」するのは緩くないかなあ・・・。 ただ、カープにはこの2連敗を無駄にしてほしくありません。 「打つ」「守る」といったことはともかくとして、「走る」「(ランナーを)進める」「いやらしく点を取る」「勝負所で集中する」といった、本来カープが目指すべき戦......続きを読む»

誤審再び~間違った判断は反省すべき

キラのホームランが幻になってしまいましたね。(怒)  ソ 6-3 広 ああやって長い時間を掛けて協議している時点で判定が五分五分(どちらともとれる)なんだろうということが推測できますし、いくら「念には念を入れ」ようが、一度回した腕という事実を受けてしまっている以上、損をした気持ちが沸き起こります。 本塁打なのに二塁打と誤審され不服を申し立てたが覆らずというパターンと比べて、本塁打なのに......続きを読む»

交流戦「1番・栗原」の可能性

いよいよ後数時間で交流戦がスタートしますね。 カープとしては、ぜひ「優勝」して賞金の3000万円をゲットしたいところ。(笑) 17勝前後が「優勝ライン」のようなので、勝ちゲームは落とさず、貪欲に「1勝」を積み重ねていってほしいです。 単純計算で、前田健太4勝(5試合)、バリントン3勝(5試合)、野村3勝(4試合)、大瀬良3勝(5試合)、篠田2勝(3試合)、九里1勝(2試合)の計16勝。......続きを読む»

ロサリオ昇格時の投手布陣願望

ロサリオの話題が挙がってきましたね。  ⑤ 梵(田中)  ④ 菊池  ⑧ 丸  ③ エルドレッド  指 キラ  ⑨ 松山(廣瀬)  ⑦ ロサリオ  ② 石原(白濱)  ⑥ 木村(⑤小窪) たしかに、この打線ならパ・リーグの猛者とも渡り合えそうな雰囲気があります。 まあ、同じ外国人3名を並べたDeNAの比ではありませんが。(苦笑) ただ、打線ばかりに目を向けていても......続きを読む»

交流戦、上がってくる一枠は栗原か東出か、はたまたロサリオの再昇格か!?

昨日はエルドレッドがおいしいところを持っていきましたね。  巨 3-10 広 ヒーローは菊池でしたし、もちろん相応しい人選ではあるんですが、印象に残ったのはブラッド・エルドレッド。 どうしても欲しかった追加点の2ランもそうですし、99%勝利を確信させてくれた満塁弾が規格外でしたから。 なんだなんだ!? 通天閣打法の延長? 巨体を軸として遠心力で吹っ飛ばす「回転打法」と......続きを読む»

同じように打てないのなら、やはり石原を待望してしまうのが性(さが)!

エース対決で負けちゃいましたね。  巨 5-1 広 「エース対決」と言う割には両投手ともピリッとせず、あまり締まった試合ではありませんでした。 相変わらず立ち上がりが本調子気味じゃないマエケンさんを捉えたジャイアンツ打線はさすがでしたが、ストライクとボールがはっきりしていて打ち崩せなくもない雰囲気を醸し出していた菅野から得点ができないカープ打線は、どうにも不甲斐ないなあとは思いました。......続きを読む»

交流戦のローテーション完成

初戦を取りました。  巨 2-7 広 どっかで見たばっかりのような先制点の後、不振と言われ不安視されていたエルドレッドに待望のヒット(しかもホームラン!)が。 勝利がないとはいえ、好投手・内海が相手だっただけに、この3点は大きすぎる先取点となりましたね。 「4番」が打つと勢いが出るなあ・・・。 大瀬良は安定していました。 たまに先頭打者を出す悪癖が顔を覗かせるものの、後続......続きを読む»

第3戦、大瀬良(弟分)の仇を前田健太(兄貴)が討つことができるのか?

巨人の調子が悪いですね。 いや、ヤクルトの調子が上向きなのかな。 バレンティンの代役として、その役割を十二分に果たした雄平の存在が、そのまま中軸として機能していること。本来の打線の核であるべき畠山が復調したこと。こういったところがヤクルト打線を牽引しているんでしょうか。 まあ元々、本塁打王という“絶対的拠り所”を擁している以上、周囲が活発になればトンデモナイ打棒を秘めたオーダーになるんでし......続きを読む»

コツコツいこうぜ

ドラクエで最後の方のレベル上げは、面倒なこともあって「ガンガンいこうぜ」が役に立ちました。  広 3-4 神 今日はですね、小野の先発ということもあって、ある程度「負けること」に関してはダメージが少ない日だったはずなんですよ。 ところが、今日9回を終えた時点で残った感情は「悔しさ」だけでした。 では、なぜ「負けても仕方ない」というゲーム前の気持ちが変わってしまったのか。 ま......続きを読む»

継投から見る「新・勝利の方程式」

梵がまたサヨナラ弾!!  広 2-1 神 今日の勝利は大きいですね。 九里の凱旋登板だったこと。 明日の先発が小野ということ。 巨人が負けていること。 エルドレッドが呉との勝負に敗れたこと。 石原のスクイズが惜しくも成功しなかったこと。 いろいろなことを全てひっくるめる一発。 長打力のある男「1番・サード・梵」に打順が回ってきたことが幸運だったのかもしれませんね......続きを読む»

リリーフ再編に想う

昨日は散々でしたね。 バリ様炎上に加え、個人的なことですが、喉は痛いわ結膜炎になって目ヤニやら涙やらがボロボロと出るわ。幸い「アデノウイルス」の検査は陰性でしたので、今は目薬を点しながらキーボードを叩いております。(苦笑)  広 5-9 中 いやね、正直胡坐を掻いていましたよ。「3タテするだろう」って。(苦笑) だって篠田で取れて最後がバリントンですからね。 そうそう荒れることはな......続きを読む»

守護神が予定より少し早くいなくなってしまいました

大味なゲームながら、落とすことなく勝利。  広 13-5 中 今日は「打」よりも「守」がポイントでしょうね。 3回裏の中日の守備です。 ショートゴロを逸らし、サードへの送球を外し、センターフライを落とし・・・。得点には結びつきませんでしたがワイルドピッチもありました。 特に松山の何でもないセンターフライを名手・大島が落球してくれたのが大きかったですね。 “タナボタ”の2点が入った......続きを読む»

「1番・サード・鈴木誠也」がもたらした功罪

松山はたいして「締め」れませんでしたね。(笑) そうそう家族絡みのイベントはないわけでして。  広 3-2 中 久々にミコライオがヒヤヒヤさせてくれました。(汗) 今日は篠田に勝ち星をつけてあげたかったので、何が何でも抑えてほしいと思っていた矢先の一打同点のピンチ。 やっぱ先頭打者を出すか出さないかは大きいですね(昨日の大瀬良もですが)。 その篠田純平。 見事に「ニュー......続きを読む»

5月14日の阪神戦に大瀬良を「中5日」で投げさせるのか

昨日熱が出てしまいまして。(汗) 小窪のタイムリーと松山のホームラン、その後の2失点などの頃にはもうろうとしていて記憶がありません。 中東で「ヨシ!」と糸が切れたんでしょうね。(笑)  ヤ 7-13 広 エルドレッドのデッドボールについては、まったく気にするようなことではないと思います(中東はただの守備固めです)ので、いくら相手がヤクルトとはいえ目くじら立てずにいきましょう。 ......続きを読む»

福井優也への失望値

残念でなりません。  ヤ 6-0 広 期待して期待して期待していた福井優也ですが、まさかというか、案の定「炎上」してしまいました。 フォアボールに注意するあまり球が集まっちゃったのかな・・・。(汗) それでも強引に抑え込めるだけのパワーピッチでも見せてほしかったんですが、今の好調ヤクルト打線になす術なし。  ○| ̄|_ 初回の3失点だけなら、石川に付け入る隙もあったんでしょう......続きを読む»

福井優也への期待値

さすがに同一カードの連勝は途切れますね。(汗)  ヤ 4-3 広 巷では「仕方ない」敗戦という風潮が流れていますが、こういう微妙な負け(ちょっとした何かの違いで勝利が転がり込んできたようなゲーム)を受け流してばかりいては危険です。 ウチは「王者」ではないので、貪欲に目の前の勝ちに喰らいついていかなければならないからです。 「次で勝てばいいさ」では、「優勝」は狙えないでしょう。 ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33791908

(01月24日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss