きたへふ おおの かわくち つた゛

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日、大竹の人的補償にスポットが当たっていますが、はたして「戦力の宝庫」読売巨人軍からプロテクトされない選手は誰なのか。

「28名が多すぎる」という持論は置いておくとしても、他球団と比べれば29番目の選手ですら輝いています。
素晴らしい選手が獲得できればいいですね・・・。

入ってくる選手は複雑な心境でしょうが、これからもよろしくお願いいたします。
少なくとも、他球団の選手となってしまった大竹より応援することになります。
頑張ってね!


まずは、巨人が「広島には払えないだろう」と4億、5億といった高年棒者をプロテクトから外すことがあるのかを考えたいと思います。
タイトルのように「カープ阿部慎之助」が誕生することがあるのかということですね。

巨人の傾向としては「取られたくない」選手が多くいることもあって、いかに相手の裏をかくかということ考えている可能性があります。
それこそ、「左腕」「右の大砲」「中継ぎ」「正捕手候補」といったカープの補強ポイントをつぶしてくるパターンがあるわけです。

とはいえ、絶対にプロテクトしなければいけない選手というのは存在するわけで、顔ともいえる主力であったり、期待の若手であったり、功労者であったりと領域が確立されています。

 澤村 杉内 菅野 内海 西村 山口
 阿部
 坂本 村田
 長野

上の10名がそれにあたります。
これについては、ほとんどの方が納得されるメンバーだと思います。

さて、前述の高年俸者ですが、杉内、内海、阿部といった高給取りが上記に含まれます。

結論から先に言うと、その3名を外す愚策をしてくるとは思いません。

エース内海とチーム№1打者の阿部に限っては、うっかり足元を見誤ってカープ入団となってしまっては、大竹獲得の意味すら消え去ります。後半不調だったとはいえ杉内にしてもそうですよね。
ましてやこの3名は「左腕」「正捕手候補」とカープの補強ポイントとも合致します。みすみす敵に戦力アップをさせるとは考えられません。
カープサイドとしては残念ですが、「カープ阿部慎之助」は誕生しないと諦めましょう。

逆に言えば、万が一があった場合は迷わず獲得すべきです。


上位10名は文句ナシなんですが、ここから若干難しくなってきます。

 高木京 宮國 青木 小山 笠原 今村
 實松
 寺内 立岡 中井
 亀井 高橋由 橋本 矢野

このあたりは守られそうですよね。
青木は大竹入団もあってほぼ確定でしょうし、若手先発投手たちや第二捕手、急成長の野手陣、由伸に至っては将来の監督候補です。
中堅どころも合わせたこの14名と最初の10名で24名になりました。


さらに難易度が上がります。

後4名。
これが意見の分かれるところ。

ちょっと目線を変えて、残ったメンバーの中からカープが欲しがりそうな選手をピックアップしていきましょう。

 戦力としての「左腕」
  松本竜 公文
 戦力としての「中継ぎ」
  久保 香月 福田 一岡 越智
 「正捕手候補」
  加藤 鬼屋敷 河野
 「右の大砲」候補
  坂口 大田

カープに“合わせた”プロテクトにこだわってくるのなら、こういった中から4名選んできそうです。
メスを入れた久保や松本竜、四球が野村監督の好みと合わない福田、小林の加入で余り気味の捕手陣などは外れそうですが、背番号が変わって心機一転の大田なんかは手放さない可能性はあります。

どう選ばれようと、それなりに良い選手が残っているのは嬉しいことですね。

ただ、ここはカープに“合わせない”と仮定し、大累、辻、公文、坂口の2012年ドラフト組をプロテクトすると読みます。
まだ未知数の原石かもしれませんしね。
食指を伸ばされるわけにはいかないんじゃないでしょうか。


とうことで、カープが狙えそうな主な選手たちはこうなります。

 投手
  久保 香月 福田 松本竜 一岡 越智
 捕手
  加藤 鬼屋敷 河野
 内野手
  藤村
 外野手
  松本哲 大田

まだまだいますが、この中では、鬼屋敷、河野といったイキのいいキャッチャーか、未完の大器・大田泰示がいいと思います。
意外と投手にはこだわってないと考えています。


それにしても、阿部とか内海を外されてたらどうしましょう。
やっぱ5億は払えないよなあ・・・。(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>あん さん

そうなんですよね。
「3億」という上限。この額は絶対的なものなのか、そうでないのか。
黒田じゃなくても、仮に前田健太が「ずっとカープにいたい」となった場合など、こうした制限がある限り、間違いなく障壁になるはずです。
阿部がプロテクト漏れする可能性は0に近いものでしょうが、万が一外れていたらホントどうしたんでしょうね。(汗)

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

コメント失礼します。
毎年黒田に3億円オファーしてる広島の行動を見ると、広島の上限は3億なんだろうと推測が出来ます。
もし仮に阿部が漏れてたら広島はどういう行動を取ったんだろうかって考えたりしてしまいます。笑

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>ssmk2 さん

わざわざ返信ありがとうございます。
思いは人それぞれですので、気にせず意見を頂ければと思います。打たれ強いので。(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。


>リュー さん

松中の時のように情報漏れでもあったら大変ですよね。(汗)
阿部や内海はともかく、由伸あたりは「カープが取るか」という観点からは怪しいですが。
まあ、「巨人の高橋由伸」を外すわけないか。(笑)
青木は年棒も上がったし、大竹枠で残留ですね!


>ぱに さん

プロテクトの話題もそろそろ下火ですかね。(笑)
確定した際には再燃しそうですが。
工藤や江藤の時は、たしかに戦力的に下降線を辿っていましたね。小笠原や谷がいたら、同じ役割だったかと思います。
とはいえ、工藤公康は全然一線級のままでしたし、案外ベテランを侮るのは危険なのかもしれませんね。


>龍一朗 さん

「プロテクトの28名」「外国人選手」「今ドラフトで獲得した選手」は人的補償の対象にならず、「“支配下選手登録された”FA獲得選手」「“支配下選手登録された”トレード・自由契約選手」「複数年契約選手」はプロテクトしない限りは選べるみたいですね。
“支配下選手登録された”ってところがポイントなんでしょうか。
有り得ませんが、うっかりミスで大竹を選べるようになっていれば笑えますね。(笑)

「カープ阿部慎之助」は誕生するのか

年俸とはいっても、年俸5億5年分割払いとか契約書で合意すればいいのではないのでしょうか。
あと複数年契約とプロテクトは関係ないと思います。
それから、大竹、井端、片岡(?)はプロテクトしなければいけないのではないのでしょうか?

こんな記事も読みたい

5年後【北の国のトラキチ】

2013プロ野球コンベンションに行ってきた【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

2013印象に残ったプレー(ピッチング編)BEST5【どーも、ライオンズファンです】

カープ●●●大竹FA2億円のゆくえ【3番ライト・ライトル】

大竹投手FA移籍【鯉に恋する漢のブログ】

バイバイ、大竹寛。【投手王国を夢見て】

【プロテクト魂】巨人が提出する「プロテクトリスト」を予想する【広島鯉太郎】

【総括】 2013 広島東洋カープ ~長い雌伏の時を経て、初のCS出場。さて、来季は…~【広島を熱くユルく応援します】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33790822

(01月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss