きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年10月

そういえばカープ投手陣のバッティング勝負はどうなったんだろうか

今年は大谷翔平の「二刀流」が話題になりましたね。 先発投手として投げたかと思えば、数日後にはクリーンナップを打っている。 カッコ良かったです。 ちょっと残念だったのは、規定打席や規定投球回数に達していないのはしょうがないとして、せめて序盤に見せた3割はキープしてほしかった。 ルーキーに過度の期待なのかな。(汗)  ◆ 大谷翔平  打席204 45安打 15二塁打 1三塁打 3......続きを読む»

栗原に喝

まさかのニュースが。  「栗原健太FA視野」 驚きました。 スッキリ残留するものと楽観していたんですが、「出場機会」の問題とは。(汗) あくまで球団の姿勢として「キラがファーストチョイスです。よっぽどでない限りあなたにチャンスはありません」と断定されたのなら理解できるのですが、本来の力関係であれば栗原がキラに劣る部分はありません。 ポジションを勝ち取ればいいだけのこと。 サードの......続きを読む»

20代前半に優秀な人材がいる球団

日本代表メンバーに野村、菊池、丸が選ばれましたが、この3名が来季のカープの中心となってくれるのは間違いないでしょう。 あ、大瀬良もいれて4名になりますかね。 ちなみに野村が今年24歳、菊池23歳、丸24歳。菊池が遅生まれなので3人は同学年となりますが、年齢的にも伸び代を残した良い年代と思えます。  21歳   中﨑 磯村  22歳   今村 堂林 庄司 大瀬良 九里 ......続きを読む»

言霊

 「文字には力がある」 昔、大ヒットドラマ「トリック」を見ていて、なんか野際陽子扮する山田の母さんがそんなようなことを言っていたのを思い出しました。 ここ最近目にする「栗原トレード論」ですが、あまりそういうことで盛り上がっていると、だんだんと“それ”が現実のものにならないか不安です。 「周知の事実」じゃありませんが、栗原はけっこう情にアツイ人間なので、ファンに必要とされてい......続きを読む»

涌井、澤村、そして福井

 ・涌井秀章 18    登板45 防3.90 5勝7敗7S 29四球 79三振 92 1/3回  ・澤村拓一 15    登板34 防3.13 5勝10敗 43四球 148三振 158 1/3回  ・福井優也 11    登板12 防8.69 2敗 11四球 14三振 19 2/3回                                   ※ 2013年の成績 ......続きを読む»

げに素晴らしきかな投手王国

昨日のドラフトは大成功で終えましたが、まだまだ気の抜けない出来事が待ち受けています。 後“これ”をクリアさえできたら、今年は事なきを得て終わることができるのかな。 そうです。 大竹寛&石原慶幸&栗原健太のFAです。 幸い、永川に関しては残留をほぼ明言してくれていますので、残った「投守打」の要たちの動向が気になります。 おそらく全員残ってくれると思いますが。 今シーズン......続きを読む»

2013ドラフト カープは90点!

いやあ、大瀬良。 田村スカウト、やってくれましたね!!! 嬉しすぎて震えました。(笑)  1位 大瀬良大地(九州共立大)投手  2位 九里亜連(亜細亜大)投手  3位 田中広輔(JR東日本)内野手  4位 西原圭大(ニチダイ)投手  5位 中村祐太(関東一高)投手 まずは1位。 大瀬良大地を指名してくれたことに、まずは感謝したい。 指名しなきゃ入団しないわ......続きを読む»

大瀬良の背番号をどうしましょうか

後数時間でドラフトです。 今年はアツイくじ引き大会が行われそうですね。(笑)  (≧∇≦)b さて、大瀬良くんを、まさかまさかの単独指名ができたとして、カープ入団後に彼は何番を背中に付けるんでしょうね。 ここ数年のドラ1ピッチャーを見てみると、やはり1位と期待されるだけあって、良い番号が与えられるのが流れのようです。  2011年 野村祐輔 19(前任者・上野弘文=12に変......続きを読む»

カープのユニフォームに袖を通す運命になかった者たちの今

抽選必須の今ドラフト会議。 くじ運のない野村謙二郎、強運の渡辺久信といったように“引きの強さ”のようなものが取り沙汰される時期でもあります。 日ハムの“あの人”なんて「幸運のアイテム」として商品化されたりしていましたし。(笑) そんな抽選において、広島東洋カープもここ数年苦い思いをしてきましたが、その瞬間はともかく、今振り返ってみるとあながち“失敗”ともいえない結果も垣間見ることができ......続きを読む»

カープのドラフト・ここ最近の成功不成功チェック

明後日、カープは大満足でドラフト会議を終えることができるのか。 評論家、スポーツ誌などがドラフト後に行なう「採点」で、高得点を叩き出すことができるのか。 ファンが喜ぶような結果となるのか。 楽しみでもありますが、緊張でもあります。 そもそも、逆指名制度でいい思いをしていなかったカープだけに、ドラフト会議の思い出は、あまり満足感のあるものはありませんでした。 裏金問題が発覚し、よ......続きを読む»

2013年ドラフト会議シミュレーション

では、前回の続きということで。 ドラフト会議のシミュレーションをしてみたいと思います。 あらかじめ断っておくと、カープファンなんで、できるだけカープ有利になるように仕組んでいますが・・・。(笑) 各球団ファンのみなさん、ゴメンナサイね。「そんなところ補強ポイントじゃねーよ!」とか思わずスルーよろしくです。(汗)  ~~~ プロ野球ドラフト会議 ~~~  1位指名......続きを読む»

広島は田口くんを指名するのか

カープの2013年の戦いは終わりましたが、この時期はまだまだ“お楽しみ”が待っています。 10月24日。 運命のドラフト会議です。 新しい仲間の誕生にワクワクするとともに、お目当ての選手が取れるかどうかの不安も入りまじり、なんとも複雑な気持ちが沸き起こりますね。 さあ、カープは誰を指名するんでしょう。 個人的には、やはり大瀬良大地。 ただ、彼は松井くんを押し退け、今や......続きを読む»

「がんばれ」ジャイアンツ、「おつかれさま」カープ。

☆☆☆ クライマックスシリーズ・ファイナルステージ 第3戦 ☆☆☆  広 1 0 0 0 0 0 0 0 0  1  巨 0 0 1 1 1 0 0 0 X  3 ・・・奇跡は起こりませんでした。 2013年の戦いも、これで終了。 試合はもう“一言”で済みますよね。  「打てなかった」 ただただ、これ。このことが敗因です。 だって、3試合とも投手は3点......続きを読む»

王手をかけた王者、崖っぷちに立った挑戦者。

☆☆☆ クライマックスシリーズ・ファイナルステージ 第2戦 ☆☆☆  広 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  巨 0 0 3 0 0 0 0 0 X  3  崖っぷちに立ちましたね!  でも、まだあきらめていませんよ! ポジティブに考えるのなら、「奇跡」を演出したということ。 ここから4連勝して日本シリーズに出場したら、スッゲー盛り上がりますよ! それができ......続きを読む»

内海に代打を出せた巨人、大竹に代打を出せなかった広島。

☆☆☆ クライマックスシリーズ・ファイナルステージ 第1戦 ☆☆☆  広 0 2 0 0 0 0 0 0 0  2  巨 0 0 0 1 0 1 1 0 X  3 負けましたね・・・。 後一本が出なかったことや、四球、オーバーランなど、いろいろな敗因が考えられますが、今日のポイントは4回裏のジャイアンツの攻撃でしょう。 「出すわけない」と、内海がバッターボックスに立つと......続きを読む»

巨人への苦手意識がいつの間にかなくなっていました

いよいよ数時間後ですね。 今の札幌はなんと「6℃」。(笑) まあ、最高気温は8℃なんですが、普通は朝方最低気温になるはずが、台風の影響で日中に最低気温がきちゃってます。(泣) 休みなんで出掛けようと思っていましたが、寒し雨は降ってるしで、のんびりCSファイナルステージでも待ちましょうかと・・・。 ・・・待っていると、だんだん緊張してきたのか、期待と不安が入りまじった感情が芽生えてきま......続きを読む»

クライマックスシリーズの改正について

昨日はロッテが勝ち上がり、これでファイナルステージはセ、パともに「1位VS3位」の構図になりました。 個人的にはライオンズが好きなことと、終盤の追い上げの凄さに衝撃を受けていたので、できることなら西武に勝ち上がってほしかったです。 1位楽天&2位ロッテは確定かななんて思ってましたし、どちらかといえば、ソフトバンクの3位もほぼ決まりかと決めつけていたところもあって、なおさら昂っていたもので。(......続きを読む»

大ボスとの決戦前夜

台風が進んでいますが、相手が巨人なら問題ありませんね。 ドーム球場バンザイ!ってやつです。 まあ、「東京ドーム」自体はどうも苦手ですが。(笑) 一昨日「中ボス」の虎を倒し、明日からはいよいよ「大ボス」の巨人との対決です。 勝って、なんとか「ラスボス」の鷲(「前田健太VS田中将大」でマーくんに土をつけたいので、楽天希望)と対峙したいものですね。 ちなみに「小ボス」が竜だったんで、ゲームな......続きを読む»

打たれた黄色い“あごひげ”の男、打った赤い“あごひげ”の男。

☆☆☆ クライマックスシリーズ・ファーストステージ 第2戦 ☆☆☆  広 0 0 0 0 0 2 1 3 1  7  神 1 0 0 0 0 0 0 1 2  4 やりました! ファイナルステージに進出です!  ヽ(*´∀`)ノ 応援席の応援ボードも、「CSに連れてって!」から「東京ドームに連れてって!!」へと変わり、そして今は「日本シリーズに連れてって!!!」ですか......続きを読む»

山岡泰輔(瀬戸内)

CSが盛り上がっていますが(というより盛り上がらないわけがありませんが)、10月には“プレーオフ”以外に、もう一つ楽しみが待っています。 10月24日(木)のドラフト会議です。 松井株急上昇の中、カープは「即戦力投手」の指名を早くから宣言していましたが、ここにきて各球団の路線が、「松井裕樹(桐光学園)」から「即戦力投手」へと移り変わってきたようです。 まあ、所詮は「情報戦」です。そ......続きを読む»

動いた阪神、動かなかった広島。

☆☆☆ クライマックスシリーズ・ファーストステージ 第1戦 ☆☆☆  広 0 0 0 1 3 0 0 0 4  8  神 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1  エースが投げ、4番が打つ。  これぞ、“勝つ”ための王道。 いまだに何とも言えない高揚感が残っています。 ひとまず先勝。明日ですね。 「勝って兜の緒を締めよ」じゃありませんが、第2戦も「追う立場......続きを読む»

リーグ・リーダーズから見るカープ来シーズンへの展望 「打撃部門」

そういえば、セ・リーグは全日程を終了しているので、個人タイトルの行方が決定していました。 我らがカープにも、なんらかの賞を獲得した選手がいるわけで、だいぶ時間が経ちましたが、リーダーズをちょっと見てみることにしましょう。  ◆ 打撃部門 ◆   ・打率     .333 ブランコ(De)     .330 バレンティン(ヤ)     .316 村田(巨)   ・本塁......続きを読む»

落合政権への道険し

中日がやってくれました。(笑)  落合博満GM&谷繁元信選手兼監督 これは巧い。 オーナーお気に入りの落合氏を監督にするには、本社サイドが不安視している「集客力」「協力体制」といった部分が邪魔をしていました。 谷繁監督だけならフレッシュさがあるものの「若い」だけ。ところが、古田以来久々の「選手兼監督」となれば、話題性は充分です。 そのうえで落合GM。 たしかに落合......続きを読む»

リーグ戦4位と5位に差をつけるための改革案

ちらっと気になる記事を見つけました。  「セ・リーグ消化試合打ち切りを検討」 なるほど。 順位が決まった後の、いわゆる「消化試合」というヤツをなくしてしまおうとは。 なかなか“思い切った”案ですね。 ただ、反対。 理由としては、けっこう「消化試合」が好きだから。(笑) 基本的に、シーズン終盤も終盤の、あのオープン戦のようでタイトル争いにだけ重点を置いたような雰囲......続きを読む»

「四本柱」以外を考える

今季のカープ投手陣は「四本柱」に尽きます。  ・前田健太  ・野村祐輔  ・バリントン  ・大竹寛 特に言うことはありませんね。(笑) では、「それ以外」の投手はどうだったのか。 CS前ということもありますので、ちょっと見直してみましょうか。  ■スターター■  ・中村恭平  ・中﨑翔太 基本的に今季の先発を6名挙げるとすれば、「柱」の4名と、この2......続きを読む»

前田じゃありませんが「思った通りにはいかない」もんですね

今日の試合で全日程終了。  広 4-5 ヤ いろいろ上手くいかないもんですね。(汗) ① まずは前田健太。 最多勝もそうですが、やっぱり“1点台の防御率ならず”というのが残念です。 前回の「中4日」で敗戦して以降、調子が気になっていましたが、まさかの満塁弾とは。(汗) 結局阪神戦まで「中5日」になってしまったりと、なかなか思うようにはいきませんね・・・。 とはいえ、今......続きを読む»

一夜明けて  ~『日刊きたへふ』 10月4日号(後編)~

 『日刊きたへふ』 10月4日号   目次    一 なぜ小久保!?    二 カープ歴代ベストナイン    三 外れた皮算用・1    四 外れた皮算用・2    五 これで間違いなく強くなる    六 新たな戦力候補    七 背番号「1」の行方    八 前田智徳の後継者  六 新たな戦力候補 去るものがいれば、加わるものもいるわけで。 他球団の戦力......続きを読む»

一夜明けて  ~『日刊きたへふ』 10月4日号(中編)~

 『日刊きたへふ』 10月4日号   目次    一 なぜ小久保!?    二 カープ歴代ベストナイン    三 外れた皮算用・1    四 外れた皮算用・2    五 これで間違いなく強くなる    六 新たな戦力候補    七 背番号「1」の行方    八 前田智徳の後継者  三 外れた皮算用・1 昨日の敗戦で、今シーズンの勝ち越しは「叶わぬ夢」となりました......続きを読む»

一夜明けて  ~『日刊きたへふ』 10月4日号(前編)~

 前田智徳 一夜明けた今も喪失感が消えません。 おそらく大半のカープファンも同じ気持ちなんでしょうね。 とはいえ、今日は「前田を惜しむこと」をひとまず忘れ、通常営業(笑)でお送りしようかと思います。 前田はいずれ帰ってくる(やっぱり打撃コーチ熱望)はずですしね!  『日刊きたへふ』 10月4日号   目次    一 なぜ小久保!?    二 カープ歴代......続きを読む»

言葉が選べない

今日は、前田智徳選手の引退試合。  広 3-5 中 惜しくも負けてしまい(福井、来年こそ頼むぞ)借金確定となりましたが、中日サイドの雰囲気からも前田智徳に対する敬意が伝わってきましたし、良い試合になったのではないかと思います。 「一振り」の力しか残っていないかと思いきや、最終回にはライトの守備へ。 最後まで“男”でしたね。 敵味方、共に素晴らしかった。 それぞれの粋な......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33789185

(01月17日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss