きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年11月

大竹の陰に隠れていたが地味に中﨑の血行障害が痛い件

巷では、多くのカープファンが大竹ショックに心揺さぶられていた11月26日。 ひっそりと“衝撃的な”ニュースが流れていました。  「カープ中﨑翔太 右手人差し指、中指 血行障害」  「22日に動脈血栓除去術 血管移植術」 「大竹巨人入り」と同時期だっただけに大騒ぎにはなりませんでしたが、これ地味にキツイですよね。(汗)   指の血行障害 プロ野球の投手に多い障害。指の血行に......続きを読む»

「1番・田中」と「3番・丸」を育てる

来季のトップバッター最有力候補の丸佳浩ですが、抜群の選球眼による出塁率に加え、盗塁王も獲得した走力、「安打製造機」新井コーチの指導により開花したバッティング能力と、申し分ない「1番打者」と思えます。 9番打者がバントで送ったランナーを返すという意味での勝負強さも兼ね備えていますし、パワーも持ち合わせています。 往年の高橋慶彦や野村謙二郎に比類する「切り込み隊長」になるスペックがあるわけです。 ......続きを読む»

バランスの良いチームを目指す15のポイント

今季カープはセ・リーグ3位という成績でしたが、内容としては、借金もさることながら首位とのゲーム差も大きく開き、まだまだ課題がたくさんあるといえます。 本当の意味で「強い」チームとなるためにはどうすればいいのか。 圧倒的なピッチングスタッフを揃えることか。 破壊力のあるバッターを並べることか。 一概に何が正解なのかはわかりません。 突出した武器を磨くことが「強さ」への近道になることも......続きを読む»

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

ここ数日、大竹の人的補償にスポットが当たっていますが、はたして「戦力の宝庫」読売巨人軍からプロテクトされない選手は誰なのか。 「28名が多すぎる」という持論は置いておくとしても、他球団と比べれば29番目の選手ですら輝いています。 素晴らしい選手が獲得できればいいですね・・・。 入ってくる選手は複雑な心境でしょうが、これからもよろしくお願いいたします。 少なくとも、他球団の選手となって......続きを読む»

大竹さようなら

大竹が決断しましたね。 決め手が「関東」というのは、どうにもウヤムヤした感じです。 埼玉に行くのなら、本当に理解できるんですがねえ・・・。 カープが弱くて弱くて「こんな弱いチームで戦いたくない」とか、球団の評価が低すぎて「オレはこんな評価に納得しない」といった理由なら諦めもつくんですが・・・。 それはそれで、腹が立つのかな。(汗) それにしても残念な結果です。 どうにも大......続きを読む»

小林誠司と二岡智宏

最近、九里の記事を見ているとちょくちょく顔を出してくる選手がいまして、だんだんとそのプレイヤーに興味を持ち始めています。 といっても、その“意中の彼”は他球団が獲得しているんですが。(汗) そうです。 亜大の嶺井博希捕手です。 なんか調べてみると、「フィールド上の監督」とでもいうようなリーダーシップがあるようで、まさに「キャッチャー」としての理想のような男でした。 いいじゃないです......続きを読む»

大竹に必要だったものは「我々は共に闘ってきた 今までもこれからも・・・ 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース大竹寛」の横断幕ではなかったのか

   我々は共に闘ってきた    今までもこれからも・・・    未来へ輝くその日まで    君が涙を流すなら     君の涙になってやる    Carpのエース黒田博樹 これは、黒田がFAで悩んでいた時に、カープ応援団(全国広島東洋カープ私設応援団連盟)が広島市民球場に掲げた横断幕の文章です。 もはや伝説ですね。 FA問題については「白紙」を強調していた黒田でしたが、「伝わ......続きを読む»

赤道直火(せきどうちょっか)~赤く、熱く、真っ直ぐに。~

今季の「剣砥挑来」から、来季は「赤道直火」へと。 カープの2014年のキャッチフレーズが発表されました。 「赤道」という言葉が、真っ直ぐ突き進む感じを出していて、“若い”チームには合っていると思います。 「剣砥挑来」も「捲土重来」から作られた言葉でしたが、「赤道直火」も「赤道直下」からの造語。 前者ほどいじり倒してないあたりが、少し大人になりましたかね。 「剣砥挑来」も慣れれば......続きを読む»

2013年カープのMVP~心・技・体 篇~

今季はAクラスを掴み取りましたが、躍進の原動力と考えられる、いわゆる「MVP」を決める場合、今年に限っては様々な候補がいます。 「MVPは○○だ!」と言い切れない反面、何人かの選手が頑張っていたとも言えます。 来季「優勝」を狙ううえで、こうした戦力の充実は嬉しいことではありますね。 MVPを一人決めるのが難しいので、今回は「心・技・体」の3部門に分けてそれぞれのMVPを選出してみたいと......続きを読む»

黒田の話題が出るだけで「高まるぅ~」

はい。「劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇」を観てきましたよ。(笑) なんというか・・・大方の評判通りでしたね。不完全燃焼ってやつです。 前回のように、公開前にこの「漸ノ篇」を2時間ドラマでやって、それから本番として「爻ノ篇」をやっても良かったような気はします。 ただ、ファンならあっという間の約2時間になるのは間違いないので、是非ご覧いただきたいとは思いますが。 さて、「ブログ(日記)......続きを読む»

やっぱりセットアッパーは重要だ

豪華先発陣と比べて、決して“盤石”とは言えないカープリリーフ陣ですが、ここにきて「ミコライオ メジャー復帰か?」という情報を多く目にするようになってきました。 まあ、アメリカの記者のツイッターからのソースらしいのですが、よくよく見ると「元メジャーリーガーのミコライオが、日本のカープってとこで、なかなかいい成績を挙げてるけど、どうだい?」のような紹介文のようです。 手を挙げる球団がいるのかはわ......続きを読む»

梵英心の後継者レース

もう11月も半ば。 そろそろ東スポあたりから「カープが○○を狙っている!」というような記事が出てきてもいいんですが、期待に反して、全くそういった情報が流れてきません。(汗) 補強、というか若干の“血の入れ替え”はあるんでしょうか。 おそらくですが、新外国人で1名。 投手で1名(トレードが1件はありそうです)。 そして、「人的補償」があるとすれば、そこで投手、ないし捕手あたりを1名。......続きを読む»

巨人とソフトバンクで欲しい選手

スポナビに限らず、FAに関する記事が増えてきましたね。 一握りでもいいので、今の制度に一石を投じる流れが生じればと願います。 こういうのは積み重ねですからね。 ところで、個人的にプロ野球の世界で許せないことが幾つかあります。  ・ドラフトでの、○○じゃなければ進学  ・先日も述べましたが、FAによって生まれる戦力差 ほかにもありますが、ひとまずこういう熱くなる記事を書いた......続きを読む»

先発投手・左腕 Part2

今日からこのブログも2年目に突入します。 今後ともよろしくお願いいたします。  <(_ _)> ということで、初心に帰るつもりで、第一回目のタイトル「先発投手・左腕」を今年度版風として書いてみたいと思います。 ***************** ***************** ***************** ***************** ......続きを読む»

ねえねえスタンリッジを取りにいきましょうよ

なんか、雪だったのでタイヤ交換があったり車検だったりして、なかなかチェックしてなかった前回の記事の返信をしていましたが、ちょっと時間が掛かってきて疲れたので、逃げ出して新しいブログを書き始めています。(笑) 終わったら、続き書きますね・・・。 さて、巷では「大谷フィーバー」ならぬ「大竹フィーバー」が盛り上がっていますが、ここにきて阪神のスタンリッジが退団するというニュースを目にしました。......続きを読む»

逆指名の是非は問われたのにFAの是非は問題視されないことを考える

今カープファンの多数が胸の苦しい思いをしています。 「またか」と。 毎年、この時期(ドラフトも終わり、日本シリーズも終わった、いわゆるストーブリーグ)に明るいニュースは少ないものでした。 そうです。 FA権行使の時期だからです。 川口に始まり、今年は大竹がFA宣言をしました。 まだ移籍が決定したわけではありませんが、事実上“お手上げ”状態なのも否めません。 基本的に......続きを読む»

元エースの苦渋に満ちた決断

大竹のFA宣言がカープファンを賑わせていますね。(汗) 斯く言う自分も、気持ちが落ち込んでいます。 感情で言うなら「喜怒哀楽」の「哀」にあたります。意外と「怒」ではないんですよね。 まあ、一応「カープも選択肢に」入っているわけで、100%巨人に行くとは決まったわけではありません(“巨人”と決めつけていますが)。 「宣言残留」を信じて待ちましょうか。 それにしても、巨人、ソフトバ......続きを読む»

正捕手の英断

石原慶幸が残ってくれることになりました。  「このチームで今季以上の成績を残したい」 「成績」に言及しているあたりが、彼らしいというか。 それがバッティングのことなのか、チーム全体としてのものなのかはわかりませんが、少なくとも“複数年契約(3年3億)”に甘んじていないのは伝わってきます。 あくまで、一年ごとにFAで悩みたくないための複数年のようなので、モチベーションが下がることもない......続きを読む»

三本の矢(コーチ)

毛利元就をご存知でしょうか。 安芸(現・広島県西部)の国の領主であり、後に中国地方を統べることになる戦国大名です。 「本能寺の変」の時、秀吉が戦っていた毛利輝元のおじいちゃんと言った方がわかりやすいでしょうか。 子供の頃、「少年少女日本の歴史」という児童書で、北条早雲と並んで“戦国大名の先駆け”として紹介されていたこともあって、個人的には印象に残っている武将の一人です。 その元就......続きを読む»

侍ジャパンが地味にいいチームな件

野村祐輔が陽岱鋼に打たれましたね!(汗) 立ち上がりの連続三振が一気に吹き飛ぶ一発でした。 さすが陽と言うべきか、打たれたノムスケが悪いのか・・・。 台湾も、もうちょっと陽のようなレベルが揃えば、良い投手もいますし、なかなか強くなりそうですね。 それにしても、台湾の監督が呂明賜だったのには感動しました。 巨人での鮮烈デビューは忘れられませんよ。ホーナー、いや、キラみたいな感じだった......続きを読む»

堂林を「育成」できればすべてがまわる

魅力的な先発投手たちを揃えながらも、シーズンを勝ち越しで終えることができず、かろうじてAクラスに入るのがやっとだった今年の広島。 原因は攻撃陣にあると言っても間違いではないでしょう(リリーフについては今日は置いておきます)。 そんなカープ野手陣の弱点は5つ。  ① 得点力が弱い  ② 長打力がない  ③ 打順が固定できない  ④ 守備に綻びが見られる  ⑤ 選手層が薄い です......続きを読む»

菊池、異次元の守りで受賞!

やりました! 菊池がセカンド部門でゴールデングラブ賞を獲得です。 エラーが多いと散々叩かれてきましたが、守備範囲の広さが考慮されたんでしょうか。 というか、どう見ても「上手い」ですからね。 取れたから言うわけではありませんが、妥当な選出でしょう。 まあ、これほど喜んでいるのは不安もあったからなんですがね・・・。(笑) カープからは、マエケンさん(投手)と丸(外野)も選ばれ......続きを読む»

左と右のラプソディー

   ※ お知らせ  昨日書いていた記事が、あまりスパムと思えないような単語で引っかかっていたため、いくらやっても公開できず、先程ようやくアップできました。(汗)  合わせてそちらもご覧いただけると幸いです。 さて、カープの話題も減ってくる時期になってきました(特に札幌は皆無です;;)が、侍ジャパンの4名には、明るいニュースをドンドン届けてもらいたいものですね。 丸と菊池には、並......続きを読む»

広島東洋カープとFAの歴史

石原の情報が入ってきましたね。 「彼がいないとチームが成り立たない」と本部長も言ったそうですが、ホントにそう。それがわかっているのなら、このフライトは望む形で着地しそうです。 ただ、こうした交渉ごとは恋愛みたいなもんですからね。 「絶対OKもらえる!俺はいける!」と思ったところで、「友達としてはいいんだけど・・・」と簡単にフラれることもありますから。(汗) あまり気持ちを100%......続きを読む»

もしも3人とも失ったら

大竹はまだまだ迷っているようですね。 「球団と僕の考えにほとんど開きはない」そうなので、おそらく残ってくれると思うんですが、ファンとしては、ひじょ~に胃が痛い。(汗) 一生を左右する問題かもしれませんが、ホント早く決めとくれ。 黒田のように宣言残留を認めてほしいとかなんですかね・・・。 あと、情報がない石原にもモヤモヤします。 最初の交渉の感じ(「持ち帰って考える」)だと、......続きを読む»

「7番・ライト」を下水流昂にするか鈴木誠也にするか

日本シリーズは、まさかまさかの田中将大陥落で、巨人が逆王手を掛けました。 こうなると巨人有利なのかな。 セ・リーグの代表、読売ジャイアンツを応援していましたが、楽天の頑張りを見ていると楽天に気持ちが傾きそうになりますね。 来季のドラフトを考えちゃうと、12番目よりは11番目の方がいいかもしれませんし。(笑) 来年こそは「日本シリーズ」の舞台に立つべく、CS優勝を果たしてもらいたいですね。......続きを読む»

大竹の落としどころ

いよいよ、今日「日本一」が決まるかもしれませんね。 田中将大も気合いが入っていますし、少なくとも「負け」はつかないんじゃないのかなあと。 無敗でメジャーとは、カッコイイですね。(笑) 来年、前田健太も、20勝以上あげて「日本一」を経験しての渡米となってくれればいいんですが。 こればっかりは、避けて通れない運命と諦めるしかないんでしょうね。(泣) マエケンさんが抜けることを前提に......続きを読む»

九+、=丸

噂にはなっていましたが、丸の背番号が「9」になりました。 球団預かりの「9」番です。 今年の「7」に続き、いよいよ球場に「9」が帰ってきます。これで預かりナンバーは「1」のみ(「15」は例外)。 「9」の復活は嬉しいところですね。 ひとまず、前任者の緒方を超えるようなプレーをしてほしいです。 ところで、丸の元々の背番号は「63」と大きい数字でしたが、いまやカープの主軸にまで成長......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33790822

(01月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss