きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年08月

勝敗は早さと速さが別つ

まだ今日一日がありますが、いよいよ9月戦線に突入です。  毎年、失速する9月。  毎年、Aクラスへの希望が打ちひしがれる9月。  毎年、心が折れる9月。 ただ、今年は何かが違います。 カープ自体の調子もそうなんですが、ライバルとなるべき他球団がちょっと例年と違うような。 追ってくる足音というか“勢い”をあまり感じないんですよね。  ・モチベーション考察   巨......続きを読む»

この時期は一つの勝ちで上を向こう

ナイス巨人。(笑)  神 0-3 広 野村祐輔が見事に連敗をストップしてくれました。 そうなんです。 我らがカープには今、マエケン、ノムスケと、連敗を止めることができるピッチャーが2人いるんです。 これは大きいですよ。 マエケンさんはともかく、野村が調子を取り戻してくれたおかげで、今季はCS戦線から脱落することはないと思います。 甲子園でのピッチングに並々ならぬもの......続きを読む»

この時期は一つの負けで下を向かない

昨日「四本柱神話」が崩れたのにも関わらず、今日はいつも通り勝てず。  広 0-2 De  広 0-2 De コピーミスではありません。(汗) 連夜の0封と、打線がDeNA投手陣に沈黙。 あれ? DeNA投手陣? こっちも強力DeNA打線を2点に抑えているんですが、まさかこういった展開になろうとは。 打てない時はまったく打てないあたりが“かわいい奴ら”ですね。(笑)......続きを読む»

チームリーダー論

今季の広島は、「東出の負傷」のニュースからリズムが狂い始めた。 東出輝裕。 カープの顔の一人であり、内野陣のリーダーのみならず、いわゆる「チームリーダー」としての役割を担うべき存在。 自身の成績が下降線と言われつつも、まだまだ老け込むには早く、チームとともに自分の限界をも超えるべく、2013年に賭けていたはずだ。 若手の菊池と安部が台頭してきていたことも、危機感こそあれ発奮材料になっ......続きを読む»

幻の12勝目

とうとう“8回に巣食う魔物”を手なずけましたね。  広 8-1 De 今日は大勝です。 ですが、なんだか喜びが半減している自分がいました。 結果だけ見れば、9安打で8得点と、DeNAのお株を奪う猛打でした。 カード初戦を勝利し、3位をキープ。 本当ならこれで満足すべきなんでしょう。 「勝った」んですから。 負けようが「良い試合だった」なんて思えるのは、「負けた......続きを読む»

栗原の居場所

残り31試合。 現在4位とは3.5ゲーム差。 この「3.5」という数字ですが、なかなか微妙な差ではあります。 通常、ひっくり返されにくい差ではあります。 ただ、その場合は「ミスが少ない」チームであることが前提になっています。或いは、「投手力」を含めた「守りが固い」といったことなども。 カープには当てはまらないんですよね。(汗) この31試合のうち、巨人戦が7試合(残りは阪神7......続きを読む»

○○●

パターン化していますね。  広 4-5 ヤ ○○●○○●○○●○○● と、4カード連続勝ち越しは素直に嬉しいのですが、この「日曜に負ける」というのが、けっこうキツイ。月曜日にモヤモヤするんですよね。(汗) まあ、この流れだとどうしても火曜日にマエケンさんが投げるので、気持ち的に「勝てる」と思えるものがあるのが救いですが。 戸田はなんだったんでしょうね。 こういってはアレです......続きを読む»

戸田はどう臨むべきか

デニム軍団が連勝しました。  広 9-2 ヤ ライアン小川を苦手としているカープ打線ですが、苦手にしているのは「カープ打線」であって、「デニム野郎たち」ではなかったということでしょう。 小川も「あれ?なんかこの新しい球団、やたら打つな(汗)」と思ってたんじゃないのかな。(笑) こちらもバリ様とはいえ、何より相手が天敵のライアンでしたので、「これは1点でも取られたらマズイぞ」などと......続きを読む»

オシャレ×カープ

そう。これは違和感。  広 6-2 ヤ ユニホームのことです。(笑) 正直、遠目から見ると、かつての山本浩二が着用していた頃の水色ユニに見えなくもないので、打っている時はそれほど変でもないんですが、守りの時の帽子がヤバイ。 なんでしょうね。 やっぱり赤いキャップなんだなーと。 しかもノムスケのポワンとした感じがより一層・・・。 野村祐輔、けっこう男前なんですが、着る服が......続きを読む»

ふと来季の投手陣容を考えた

先日、街を歩いていたら、たまたまマツダのショールームの前を通りました。何気にチラと見ると・・・。 あまりマツダの車は興味がないんですが、どーしても目を引かれる1台がそこにありました。 ただのCX-5です。 しかし!カラーがソウルレッドプレミアムメタリックだったんです。 「おお!やっぱりこの色最高だな!」と感動しちゃいましたよ。 そこで思ったことが。 普段はホンダが好きで、インテグ......続きを読む»

恭平の合否

3タテならず。・・・最近このパターン多いな。(汗)  中 3-1 広 お久しぶり登板の川上だっただけに、なんとなく「今日は荒れたゲームになる」と思ってしまっていましたが、蓋を開けてみれば、中継ぎが踏ん張り、締まったゲームに。 流れるように時が過ぎ、気付いたら負けていました。(汗) 恭平ですが、初回2死からの失点、2回にも満塁のピンチと、3回は抑えたものの、そこで降板。ん?......続きを読む»

千葉くんの涙

ミコライオ、相っ変わらずヒヤヒヤさせてくれますね。(汗)  中 3-6 広 今日は2連発で3点取った時に「勝負あったか」と思いっきり油断してしまいましたが、神はそんな慢心を許してくれず、あっさり同点に。(笑) そこからの追加点がとにかく取れませんでしたね。 西川が頑張ったのかな。 今日は堂林がお休み(早い復帰を待ってます!)のため、三遊間はヨギ&キムショー。 いいじゃないです......続きを読む»

クライマックスに行きましょう!

いきなり他球団ですみません。(汗) でも、DeNA凄くないですか。7-0をひっくり返す猛打。 あきらかに去年までとは違います。 そういえば、ここだけ「決め手」があるんですよね。「破壊力」です。 あくまで、投手陣に不安があるという弱点がプラマイ0にしていますが、よくよく考えると明確な武器を持っているのは4弱ではここのみ。 もしかすると、最大の障壁は“試合巧者”の2チームではなく、予測不能......続きを読む»

磯村を使う勇気 ※オマケつき

昨日は磯村がマスクを被りましたね。 會澤に代わって昇格してきたものの、8月7日の今季デビューは、負けている中の代打起用(四球で出塁するも次の回には久本と交代)のみ。以降なかなか出場機会がありませんでしたが、昨日(18日)ようやく再登場となりました。 倉に代打が出され、これまた負けていることもあってか、第3捕手の育成の場としては申し分ない状況が整いました。 まあ、岩見だったのが微妙なんで......続きを読む»

中﨑の合否

3タテならず。せっかく鬼門の土曜日に勝てたんですがね。  De 6-2 広 こちらも中﨑とはいえ相手も国吉だったので、いい勝負ができそうと思いつつも、空中戦なら不利だなあ・・・などと不安に感じていました。 結果は、「国吉を崩せず」というどうしようもないものに。(汗) 初回1点は取れたんですが、もう一押しなかったこと。四球に付け込むような攻撃を一気に見せていれば、おそらくノーガード......続きを読む»

ミコライオ昇格とルイス降格

またまた借金10に。ここからが減らないんだよなあ。(汗)  De 4-6 広 今までだったら、バリントンも5回4失点じゃ勝ち星なんて付かなかったはずなんですが、悪運が消えつつあるのか、ラッキーな白星が。 いい流れがきていますね。 今日はリリーフ、もっと言えば“勝利の方程式”が確立しそうな手ごたえがあったのが収穫でしょうか。  永川→今村→ミコライオ 開幕前に描いていた......続きを読む»

巨星・安楽よ、来年にはカープへ

田中将大。 ・・・いやはや凄い投手ですね。 女房役の嶋とも合っていそうですし、今季負けなしで終わりそうな気もします(次代の捕手に悩みを抱える身としては、こういう脂ののったキャッチャーは羨ましい限り)。 田中-嶋で、パを席巻ですかね。 もう17勝だもんなー。 しかも、地味に昨年の終盤に4連勝していたとは。侮れませんよね。 苦しい時に勝てる投手って素晴らしい・・・。 我らが新人王候補が......続きを読む»

勝利の方程式は保留中

追いついたところまででしたね。  神 3-1 広 満塁でキラだったので、犠牲フライやタイムリーなど、勝ち越しを期待してしまいましたが、結果同点止まり。 キラ、松山の「返す人」が、今日は揃って噛み合っていませんでした。 これを仕方ないと見るか不甲斐ないと見るかは迷うところですね。(汗) スタンリッジが良かったにしろ、もうちょっと恭平には援護点をプレゼントしてほしかった。 なんだ......続きを読む»

遅れてきた男

大竹寛がようやく自身の連敗を止めましたね。  神 1-7 広 初回の“5点目”、自らのタイムリーが大きかったと思います。 最近の大竹のピッチングでは、3、4点差すらセーフティーリードではありませんでしたしね。(汗) マエケンさんもそうなんですが、大竹からも打とうという気迫が伝わってきます。ちゃんと「9番目の打者」としての意識があるんでしょうか。 まあ、実際はほとんど打てていません(......続きを読む»

カープ来季の投手コーチを考えよう

マエケンさんがエースの投球を見せてくれましたね。  神 1-2 広 あれよあれよと勝利するあたりが、さすがマエケン。 131球の熱投で見事に完投勝利です。中6日だし、球数多いけどいい・・・のかな。(汗) それにしても、あの高めのスピードボールで空振りをとるのってカッコイイですよね。 8・6以降、気合いがメチャクチャ入っていますし、これ残り全勝もあるんじゃないのかと思えます。 ......続きを読む»

「攻撃的マシンになる」

ここまで101試合が経過し、43勝56敗2分の4位。 3位に0.5差と肉薄しているものの、ちょっとしたことで最下位に沈んでもおかしくない状況でもあります。 これは、中日、DeNA、ヤクルトにも言えることですが、とにかく決め手がありません。「何か」欠けてるんですよね・・・。 まずは自分のチームがどうなのかといったところを見直すべきでしょうか。 シーズンも70%が過ぎましたが、借金が13もあ......続きを読む»

「7回2失点」と「7 2/3回4失点」の差

このカード(巨人戦)2敗1分け。 「何か」が足りているチームなら2勝1敗の目すらあったわけで、今季の負け越しが早くも決まってしまったのも妥当な結果なのかもしれませんね・・・。 来季に引きずらなければいいんですが。  広 1-6 巨 今日は中﨑。 この前の恭平じゃありませんが、中﨑自身をノッていかせるためにも、打線が援護してやらなければならないゲームでした。 課題だった5人目と6人......続きを読む»

「勝てなかった」のか「負けなかった」のか

熱戦は引き分けに終わりましたね。  広 5-5 巨 まあ、そもそも「熱戦」と感じていたのはカープ陣営だけかもしれませんが・・・。 「勝てなくて悔しかった」のか、「負けなくて良かった」のか。 一応バランスの悪いシーソーゲームではあったので、試合でも軽く振り返りながら、考えてみましょうか。  ■前半(1~3回)■ ひとまず、いきなりバリ様が打たれました。 巨人相......続きを読む»

怒り心頭

4点差を逆転負けですか。  広 4-5 巨 ホント、巨人相手にこういうのはもうやめて欲しいです。 正直、全然面白くないんですよ。 巨人に勝ちたいと思っている中で、「勝てそうな」試合を落としまくっています。イライラするなと言われても、どうも私生活にまで響くショックです。 選手はよくやっていますよ。 堂林のエラーにしても、わからなくはないです。 ポロリの倉だけはもったいなか......続きを読む»

再び4弱へ

今村、どうしちゃったんでしょうねえ・・・。(泣)  広 0-1 神 今日はいくらでも勝てるチャンスはありました。 拙攻が続くと、どうも流れが相手に渡ってしまいますね。 そして、その一度相手に移った流れすら強引に断ち切ることができたものの、度々勝機を逃し、結局力尽きました。(汗) う~ん。 モヤモヤするなあ。  (;´ρ`) 中村恭平は、立ち上がりこそ不安でしたが、見事なピ......続きを読む»

大竹寛再生論

快勝の次の日に完敗。いただけませんな。  広 1-7 神 大竹が先発だっただけに、昨日は落としたくない一戦でした。 今日は恭平ですからね。若干分が悪い。 ですが、どうせ今日を谷間(第5先発)で埋めるんだったら、中5日で大竹が行かなくても良かった気もします。バリ様とマエケンさんはともかく、大竹には中6日で余裕持たせた方が素人目には良さそうなんですが・・・。 打線については、併殺が......続きを読む»

ちっちゃなことは気にするな

ワカチコワカチコ。  広 1-0 神 よく丸と勝負してくれましたよね。 あの場面で一番やっちゃいけないのが「三振」ですが、丸は廣瀬や梵らと並んで、かなり「三振」の匂いがしない打者かと思います。 後、丸はああ見えて強気ですからね。サヨナラ機には、うってつけでしょう。 いやあ、あぶない試合だった。(汗)  マエケンさんが要所要所を抑えてくれたからこその勝利なのか。   ......続きを読む»

MVPレースの行方

とうとう今季のドラフトを占う男が上がってきましたね。  磯村嘉孝 代わりに會澤が下がってしまったことが残念ではありますが、彼にはリード面などを磨いて早いうちに再昇格を期待したいと思います。 磯村には将来の正捕手候補として、石原の座を脅かすような「何か」を掴みとってほしいです。 まだまだ若い磯村がモノになるとわかれば、秋のドラフトで捕手を上位指名“しなければならない”制約が外れ、基......続きを読む»

至高のクオリティスターター:ブライアン・バリントン

バリントン、ありがとう。  ヤ 4-7  終始ランナーを抱えていたようなイメージのある本日のピッチング。4回(3者凡退)以外は、何かのキッカケで大量失点していてもおかしくなかったのかもしれません。 でも、勝負どころでギリギリ抑えているあたりは、さすがバリ様。 6回を3失点と、相変わらずのQSです。 まあ、松竜さんが爆発してなければ、負け投手になっていたところでしたね。(汗) ......続きを読む»

バリントン中4日の是非

今日の先発は中4日でバリントンです。 開幕当初から、「バリントンは中5日でいける」「バリントンなら中4日でも投げられる」など、ことさら、この優良外国人投手は使い勝手が良い感じで取り上げられていました。 事実ここまで、中5日が10試合。  × G 開幕投手  ◎ S 中5日  ◎ B 中5日  ● B 中5日  ● S 中6日  ○ T 中5日  × G 中5日  × D ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:339
  • 累計のページビュー:33790822

(01月20日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss