きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2013年03月

フレッド・ルイスの起用法

開幕3試合目にしてルイスがスタメン落ちしました。 左対左を考慮してのものと言われていますが、期待の新外国人選手の扱いとしては、ちょっと残念なところ。  3番→5番→ベンチ いくらなんでも・・・。 数字的には現在.167。 しかも、チャンスで打てなかったりと、あまり良い印象はありません。 でも・・・、打ちそうな雰囲気あるじゃないですか。(笑) 四球はありませんが、見逃し方......続きを読む»

2位を狙っているのならこれでよい

いやあ・・・、まさか負けてるとは。(汗)  巨 3-2 広 休みではなかったので、勝っているところをチラホラ見ていただけなんですが、気付いたら○ではなく、●が付いていました。 せっかく中継あったから、録画したんですがねえ・・・。 昨日も録画、今日も録画。 録画すると負ける(勝てない)ジンクスになったらイヤなので、もう録画しません!みなさん、ごめんなさい! さて、巨人で......続きを読む»

矛か盾か

3時間半ルール撤廃ながら、見事に引き分けましたね。  巨 1-1 広 去年までなら負けていたのかなあとも思いますが、いつまでも「負けなくてよかった」と思っていては、前に進めません。 今日も“勝てた試合”でしたね。まあ、お互い様ですが。 今日も3点ほど、勝利への分岐点がありました。 “ゴールデンルーキーVS戦力外の男”で始まった、開幕第2戦。 下馬評に反して、久本が4回......続きを読む»

拙攻

負けましたね。(汗)  巨 4-3 広 押し気味にゲームを運んでいたはずが、終わってみれば逆転負け。残念ながら開幕勝利とはなりませんでした。 毎回(6、9回以外)のように得点圏にランナーを置きながら、最終的には11安打で3点。今日は拙攻が敗因と捉えましょうか。 6回も梵が2塁に進もうと盗塁を仕掛けたりと、積極的な攻撃には好感が持てますが。 それにしても、梵の足は大丈夫そうですね......続きを読む»

開幕巨人戦を迎えるにあたっての留意点

いよいよ「バリントン闘志のピッチングショー」も数時間後に迫りましたね。 今季の最終目標である優勝への最大障壁、VSジャイアンツだけに、144分の1とはいえ、ここでつまずくわけにはいきません。 では、開幕巨人戦での注意点をいくつか。   一. 堂林に一本   二. 永川勝浩の復活劇   三. モデルチェンジした戦い方   四. 阿部は見ていた   五. 堪忍袋は大きいものを用意し......続きを読む»

マエケン語録?

開幕を明日に控えましたが、例年に比べいささか不安はあります。 それは、開幕投手がエース(前田健太)ではないからです。 もちろん、バリントンは良い投手ですし、今季の先発陣の中でも大いに期待しています。それこそ13~15勝はいくんじゃないかというくらいです(参考までに、野村は8~14勝、大竹は10勝前後と読んでいます!)。 しかし、やっぱり前田健太とは違います。 「必ず勝てるぞ」と「......続きを読む»

開幕メンバー28名から見る久本の役割

開幕28人、決定しましたね。  投手  福井 今村 大竹 前田健 永川勝 横山 河内  バリントン 中﨑 ミコライオ 久本  捕手  石原 白濱  内野手  栗原 梵 堂林 菊池 エルドレッド 安部 木村  外野手  中東 前田智 廣瀬 松山 赤松 ルイス 鈴木将 丸 オープン戦の最終5試合を見た感じ、妥当な選出ではあります。 ただ、気になる点が。  ......続きを読む»

悪夢(負傷離脱)はどのくらい我慢できるか

毎年ケガ人の多い広島ですが、元々戦力的に充実していないだけに、一人欠けるだけでもかなりのダメージを受けます。 「ケガさえなければ・・・」の、なんと多い球団だ。(汗) 東出が今シーズン絶望、下水流が開幕前に故障、驚異的な回復を見せたとはいえ栗原も危ういところと、今季も早くから悪夢に悩まされています。 昨年は周知の通り、主砲栗原がシーズン序盤からチームを離れました。代えのきかない4番打者の......続きを読む»

長打力不足解消のキーマン

今季の広島は得点力不足が懸念されており、実際オープン戦でも、エルドレッドや丸はともかく、打てていません。 キャンプから取り組んでいた課題だけに、このまま迎えるシーズンには不安がつきまとうことでしょう。(泣) そもそも、昨年のチーム総得点は427点で、6球団中3位とそれほど悪くありませんでした。本塁打も76本で3位です。 しかし、“打てない”イメージは強く、「広島=打線が弱い」と認識され......続きを読む»

広島のモリーナ

WBCプエルトリコ戦で受けた衝撃。 それはモリーナ三兄弟の一人、ヤディアー・モリーナの存在でした。 あのカリスマ性、キャッチング、強肩、すべてに魅了されたというか。 打撃はもちろん、リード面も素晴らしいとあっては、まさにスーパーキャッチャー。非の打ちどころがありません。 城島以来ですかね・・・、ここまで捕手に惹かれたのは。 NPBのスーパーキャッチャーとしては、古くは野村克也、最近......続きを読む»

順位予想で広島を巨人の上にするために必要な3つのポイント

プロ野球もオープン戦が終わり、テレビや新聞各誌などで順位予想が盛り上がっていますね。 それにしても、オープン戦2位ですか。 良い順位だなー。 今年はWBCもあり、いつもと戦力の試し方が違っていることもありますが、巨人やソフトバンクが上位にしっかり据える中での2位ですからね。期待も高まります。 さて、今年のセ・リーグ順位予想。 毎年、広島を優勝とするのですが、その理由として確......続きを読む»

ベンチにはどんなタイプを置いておきたいのか

いよいよ本日のソフトバンク戦をもってオープン戦も終了。 “どんぐりの背比べ”たちの一軍争いはどうなることやら。(汗) スタメンや打順などは、ここ数日の試合を見ていればなんとなくわかってきますが、はたして、そこから漏れた戦士たちの行方や如何に。 ちなみに開幕スタメンは今のところこんな感じです。  ④菊池 or ⑧丸  ⑧丸 or ④菊池  ⑦ルイス or ⑨ルイス  ③エルド......続きを読む»

オープン戦も残り2試合

今日の勝利は大きいですね。  ソ 3-4 広 なによりこれでオープン戦勝ち越し決定です。 オープン戦とはいえ、巨人やソフトバンクが順当に勝ち上がっている現状、彼らに喰らいつくことができなくてはシーズンを戦えるか不安だったところ。 今季は面白いシーズンになりそうですね。 さて、ソフトバンク戦。 驚いたのが今村の登板。明日かと思ってました。 1回を3人で片付け1奪三振と......続きを読む»

4番レフト小川達明

みなさんは広島東洋カープの4番バッターとして、誰が思い浮かびますか?  「“ミスター赤ヘル・山本浩二”に決まってるじゃないか」  「“鯉の若大将・小早川毅彦”を忘れてもらっては困るわい」  「“ホームランアーチスト・江藤智”が凄かったなあ」 いろんな声が聞こえてきそうですね。 30年程前、カープの4番は言わずと知れた、山本浩二でした。 今話題のアイパー浩二です。(笑) しかし、当時......続きを読む»

打線の厚みと守備のバランス

前田健太と井端弘和のベストナイン嬉しいですね。 おめでとうございます。 オープン戦も終盤、開幕へ向けた最終調整が始まっていますが、1、2番はどうやら菊池と丸でいくようです。 菊丸コンビですか・・・。(笑) 2番に“打つ”打者が入る攻撃寄りのオーダー、上手く作用してほしいですね。 個人的に、2番バッターには“殿馬タイプ”が入ってほしいので、丸よりは菊池がいいのですが、カープの場合1、......続きを読む»

WBC敗退による広島東洋カープへの影響

まずは、ドミニカ共和国。  優勝おめでとうございます。 第4回以降も、日本にとって王座奪還の最大の障壁になることは間違いないでしょうね。 楽しみです。 ひとまずWBCも終了したので、これからはペナントレースに向けて気持ちを切り替えていきたいと思います。 広島ファンなんで「負け」には強くなったはずなんですが、久々にズッシリきた「敗北」だったんで、開幕からカープ旋風を巻き起こし、ス......続きを読む»

決勝戦がLIVEで見れない件

いやあ、WBC決勝の「ドミニカVSプエルトリコ」盛り上がってますね。 盟友(なんか愛着がわく国になりました!)プエルトリコが押されているようです。(汗) それにしても、「ドミニカVSオランダ」を放送(まあ日本に関係なく放送予定でしたが)した1チャンネルと、「ドミニカVSプエルトリコ」は放送しない6チャンネル。この差はどうしたもんでしょうね。 「ドミニカVS日本」じゃありませんが、WBCの決......続きを読む»

3・18 ~2013 World Baseball Classic~

日本準決勝敗退のダメージが大きく、ここ4時間ほど気力が尽きていました。 気晴らしに外に出たりしましたが、雨という・・・。orz 落ち込んではいますが、今回の代表の戦いには満足しています。 不調だったプレイヤーや、ミスをしたことなどをバッシングする意見を目にしますが、そんなことはナンセンス。彼らには胸を張って帰国してもらいたいです。 監督もそう。 選手起用や采配に対するきびしいコメン......続きを読む»

お疲れさまでした。

選手のみなさん、監督、コーチ、そして裏方さん達も含め、本当にお疲れさまでした。 敗退はショックですが、この数日、本当にワクワクしました。 ありがとうございました。 カープでは、まず前田健太。 この大会に賭ける思いが強かった。 準決勝での四球や1失点に責任を感じているかもしれませんが、そんなことはありませんよ。 この経験はきっとキミに大きなものを与えてくれたはずです。 魂のピ......続きを読む»

早起き

あと少しですね。 結局あまり眠れませんでした。(笑) 夢見も悪いというか、前田健太の夢(内容は例の如く思い出せませんが)が多く、ついでになぜか今村まで登場していて、まさしくWBC一色・・・。 それでいて、眠気はありません。 好きな12球団ランキング(誰も興味ないでしょうね)を書いたりして時間を忘れようと思います。  1 広島  2 日本ハム  3 巨人  3 中日  3......続きを読む»

プリンスの代役はいるのか

明日はいよいよプエルトリコ戦。 前田健太が登板することもあり、今からドキドキしています。(汗) もうちょっと楽しんで試合を迎えたいのですが、日本人気質なのか、緊張の方が先に立ってしまっているという始末。気持ちが高ぶりすぎて、眠れそうにありません。まるで遠足前夜の気持ちになっちゃっていますね。(笑) それにしてもアメリカ負けるとはなー。 さて、ここ数日いろんなことがあったカープ。 ......続きを読む»

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

野村祐輔が打ちこまれましたね。(汗) まあオープン戦だし、修正に期待しましょう。 あのくらいじゃまだ、“2年目のジンクス”は感じませんし。 彼には10勝とはいわず15勝してもらわないと、優勝予想が外れちゃうんですよ!(笑) 戸田も7失点ですが、こちらは良い経験を学んだ授業料と思って、さらなるステップアップへの糧にしていただきたいです。 一歩ずつ成長するんだぞ~。 さて......続きを読む»

し、下水流が・・・

下水流が右長内転筋の損傷で離脱とのこと・・・。  長内転筋・・・股関節の筋肉。股を閉じる筋肉。 どのくらいの負傷なんでしょうかね。 いずれにせよ、これは痛手です。(泣) 菅野の対抗馬として、新人王を・・・とは言い過ぎでしょうが、ルーキーの中では一年目から活躍してくれそうな雰囲気があっただけに・・・。 これで外野は、エルドレッド、丸、ルイスがほぼ確定となりました。 ルイス次......続きを読む»

オープン戦で使ってほしい選手

オープン戦も残りわずか。 この数試合を、「まだ」と捉えるか「もう」と捉えるかで選手起用も変わってくることと思えますが、1軍で見てみたかった男がいます。  土生翔平(はぶしょうへい) 現在2軍で、教育リーグや練習試合をこなしているようですが、さすがに1軍レベルではないのか、今季はまだお声がかかりません。 2011年のドラフト会議、野村一本釣りの陰に隠れていましたが、ひそかに土生の指......続きを読む»

前田健太の後継者

開幕投手ですが、ようやく野村監督も前田健太を外してくれそうですね。 準決勝でも快投を見せてくれると信じていますので、ぜひとも、日本優勝(!)の功労者の一人を労ってあげて下さいな。 バリントン、野村、久本ということなら、大竹が本拠地開幕投手というところでしょうか。バリントンが中5日らしいので、マエケンは5日の阪神戦から登板となっちゃいますが、ゆっくり休んでシーズン最後までフル稼働してもらいたい......続きを読む»

山本浩二監督が悪く言われすぎてる件

日本代表、まずは1位でアメリカですね。 こればっかりは次の相手がどっちになるかで、良かったのか悪かったのかが分かれそうですが・・・。 決勝が日本VSオランダだったりして。(汗) さて、日本代表の山本浩二監督。 最近のアツい勝利で評価を上げてるかと思いきや、いまだにけっこう叩かれてますね。(泣) 我らがミスター赤ヘルは、そこまでひどくないんじゃないかなあと思いますが、こればっかり......続きを読む»

前田健太がMVP(シーズン)を獲るケース

前田健太のキレッキレの投球の余韻が冷めやらぬ本日。いまだ高揚感が消えません。 やっぱり、広島の選手が代表の舞台で活躍(それもメイン級)するのは楽しいですね。今までなかったもんなー。 もう一度オランダとやるみたいですが、キューバが負けてしまうとは・・・。てっきり、日本、アメリカ、ドミニカ、キューバだと思ってました。キュラソーやるなあ。 ここまで来たら、決勝はアメリカ戦を希望したいですが。 ......続きを読む»

前田健太のピッチングが熱すぎる件

試合途中ですが、前田健太。 あまりにも凄かったので、もう感動中ですよ! 鳥谷のホームランから始まった一発攻勢があったとはいえ、一呼吸置いたマエケンのピッチングは圧巻の一言ですね。 三振の数はもちろん、何度もストライクとコールされなかったあの外角のストレートに痺れました。 あれストライクだろ。(笑) これが前田健太です! シーズン入ってからも、ダルビッシュくらいの無双が見られる......続きを読む»

WBCによるシーズンへの影響

WBCが盛り上がりを見せる中、不安視されているのが、例年より1ヶ月早い調整によるシーズンへの影響です。 決勝に進んだ場合の開幕への調整期間が少なく、故障の心配も出てくるわけで、巨人なんかは「開幕カードに投げさせない」といった対策をとるなどしています。 実際、好不調というものは目に見えないものですが、調子を持続させるということはたしかに難しいものです。 では、どれだけ影響があるのかを、前回、......続きを読む»

台湾戦が面白すぎた件

昨日は凄かったですね。 前大会のイチローの決勝タイムリーも興奮したんですが、あの時に匹敵するくらい盛り上がりました。 まだ決勝ラウンドですらないんですが・・・。(汗) 王建民からは点が取れず正直負けが過ぎりましたが、球数制限のおかげで、それも6回まで。 終盤はとにかく激しかった。 井端は今大会のキーマンなんでしょうかね。あの打ってくれそうな雰囲気はなんなんでしょう。(笑) WBCのお......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:483
  • 累計のページビュー:33789667

(01月17日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss