きたへふ おおの かわくち つた゛

やり繰りするしかない投手陣

このエントリーをはてなブックマークに追加

現時点で最大の課題は「投手力」ということになると思います。

先発の枚数が揃いリリーフの方でも「方程式」がしっかり形成されていたのは昨年までのこと。 今季は故障などもありましたが、些か“強み”でもあったピッチングスタッフが弱点になりつつあったのが気になるところでした。(汗)

まあ、バリントンや前田健太、黒田博樹と立て続けにエース級が離脱しましたしね。(苦笑)

それでいてこれだけの勝ち星を積み重ねられたのだから、「地力」はあるんだと信じたいものですが。

とりあえず今いる投手陣をジャンル分けしていきましょう。

ルーキーたちは即戦力級が見当たらないので抜かすとして、退団必至なヘーゲンズとブレイシアも除いた29名を振り分けてみたいと思います。

  ■ 先発オンリー ■

   福井 野村 中村恭 床田 高橋昂    塹江 ジョンソン アドゥワ 中村祐

  ■ 先発・リリーフ兼用 ■

   九里 加藤 大瀬良 岡田 薮田 横山    藤井皓 高橋樹 戸田 辻 長井

  ■ リリーフオンリー ■

   今村 永川 中﨑 中田 一岡    飯田 オスカル ジャクソン 佐藤

いろいろ“誤差”もあるかと思いますが、概ねこんな感じに分けられることでしょう。 モデルチェンジした恭平と1軍未登板のアドゥワや長井あたりに若干迷わされましたが、ネタバレ的に今回どうこうなる投手ではないので放っておきます。(笑)

この中から差し当たってローテを6名、方程式になり得る勝ちパターンのリリーフを4、5名選んでいくことから始めていきたいと思いますね。

  【ローテーション6名】

まずは「先発項」から選ぶとすれば、エースの二人・野村とKJ、そして今季ブレイクを果たした祐太に関しては普通に計算して良いと考えられそうです。 これで半分の3名が埋まりました。

次に「兼用項」から3名選びたいわけですが、ここは「兼用」と銘打っているだけに確定させず、「リリーフ項」の「勝ちパターン」と兼ね合わせながら決めていきたいと思います。

第一候補はもちろん薮田。 侍ジャパンにも選ばれた(むしろ選んでほしくありませんでしたが 汗)“勝ち頭”に来シーズンも期待しないわけにはいきません。 後は今年ローテを守っていた岡田と大瀬良、そして九里といったところももちろん有力な候補になると思われます。

ここで一旦リリーフに目を向けてみましょうか。

  【勝ちパターン4、5名】

今度は「リリーフ項」から選んでいきます。 今村、中﨑、中田、一岡、そして残留するとみるジャクソン。 お、これで5名ですか。(笑) ただ、「はい、決まり」と言い切れないのは、それぞれ各人の疲労度や懸念されるパフォーマンスの低下が高い確率で予想されるからで、中﨑はともかくジャクソンと今村でどちらか、廉といっちーでどちらかといった具合に、この中からであれば5名中3名“使える”と低めに想定しておく方が建設的なような気がしています。

ということで改めて「兼用項」に戻りたいと思います。

ところで、リリーフってかなり重要だと思うわけですよ。 特に「方程式」を一年間維持できた場合の勝率は頼もしいはずで、となると「兼用項」から真っ先に引っ張って来なければならないのは、この「勝ちパターン」を担うべく投手になると考えられます。 なので“良い投手を2名”このセクションに先にいただいちゃいましょう。(笑)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
投手
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

やり繰りするしかない投手陣

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>ひろ さん

恭平を2位で獲得できた時は心から喜びました。
結構好きなピッチャーだったこともあって、カープが指名してくれたことが本当に嬉しかったものです。
ただ、いくら待てども大成せず。(苦笑)
挙げ句「恭平を指名していなければ柳田が取れていた」なんて話題すら出るようになったわけで。(笑)
恭平の魅力は“力強さ”とも言えるので、それを取り戻しつつ活躍できれば最高です。

やり繰りするしかない投手陣

お疲れ様です。コメント返信ありがとうございます。

中村恭平投手入ったときは、150以上のストレート投げてて凄い投手だと思ったのですが、来年1軍で活躍して欲しい。

やり繰りするしかない投手陣

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>カープと共に生きる さん

今村の「シャキッとしなさ」は心配ですよね。(汗)
それに加え今季のフル稼働ですから、特に来年どうなるか気になるところです。
お久しぶりでしたが、まさか埼玉に転勤になっていたとは・・・。(泣)
札幌の話などをするのを楽しみにしていましたが、新しいところでも元気に頑張って下さい。
単身赴任とのことでいろいろ大変でしょうが、早く春になってみんなが来てくれるといいですね。
こっちはこれから雪ですが、きっとあの道脇に積もった雪の山などが恋しくなりますよ!(笑)


>rabbit さん

ジョンソンは開幕戦の雨で風邪を引いたことが災難の始まりでしたね。(汗)
そう考えると今年は雨に始まり雨に終わった一年だったのかな・・・。
「3連覇」が目標ですが、各球団の底上げが脅威ですし、昨年と今年のような独走はもう無理でしょう。
ケガと言えば誠也が心配ですし・・・。(汗)


>ひが さん

岡田の剛球、自分も記憶に残っています。
というか、何であのピッチングができるピッチャーがああも簡単に崩れちゃうんでしょうね。(汗)
不思議でなりません。
そして戸田のリリーフ復帰ですか。
そうなんですよね。
彼が一枚加われば念願の「左腕リリーフ」も埋まりますし、能力的にもロングができて重宝できます。
来年はやらかさないでほしいものですよ。(笑)


>ランニングマン さん

川口、大野、清川といった名左腕が懐かしいですね。
ただ、その時期に肉薄すべく樹也、昂也、塹江に戸田、床田などが台頭してくれるはずと信じています。
カープの未来は明るいですよ!(笑)
左腕育成コーチって誰が適任なんですかね。
そろそろ川口でも戻って来てくれればいいんですが、世代的にあの黄金期のメンバーの入閣はないのかな・・・。(泣)


>ひろ さん

恭平はスピード勝負ができなくなったのか、モデルチェンジしてしまって魅力が半減してしまいましたね。(汗)
飯田やオスカルに関しては軟投でもまかり通るので良いと思いますが、恭平はどうなんだろうなあ・・・。
来年は間違いなく「ラストチャンス」でしょうね。(汗)

やり繰りするしかない投手陣

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>sakuzou さん

床田はケガさえ完治できれば面白い存在になれそうですね。
密かに新人王も狙えるかと感じていたので、それだけに早々と離脱してしまったのが残念でした。(汗)
手術の後だけにどのくらいで完全復活になるんですかねえ・・・。
あまり無理をしてほしくはありませんが、どうしても期待してしまいます。(苦笑)


>hiroshimacarpvictory さん

何度も言っていますが、即戦力投手って誰を指していますか?
単純に大学、社会人を指しているのならそれは誤っていますし、今年に限って言えば各メディアが「上位」と挙げていた投手にしても、あくまで“相対的に”上位になっているだけに過ぎない投手が多いように感じています。(苦笑)
横浜1位の東あたりは活躍できそうですが、田嶋にしろ鈴木にしろ発展途上中のように思えてなりません。(汗)
もちろん近い将来にはトップレベルにまで高まっているでしょうが、「来季」で言うならそこまでのプラスにはならないと思うんですよね。
だからこそ、奨成の人気が高まったことと指名順位が12番目になった時点で「素材型」を選択したんでしょう。自分は文句ナシの会心の指名だったと考えていますよ。


>ryon06 さん

山岡の活躍は歯痒かったですね。(汗)
彼は広島に縁があっただけに、本当にもったいなかったと思います。
身長で切られたんですかねえ・・・。(苦笑)
右腕に素材型と偏ったドラフトになりましたが、裏を返せばそれほど「左腕」や「即戦力」にこだわらなくても良かったということにも繋がります。
信じましょう。


>masa0619 さん

アマはアマというのは一理ありますよね。
昨年鳴り物入りで入団してきた「ドラフト1位級即戦力投手」たちが一体どれだけの数字を残せたものか・・・。(汗)
濱口や山岡あたりはそれなりに1軍で頑張っていましたが、それでも「それなり」。そのくらい確実性は低いと言えます。
自分もそれなら一年間プロで切磋琢磨してきた今の投手たちに期待したいですね。
塹江や加藤、藤井といった頼もしい面々に「先輩」として頑張ってもらわないといけません。(笑)


>marbo7 さん

そもそも奨成ではなく投手だったらという意見があるのは仕方ありませんが、それでも投手を捨ててでも奨成を取ると決めたフロントの眼力を支持したいと思います。
数年後、田嶋や東、鈴木らと奨成との差がどう埋まっているのか。
馬場や近藤、鍬原などもいますが、カープの選択が間違いでなかったと是非証明してもらいたいものです。(汗)
まあ、直前で取られた髙橋礼と髙橋遥人が妙に気になりますが・・・。(笑)


>nishikicarp さん

福井が結婚しましたね。(笑)
「姉さん女房」らしいので、これを機に福井がピリッとしてくれるものと期待します。
なので本文には反しますが、現時点で福井の評価は急上昇していますよ!(笑)
薮田も結婚を機に(先発に変わったことよりもそっちが本当のところかと考えています)レベルアップしてくれましたし、福井も大丈夫でしょう。

こんな記事も読みたい

「誇大妄想」大谷翔平の目標とは【カープファンの構想と妄想】

西田哲郎の加入と川島慶三のFA残留【北のホークスファンの戯言】

”投手が捕手を育てる”のか”捕手が投手を育てる”のか。【ViVaDra!!】

活躍した若手組の年俸を予想してみる。【関西紅ショウガ】

イロイロありましたね。【関西紅ショウガ】

不安しかないぞ【今日も今日とて】

カープ 後半戦の戦い(その2)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

面白くCSを変えてみる、その2【今日も今日とて】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:339
  • 累計のページビュー:33790822

(01月20日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss