きたへふ おおの かわくち つた゛

もしも3人とも失ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

大竹はまだまだ迷っているようですね。

「球団と僕の考えにほとんど開きはない」そうなので、おそらく残ってくれると思うんですが、ファンとしては、ひじょ~に胃が痛い。(汗)
一生を左右する問題かもしれませんが、ホント早く決めとくれ。

黒田のように宣言残留を認めてほしいとかなんですかね・・・。

あと、情報がない石原にもモヤモヤします。

最初の交渉の感じ(「持ち帰って考える」)だと、どちらともとれるんですが、こちらも残留するとは思います。

ただ、情報がないのは本当に不安です。
地味に、今回のFA騒動の3ケースの中では、石原が一番重要でしょう。何てったって代わりがいませんから。
「生涯カープ」でお願いしたいものです。

で、栗原。
栗原はどうするんでしょうね。
栗原の場合、ここにきてのFA自体に疑問を感じるので、残留するならするで早く結論を出さないと、いろんな意味でピンチなんじゃないでしょうか。

大竹、石原、栗原と、来季もカープのユニフォームを着るのかはっきりしない3名ですが、仮に彼らがいない場合、陣容は若干変わってきます。


 ~~~ あってほしくない狂おしい未来 ~~~

 ① ローテーション

  前田健 バリントン 野村 大瀬良 中村恭 中﨑

まず「五本柱」構想が崩れます。
大瀬良がせっかく加わったのにも関わらず、来季も「柱」は4本のまま。(汗)
6本目を予定している中村恭平や、成長が期待される中﨑、戸田、背番号が変わって奮起が望まれる篠田と齊藤などに頑張ってもらうしかなくなります。
九里を後ろに持っていきたかったんですが、やっぱり前にとなると、今度は福井に復調してもらわなくてはなくなり、いずれにせよ不確定要素が盛りだくさんとなりますね。

大竹の不在は、「優勝」を狙ううえで大きなマイナスとなります。
逆に言えば、「CS進出」を再びターゲットとするならば、ドラフトが成功したおかげで、大竹流出は響かないとも考えられますが。(汗)

ですが、ベテランの存在って大事ですからね。
若いマエケンさんやノムスケらと違って、大竹のような中堅どころが投手陣(先発陣)にいないのは、なんとなく物足りなさがあります。


 ② 正捕手

  倉 磯村 會澤 白濱

う~ん、困った。(汗)
さすがに40代の倉が正捕手でいいとは思えません。

今ドラフトで梅野を取りませんでしたが、これは吉田を取れなかったためか、磯村に期待してのことなのか。
おそらく、どちらでもなく、単純に「石原がいるから大丈夫」という理由なんでしょうが、そこが崩れてしまうと、2014年に向けて大きく舵を切り直さないといけなくなるかもしれません。

さすがに白濱は今年の不信がありますし、會澤も打つ方はいいんですが、守りとなると一気にレベルが下がります。
磯村を無理矢理「正捕手」にするのは、彼の成長という面でも気掛かりですよね・・・。


 ③ クリーンナップ

  キラ エルドレッド 松山

両外国人はともかく、松山のところが小粒感がありますね。(汗)
エルドレッドが来季もいるのかはわかりませんが、栗原がいないとなれば、結局外国人に頼らざるを得ません。
そうなると、せっかく貴重な左腕として補強したザックが一軍で使えないというジレンマが生じます。
栗原が復活する明確なものは何もありませんが、彼がいるのといないのとでは、広島東洋カープ全体の打撃陣の厚みが全く違うのは確かです。

まあ、去年今年といなかったのも事実なので、いないなりに戦えなくもないんですが、2012、2013年と貧打に泣かされたのも記憶に新しいことでしょう。
キラが今年以上の活躍をするか、堂林あたりがグンと覚醒すれば済む話ですが、どちらも可能性としては半々といったものです(キラの方はもう少し高そうですが)。



大竹、石原、栗原がいれば、2014年という遠くない未来をワクワクした気持ちで迎えることができると思います。

大竹、栗原がFAとなると、Aランクなこともあり、保証でそれなりの選手が入団してきます。
その選手が穴を埋めることができればいいのですが、さすがにそれは楽観というもの。

それ以前に、やっぱり、我々は大竹や石原、栗原といった“カープ生え抜き”の仲間と「優勝」したいんです。

寂しいじゃないですか。

なんとか、彼らには残留という選択をしてもらいたいと思います。



※ そういえば、コーチ陣が発表されましたね。

注目の投手コーチが畝さんとは。
懐かしい。(笑)
若い方には馴染みがないでしょうが、畝(うね)と読みます。
名前が珍しいこともあって、記憶に残る投手だったんですが、何せほとんど試合に出ていません。
これは衝撃の人事ですね。

緒方さんは総合コーチに“格上げ”となり、これで次期監督の足固めとなったのかな。

打撃コーチは新井さんに全幅の信頼となり、“戦う”三塁コーチャー永田さんが補佐に加わりました。
なんとも面白そうではありますね。

後は、退団となった井端を石井琢朗の時のように獲得して、いずれはコーチにという流れも、良さ気な案ではないでしょうか。(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

もしも3人とも失ったら

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>野球さん さん

石原が残り、大竹がFA宣言し、栗原は残留。
大竹の去就は決まったわけではありませんが、本当に「最悪」だけは免れたようです。
プロ野球人気が下がる原因の一つとして、「戦力均衡がなされていない」というものがありますが、完全ウェーバーも確立されない現状、行きつく先は明るい未来なのか・・・。(汗)
もう刈り取られるのはたくさんですね。

残る人残らない人

石原さんは残留。大竹さんは出ちゃうみたいです。栗さんは不明です。

悲しさ半分だけど最悪ではないパターンになりそうです。やっぱり痛感するのは野球って課金ゲームですね。(汗)しかも残念な事に一番強いチームがルールを決める主導権まで持っています。

野球のテレビ中継が減り、野球人気が廃れて来た要因の一つにFAはあると思います

生命線のドラフトすら巨人以外は入団拒否とか色々裏技がありますね(汗)

やっぱりスポンサー付けたほうがいいですね。まずはそこからです。これでは育てては刈り取られる無限ループですね

もしも3人とも失ったら

おはようございます。
コメントありがとうございます。


>野球さん さん

もしもの場合、石原以外は残った選手でやり繰りするしかないのが現状でしょうね。
逆に言えば、石原だけはどうにも厳しい。(汗)
捕手の育成は大切ですね・・・。
広島ユニクロカープかあ。(笑)

もしも3人とも失ったら

3人いなくなったら・・?

その時はその時です。もっと悲惨な時ありませんでしたか?江藤金本新井シーツ黒田選手と抜けた時期です。4番、エースが誰もいなくなりもう何も期待できないと言う恐ろしい時があったのでは。

その時、ファンをやめられましたか?

いえいえ、辞めてないのでは。ただ残ってくださった選手を応援してまた頑張ればいいのではないでしょうか。順位は問題ではありません。一生懸命頑張る姿を応援できればいいと思います。

根本的な解決をご希望でしたらオーナーの退陣を迫るしかありません。中国地方ならオーナーが個人資産で1兆円もっているユニクロの柳井氏にでも頼めば孫さんと同等かそれ以上の金満球団になります。タダなら買うかもしれませんね。元オーナーは売る気なさそうですが。

こんな記事も読みたい

井端をヤクルトに【爺さんの豆みたいな情報】

ジャイアンツ日報【11月4日】 2014・15年の日本一連覇へ向けて【Lock-on Giants】

田中将大の連投と星野監督【習慣ベースボール】

テーブルスコアからみる守備成績・その三【阿房データ】

大竹さん【カープの優勝に恋い焦がれ♪】

カープ●●●FAの驚異?【3番ライト・ライトル】

カープの近況 ⑤【ざわじゃわのカープ日記】

大竹。3度目の交渉【カープ応援瓦番】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:437
  • 累計のページビュー:33791258

(01月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss