きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年07月

打者・前田健太

エースの日に打ちまくる。  広 11-3 De こう言ってはアレですが、もったいないですよね。(汗) 大量得点があってこそともいえますが・・・。 スタメン抜擢の岩本の2ランや、キラのタイムリー、丸、ヨギの連続弾などありましたが、やっぱりマエケンさんが2安打2得点という点が大きいでしょう。 1打席前までは2割5分ありましたからね。(笑) 堂林はともかく、菊池まで越えちゃうという......続きを読む»

衛流努烈弩

バリントンの乱調に伴い、野村監督もソコロビッチの名を挙げるまでになりました。 連続で打たれているとはいえ、もうちょっと辛抱しても良さそうですが・・・。 とうとう聖域ともいえるバリントンも、うかうかしていられなくなりましたね。 ただ、ソコロビッチがバリントンのようにゲームを作れる先発投手かというとそうでもなく、どちらかといえばウエスタンでの役割を見てもミコライオのバックアッパーと考えるべ......続きを読む»

12名の役割分担

・・・バリ様が今日もバリバリの方じゃありませんでした。  広 1-6 De 17安打は打たれすぎですよね。(汗) というか、DeNAメチャクチャ強いなあ。けっこう抜き出てきたんじゃないのかな。 ヤバイヤバイ。 モーガン、ブランコ、ノリのクリーンナップですが、今リーグナンバーワンの破壊力じゃないですかね。 本当なら筒香あたりも覚醒し加わってほしいところですが、そうなったらなった......続きを読む»

さて田口くんは何位指名にするのかな ^^;

広島大会も決着がついたようです。甲子園に行くのは田口擁する新庄・・・ではなく、瀬戸内のようです。 山岡投手、踏ん張りましたね。 まずは、おめでとう。 高校野球ばっかりは、さすがに地元を応援するので、今回は北照と帯広大谷に勝ってほしいんですが、カープの広島への密着度の強さから、未来のカープ選手像として広島県勢にはいつも注目しています。 広陵とかが優勝すると、ほくそ笑んでしまったりしますもん......続きを読む»

秘技・満塁ホームラン返し!

今日も負けを覚悟していました。  広 10-7 ヤ 好調赤ヘル打線がまたも先制したものの、小野くんがコツンコツンと打たれ燻り始めた火を久本が消すことができずに、案の定あっさり逆転&追加点。 完全なる負けパターンでしたが、昨日勝ちパターンで負けたお返しとばかりに、5回に大量点で試合の主導権を強引に奪い返しました。 「ウチだって満塁でホームラン打てちゃうんだぞ」と、意外性の男・菊池が......続きを読む»

魔の8回

札幌も夏休みシーズンに突入しました。 昔は、夏休みに入る頃になると暑い日が続き、いよいよ夏到来だ!という気持ちになったものですが、最近では7月になってもあまり暑くありません。8月から暑さがきつくなってきて、9月もまだまだ残暑が残っているようになりました。 9月ともなると秋の足音が聞こえ、肌寒くなっていたものなんですがね・・・。 冬の長い北海道。 11月から雪が降り始め、12月には歩道にも......続きを読む»

王子のシーズン後半のノルマ

あそこまでエラーするのも珍しいですね。 許せるのはあのエラーくらいかなあ・・・。(笑)  広 6-5 ヤ よく勝てたもんだと思います。 まあ、今までの流れからすると、4点は取ったもののズルズルと0行進が続き、あげくのはてに、あの9回表の岩本の“やっちまった”プレーで4-5で負けという悪夢のパターンが待っていたはずなので、多少はチーム状態が上向きなのかもしれません。 本来なら、「......続きを読む»

止まらない連敗はないじゃない

エース・前田健太が奮投し、打線が爆発する。 ようやく東京ドームでの連敗が止まりましたね。  巨 2-11 広 今日は打線が繋がったことにつきます。 2回だけで7安打。  ゝ(^O^)丿 宮國には申し訳ありませんが、眠りにつきそうなキラにも久しぶりに当たりが出ました。ルイスも猛打賞ですし、両外国人が打ち出すと点が入るものですね。 笠原になんだかんだ抑えられたことが気になります......続きを読む»

野村謙二郎の長期政権は可能か

カープの監督ですが、初優勝の古葉監督以降は、比較的4年前後は政権を任される傾向にあります。 よく「組織を作り上げるのには5年はかかる」と言われますが、短絡的に「結果が出なかったのでおしまい」といったわけではなく、それなりに長いスパンを与えていると考えられます。 長らく低迷が続くカープですが、古葉監督のように、5年を越え10年を任されるような名将が現れるのか。 今回は歴代の広島の監督たちにつ......続きを読む»

後半戦もブレない野村謙二郎監督

ドームラン恐るべし。(笑)  巨 8-4 広 両軍合わせて6本塁打。 オールスターのように、引き締まった投手戦への願いは叶いませんでした。 打ち合いなら勝てないわなあ・・・。(汗) 長野、坂本、阿部の巨人軍スペシャルトリオに、由伸ですか。役者が揃っていてなんとも羨ましい限りです。 今日は阿部の一発でほぼ決まってしまったゲーム。 中継ぎの大切さというものを再認識できました......続きを読む»

『シリーズ・後半戦に向けて~オールスター休み~』 ⑤ターニングポイントの見極め

今日の試合、面白かったなあ。 シーソーゲームじゃなくたって、ホームランが出なくたって、打ち合いにならなくったって、今年のオールスターは良かった! それにしても大谷。 坂本や立浪さんが褒めちぎってましたが、あのブレない頭で見事に同点タイムリー。打撃フォームに関しては、素人目にも本当に素晴らしいと思います。 二刀流が流行るかもしれませんね。 さて、カープの選手たちはというと・・・。 ......続きを読む»

『シリーズ・後半戦に向けて~オールスター休み~』 ④やっぱりヒーローは必要だ

神宮でのオールスター第2戦は、ゴールデンルーキーリレーのセ・リーグが快勝。 そのリレーの中にカープの投手の名前がなかったことは残念でしたが、今秋は即戦力投手でも獲って頂くとして来年に期待しましょうか。(汗) それにしても、今年のオールスターは雰囲気が若々しく、大谷、菅野、藤浪、ライアン小川(こういう名前みたいですよね)、鈴木大地など、新鮮でありながらもビッグネーム感が漂うメンバーが多い気がし......続きを読む»

『シリーズ・後半戦に向けて~オールスター休み~』 ③ファンができることってなんだろう

いやあ、昨日のオールスターは引き分けでしたね。 良い試合でしたが、もう少し“バカ騒ぎ”が見たかった気もします。 ただ、番長のスローボールとか、マーくんやマエケンさんらのストレート勝負など、見どころもありました。 そして、やっぱり大谷ですかね。 地元だけあって、いきなり目玉の二刀流がお目見えしましたが、盛り上がりましたねえ。 速い速い。(汗) 丸がライトへキレイに打ち返したのは嬉しかっ......続きを読む»

『シリーズ・後半戦に向けて~オールスター休み~』 ②ミスを許容せざるを得ないチームカラー

昨日はフレッシュオールスター。 ウエスタンは負けちゃいましたね。(泣) 大樹、誠也、崇司(いや、「上本」じゃないとわかりにくいですよね^^;)の若ゴイドラフト123トリオはノーヒットでした。 上本が思いっきり振っていたシーンくらいしか見れませんでしたが、みんな元気はあるようで安心しました。 ピッチャーは隆矢(“戸田”がもう一人いたとは!)が登板。キッチリ抑えていたようですね。 こう......続きを読む»

『シリーズ・後半戦に向けて~オールスター休み~』 ①ファーストのファーストチョイス

今日からは6日間のオールスター休みに入ります。 前半戦の不甲斐ない戦いを反省し、かなり厳しくなった優勝はさておき、念願のCS出場に向けて後半戦へと気合いを入れ直す時期でもあります。 逆転され負けた開幕巨人戦に始まり、同じく逆転での連敗となった中日戦で終わった2013年前半。 今季はAクラスへの想いが強かっただけに、このようなスタートになるとは思ってもみなかったものです。ただ、結果として......続きを読む»

84試合35勝48敗1分

昨日も逆転負けで5位ターンとなりました。  広 2-4 中 当面のライバルとの戦いだっただけに、連夜の逆転負けにはちょっとションボリです。 ゲーム差だけ見れば、3位までは2ゲームと充分(今のカープにその言葉が相応しいかはさておき)圏内です。しかし、オールスターという、いわば休養期間がある以上、「一応3位でターンだ!後半は借金を減らしていくぞ!」というのと、「結局5位だったか・・・追い上......続きを読む»

剣豪のマドリガル

マドリガル・・・?誰?(笑)  広 2-3 中 中日さんは外国人選手を見つけてくるのが上手いようですね。 「ファイナルファンタジーXI」じゃありませんが、見事に「マドマド」でチーム力がアップしているといったところ。 さて、片やカープ。 打撃陣への影響としてキラの加入が大きかったように、リリーフ陣にも何かキッカケがほしいものです。 短絡的に、「8人目の外国人」が必要というわけで......続きを読む»

2ケタ借金で3位

キラの本拠地デビューは代打で四球。 まあ、らしいっちゃあらしいのかな。  広 3-0 中 ノムスケの完封はおあずけとなりましたが、こないだもかなり投げてますからね。 野村監督の「ミコライオの方が云々」は置いておくとして、無理しなくて良かったです。 もう完全復調といっていいでしょうね。今日もゴロラッシュでした。 後半戦いくらでも完封のチャンスはあると思います。いやあ、嬉しいなあ。 ......続きを読む»

キラ欠場にも関わらず13得点

打ちましたねぇ。  ヤ 3-13 広 まあ、打線に目が行きがちですが、今日はマエケンさんが見事に“抑えて”勝てた勝利でしょう。 振りかぶっていた前田健太もカッコ良かったんですが、キッカケというのは些細なことからなんですね。「力を抜いて投げる」ということがここまで大切とは。 バレンティンの見逃し三振とかシビレましたね! カープの投手陣たちには、どうにかして大エースから何かを吸収し......続きを読む»

『プロ野球スピリッツ2013』と堂林翔太

大竹で負けたんだから仕方ない・・・のかな?  (´Д`;)ヾ  ヤ 8-3 広 天敵・ライアンからまさかの先制と思いきや、その裏もまさかの上田に被弾。 いやはや。(汗) バレンティンの30号はしょうがないとして、2回はいただけませんね。 キラ効果で活発になってきた打線に期待が持てるだけに、なんとか2-1で進んでいってほしかった。 今シーズン初登板の永川も投げましたが、う~ん......続きを読む»

野球はツーアウトから

中﨑に続いて今井まで。  ヤ 11-9 広 結果2点差ですからね。 4,7,8回の1点ずつは余計でした。 ただ、まずはスターターです。 先制点をもらいながらもアップアップの投球を披露するようでは、まだまだ「黒田二世」とはいえませんね。 初回、三連打を浴びたのは仕方がないとし、畠山の四球も目をつむるとして、2死からの2点タイムリーはいただけません。 仏の顔も三度まで。 ......続きを読む»

キラが加わっただけで点が取れるようになった

今日はキラですね。  De 3-7 広 キラがいなかったら、、石川の3ランで負けてたりして。(笑) 2本目は左対左だったんですが、打った瞬間にわかる鋭い打球。凄かった。 まあ、この大当たりがずっと続くわけはないんですが、後半戦もある程度の数字を保ってもらいたいものです。 そして、エルドレッドやニックあたりにもいい影響を与え、彼らの奮起にも期待したいです。ソコロビッチも。 ......続きを読む»

DeNAの土俵

やたら点を取られましたね。  De 17-8 広 対com戦でゲームしてるみたい。 ここまで取られると何も言うことはないですよね。(汗) ただ、同じ「17-8」でも、「3-6」からの「17-8」なのがイヤです。「17-0」とかからの「17-8」なら望みもあったんですが・・・。 敗因は中﨑と福井ですよね。 昨日の中﨑はダメver.でした。2回で見切ったのは悪くないと思います......続きを読む»

2四球と1ホーマー

キラ・カアイフエ。 ホームランデビューとは素晴らしい。  De 2-4 広 が、出塁率10割後の得点機で結果を残せなかったのがもったいなかった。うまくいけばもう2打点稼げて、戦慄のお披露目になったんですがねえ。 ひとまず、5番よりは4番目の方がいいんじゃないのかな。 なにより松竜さんに4番は似合わない。(笑) 勝負強さだけなら、ヨギさんが安心できます。 6番の前にランナーを......続きを読む»

背番号13

ようやく今年も背番号「13」が登場することになりました。 昨年まで堂林翔太がつけていたその数字。 2012年、背番号「13」はグラウンドで躍進していました。 “飛ばない”ボールを14回スタンドへ運び、ファンの目は「13」を追うようになりました。 そして迎えた2013年。 シーズン開幕。そこには背番号「13」はありませんでした。 「アレックス・ロドリゲスのように」と与えられたは......続きを読む»

面白くない野球

野球って、昔から見ていることもあって、凄く面白いんですよ。 サッカーのようにスピード感がないことが指摘されることもありますが、あの独特な駆け引きの間のようなものは、なかなか味わい深いかと思います。 海外サッカーも好きなんで、一概に野球>サッカーとは思っていませんが、広島東洋カープが、子供のころから生活の一部になっちゃっているため、自分の中では野球(プロ野球に絞りますが)がナンバーワンです。 ......続きを読む»

マジックアワー ~今季は栗原健太あってこそ~

 マジックアワー  太陽が沈み切っているが、まだ辺りが残光に照らされ、薄明るくなっている時間帯。  ほんのわずかな時間だが、影のない光景は最も美しいともされる。  広 0-4 神 3タテくらうとは思いませんでした。(泣) マエケンさんは、ちゃんと役割を果たしているんですがねぇ・・・。 0-1じゃなければ、雨天中止もアリでしたが、う~ん。 0-1でコールドよりは、スパッと0-......続きを読む»

カープ2013年前半戦の一文字

前回の対戦(5月1日)は5回で4点。ファームの若ゴイたちが6日前に対戦した際は初回に4点。 榎田VSカープの近2試合です。 しかし・・・。  広 2-3 神 まったく打てませんな。(汗) まあ、打撃に関しては、開幕前からの下馬評通りの貧打だったというわけで、そこまで意外なことでもないんですが、シーズンも下り坂に入ってしまうと些か衝撃的でもあります。 「ここまで打てないものか」......続きを読む»

ブレた名将

結果だけ見れば、貧打で負けたんでしょう。  広 1-3 神 ただ、今日は「代打・迎」に尽きます。 と、その前に、相変わらずの「1死2、3塁」で三振だったことがありましたか。 この、1死で3塁にランナーがいるケース。 どうも三振が多い気がします。 「外野フライ>内野ゴロ」なんですかね。(汗) あそこで追いつけなかった時点で、いろいろ流れが決まってしまった。 メッセンジャ......続きを読む»

デジャヴ

どっかで見たなあ・・・。  中 6-2 広 記憶に新しい6月28日阪神戦。4-1の8回裏に一挙6点取られて負け。 あの日と違うのは、今日は8回の表に追加点が取れていないことでしょうか。 1死で3塁にランナーいる時に、やたらと点が取れませんね。(泣) 変な継投とかで失点したわけじゃないんで、そこまでモヤモヤしませんが、これはこれでキッツイ・・・。 3タテしたかったなあ・・・......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:287
  • 累計のページビュー:33791908

(01月23日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss