きたへふ おおの かわくち つた゛

月別アーカイブ :2012年12月

2012 MVP

今年も終わりですね。 年を取ると一年が早くすぎるといいますが、本当にそう。orz 締めくくりは今年のMVPでも考えてみようかと思います。 さて、セ・リーグのMVPが阿部(巨人)、パが吉川(日ハム)ですか。 文句の言いようがありませんね。(笑) 阿部は優勝の牽引、あわや三冠王の打撃とまさしくリーグトップクラスの成績です。内海か阿部かでも9割方阿部でしょう。 キャッチャーであ......続きを読む»

本塁打

昨日松井の話題が日本中を駆け巡りましたが、松井の凄さはやはり本塁打。 歴代のメンツを見ても松井の成績はトップクラス(日米ですが)です。 一応ちゃんとWikiで正確な数字を調べますね・・・。(汗)  王貞治   868本  野村克也 657本  門田博光 567本  山本浩二 536本  清原和博 525本  落合博満 510本  松井秀喜 507本(日332本・米175本)......続きを読む»

ゴジラ

今日は松井の引退(本人は引退という言葉は使いたくないらしいですが)に驚かされました。 ここ数年の日本を代表するスラッガー、松井秀喜。 メジャーでも名が売れ、世界の松井になりました。 日米とはいえ600本はアッパレの一言。 残念ですが、松井らしい引き際とも思えました。 ファンの期待するプレーを自信を持ってできない、というような会見だったでしょうか、それでも松井を見たかったファンは多か......続きを読む»

統一球

 ~統一球~  ・2011年から採用された公式球  ・ミズノ製  ・新しい低反発ゴムを用い飛距離が約1m減になった 統一球ですが、各球団ごとのボールの差がなくなり公平性は改善されたと思います。 しかし、「飛ばない」ボールなんで本当に面白くない。 さすがにもういいんじゃないでしょうか。 投高打低ですが、一時期カープが打てない時期(まあ今もですが・・・)がありまして、この頃は投手力......続きを読む»

札幌と広島

今日札幌では、大谷入団のニュースが大々的に取り上げられていました。 地元球団のドラフト1位ですからね。しかもスターですし。 札幌での日本ハム人気は本当にすごいです。 まさに地元愛です。 それまでは巨人人気がすごかったんですが、あっという間に根付きました。スーパーとかまで、「巨人軍応援ありがとうセール」からあっさり「日ハム応援ありがとうセール」に鞍替えですから。 これには新庄やヒルマン、......続きを読む»

順位予想

今日はクリスマス・イヴですね。 ちょっと時期的には早いのですが、来季の順位予想でもしてみたいと思います。 まずはパ・リーグ。正直あまりよくわかりませんが。(汗)  1 日本ハム  2 ソフトバンク  3 西武  4 楽天  5 ロッテ  6 オリックス ひとまずダルビッシュの抜けた穴を吉川で補えたこと、大谷を取れたこと、佑ちゃんが奮起しそうなこと、田中のマイナスをカバー......続きを読む»

層が厚いけれど一つ一つが薄い

巨人の強さですが、内海や杉内を擁する投手力や、阿部、坂本らが並ぶ打線もさることながら、やはりあそこの選手層はなかなかのものかと思っています。さすが常勝軍団は違うなあと。 巨人のことはヘタによくわからずに書くと、すごく叩かれそうで怖いですね・・・。(笑) アンチ巨人というほどではない(ズムサタとか見てると巨人の選手個人個人に好感が持てちゃうんですよね)んですが、ライバルは巨人、打倒巨人で毎シーズン......続きを読む»

1.5倍

来季の外国人はニック、エルドレッド、ルイス、バリントン、ミコライオ、ソコロビッチの6人。枠は4人。倍率にして1.5倍です。 概ねの予想では、ローテーションの一角バリントン、ストッパーに昇格したミコライオ、今シーズンの4番打者といっていい活躍をしてくれたエルドレッド、走攻守が揃っているという噂のルイス、この4人が開幕一軍といわれています。 ニックとソコロビッチが漏れていますね。 ソコ......続きを読む»

中継ぎを制するものは勝負を制する

投手王国カープですが、前回の先発陣容に続き、今回は中継ぎを考察したいと思います。 まあだいたい投手枠が13名くらいとして、先発6、抑え3とすると、中継ぎは4名といったところ。 先発の6名が、昨日決めた前田健、野村、大竹、バリントン、齊藤悠、今井。 福井、今村、ミコライオを抑えの3名として、残りのメンバーを見てみましょう。 中﨑、青木、河内、久本、篠田、江草、ソコロビッチ、横山、永......続きを読む»

5人目と6人目

今季より投手王国が復活した(言い切っちゃいます!)広島東洋カープですが、来季のローテーションをニヤニヤしながら考えていると、まだまだ不安要素がありました。  前田健→野村→大竹→バリントン→?→? あれ?5人目、6人目はどうなるんだろう? ちなみに上記のローテは一応今シーズン後半のをそのまま並べました。WBC次第でバリントンを開幕投手にするようなことも言ってましたし、まあ順番は変わ......続きを読む»

打順の予想は楽しい

オフシーズンの楽しみの一つに来季の打順予想があります。 まだまだオープン戦も遠く、新入団選手の能力もわからない、誰がケガをするかもわからないと、予想を立てにくい今がむしろ面白いのかもしれません(好き勝手予想できるので)。 では我らが広島東洋カープの2013年はどうなるか考えてみたいと思います。 以前クリーンナップを予想しましたので、ある程度は埋まります。 また、堂林も背番号「7」を受......続きを読む»

安部と菊池

 安部友裕  1989年生 右投左打 内野手 背番号60  2007年高校生ドラフト1巡目  菊池涼介  1990年生 右投右打 内野手 背番号33  2011年ドラフト2位 今シーズン後半、東出に代わりセカンドを守ることの多かった2人、安部と菊池ですが、さてさて来シーズンはスタメンを勝ち取ることができるのでしょうか。 年齢も近く、雰囲気的にも似た感じの2人です。東出や梵の調子......続きを読む»

7の後継者

驚きのニュースが。 堂林、背番号「7」に変更。 ついこのあいだまで、背番号の話題を取り上げていただけに、なんともタイムリーなような。 野村預かりの「7」がいよいよ球場で見られるようになるんですね! 堂林が「7」にふさわしいかはともかく、それだけ期待されてるのが本人にも伝わったことでしょう。 野村のようなタイプの選手ではないんですが、新しい「7」のイメージをカープファンに植え付け......続きを読む»

クリーンナップトリオをどうしましょうか

※クリーンナップトリオ・・・日本では3、4、5番打者を指す。  3番打者 総合的な能力が求められる。1、2番を返す勝負強さや、進塁や出塁のための技術も必要。打率が高く、そこそこのパワーのある打者、チーム内でも№1の打者が就くことが多い。  4番打者 ホームランバッターとしての能力のほか、勝負強さ、カリスマ性などが求められる。パワーヒッターの中でも、ある意味「持っている」打者が適任。 ......続きを読む»

背番号のイメージ 後編

前回は00・0~20でしたので、今回は21以降をざっと。  「21」・・・川島 そのほか齊藤悠など。成績は伸びませんでしたが、入団時のネームバリューで。  「22」・・・高橋健 そのほか足立、中村恭など。健さんもメジャーリーガーですからねえ。  「23」・・・横山 そのほかには山崎隆造など。江川卓のスカウティングリポートで横山は絶賛されていました。  「24」・・・大野......続きを読む»

背番号のイメージ 前編

以前、永久欠番について調べてる時にカープ選手の背番号に目を通す機会がありました。 そういや浩二さんは27だったなーとか、15って黒田以外誰いたかなーとか。 なかなかおもしろかったので、今回少し自分勝手な背番号のイメージをまとめてみたいと思います。古すぎる選手とかあまり知らないんで、みなさんのイメージとは大きくかけ離れるかもしれませんが。  「00」・・・仁平 そのほか嶋、山﨑、中東などが......続きを読む»

バリ様

バリントンの2年契約、本当にうれしいです。  2011年  30試合13勝11敗 防御率2.42 204.1回  136奪三振 与四死球61 3完投(2完封)  2012年  29試合7勝14敗 防御率3.23 175.2回  137奪三振 与四死球49 0完投 2012年の成績があきらかに低いですが、数字以上の活躍はしていたかと思います。先発ローテーションを守り安定してい......続きを読む»

永久欠番

大谷くんの日ハム入りが決まりましたが、星野監督の苦言などもあり、ドラフトの問題はまだまだ続きそうです。 そんな中気になったのが、ダルビッシュの背番号11を大谷くんがつけるということ。ダルビッシュのお父さんがモヤモヤされてるみたいですね。 日ハムには永久欠番がほぼない(100番くらい)ので、方針といえばそれまでですが、とはいえダルビッシュの11はまだ永久欠番クラスではないかなあとは思います。で......続きを読む»

ブラウン監督

最近の監督の中ではブラウン監督(2006~2009年)が好きだったりします。 古葉監督や阿南監督の頃までさかのぼれば、そりゃあ古葉さんや阿南さんのほうが好きなんですが。 さてブラウン監督、選手時代は1993年こそは27本塁打・83打点とそこそこの成績だったものの、期待通りの働きだったかというと微妙ではありました。それでも印象には残る選手で、「いたなー」と思い出すことのできる外国人だったのでは......続きを読む»

野村監督

広島東洋カープのエリートコース(?)を突き進む野村謙二郎監督。 ドラフト1位。優勝。チームリーダー。トリプルスリー。2000本安打。 不動のトップバッター(3番もなかなか)として、第一次山本浩二政権を中心に広島を牽引してきました(7を永久欠番にと打診があるくらい)。 そして2010年、満を持して監督に。 智将というよりは、熱血タイプのように見受けられますが、いったいどんな監督なんでし......続きを読む»

サンフレッチェ

カープファンの方にはサンフレッチェのファンの方が多いみたいですね。やっぱり地元の力なんですねえ。 今回はチェルシーが不調なだけにまさかの番狂わせがあるかもしれませんね。ぜひ優勝してほしいです。 こちら札幌ではファイターズとコンサドーレファンが多いです。 でも自分はカープとジュビロファンです。(笑) Jリーグ発足時にどこを応援しようか考えていて、ひとまず野球が広島ファンだったので、......続きを読む»

日本代表候補・前田健&今村

WBCメンバー発表がありましたが、ひとまず広島からは2名。 前田健と今村でした。 マエケンはマーくんと並んで現日本球界ではエース級ですので、当確間違いないでしょうね。 いやーそれにしても、というか当たり前の結果なんですが、打者からは0名。 打者から1、2名候補にあがるくらいになってほしいです。 阿部、坂本、長野を擁する巨人がホントうらやましい。 栗原あたりはケガがなければいけそう......続きを読む»

カープ伝統の機動力野球

浩二監督が古葉さん直伝の機動力野球を掲げてましたね。 そうなんです。カープといえば(ホエールズもそうでしたが)機動力野球だったんです。 圧倒的な投手王国+主軸のいるバランスのとれた打線+機動力野球=黄金期 まさしく走・攻・守スキがありません。 現戦力でもマツダスタジアムが主戦場であることを生かし、走りの野球をめざしていましたが、どうもあまり・・・。 現在ではどの球団も機......続きを読む»

野村・・・落選

野村落選してましたね。 浩二さんがポロっと・・・というよりは、まあ元々選ばれるほどではないんでしょうがないと思いましょう。 セ・リーグの中では、防御率など含めかなり上位の成績だったと思いますが、さすがに日本代表の枠にはまだ入らないかなーと。 気持ちを切り替えて、2年目のジンクス打破に励んで下さい。 でも、こないだのキューバくらいだったら選んでも良かった気はします。 カープOBの......続きを読む»

サファテがんばって

サファテ残留。 ・・・広島にではありません。日本球界にです。 今シーズンのサファテの投球は、昨シーズンと比べパフォーマンスが落ちていました。 サファテ無双とまでいわれた昨季、ビュンビュンと剛速球を投げる姿にしびれさせられたものです。9回までリードしていたら「あ、勝ったな」と思えるくらいの安定感もありました。事実サファテ離脱以降、CS争いが絶望的になっていきました。それほどの影響力の......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33790822

(01月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss