きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年05月

交流戦、広島がまた弱くなった

バリントン火だるま。  ソ 10-2 広 大竹に続いて、開幕投手・バリントンも炎上。 これは負けるなあ・・・。(汗) 抑えてる時のリズムでは点が入らないものの、ちょっと点がある時は打たれてしまう。何かが惜しいです。 ニックが当たっていただけに、會澤やシャケらの未知数組がもったいなかった感じでしたね。 中東や岩本、松山らの好調なプレイヤー達がスタメンにいたら・・・と、また思......続きを読む»

マツダオールスターゲーム2013

「マツダオールスターゲーム2013」の投票を済ませました。 え?誰に入れたかって? (ω・ )ゝ 実際の選挙なんかとは違うので、パ~ッと発表しちゃいます!(笑)  ■セ・リーグ■  先 前田健  中 今村  抑 ミコライオ  捕 石原  一 エルドレッド  二 菊池  三 堂林  遊 梵  外 中東  外 丸  外 廣瀬 はい。......続きを読む»

岩本勉の解説はやっぱり不愉快です

大竹が打たれてしまった・・・。(泣)  広 1-8 日 中田の一発はあきらめきれるとして、5回はひどかった。 四球を選んだ日ハム打線が上手いのか、大竹が崩れたのか・・・。 それにしても、中田のショートゴロはアウトなんじゃないの。(汗) 今日は良いタイミングで稲葉がいましたね。 地元日ハムのこともけっこう好きなので、稲葉の活躍には複雑な感情もあるはずでしたが、カープ愛の前ではま......続きを読む»

王子の教育係

堂林がスタメンを外れました。連続試合記録も途絶え、ある意味気持ちをリセットできたかもしれません。 ただ、1試合ベンチから眺めていただけで大きく物事が変わるわけでもなく、まだまだ心配は拭えないでしょう。 これからの広島を背負って立つべき“カープのプリンス”堂林翔太。 彼が名実ともに、主軸として成長するために必要なことは何か。 今回は、堂林の育成にあたって、どういった指導が求められるべきなの......続きを読む»

ビーフorチキン?

昨日は“前田健太-今村-ミコライオ”と、なかなか王道的なリレーで勝利。  広 6-4 楽 まあ、まったく打てずに一発で勝っただけなんですが。(汗) 後は菊池。 あの四球で2塁を狙う姿勢は見ていて感動すら覚えます。 とにかく走る。「ガムシャラ」という言葉がピッタリな彼ですが、今季の戦い方のまさしく象徴でしょう。荒い(雑な)プレーを許せるのも、あの面白いくらいの積極性なんでしょうね......続きを読む»

四本柱ローテーションの行方 ~野村マジック②~

近年のプロ野球では、投手の細分化が進んで、各々の役割に特化した働きが求められるようになりました。 MLBでは当たり前のようになっている「分業制」が、ようやく日本でも「当たり前」になったというわけです。 そんな中、先発投手に要求されることは、“100球”や“6回”といったある程度の目安を目標に投げ抜き、ゲームを作ることに変わってきています。 「6回を3失点なら良し」という「クオリティ・スター......続きを読む»

もしかしてタネが丸見え!? ~野村マジック①~

う~ん。久々にモヤモヤしそうな負け・・・かな。  広 1-2 楽 8回裏なんとか同点に追いつき、あっさりと9回表に勝ち越される。 悔しいものですね。(泣) バリントンは本当によくやった。 ちゃんと前回の反省も踏まえていました。 一発を打たれたとはいえ、今日は何も言うことはありません。楽天打線を抑えるとして、精一杯のピッチングだったといえるでしょう。 明日のマエケンさんにもつ......続きを読む»

指名打者の有無

先日の西武戦のオーダーが絶賛(言い過ぎかな)されています。  ④菊池  ⑦中東  ⑧丸  ⑨廣瀬  ③岩本  指ニック  ⑤堂林  ⑥安部  ②石原 個人的にはDH制の時に9番が捕手になる並びが嫌いなので、安部と石原を入れ替えてくれれば最高だったんですが、なるほど、この打順ならたしかに文句もほとんどないでしょう。 基本的に、指名打者がなくなっても、1番以降いじらずに......続きを読む»

モヤモヤしなくなった

見事な逆転勝ち。  西 2-6 広 といっても、1点差ですしね。 今日は丸とニックの一発に救われました。いやあ、ニック。嬉しいですな。 丸が戻ってからの連勝と、やっぱり役者が揃ってくると違います。 にしても、今日みたいなオーダーの方が機能しますね。 ところで、ここ最近あまりゲーム展開でモヤモヤすることがなくなりました。 今月に入ってすぐ、天敵・巨人戦でモヤモヤしたくらいかな......続きを読む»

次代の捕手を育成するか獲得するか

今季のドラフトが今から楽しみです。 松井くんの「一人横綱」などと揶揄されていますが、けっこう豊作になるんじゃないのかなあと。 広島は誰を指名するのか。「誰」と絞れないにしろ、どういった選手を狙うのか。 シーズンが終わる頃(実際はもうウィークポイントは出ているのだが)には、補強ポイントが明確になっていることでしょう。 さて、今の広島に欠けているピースの一つが「次代の捕手」です。 ......続きを読む»

明日の話題は大谷一択

ヒヤヒヤしたような余裕だったような。 なんとも不思議な1試合でした。  西 0-1 広 連敗がようやくストップしましたね。 大竹、よく我慢したなあ・・・。 四本柱中心で回せる状態なら、いくらひどくても3連敗しない感じがします。 交流戦明けは、5本目、6本目の調子に左右されそうですね・・・。 打線では、丸の復帰に大喜びしていたところ、大ドンデン返しが。 廣瀬とニック......続きを読む»

阪神タイガースと広島東洋カープの差

★セ・リーグ順位表★  巨人     -  阪神    2.5  DeNA   8.0  中日    8.5  広島    9.0  ヤクルト 10.0 現在のセ・リーグは、見事なまでの「2強4弱」になっています。 開幕前、巨人の独走は予想されていたものの、ほかの5球団の差異はそれほど大きくありませんでした。 しかし、阪神がダントツの上位キープ。 今年のカープ優勝を......続きを読む»

DH制の弊害か丸不在が響いてるのか

最後、追いつくまではいきませんでしたね。(泣)  ロ 3-2 広 今日は清田がいやらしかった。 マエケンさんが珍しく初回から球数使って苦労してましたね。そういう意味では先頭打者の根元もか。(汗) 前田健太で負けるとショックが大きいです。 打つの遅いんだよなあ・・・。 ここロッテ戦を見る限り、どうもDHを上手く機能できていない、というかDHが混ざることで打順のバランスが......続きを読む»

交流戦投手11人体制から見る野村監督の誤算

先日、ニックの1軍登録に伴い、福井が2軍へ行きました。 これで、これまでの投手12人体制から1人減って11人に。  今村 大竹 前田健 野村 中村恭 河内  バリントン 小野 ミコライオ 今井 久本 そもそもセ・リーグ内の戦いとの違いは、日程に余裕があるということ。 先発が6人じゃなく、5人で余裕があります。 単純にそれまで必要だった人数から1人減らせる計算というわけです。 ......続きを読む»

恭平を育成するとして捕手に會澤を選んだこと

試合前では、勝つか負けるか半々といった予想でしたが、結局大敗。(汗)  ロ 7-0 広 点差以上に、相手ピッチャーの状態を考えると、ここまで抑えられなくても・・・と、悔やまれます。 まあ、7-6とかで負けるよりはスッキリしてるのかな。う~ん。 さて、沈黙した打線はいろいろ反省すべきことが多いでしょうが、攻撃については目をつむりましょう。 けっこうこういうケース(余裕で打てそうだ......続きを読む»

サファテを見誤る

ニックが復帰しました。 代打で登場し結果はライトフライでしたが、あの大ケガからの復活には、涙腺が緩む方もいたことでしょう。 ニックはファンの心を掴んでいますからね。 あ、首脳陣の心も。(笑) ニックの良い所は、3連発に代表されるパワーはともかく、一生懸命なプレーかと思います。 上手いわけではないが“頑張る”外野守備。負傷の原因にもなった全力疾走。 「外国人」という見方の違いが影響......続きを読む»

金子千尋ってこんなにいいピッチャーだったんですね

数字以上に「完敗」感が強かった試合でしたね。  広 1-2 オ 相変わらず味方からの援護がないバリントンですが、“内容的には”ナイスピッチングでした。6回1失点と、開幕投手の面目躍如たるや、さすがの一言。 しかし、“援護がなく”負けたとはいえ、負けは負け。 「初回に一発打たれたこと」が自らの勝利を逃した要因であることには間違いありません。 バリントンには、今以上の粘投を期待したいも......続きを読む»

野村祐輔再起

なんだろう。凄く嬉しい。  広 12-1 オ 12点という攻撃面よりも、野村祐輔の1失点完投が何より快感なのは、長年カープファンをやっている性なのか。(笑) ノムスケが返り咲いてくれたことで、正直、交流戦の優勝すら絵空事ではなくなりました。 おそらく明日のバリントンも好投してくれるでしょう。 好投するかどうかはともかく、「好投するんじゃないか」と思える点が大きいです。最初か......続きを読む»

交流戦を投手力で制する

昨日は投手陣の奮闘で勝利しました。  広 2-0 ソ 大竹、河内、今村、ミコライオと、「投手リレー」をテーマに考えた場合なら、今シーズンのベストバウトなんじゃないのかな。 その中でも、大竹の老獪(まだ30歳のくせに)なピッチングは特筆ものでしたね。 あの修正力は、今や球界でもかなり上位かと思います。 「悪いなりに」が通用する投手の更に上、悪い部分を無理矢理微調整して「良い」ピッ......続きを読む»

いいスタートでしたね

エースが抑え、きっちり点を取る。  広 7-1 ソ 今日は前田健太の登板ということもあって、安心して見ていられましたね。 楽天のマーくんもそうでしょうが、マエケンさんの安定感は球界トップクラスになりました。 それにしても、オーダーに丸がいないのは仕方ないとしても、中東のスタメンには思わず笑みがこぼれました。會澤が上がってきたことで、ひとまず「第3捕手」からは解放されましたね。とり......続きを読む»

マエケン体操禁止の危機

「マエケン体操がなくなる」 ん? なんだろうと記事を読むと、どうやら野球規則に違反しているようです。  野球規則三・一七(以下Yahoo!ニュース抜粋)  「競技にたずさわっている選手」「準備をしている選手」「ベースコーチ」以外はベンチにいなければならない この「準備」という言葉が曲者で、どうやら次回の投球「準備」のための“肩慣らしのキャッチボール”は違反のようです。 「......続きを読む»

交流戦に向けて ~打撃陣~

現在のカープの弱点は、得点力です。 交流戦に向けて、その課題である「得点をもぎ取る力」を多少なりともアップさせるために、前回に続き、戦力の見直しをしてみたいと思います。  現在の1軍登録メンバー28名  投手  福井 今村 大竹 前田健 野村 中村恭  河内 バリントン 小野 ミコライオ 今井 久本  捕手  石原 倉  内野手  上本 小窪 梵 堂林 菊池 安......続きを読む»

交流戦に向けて ~投手陣~

交流戦を明日に控え、広島東洋カープ2013年序盤の戦いは、37試合で15勝21敗1分の5位となっています。 ファンの目線からしてみれば、あまり納得のいく成績ではありませんが、3位~6位までがけっこう詰まっている状態でもあり、そこまで悲観するものでもない現状といえます。 交流戦から盛り返していきましょう。 今後の戦いの目安は6割くらい勝っていくこと。借金は作らず、かといって大きな貯金もい......続きを読む»

ホームランは危険な劇薬

勝って交流戦へ。 ギリッギリの最低ラインで9戦を終えたというところでしょうか。  広 11-6 中 中村恭平が四球から失点するなど、今日はちょっと負けゲームかなと不安が過ぎりましたが、負傷中の丸が救ってくれました。 代打逆転満塁ホームランです。 ちょっと軽いけど、クロマティみたいですね。(笑) まあ、その後は久本、今井といったロングリリーフを任せたい投手があっさり打たれ、......続きを読む»

野村監督と堂林翔太の関係は、長嶋監督と松井秀喜の関係とは異なる

5月5日。 プロ野球界のスーパースター、長嶋茂雄さんと松井秀喜の国民栄誉賞セレモニーで盛り上がった一日だったかと思います。 1-0で負けたカープファンはともかく・・・。 この2人の関係は、まさしく「師弟関係」というに相応しく、長嶋監督の付きっきりの指導や、松井自身の言動からも見て取れるように師を尊敬する弟子の姿というものも伝わってきます。 ともに球界の盟主、読売ジャイアンツの4番打者とし......続きを読む»

今年のカープは何かが違う

今日の中日戦をもって序盤戦が終了します。  36試合 14勝21敗1分(勝率.400) 6位   チーム打率 .250(4位)  チーム防御率 3.38(3位)  チーム本塁打数 14(6位)  チーム盗塁数 41(1位) いろいろ思うところはあるわけですが、この内容で最下位に甘んじているということは不思議な現象ともいえます。 ヒットが出てないわけでもなく、投手も抑えている。ホーム......続きを読む»

底ということは地面に足はついている

中日には勝ち越したかった。  広 3-5 中 バリントンでも勝てないあたりが、今のカープの現状なんでしょうね。 5回、本塁死が不運とはいえ、無死2、3塁から追加点が取れなかったり、6回も無死1、3塁から追加点がまたしても奪えなかったりと、今日も拙攻が痛々しいゲームでした。(汗) 8回の無死満塁も犠飛の1点ですからねえ・・・。 基本的に、攻撃陣はコマ不足です。 東出に始......続きを読む»

打順を変えまくるというのなら、それを肯定していこうじゃないか ②

昨日も、中東のスタメン落ち、岩本の背痛とはいえ小窪の一塁抜擢など、なかなか右左に固執したオーダー作りをしている、我らが野村謙二郎監督。 打順を固定せず、相手投手によって臨機応変に対応させていく姿は、名軍師にも見えよう。 ・・・はたまた愚将なのか。 前回に続き、野村監督の流動的な打順形成について検証してみたい。 基本的に今季の戦いにおいて、決まったオーダーはない。  ・菊池の......続きを読む»

野村祐輔帰還

どうも連勝が難しいですね。今季も3連勝がやっと。 止まったとはいえ、ロッテさんが羨ましい・・・。(泣)  広 3-4 中 サヨナラ勝ちを逃した感が強いですが、負けは負け。 ですが、9回の勢いは明日に繋がることでしょう。 河内もあれで良し。 丸と廣瀬で奪った5回の同点は、今の広島の得点パターン。菊池が出て、丸が“無理矢理”返す。そしてその丸を廣瀬が“なんとか”返す。 上位打線......続きを読む»

打順を変えまくるというのなら、それを肯定していこうじゃないか ①

野村謙二郎監督の、打順を固定しない戦術、相手投手に合わせて右と左を入れ替える戦法だが、思いつきではなく、一貫した何かがあってのことだとすれば、どういった意図があるのか。 その検証は後日考えてみるとして、ひとまず今回は、今シーズンの打順の推移を振り返ってみたい。 まずは1~9番を、「チャンスメーカー」(1、2番)、「クリーンナップ」(3、4、5番)、「キーポイント」(6番)、「下位打線」(......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:339
  • 累計のページビュー:33790822

(01月20日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss