きたへふ おおの かわくち つた゛

辛い別れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は衝撃を受けました。

あまりにもショックで「言葉を失う」とは、まさにこのことのよう・・・。

  石井琢朗 打撃コーチ 退団

  河田雄祐 外野守備・走塁コーチ 退団

石井コーチの場合は前からそういう話がなかったわけでもないので「寝耳に水」というほど意外な話ではないものの、何となく「黄金期」を支えてくれるような気がしていただけに残念でなりません。(汗) そして河田コーチに関してはそういった情報を目にしたこともなかったので、こちらは純粋に驚きましたね。

共にチームにも馴染んでいてコーチ同士も仲が良さそうと申し分のない状況だっただけに、それが崩れるのは辛い思いしか感じ得ないわけです。(泣)

今のチームのコーチ陣では、河田外野守備・走塁コーチ、石井打撃コーチ、佐々岡二軍投手コーチの3名がファンにも人気があって、欠かせないと称されるトリオですかね。

もちろん名前を挙げた3名以外の力もあっての「連覇」ですが、印象的には「サードコーチャーとして機動力野球の“肝”でもあった河田コーチ」「明るい人柄でチームの良き兄貴分であると共に、リーグ屈指の打撃陣を作り上げた功労者の石井コーチ」「佐々岡工場の名の元、若手投手陣を底上げする佐々岡コーチ」の存在は別格でしょう。 まさしく「三本の矢」の如し、カープにあっては貴重な貴重な人材となっていました。

その3名のうち2名が来年からいなくなってしまうとは・・・。(泣)

哀しくて仕方ありません。  (´;ω;`)

ただ、「家庭の事情」は我々には計り知れないものがありますからね。

これからは家族の時間を取って、それこそ残りの人生で“悔いのないよう”生きる術は間違っていないと思います。

石井コーチと河田コーチが大好きであることは変わるはずもないので、関東圏のヤクルトに行くなら行くで、前向きに応援しようかな。 まあ、さすがにいきなり「敵」になるのには抵抗がないわけではありませんが(苦笑)、ヤクルトも嫌いな球団じゃありませんし、こういうのもプロ野球の世界と割り切るしかないでしょう。

お二人とも今まで本当にありがとうございました。  <(_ _)>


この時期はホント別れの時期でもあってきっついですよねえ・・・。

戦力外通告では、今井、小野、多田、松浦の4名が挙げられました。

今井は「黒田二世」としてローテ「5本目」の一番手として期待していた投手。 なかなかローテーションに定着できないまま月日が過ぎて行き、気付けばなかなか1軍に上がることもなく、モデルチェンジをするなど苦しみながら結局・・・といったところでしょうか。(汗) う~ん。 結構好きな投手だったんですがねえ・・・。 早過ぎる引退となってしまいましたが、自分の限界みたいなものを見つけてしまったのであれば、どうすることもできませんからね。 第二の人生で頑張ってほしいと思います。

小野は青木とのトレードで加入してきたジャイアンツイズムを持った選手でしたが、“使い勝手が良過ぎた”だけに、中途半端な役割(ロングをやったり谷間で投げたり敗戦処理をやったり・・・)に終わったのがもったいなかったかもしれませんね。 今の九里のような使われ方に似ていましたが、当時は打線がパッとしなかったこともあって単純な「敗戦処理」に転じていたのが彼の運命を狂わせたのかもしれません。(苦笑)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
監督・コーチ
タグ:
松浦耕大
多田大輔
小野淳平
今井啓介
河田雄祐
石井琢朗

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

辛い別れ

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>ひろ さん

ヤクルトは監督も「名将」が復帰するみたいですし、石井、河田コーチが加われば脅威でしかありませんね。(汗)
そしてウチは多大なる損失で・・・。
哀しい限りです。(泣)
新しいコーチは誰になるのか。
バッティングの方は2名いるのでいいとして、サードコーチャーが誰になるかが気になりますね。


>きよし さん

う~ん。
とてもそんな感じではなかったように思えますね。
そもそも残り物を食べているとか意味が分かりませんし(怒)、冗談でも止めていただきたい。


>あかしゃち さん

タクローさんがカープに来てくれて何かが変わりましたね。
本当に感謝しかありません。(泣)
そして河田コーチ。
彼が来て「連覇」ですからね。
損失が大きすぎます。(汗)
二人とも大好きなコーチだったなあ・・・。


>れに さん

関東と地方の壁を感じますね。(汗)
もちろん自分も札幌から離れたいわけもなく、ましてや家族と離れてなんてことも加われば地元に戻るのも止む無しでしょう。
よりによって二人同時というのが痛いですが、河田コーチの後継を早いところ決めてもらいたいものです。
ゴシップはねえ・・・。(苦笑)
いろいろ不仲を煽る記事なども多いですし、ホントほどほどにしてほしいですよ。


>ひが さん

FA流出や戦力外通告よりキツイ「離脱」になりましたね。(汗)
ただ、家族となると仕方ないですし、タクローブログなどで見た仲の良い家族の風景は大切にしてほしいですから。
「打」のタクローと「走・守」のカワダ。
う~ん、やっぱり痛いですね。(泣)


>buzz さん

なかなか広島に引っ越ししてとも言えませんしね。(汗)
こうなると「距離」の壁が高く感じてしまいます。
河田の後継なんて誰かいるんですかね。(苦笑)
たしかに福地なんてところが育てば面白いですが、「河田の穴」を埋めれるのか否か・・・。

辛い別れ

これが地方球団の弱みだね。
家族との時間云々を言われたら、どうやったって関東に拠点を持ってる人を集めにくい。
まさか河田まで居なくなるとは思わなかったな。
後任は誰になるのやら。
一説では廣瀬、福地の名前が出てるようですが、個人的には福地に来て欲しいね。
この石井、河田退団は、黒田、マエケンが抜けた事よりも大きいような気がします。

辛い別れ

更新お疲れ様です。
いや驚きましたね。自分も目を疑いました。
ショックですが事情を伺うとやむを得ないし、理解もできます。
石井琢朗選手をカープが獲ると言った時、正直「もろ手をあげて歓迎」という気持ちではありませんでした。戦力としても峠を越えていましたし、若手の見本と言われてもなんだかタクローは「一言多い」ってイメージがあったんですよ。説教くさいと言いますか・・・
実際その通りのコーチだったようですが、成果を残しましたよね。
河田コーチも言うに及ばず、打のタクロー、走守の河田がカープ優勝の立役者であることは間違いありません。お二人の指導はカープの大きな財産です。
そして多田大輔も木村昇吾もクビになりました。やはりプロは厳しい世界ですね。

辛い別れ

地方球団である以上、どうしても地理的に不利になってしまいますからコーチを広島に家を持っている生え抜きで固めたくなる理由も分かる気がします。タクローコーチの方は東出コーチと迎コーチが二年間一緒にやってある程度引継ぎは出来ているでしょうけど、きついのは河田コーチの方でしょうか。
守備指導もそうですがサードコーチャーは本当にハマるかハマらないかで大きく変わってきますからね。自分の贔屓もかつてはコーチが壊れた信号機で高代コーチが来るまで憤死が物凄く多かったので。緒方監督のサードコーチャー時代かなり憤死率が低く、優秀だったというデータが残っていたので監督が後任者に指導できればいいですね。

そんなコーチ人事に関して何か芸能ゴシップみたいなコメントが付いているのには同情します。河田コーチなんて理由を知ったら本当にしょうがないと思うんですけどね。
広島界隈だとこういう誰々が不仲なんてゴシップをさも事情通のように話すのが一部にいますね。数年前は緒方と新井の不仲と言ったら新井は新井貴浩選手の方だったんですよね。
今じゃコーチの方に全部話題を取られて、そんな不仲説を流してたことがなかったことになってますが。お里が知れますね。

こんな記事も読みたい

2017ドラフト指名予想~阪神タイガース編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

2017年プロ野球ファーム日本選手権【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

【新劇の読売巨人】「巨人」と「日ハム」のトレードを見直してみる【新劇の読売巨人】

カープ勝利の方程式【カープファン初心者が勝手なことを言います】

石井コーチ退団ですか・・・ カープ2017人事まとめ①【カープニッキ。】

カープの2017年を月別成績で振り返る(投手編)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

かわだ~ 20171005【跳ねすぎ!まるた鯉】

第一次通告は梵、小野、今井、多田、松浦までかな。【関西紅ショウガ】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33769969

(12月09日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss